ススムが進む

60代も後半に差し掛かった、毎日が日曜日のオヤジのブログです。 「あせらず・あわてず・あきらめず」の「三ず主義」をモットーに政治・社会・その他モロモロ気ままに書いてます。(認知症予防のためにも・・・笑)

今日は地元の『照姫祭り』へ。。。 商店街・・・普段もこの活気の数分の一でいいから有ったらなぁ

地元・石神井の一大イベント『照姫祭り』がいつものウォーキングコースである石神井公園で開催されました。

昨日、思いがけなく3万歩も歩いてしまったのですが、一晩寝たら足の疲れは全く残っていませんでした「ウン・・・俺もまだまだ大丈夫」なんて一人ニンマリとして。。。

いつものように主夫を済ませて(妻は四国へ旅行中)今日も一人会場へ

DSC_6758 13315703_1633309823657702_5466083686131460501_n

晴天に恵まれて、想像以上の人で大混雑 まぁ、祭りですから賑やかなほうがいいですよね
DSC_6769DSC_6748DSC_6747

池のボートも全て借り出されたようで、こんなボートラッシュは見たことがありません。
緑に囲まれた特設舞台では、フォークギターの演奏が・・・いいですねェ 
あ・・・福島県塙町のブースが今年もあるじゃないですか 塙町は妻が若い頃看護士として働いていたところ・・・過日、美術館巡りをしたTさん夫妻も塙町在住です。
そこのブースなのですから、なにか買わないわけにはいきません。。。あゆの塩焼きを頼み、明治12年創業という味噌屋さんが造った「山椒味噌」なんぞを購入しました。

そして、昼は軽くこれで済ませ・・・(昨日も今日も歩きというのはこういう時に最高です)
13319805_1633309940324357_1744336430775002141_n

ぶらぶらしながら各ブースを見ていたら・・・宮城県石巻の木ノ屋石巻水産が目にとまりました
imageDSC_6761DSC_6762
あの大震災の直後、『希望の缶詰』として都内でも売り出され、私も多く買った記憶があります。
今回も、鯖の味噌煮とさんまの醤油漬けを購入!! すぐとなりに目をやるともう目が点状態!! 大好物の数々がおいでおいでと言っているではありませんか

半合で400円とちょっと高めの価格設定ですが、宮城県応援?のつもりで『日高見』と『北窓三友』なんぞを頂いちゃいました 野外で・・・それも昼間味わうお酒は、ちょっぴりの背徳感もあってひと味違いますね〜 

適度に楽しんだので、駅に向かって歩いていくと・・・・。
DSC_6771 image DSC_6779

照姫一行の行列と出くわしました。 ウーンこの方は奥方かな 上田市からやってきたという、真田軍に模した隊列もなかなか見事で。。。

石神井公園商店街です。 久しぶりに、本当に久しぶりに活気ある商店街となっていました
いつも、この三分の一でも良いからこんな活気が欲しいものです

あ・・・書き忘れましたが、あれだけの人と飲食物が販売されていたというのに、公園内はいつもと変わらないほどゴミなどで散らかることなく整然としていました。

image image

至るところに、キチンと分別されたゴミ袋が用意され、徹底したゴミ管理が行われていたからです。 そして・・・その回収に多くの若者たちが動き回っていたことに、オジサンはかなり嬉しくなったのでした













イヤー3万歩を超えたとは・・・よく歩いたなぁ〜 (^O^) 

「イヤハヤ・・・疲れました」全然予定もしていなかったのですが、とにかくひたすら歩き回って・・・一日の歩数は31780歩という驚くような数字になっていました。
事の発端は、白内障予防の目薬が切れたので、ひと駅先の眼科医まで歩いて行ったことでした。
時間は、まだ11時ちょっと過ぎです。 暑くもなく寒くもなくちょうど良いウォーキング日和だったこともあって、そのまま西武線沿いにどんどん下ってみることにしたのです。
武蔵関〜東伏見と歩いていったら、東伏見稲荷神社に突き当たりました。
『関東地方の稲荷信仰者たちが、東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊を奉迎してその御神徳に浴したいとの熱望が高まり、京都伏見稲荷大社の協力で、昭和4年に創建されました。』と神社のHPに書いてありますが、私自身は、全く初めての訪問です。
image imageimageimage

