ピクチャ 1
今日はEnglish Centralというサイトのご紹介。

米マサチューセッツを本拠地としている会社が提供している、日本人をターゲットとしたスピーキング学習サイトで、Youtubeでもみれる動画をソースとした有名動画をベースに発音の練習が出来るという優れものです。
英語耳のコピーにもありますが、”発音できない単語は、聞き取れない”というのはとても説得力のある言葉だと思います。
なので、TOEICのリスニングパート攻略のためにも、真剣に発音に取り組んでみようかと。

まずは会員登録。無料で登録出来ます。
※2010年11月現在ベータ版で、無料会員制度を敷いていますが、ベータが外れたときにどうなるかはまだ決まっていないようです。
[jp]ビデオ英語学習のEnglishCentralがNTTインベストメント・パートナーズから100万ドルを調達 Tech Crunch

そして登録したIDでログイン。
早速学習したい動画を選択します。パリス・ヒルトン×レディー・ガガの対談まで、非常に幅広いラインナップです。

選択した動画内の会話はセンテンスごとに自動に区切られているので、センテンスごとにPCに接続したマイクに向かって発音してみます。
今回はスティーブ・ジョブスのプレゼンテーションをセレクト。
ピクチャ 7
画面左下のマイクボタンを押して自分の声を録音していきます。

するとサーバー上に音声が記録され、ビデオと自分の発音を比較できます。

続いて解析画面。
ピクチャ 8

自動で単語ごとに切り分けて、発音記号までつけてしまうという技術に驚きます。上がオリジナルの音声、下が録音した音声となっていて、両方を聞き比べることができます。

発音のクオリティに合わせてセンテンス毎にポイントがつけられるのですが、けっこう判定がシビアです。
恥ずかしがって『アップル』なんて発音じゃ全然だめです。『アポー』じゃないと。(イメージ)
ピクチャ 9

動画も増え続けるようですし、コンテンツも多岐にわたっているので、飽きずに出来ると思います。

ロスト・イン・トランスレーション』の中でもスカーレット・ヨハンソンに「なぜ日本人は"L"と"R"の発音が下手なの?」なんていわれてしまっているので、見返す為にもこのサイトを使ってがんばりたいと思います。

皆さんもぜひ試してみてください。



    Share on Tumblr