フィールド情報
その他
セール情報
【PR 広告】

2017年06月26日

6/24 期待して行ってみたんですがね〜


24日(大潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

大潮で濁りも程よく入っていて、潮周りがいいので期待していたのですが
40cmくらいの細ニゴイ1匹に終わりました。



その後も、1匹掛かっていたのは分かったのですが
手前で、抜き上げた時に水面にポチャンと辺りが暗く何か小さい魚を
落としバラシて終了。

ポイントを一点に絞らず、もう少し移動しながら
釣っていけば良かったかも。

中華から届いたばかりのシリコンバイブで釣れたので
これも泳ぎが良く魚に、いい反応があるんだなと思いましたが
ルアーのヘッド部分が少し幅広の為、水流の引き重りが結構あるので
サイズ下の13gの方を選べばな〜と思いながらルアーを投げていました。

流れがある旧江戸で使うには、ちょっと使いづらく買う時に選択ミス
沖で使う時には丁度良い感じです。

何時になったら黒鯛は釣れるのか?
次回釣れたなら、この魚じゃなければいいんですが・・・。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2017年06月13日

6/12 フックが外れずに何とか寄せる事に成功した1本!


12日(中潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

今日も懲りずに旧江戸川

前回、釣れなさ過ぎるブログ記事より、その後2回ボウズを食らって
今年6回目の釣行です。

なのでボウズ回避の為、何時もより上流気味にコッチ方面はどうだろう?
ふとよぎり行って来ました

釣り場に着いて、ポツポツ雨と釣り人の入るルアーを投げる
間隔の場所探しにウロウロと

空いている場所を見つけルアーを投げる。
大潮の後の中潮、好きな潮周りで巻き易いんですが一向に手ごたえが無いんです。
投げ始めは小ライズがあったんですが、その内に水面は静かになってしまい。

次第に釣っている人も、チラホラと居なくなってくると
釣れないイメージが湧いてきて諦めモードに入り、自分も粘ろうか?帰ろうか?
と考えてくる時間帯
何時もならば、そそくさと釣れないと思い込んで帰ってしまうんですが・・・。

今日は違いました、心が折れかけて後30分粘ろうと決め潮目あたりを目掛けて
ひたすら投げまくった時にヒット!

最初は動かず、やたらと重い。
初めは外道のスレ掛りと思っていました。

その後、大きい水柱のエラ荒いで抵抗し、ここでシーバスと確認。
手前付近まで寄せたんですが、ここまでエラ荒いをするのか〜と思うほどの
エラ荒いで連続反撃

やっと、これで力尽きて足場ゴロタ石まで来たのに
今度はドラグが「ジーッ・・ジーッ・・・」と鳴り良く引っ張る

付けていたフックが#8番と小さ目だったので、針掛りが途中抜けてしまうと
考えていましたが、下口にも深くフッキングしていて
若干フックが曲がっていたのに外れずセーフ

ゲットして上げて見れば、久しぶりの丸太体型のシーバス
惜しい!!あと一歩届かずの79cm。



そして、前回に続きヒットルアーはプライアルバイブ。

でぶっちょシーバスでルアーが顔に埋もれています。




結局、この日は2時間くらいでシーバスとの引きも楽しめ、雨も気になり
釣れた後に直ぐ帰りました



次の釣行でも釣れたらいいな
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2017年06月07日

6/4,5,6日 旧江戸川 上流で3日間、釣れなさ過ぎて通う


4,5,6日(長,若,中潮(夕) ) 旧江戸川 釣果報告

4,5,6日の3日間夕方だけですが、シーズン中だけれど釣れなさ過ぎて
ムキになり連日1時間ほどルアー釣りに行ってみました。



釣りに殆ど行っていなく、久々と言っても気が付いて見れば
ブログカレンダーでは1年以上も前、釣り上げた魚の姿を見ていない(汗

やはり周りの様子が分かる、デイゲームの釣行は気持ちがいいです。
3日間の内、今年3回目の釣行で1日だけ反応が良く45cmくらいの
シーバスの姿を見ることが出来ました。



釣れると思わなかったので、手元にフィッシュグリップの用意はしていなく
アタフタしてしまい、船の波がくる前に敷き石の上に魚体を載せて掴みゲット。

その後も、ルアーと間違うようなサイズのミニセイゴが掛かりましたが
目の前で抜き上げ、ポチャリと落として逃げられ・・・、ヒットした2匹とも
ほぼ手前でした。

ルアーは、いつものプライアルでしたがソルト用ではなくバス用のラトル入りです。

ルアーがジャラジャラと煩いので釣れなさそうに見えますが
ラトル有り・無しは、魚の反応が良ければ関係ないので良く使っています。

ライズらしき様子が見れたのも釣れた5日だけで後日は鯔ジャンプばかりでした。

釣りの最中に足元付近を見ると手長海老の動きが活発で、至る所の
水際の石に動き回ってしましたので、餌で見釣りすると面白いです。

今回は葛西側でしたが、次回は浦安側に行ってみようかと思います。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2016年03月18日