そう言えば、安倍首相は過日のサミットで、伊勢神宮に各国首脳を連れて行くという憲法を無視した乱暴な行為を行いましたね。全く国会議員として憲法順守の義務を守る気持ちなどさらさらないことが明白です
サミットでの伊勢神宮「訪問」に抗議する−公式行事に宗教施設を利用してはならない。(澤藤統一郎さんのブログから)

ここ、東伏見稲荷はその名のとおり稲荷さん(狐)信仰の神社です。
本社の裏側には、至るところに狐の像がありました。
じっくり見るとなかなか愛嬌があるものです。。。ちゃんと狐さんの大好物とされる「油揚げ」なんぞも奉納する場所もありましたよ

ここから、中央線の三鷹駅にむかってひたすら歩きます。。。(予想以上に距離がありました)
中央線は何百回と利用しているけど、三鷹駅で降りたことはありません。
駅周辺をブラブラしていたら・・・
imageimage

ななな・・なんとビルの壁一面に地酒の銘柄がベタベタと・・・そして大きなガラス越しには、全国の日本酒フアン垂涎の的となりそうな地酒の一升瓶がズラリと並んでいるではありませんか
知る人ぞ知る、地酒と焼酎の専門店「碇屋酒店」さんに出くわしました
ウーン買いたいお酒はいっぱいあるのですが、ここから一升瓶をぶらさげて歩くというのもきついもんですからねぇ

駅前のすぐ近くに、こんな光景が
image

「玉川上水」です。。。(1652)年、幕府は多摩川の水を江戸に引き入れる壮大な計画を立て羽村の取水堰から延々と江戸市中まで水を引いたのですね。。。今も豊かな清水が流れ、両脇は緑豊かな緑道となっています。
「この緑道沿いに歩いていけば井の頭公園につくはず・・・」と、またまたウォーキング開始です。
本当は、ここらで止めようと思ったのですが、 「吉祥寺に着けばあそこがまっているじゃないか」とばかりに、あそこ?を求めて歩き出した・・・・というのが本音でしょうね
image image

井の頭文化園(動物園)を目の前にして、ちょっと寄っていこうかな?と迷ったのですが、あまりにも入園者が多いのでやめる事にしました。
で・・・目的のあそこにやっとたどり着いたのですが
なんと、超満員・・・・立ち飲みスペースもギシギシです。 それにタバコを吸っている方がとっても多くて どうしようかな?と迷っていると「伊勢屋北口店オープンしました」との張り紙が
「じゃ・・・そこに行ってみよう」とまた足取りもやや軽く北口へ
北口の繁華街をさんざん探しのですが見つかりません。。。諦めかけていたその矢先、目の前のビルの地下に降りる階段口に「伊勢屋北口店」の矢印が
「オオオオォォォ 天は我を見捨てなかった」なんて勝手に舞い上がってそく入店です。
imageimageimage

ここもまだ4時すぎというのにかなりの混みようで、土曜日とあってか男女のカップルとか、一人呑みの中高年男性が圧倒的でした。
私も一人で本日の奮闘?に乾杯です
イヤーよく歩きました。。。太ももはビンビンに張って以前ちょっと痛めた左の膝がうずきます でも冷たいホッピーと焼き鳥はそんな体をシャキッとさせる活力剤でもありますねぇ
お店の外には順番待ちの列も出来たようななので、適度に切り上げて・・・近くのブックオフに立ち寄って、こんな本を買って帰宅の途につきました。
imageimage

ウーン充実した一日でした。。。でも足がジンジンしています

石神井ゴールデンコースの過程でみた「オバマ大統領の広島訪問」。。。・・・につけてもあの方の軽く空虚な言動が焼き付いたなぁ (ーー;)

午前中の雨も上がったので、100枚ほど残っていたチラシの全戸配布を行いました。
86574f61

30分ほどで完了です
しかしこれだけでは、このところの「ウォーキング不足」を到底解消できません
で、石神井公園駅まで適当に寄り道をしながら歩いて、銭湯「友の湯」で一風呂浴びることにしましょう。。。

