2007年03月24日

訃報

7aef64a9.jpg2007年3月22日、UGはイタリア北部のフランスとの国境にほど近い街、ベロクロージア( Vallecrosia)のアパートで午後2:30に亡くなりました。遺体は荼毘に付されました。





詳細はこちら。
http://www.ugkrishnamurti.org/ug/obi/index.html


お久しぶりです。ここ数ヶ月ブログに全く手付かずで、UG自体ご無沙汰してましたが、ふと思い立って数ヶ月ぶりにUGサイトを覗いてみるとなんと偶然にも一昨日に亡くなったことが分かりました。あまりのタイミングにかなりびっくりしました。1918年7月生まれなので、88歳でしょうか。1度会ってみたいとも思っていましたが、かなわぬ夢になりました。

ついでに僕の近況ですが、ただいま坐禅に没頭しております。本なども読むのをしばらく控えて、ひたすらに坐禅です。知識の方面からの学びを一旦置いておいて、今までの知識を実際に体験で確かめようということです。なもので、このUGブログはしばらくお預け状態ですかね。もどって来るつもりではいますが・・・

2006年11月18日

UG批評(8)

There is no escaping the fact that the quality of his followers is very low. This more than anything else is a damning judgment upon the man. The type of people who are attracted to him are of the worst kind - submissive, worshipful, and sado- masochistic. People flock to him in order to be abused and get beaten up, something they will cherish for the rest of their lives. And it is obvious that UG himself takes great pleasure in inflicting pain upon them.
彼の聴衆の質があまり低いという事実を逃れることはできない。これは他の何にもましてUGに下った不利な判決だ。彼に引きつけられる人々の種類は最悪だ。服従的で、敬虔で、サドやマゾ。人々は罵られ、打ちのめされるために彼に群がる。彼らが死ぬまでの一生の間大事にする何かのために。明らかにUGは、彼らに苦痛を与えて彼自身が大きな喜びを得ている。

Accordingly, I find UG's attempts to repel people very insincere. The fact that he is frequently abusive, often rudely telling people to go away, is held up as a kind of proof that he is somehow different to the other gurus, that he really doesn't sell himself in order to be popular. But it doesn't wash with me. Look deeply into the man and you will see all the con tricks of a typical salesman.
それゆえ、私はUGがひどく不誠実な態度で人々を追い返すやり方を見る。彼がしばしば口汚く、無礼な物言いで立ち去るように人々に言うという事実は、彼が他の導師とはどういうわけか違うということ、本当に人気欲しさで自身を売り込んでいないということの一種の証明として有効である。しかし、それは当てにならない。その男を深く観察してみると、あなたは典型的なセールスマンの騙しのテクニックの全てを見るだろう。


UG批評(7)

In the Tao Te Ching it says somewhere that "the sage covers his tracks". As outlined above, this is something which UG does very poorly. He is far too visible to his deluded followers for my liking. UG's charismatic acting stands in the way of whatever wisdom he happens to possess. He literally fosters the personality cult which has sprung up around him. An example is his beloved "calamity", which he often speaks about and which is supposed to be central to his wisdom. Now I ask you, what on earth does this have to with understanding the Truth? Absolutely nothing! Yet he frequently spins this yarn about how he "physically died" as if it were somehow important, and this only causes his followers to bend down and worship him all the more. Rather than worshipping the Truth, his followers worship the vanity of UG instead.
老子の道徳経の中に「賢人は証拠を隠す」とある。上で概説されたように、こうしたことについてUGは下手だ。私の好みでは、欺かれた聴衆に彼はあまりに丸見えなのだ。UGのカリスマ的な演技は、彼がたまたま持っていた知恵さえも邪魔ものにしてしまう。彼は文字通り、彼の回りに出現した個人崇拝を育てる。たとえば彼お得意の「災難」だ。彼はそれをしばしば周囲にしゃべるし、それが彼の知恵にとっての核心であると思われる。では、あなたに尋ねよう。真理を理解するためにこれがしなければならないことは一体なんだ?何もない!それでも、彼はあたかも重要であるように、 しばしば彼はどのように「身体的死」を体験したかについてぺちゃくちゃしゃべる。これはUG信者を跪かせ、いっそう彼を崇拝させるだけだ。真理を崇拝するよりむしろ、UG信者はUGのうぬぼれを崇拝する。


2006年11月04日

UG批評(6)

All these men are teaching the very same thing that UG is supposedly teaching. The giving up of "seeking enlightenment" is a profound truth which has been articulated many times by wise men of all cultures. So why doesn't UG acknowledge this? Because it would destroy his role as an anti-guru.
彼らのような人々はおそらくUGの教えと全く同じ教えを説いる。「悟りの探求」を放棄することは、あらゆる時代、あらゆる文化の賢人たちによってしばしばはっきりと言われた深淵な真理である。であるなら、なぜUGはこれを認めないのか?それは反導師としての彼の役割を台無しにするからだろう。