3/17 旧江戸川 上流で、まあまあサイズをゲット


17日(小潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

潮周りは小潮ですが以前に教えてもらった、いつもより遥か上流の
旧江戸川での新ポイント4回目(全釣行は9回目)で1匹目の釣果が出ました。

実は前回のランカーを釣った後に新ポイントで釣行を繰り返し
通ってみたんですが行く度に1回ばらした後、魚信反応がなくなり
釣果なしの3連続の日々。

昨日、久々に釣行へ行ってみたところ要約1匹目が釣れました。
潮が悪く、水面も鏡状態でしたので釣れて良かったです。

釣れる気はしなく魚の波紋だけは出ていたので、アタリだけは取って
帰りたいな〜と思っていたら、見事にいい所にフッキング。



余り抵抗しないシーバスでしたが測ってみたら、まあまあサイズ。



色々とルアーを取替えて投げてはみたんですがルアーは
いつものジーナ90Sでした。
最近、ジーナでしか釣れない気がしてきました。



スイスポストから、やっと到着した新ヘッドライトも試したかったので
釣り場へ持って行ったところ辺りを照らしてみたら激しい爆光ヘッドライト。

今まで使っていたジェントス ヘッドウォーズ HW-888Hが電池切れかと
思うくらいにやたらと明るい。

明かりを強にしてシーバスを撮影してみるとピントが上手く合いません。
普段は弱で使っても良さそうです。

詳しくはこちらのブログ記事 「爆光ライト〜!Σ( ̄□ ̄;)アッ!!!」
のヘッドライト レビューが参考になると思います。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(2) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2016年02月04日

ルアー回収器 レスキューテポドンを買ってみた


ルアー回収器 レスキューテポドンとは、このような商品。


【写真クリックで拡大】

レスキューテポドンの足一本が付け根からポロッと。

5〜6回投げ入れて回収の後、先端に出ている爪の引っ掛かりの部分が
絡まっていたので、直していたら取れてしまった。
どうやら、ハズレロットを引いたようです。

足は横の引っ張りに弱く他の品を見てみると、この部分のはんだ付け接着の
盛り方がバラバラで、使用中レスキューテポドンのはんだ付けも
よく見てみると、はんだ付けが甘く微かにくっ付いている状態。



幸い取れた足は一本だけなので、100均エポキシ接着剤で補強をしています。
直すのにステンレス用はんだとフラックスを買うと、レスキューロボ
(先端の回収器)が買えてしまい100均の接着剤で十分。



今のところ補強した足を横に引っ張っても取れる気配はなく
他のところも取れないように接着。
むしろ足の方が折れ曲がる位に強力に接着されています。



あと、付属の糸は太い物に替えた方が強力になっていいと
製品レビューを見るけれど数回、岩に挟まったりして引っ張ると
ささくれて、やっぱり糸が弱くなるので結び直しが必要で
イカリ印の竿巻き糸2号40mに換えて、元糸は保管。





ちなみに今のところ回収率ゼロでルアーに引っ掛けるのが難しく
錘がルアーに届くまで大変。

使いこなすのに、かなりの熟練のコツが必要。



強者は、レスキューロボに極太ラインを付け竿で根掛かりが多い
ポイントへ遠投して、底に沈んであろうルアーを回収するんだそうです。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(2) トラックバック(0) 釣り道具 Edit

2016年01月28日

1/27 旧江戸川メジャーで今年初シーバスがランカーゲット


27日(中潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

今年は5回目の釣行でやっとシーバスの姿を見ることができました!
しかも、ランカーが今年初のメジャーポイントとシーバス。

最初は、橋の付近で釣りを始めようかと思ったら満員状態。
左右入る隙間も無く、一度通ってきた上流部にまた引き返すことに・・・。

当初、上流部は2,3人しか居なかったので離れた距離感で釣り易いと思ったら
ホンの数分で左右も目視出来る等間隔になってしまって、更にプレッシャー。

今日もダメダメのポイントに来てしまったのかと、釣りの準備して
ルアーをキャスト開始。

案の定、右の人はルアーを投げるのは構わないけれどルアーがラインと激しく
絡まってるらしく、そのまま投げ込んでいるのかジャポン、ジャッポンとやたらと煩い。
水面をルアーでバシャバシャと打ち付けてラインを巻いているのに何故
絡まっていることを気にしないのかと。