銭湯で汗を流したら・・・次に行くところは当然ここですね〜

ハイ・・・「もつ焼き加賀山」さんです

石神井公園駅近くの銭湯は「友の湯」と「豊宏湯」と二箇所ありますが、そこでさっぱりとした後、加賀山さんで喉を潤す・・・これを「石神井ゴールデンコース」と名づけましたが、今回はまさにそのコースそのものですね
DSC_6683 DSC_6684DSC_6688

風呂上がりのホッピーは最高 
そして、キャベツ(この盛り具合を見てください!!)ガツ刺し、店主お薦めのシロ(豚の腸の部分)は臭みも全くなくふっくらとした絶品です。
スイスイとホッピーが進みますね
DSC_6689 DSC_6690

今年になってから?各地の地酒が次から次へと登場してくるようになりました
それも「ウーンこれはすごい!!」と思われる逸品ばかりです。

今回は、神奈川県茅ヶ崎の、銘酒「天晴」です。。。。 当然リクエスト  アテは新潟・栃尾の油揚げです。 これは最高のコラボですよ

美味しいお酒を頂いているとき、TVの画面はオバマ大統領の広島訪問の実況中継をずっと映し出していました。
DSC_6687

カウンター席の一番TVに近いところでじっくりと眺めていました。。。
かなりの酔眼の私にも・・・(否! 酔眼だからこそかな)アメリカ国内の複雑で厳しい世論の中でオバマさんの真摯な眼差しと発した言葉から精一杯の誠実さを感じることが出来ました。
しかし・・・しかしです。。。それに比べてあの方の発する言葉と眼差しがいかに空虚なことでしょうか
口先だけの綺麗事で心にもない言葉の羅列と感じたのは私だけでしょうか

歴史的とも言われた「オバマ大統領の広島訪問」ですが、それに便乗して己のイメージアップにつなげようとしたあの方の目論見は完全に外れたのでは・・・と感じた一杯やりながらのTV鑑賞でした。。。

果たして、世の方々はどのように捉えたでしょうか

旨い「具たくさんのつけ汁蕎麦」 / まだ5時なのに、オープン席風居酒屋さんは超満員

久しぶりに「具たくさんのつけ汁蕎麦」を食べたくなりました。

DSC_6664 DSC_6666DSC_6668

舞茸、椎茸、油揚げ・・・そして大好きな長ネギをたっぷりと。。。。。
豚こま肉でダシをとり旨みと甘味が出たところに、麺つゆ、味醂、を加え具材を投入して5分ほど煮立てて出来上がりです
つけ汁が完成し、蕎麦を茹でようと思ったら・・・・・・蕎麦がない
乾麺だと思っていたのは「ソーメン」でした
DSC_6669

ま・・・でも、これはこれで美味かったです

昨夜は、上野で気心知れた仲間との一杯会がありました。
6時からなので、5時頃アメ横周辺をブラブラと・・・・。

imageimage

ビックリまだ陽も高いこの時間でも、オープン席風の居酒屋さんは満員状態。。。。
皆さんにこやかに談笑しています。 
この光景だけを見たら、「豊かで平和な世の中だなぁ〜」なんて感じますが、私の脳裏に昨日のエントリーで引用した「茹でカエル現象」のことがふとよぎりました 嗚呼・・・・。

今こそ『ゆで蛙現象』に気がつかなければ。。。。コメントを戴いた「定年オヤジ」さんへの返信

本日のエントリーに対して、『定年オヤジ』さんから実に示唆に富んだコメントをいただきました。

>極めて明白かつ単純なとらえ方でいいと思います・・・『自公推薦の候補には票を投じない』ですね

そのとおり!!
通信販売などで、2度も同じ嘘ついた業者の品物なんぞ買う気にもならないのと同じ

「3度目は騙されない」それは常識というもの

でも、それが通用しないのがこの国の国民性かも
          定年オヤジ   2016年05月25日 10:33


鋭くぴったりな例えですね
通販や電話などでの物品勧誘などでのセールストークはかなり過剰で甘々なものが多いのですが、とりわけ何度か虚偽の触れ込みで多くの方を惑わしていたら、それだけで信用は完全に失墜して、売上激減!!場合によっては企業倒産に追い込まれるのがオチですね。。。
まさに・・・「3度目は騙されない」それは常識というものですよね

