2013年09月15日

ついホグ設定ぽろぽろ

ユーミリアの設定とか無駄に浮かんでくるくせについったで垂れ流してるだけだと忘れそうなのでメモメモ。
増えたりちゃんと決まったら追記。ゆみりあ
























----------

◆ユーミリア=ローデハルト(Jumilia=Lohdehalt)
 鷲寮4年/女/混血/身長162cm
 杖:31cm、金木犀の木、芯はヴィーラの髪の毛、握り心地が良い、妖精の魔法に最適な杖。

・色々大雑把なくせに変なとこ生真面目な社畜系女子。頼まれると断れない上に引き受けたからにはきっちりやらないと気が済まない体質なのでいっつも何かしら仕事してる。将来はきっと社畜コース。

・ゲーム類において謎の強運を発揮するため一部に魔王とか呼ばれるのがちょっと不服。っていう死に設定。だって魔王要素ってどういれればいいのか思いつかなかったんだもんよ。

・成績は中の上か上の下か、って辺り。覚えはいいので呪文学は比較的優秀。

・喋り方は普通、なんだけどちょっと敬語多め。英語圏に敬語って概念がないのは気にしない。
知らない人とかそこまで親しくない人だったら確定年下でも敬語。仲良くなれば普通だけどとっさだとごめんなさい、とかありがとうございます、とか出やすい。

・守護霊はちゃんと考えて決めてあげたいと思ってたんだけど診断で出たカワセミがなんか萌えツボにはまってしまったので多分カワセミ で決定。欧州地区にもいるし別名『青い宝石』。イイネ。眼の色。
4年生だし某主人公さんみたいに波乱万丈な人生送ったりはしないので多分まだ守護霊使えないだろうけど成長して自分に自信持てるようになったころに守護霊が青い宝石とか燃え滾る。俺が。

・多分髪コンプレックス。黒髪と言い切れない自分の髪色があんまり好きになれないので綺麗な金髪とか黒髪とかすごく羨ましい。パパ譲り。パパのことは好きなんだけど髪はママと同じがよかった(さらさらブロンド)。髪質はそこまでひどくない。比較的ストレートゆるくウェーブくらい。細めで多め。

・父親がラテン系で母親がゲルマン系のつもり。
って思ってたんだけど苗字げるま…は…うん…いいよね別に…パパの血筋はごちゃごちゃ設定だし…
実家は多分ヨーロッパのどっか辺りなんだけどイメージ的に瑞辺りとか洪とかがうれしい(私欲100%)
ドロシーちゃん家とはそこまで近くないくらいで近くないのに何かあるたび家族で押し掛けるのがいい(欲望)いっそポートキー常設って思ったけど原作読んだら一般人にはポートキー製作禁止されてましたしょぼん。

・愛称(捏造)はユミィなんだけど本人はあんまその呼び方好きじゃなさそう。好きじゃないってかむずがゆい。子ども扱いしないでください!って感じで。親とドロシーちゃんは例外。

・混血なんだけどある種の純血主義かもしれない。"純血は格上"思考。
ママが半純血。ママ側のおじいちゃんかおばあちゃんが純血主義家系なんだけどマグル生まれと結婚したから絶縁状態で、その話は聞いてたから無意識に「純血は混血より上」って刷り込まれちゃった感じ。それで学校入って実際に純血主義目の当たりにしてそういうものかって思っちゃった感じ。
パパ側は完全混血。どこまで遡れば純血家系に戻るのか分からないくらいには混血で合間合間にも純血混血マグル生まれ入り混じってるからまじ血とか関係ない。
本人はパパ側がそんなんなのもあって血筋に関しては何だろうと気にしないんだけど逆らえなくてあぁはいごめんなさい状態になるので純血主義の人は苦手。極力関わりたくない。多分純血相手だと最初はびくびく。


・プライド高いってことはないので鷲にたまにある自分より成績悪い相手をあからさまに見下すようなことはないんだけども、心のどっかで、これにおいてはこの人より自分が優れている、っていうことは好き。だから勉強、というより人が知らないようなことを知るのが好きだったり。気になったものは徹底的に自分が満足するまでやらないと気が済まなかったり。なあたりが鷲寮たる所以、かもしれない。
上を見て嘆息して、下を見て安心する、そんなちょっと汚いかもしれない、子。

.

u_maloid at 07:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字