前日も葛西側に釣行へ行ってみたものの、釣果無し。
この葛西側の上流ポイントへ釣りに来ている方が声を掛けてもらったので
少し話しをしてみると連日、来てるが全滅と言うことを聞いたので
今日は浦安側に来てみたけれど、この状態じゃボウズ決定だな。

右のジャッポンマンを気になりながら、ルアーを
偽ローリングベイト、プロット90、エリア10 EVOを投げまくるが
一向にアタリ無しで、そう言えば去年ジーナが葛西側で投げたら
良かったことを思い出したので、こっちはどうかなぁ〜と
試しにルアーをジーナ90へチェンジ。

20分位経った頃、何か掛けた感触。
最初はスレかと思った魚が、手前辺りに来た時に猛烈な抵抗でドラグがジリジリと。
バレないように中腰に体勢を変えて、抵抗が弱くなってきたところで
一気にリーダーを手で引っ張り誘導してフィッシュグリップで
口を掛け捕獲成功。

測ってみれば少しズレているけれど、今年初のランカー80cmジャスト。





下あごに食い込んでいるフックを間誤付いて取っている間・・・。



気が付けば、自分のポジションが更に狭くなり・・・。
それでもシーバスを川へ返した後キャスト再開。

しかし、釣れたのは良いのですが後が続きません。
同じルアーを投げ続けアタリが全く有りません短い地合いだったようです。

場所移動しないで粘り勝ちと言うか
きっと交通事故的なものだったんでしょうね〜。

この日は1時間30分程で終了しました。

帰る頃には、あれほど人が居たのに周囲はスカスカな空き。

ルアーキャストしている時に気になることはありましたが
1月中に釣れて良かったです。

※ちなみにタバコは吸いません。


【写真クリックで拡大】
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2015年12月02日

12/1 旧江戸川 貴重な1匹を上流でゲット


1日(中潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

前回、釣行してから1ヶ月ぶりの釣行。

上流は既にシーズン終わり気味の出遅れた気がしますが
行ってみない事には分かりません。

取りあえず、ルアーを片っ端から持って行きチェンジが面倒で使ったのは2個。

プロットと言うティムコのルアーを安く買えたので泳ぎが見たいなーと
思い付きで行ってみただけで釣れなくても別に気にしません。
もう、12月ですから。

旧江戸川に到着し最近お気に入りパブリック ルアーズ
ジーナをひたすら投げまくっても反応がまるっきり無い。
次に買って試そうと思っていた、プロットの出番。

実際ルアーを投げてみるとパッケージの説明通り、
サスペンド気味にゆっくりと沈み、根掛かりの多い旧江戸川に
自分的には、うってつけでした。

説明では、ドリフト気味に投げると良いらしいという事なので
ドリフト気味に投げてみると良い感じに泳いできて
気にしていた巻き抵抗もルアーに少し厚みが気になるけど
激重の巻き上げ感覚は、それ程感じなかったです。

プロットをあっちこっち投げまくって、
そうこうしている内にゴンと当たりが・・・。
初めニゴイかと思ったら、45cmくらいのシーバス。

まだ上流にも少数の個体がうろついているんですね。



口から針が外れ、背中だけに貴重な1匹なので危なかった!

釣れるまでに1時間費やし、寒くなったので釣り場から退散しました。
久しぶりで行ってゲットはラッキーでした。

ルアーの方も安いだけで買ったので全く知らなく
プロット90Sの事が気になりネット検索をしてみると何やら
監修人の噂が色々と!

このせいで、ルアーの値段が暴落気味なのか・・・?

良く釣れて泳ぎが蛇行しないルアーであれば構いません。
と言うことで、1匹釣れただけで分かりませんが買って満足ルアーでした。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2015年11月02日

11/1 旧江戸川 初カマスとベイトは活発だけれど・・・


30日・31日・1日(中潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

3日間連続でいつものポイント葛西側・旧江戸川へ釣行する事に。

30日(金)は50upを初めてから10分くらいで釣れたのは良かったんですが
釣れた後が大変。

頭から石の隙間に入り込み救出するのに、こんな事で大汗をかくとは・・・。

掛かったら、平たい石までズリ上げて口をフィッシュクリッパー引っ掛け
上まで持ち上げて行こうとしたんですが、途中で針が抜けポロリと
隙間に入り込んでしまい、そのまま泳ぐ様にズンズンと奥へ。

そのまま放置してしまっては、確実に死んでしまうので
放っておいては置けず辛うじて出ている、尻尾を引き抜き上げようとしても
中々抜けずに手は、鱗とヌルヌルで途中で手を洗い持ってきていた
ビニール袋に手を入れ再度、挑戦。