アベノミクスと言う最大のキャッチコピー(商品)を振りかざして支持をかすめ取るあの方に対しても、その商品がまやかしでインチキ性が今やハッキリしてきたというのに、それでもその販売元であるあの方の支持が一向に減らないということは、私には到底理解不能なことです。

今は、メディアの多くが一体となって、その販売元の意向を忖度しつつ、国民騙しの一翼を担っているのですから始末に負えません。

例えの一つとして『茹でカエル現象』と言う言葉がありますね。
ba5111c33fdbabfa23a9e08bf162090c DSC02613

鍋に水を入れ、そこにカエルを入れて徐々に温めていくと、カエルは居心地が良くなって飛び出そうとせずに、最後にはゆであがって死んでしまう。ところが、既に沸騰している鍋に入れられたカエルは、瞬時に飛び出し、結局は助かるというものである。
 これは環境が徐々に変化しているときには往々にしてその変化に気付かないし、気付いたときには既に対応が手遅れになってしまうことが多く、得てして、致命傷になることへの警鐘である。

今、安倍自公政権がやっていることは、鍋の水に熱を加えてどんどん温めている状況に似ています。
もういい加減に気がつかないと、それこそ手遅れになりかねません
そんな危機感をそれこそ企業定年を迎えた私たちの年代は強く感じるのですが、30代40代の壮年の皆さんにも共有して欲しいなぁ・・・と心から思う今日このごろです

定年オヤジさん、ご訪問そしてコメントをありがとうございました

『自民党・公明党』 二度も続けて醜さマックスの都知事を応援した責任は!! /  (百条委員会を設置して本格的な追求を)

わずか2年前の事でした。。。
88f67858
医療法人『徳州会』からの5000万円の資金提供問題で窮地に追い込まれて、100条委員会の設置が決まったすぐあとに『辞任』したこの方の後任を選ぶ都知事選挙があったのは。。。。。
imagesGVYLJ70Q
(イヤハヤ、イノセさんのこのポスターは、あまりにも作り顔で何度見ても笑っちゃいますけど

そして・・・・こんな構図で『マスゾエ』さんをまたしても自民党と公明党が熱烈に応援したのでした
b3776ad1 無題

二度も続けて、熱烈応援した知事が、二度も続けて醜さマックスの金銭に関する疑惑で窮地に追い込まれたことを、自民党・公明党・・そしてそれに従って熱烈にプッシュしたであろう創価学会の方々は、どのように捉え・感じているのでしょうかねぇ

ことここに至っても、明確なメッセージが聞こえてきません

昨日、共産党都議団が、『百条委員会』の設置を都議会各会派に提案しました。
舛添氏問題「百条委を」 共産党都議団が申し入れ (東京新聞・5月25日)
舛添知事の海外出張、公用車の使用及び政治資金などに関する百条委員会設置について (都議団・共産党)
前回、猪瀬さんは、この百条委員会の設置が決まったことを受けて自ら辞任したわけです。その場でことの真相が深く追及されて窮地に追い込まれることが明白になったばかりでなく、司法当局の追及も受けかねないと感じたからでしょう。。。
本人の辞任を受けて、結局100条委員会は開かれることなく幕が下ろされていましました。
百条委員会設置の取り下げに抗議する
つまるところ、『ウヤムヤ決着』となったわけです

果たして、今回はどのような展開になっていくのでしょうか。。。。
今回も、自民・公明お得意の『自らの推薦責任』には頬かぶりしたまま『ウヤムヤ決着』に持ち込んだなら、もういい加減に都民は目覚めなければなりませんねェ
極めて明白かつ単純なとらえ方でいいと思います・・・『自公推薦の候補には票を投じない』ですね

参考過去ログ・・・(ある男性との会話部分だけでもぜひお読みください)
「俺は前回猪瀬に入れたけど、バカだったよな〜。だから今回は行きたくないなぁ〜。」・・・・東京に戻ってモード変更です!!   2014年02月03日

屈辱的な『日米地位協定』の見直しに踏み込めずして、何が『日本を取り戻す』なのか!!