If UG actually stepped down off his high horse and acknowledged his agreement with these men, his status would immediately be lowered in his followers' eyes. No longer would he be able to gain artificial substance by contrasting himself with the whole of humanity. His contrived personality would begin to dissipate and merge into other people.
もしUGが実際に彼の居丈高な態度を改めて、先人たちを認めるなら、彼の地位は一気に引き下がったとUG信者の目には映るでしょう。もはや、彼は彼自身を人類全体と対比することによって作り上げた意図的な彼のウリを得ることはできないだろう。彼の不自然な魅力は消え始め、次第に凡人に成り果てる。

UG批評(5)について


Tathagata=如来(仏教において、修行を完成し、悟りを開いた人の意。)
Dharma=法、仏の真理


この部分はブッダや黄檗、エックハルトの言葉の引用であるため、たぶん定着した日本語の訳語があると思います。ネットで調べてみたのですが、今の所、これだというのが見つかってません。もう少し勉強してみます。知っていたら、教えて下さい。白隠禅師は座禅和讃からの1文なので、原文を当てました。エックハルトはいくつか調べてみて、もっともらしいものを当てました。


UG批評(5)


I certainly don't like the way UG speaks against every single wise man who has ever lived, as if he were the only person in history who has discovered the Truth! This is a very misleading and harmful habit of his. It only bolsters the personality cult which surrounds him and obscures the timeless wisdom which has been known for thousands of years.
UGはあたかも自分がまるで真理を発見した歴史上ただ一人の人間であるかのように、過去に生きたすべての賢人に対して反駁するやり方は、明らかに私の好みではない!これは非常にまぎらわしくて有害な彼の癖だ。それは、彼の周辺にたむろする連中の個人崇拝を強めて、数千年に渡って受け継がれてきた時間を超越した英知をおおい隠すだけだ。

Look at some sayings of wise people from the past:
過去の賢人たちの教えのいくつかを見てみよう:


"I truly attained nothing from complete, unexcelled
enlightenment." - Buddha.
「完全で絶対の悟りから、私は全く何を達成することもありませんでした。」 ― ブッダ

"In truth there is no unalterable Dharma which the Tathagata
could have preached. Methods and techniques cannot
be compared to the sudden elimination of conceptual thought,
in the certain knowledge that there is nothing at all which
has absolute existence, nothing on which to lay hold, nothing
on which to rely, nothing in which to abide, nothing
subjective or objective." - Huang Po.
「実際は、如来が説法した不変の法などない。完全な存在など全くなく、築くべきなにかも、頼るべきなにかも、留まるべきなにかも、主観も客観もないという確かな知識において、方法と技法は抽象的な思考の突然の脱落とは全く比較することもできない。」 ― 黄檗(おうばく)

"True nature is no-nature." - Hakuin.
「自性即ち無性にて(迷いや不安などはなく)」 ― 白隠禅師

"The Kingdom of God is only for the thoroughly dead."  - Meister Eckhart.
「まことに、神の国は、我ら自身の中にある」 ― マイスターエックハルト


2006年10月22日

UG批評(4)

His lifestyle is far too concrete for my liking. He has literally cemented himself into the role of the anti-guru. He does this by wearing guru-like clothes, having guru-like hair, being rude to people, abusing his listeners, and treating everyone as if they were infinitely below him. Whenever he opens his mouth he seems to be addressing empty space. In other words, he directs his words into a vacuum, rather than attending closely to the questioner before him. Because he takes little account of the wisdom or character of the person who talks to him, his teachings lack discrimination. The person could well be a genuine human being asking a perfectly valid question, but more often than not UG just abuses him.
彼の生活は私の好みにとっては特殊すぎる。彼は自分自身を文字通り反導師の役割に徹した。導師らしい服を着て、それらしい髪型をし、不躾な態度をとり、聴衆を罵り、まるで永遠に彼にひれ伏すがごとくに皆を扱う、という風にやる。彼が口を開くときはいつも虚無に対して話をしているようだ。言い換えると、彼は目の前の質問者の言葉を念入りに注意して聞くよりもむしろ自分の言葉を真空に向け放つ。なぜなら、彼は英知や質問者の性格をほとんど考慮しないからだ。彼の教えは認識不足である。その質問者は完全に正当な質問をする真の人間で十分にありえた。しかし、大抵UGは彼を罵るだけだ。

2006年10月21日

UG批評(3)