少しずつグリグリとやっと抜けたものの救出するまでが
時間を掛けてしまって直ぐに川へ逃がしたので、写真は撮れずしまい。

少し魚体の状態を見ていたけれど、浮き上がって来なかったので
復活すればいいんだけれど。

31日(土)は旧江戸川で初カマス。手前までセイゴの様な引きだったので
リール巻いて寄せてきてライトを照らして見てみたら旧江戸川の初カマス。



海で釣れるんだと思ったら、川の少し上流まで移動するんですね。
これも、前日同様にソルテックス ジーナ、シンキングミノーで釣れました。
細身でバタバタ泳がず、沈みが遅いので水深が浅い時に有効な感じのミノーです。



1日(日)は3日間で一番流れなくてもベイトが固まりで群れていました。
岸際に沢山いたけれど、早々と釣れると思ったら、そうは甘くはなく全く無反応。
一番釣行時間を掛けても結果、微妙なアタリが1回だけあっただけで釣果なし。

30日・31日は40分程度で帰り1日は1時間半程度で終了。
3日間で釣果シーバス50uo1匹とカマス35cm1匹と微妙な週末釣果でした。

釣れている方面へ、もう少し上流へ行けばいいんですが帰るのが面倒で。
今度、行ける時に調査をしたいと思います。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2015年10月13日

10/11 諦め掛けた時の旧江戸川に・・・


11日(大潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

最近、葛西側ばかりだったので今回は浦安側です。

大潮で潮位も低くルアーを流しながら投げまくるが
ウェーバーを投げてみると、早くも手前付近のゴロタで
ルアーロストをしそうになり危なく無くしそうになったので、ルアーチェンジ。

この先、ルアーを変えるのが面倒なので偽ローリングベイトを一筋にキャスト。

時間的に遅くやり始めたので地合いを逃し釣れる気もしなので

そろそろ帰ろうかと迷っていても、リールを巻く手は休めず。

帰る方に考えが傾いた諦めかけた時に待望のアタリ、そしてヒット!

蛎殻にリーダーが擦られないようにゴリ巻きで
上げてみれば写真はボケボケだけれど、まずまずのサイズでした。



偽ローリングベイトの写真では一見分かりにくいですが
ラトル入りの出来きが悪い方でも、反応が良かったです。



上は出来が良い方で下がラトル入りの出来が悪い方。

今回は、コーティングが剥がれやすい出来が悪い方にヒットしました。

次回も良い日を狙って出撃釣行したいと思います。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit

2015年10月08日

10/6 ダラ潮の旧江戸川ですが


4日・5日・6日(小潮(夜) ) 旧江戸川 釣果報告

久々の更新が過去のブログを頑張りたいと思います・・・と
書いておきながらサボって頑張れていません

結構前になるのですが、浦安橋をチャリで釣行へ移動中に
向こうからくる子連れの父親が「どこですか?」と何か
尋ねてきている様子です。

「えぇ〜何・・・?」

駅の場所を聞いているのかな?・・・と言っても電車が通っている
鉄橋は横に見えるし、線路の方向を辿って行けば分かる筈なのにと思い

こちらから、「どこって、どこですか」と逆に聞いてしまいました。
実は、その父親は、どこって駅の場所や道を聞いているのでは無く
  【どこですか?=どうですか?】
「どうですか」と最近の釣果の事について聞きたかったみたいです。
しかも、初め車の騒音でよく聞き取れず、指を人にさしているので
変な人だな〜と思っていたら、目線で追っていくと竿袋を指していました
そこで、ああっ〜と分かりました

しかし、今まで釣り場へ移動中に釣り場から関係の無い道の戸真ん中で
知らない人から、どうですか?と聞かれたのは、ビックリの初めてです。

釣り好きは、何処で話しを掛けてくるのか油断できませんね。

さてシルバーウィーク辺りから次第に気温も低くなり
モタモタしていると、あっという間に釣れない氷河期がくると思い
釣行に行ける日をみて最近では、珍しく夜の連続釣行へ行っています。

型は小さいながら40cm〜50cm位をポツポツと釣っていますが
肝心な釣果が秋を感じる事が出来ないでいます。
中には20cm位とルアーとたいして変わらないサイズまでもが。







スケスケ潮で流れもダラ潮、おまけに周ってきている潮も悪い。

これでは釣れないんじゃ〜、と思い投げていると
時折、速い流れが断続的に良い時があるのでそこへ目掛けてキャスト。

ググッと引きとは程遠い、モッタ〜っと流れに身をまかせたシーバスが
掛かっていました。

秋だと、もっと元気だったような?





その後もフッキングするが、ラインを巻き途中でフックアウト。
口元辺りの鱗がフックに刺さっていました。

引きからして、同型と思われます。

これから、まだまだシーズンだと思いますが
天候も考慮して良いサイズを目指し釣行したいと思います。
  

Posted by うなぎねこ │ コメント(0) トラックバック(0) 釣行日記 Edit
このページの上へ▲