I define wisdom as being the absence of all delusions. A wise man, then, is one who has banished all false thinking from his mind. This is also UG's stated goal. He advocates the "natural" state which comes from eliminating all false concepts, like "enlightenment", "spirituality", "God", "self", and so on. On this, I agree with him entirely.
私は英知を全ての妄念が消滅した状態と定義する。賢人とは、それゆえ彼の心からわき起こる全ての間違った考えを払いのけた人のことだ。これはUGの語る終着点でもある。彼の言う「自然の状態」は、悟りや精神性、神や自己などのように全ての間違った概念を排除したところであると主張する。この点に関しては、全面的に彼に同意する。

But unfortunately, UG does not live in the "natural" state, as he often likes to claim. To my eyes, he is merely an actor, albeit a very ingenious one. He conforms to a role, that of the anti-guru, and as such is no different to any of the other thousands of run-of-the-mill gurus which litter this sorry planet. And just like all these other gurus, his role-playing only serves to strengthen the delusions of his listeners. His words might be full of fire and brimstone, but deep down everyone knows he is just a harmless puppy.
しかし残念なことに、彼がしばしば好んで主張するような「自然の状態」に彼はいない。 私の目には、彼は単なる俳優にしか写らない。とても才能豊かな俳優ではあるが。彼は反導師という役割に徹している。それ自体はこの惨めな惑星のいたる所にいる無数のありふれた導師たちとなんら変わりはない。そうした導師らと同じように、彼が役割を演じることで聴衆の妄念を強めるだけだ。彼のことばは批判と怒りでいっぱいかもしれない。しかし、心の底では彼が単なる無害な子犬であることを皆知っている。


UG批評(2)

All this is very admirable. But the problem I have with UG is that he doesn't go anywhere near far enough. While his words are sometimes pretty good, his actions and his lifestyle are a different matter altogether. They provide too much nourishment for his deluded followers and nullify all the good that may come from his words.
これら全てはとても見事だ。しかし、UGに対して持つ私の疑問は、彼は十分納得できるところには行き着かないということだ。時折彼の言葉はなかなか良い線を行く、しかし彼の行動と生活は全く別の問題だ。そうした行為は彼に惑わされた聴衆にとっては意味深いものとなり、彼のことばから聞き取れるかもしれない真理を全て台無しにする。

Undermining realities for the sake of wisdom is completely different to undermining realities just for the sheer sake of it. In other words, being truly Zennish is infinitely removed from being merely contradictory. That UG's actions undermine his verbal teaching is not something to be celebrated. It is not an expression of his wisdom, but of his ego. At bottom, UG is a coward, and his cowardice literally destroys everything he says. Instead of promoting wisdom, UG is promoting delusions and lies.
英知ために現実をないがしろにすることは、その真の目的のために単に現実をないがしろにすることとは完全に異なる。言い換えると、本当に禅的であるということは、単に矛盾した状態から完全に脱することだ。UGの語る教えを無駄にする彼の行動は褒められたものではない。それは知恵の現れではなく、エゴの現れだ。本質的にUGは臆病者である。彼の臆病は文字通り、彼が言うことすべてを破壊する。知恵を高める代わりに、UGは妄想と嘘に拍車をかける。

2006年10月20日

UG批評(1)

早く『No Way Out』に突入したい気分でもありますが、UG理解の助けになると思われる短めの文章を見つけたのでそちらを先にやっつけちゃいます。もうしばらくおつきあいを。『No Way Out』はお預けです。

デイビッド・クインによるUG批評
http://www.theabsolute.net/minefield/ug.html



Miscellaneous thought stimulating bits and pieces
断片的思考を刺激する雑多な考え


A Critique of U.G. Krishnamurti
by David Quinn

デイビッド・クインによるU.G.批評


U.G. Krishnamurti is certainly an interesting man. On the surface, his teachings appear to be genuinely Zennish. He powerfully attacks much of what humanity believes and cherishes, and is extremely critical of religious teachers, whom he calls frauds. He endeavours to undermine all the imagined "certainties" of his listeners and tries to keep them continually off-balance by contradicting everything that has ever been said before, including his very own statements. In so doing, his listeners are given no handles by which to form easy conclusions and are therefore forced to do some active thinking for themselves.
U.G. クリシュナムルティは確かに面白い男だ。表面的には彼の教えは純粋に禅的であるように見える。彼は、人類が信じ、愛着を持っている多くのものを力一杯に攻撃するし、彼が詐欺師と呼ぶ宗教指導者たちに対して極端に批判的だ。彼は聴衆の想像した「確実性」の全てをぶち壊そうと熱心だし、過去に話された言葉は彼自身の言葉も含めて全てを完全否定することによって聴衆を絶えず居心地の悪い状態に置こうとする。そうすることで、聴衆は簡単な結論を出す指針を与えられず、それゆえ、彼ら自身で積極的に考えることを押し付けられる。


すべての記事(目次)