琉球新報の編集局報道本部長と言う要職にある、松元剛氏の特別評論を熟読しながら目頭が熱くなりました。ぜひお読みください・・・
『守れなかった命 第2の容疑者は日米政府 オバマ氏は沖縄で直接謝罪を』  

今日は、翁長沖縄県知事と安倍首相の会談がありました。
PK2016052302100156_size0
(写真は中日新聞より・・・翁長知事の極めて厳しい表情と、安倍首相の表情はあまりにも対照的ですね)

翁長知事オバマ氏との面談要請 沖縄女性遺棄事件で首相と会談 (東京新聞)
翁長氏は会談で「再発防止や綱紀粛正という言葉を何百回も聞かされてきたが、現状は何も変わらない。大きな憤りと悲しみを禁じ得ない」と強調した。

 同時に「安倍内閣はできることはすべてやるというが、できないことはすべてやらないという意味合いでしか聞こえない」と政権への不信に言及。「地位協定を改定しなければ日本の独立は神話と言われてしまう」と、在日米軍の法的地位などを定めた日米地位協定の見直しも求めた


赤字で強調したように、翁長知事の激しい憤りを表しています。

その地位協定に関することですが、このブログでも何度も取り上げていますが、代表的なものを二つ・・・。

3年半前にも、米兵による女性暴行事件が起きています。 その時の知事は仲井真さん、野田首相、玄葉光一郎外相、森本敏防衛相と言う民主党政権の時ですね。
すべての国民が怒りを燃やそう・・・(沖縄米兵女性暴行事件)2012年10月18日
この時、仲井真知事は『「日米地位協定を改定しない限り、彼らは基本的に日本の法律を守らなくてもいいことになっている。こうした兵士の考えがでてくる』と述べています!!

その時の民主党政権の対応について私は・・・
『それに対して、相変わらず政府の煮え切らない態度といったらありません。お得意の「非常に遺憾な事態」とか「綱紀粛正を強く要求する」なんて言う決まり文句しか出ないのですから、これまた自民党以上の腰砕け・・・と言い切れます。』
と強く批判して書きました。

今回の安倍政権の対応もまったく同じじゃないですか 呆れ果てると同時に強い憤りを覚えます

もう一つは、9年前のエントリーです。
あれから30年・・・・ 2007年09月28日
1977年(昭和52年)9月27日の横浜市緑区の米軍機墜落事件に関することです。この事件の経緯は日米地位協定が日本にとっていかに卑屈で耐え難い協定なのかをあますことなく示しています。
このエントリーを次のような言葉で結んでします。。。。

『日本はいつまで、アメリカの顔色をうかがっているのだろうか・・・。キチンと自国民の権利も安全も守れないような政治屋どもに限って「国際貢献」などと大風呂敷を広げているものだと痛感する昨今である・・・。
しかし・・・この30年前の屈辱の出来事を、果たして、どれだけのマスコミが取り上げただろうか〜〜。残念ながら、一般新聞やTVが取り上げたという事を、私は未だに見聞きしていない・・・・・。』


73533_434451709941687_1219818362_n4 6c03c06e

今回は、更にこのことを加えなければなりません .
アメリカに屈辱的な地位協定の変更を求めることもできないで、何が『日本を取り戻す』なのか ・・・・と。

ブラリドライブでちょっぴり得をした気分!! 天空を彩るポピー (秩父高原牧場)

昨日は、早朝からみな出かけてしまって私一人。。。

いつものように主夫をこなしてから、ぶらりと新緑ドライブに行きたくなりました。

「近郊周辺の地図を広げ、自宅の付近に鉛筆を立てて、倒れた方向へ行ってみよう」と言う全く無計画のドライブです

ハイ・・・方向的には秩父方面でした

一般道のみで空いている道(それも今までにほとんど通ったことがない道)を選んで走って行き、埼玉県日高市に到着・・・ここから秩父市と奥武蔵の境となる「定峰峠」を目指して新緑の田園地帯を爆走

東秩父村に入ったところで、道端には「ポピー祭り開催中」とか「ポピー満開」の立て看板が目立ちます。
ならば、そのポピー祭りとやらに立ち寄ってみることにしましょう・・・・。

そこは、定峰峠の手前の山の中、秩父高原牧場のすぐ裏側にありました。
土曜日・・・そして満開と言うフレーズに惹かれたのでしょうか? かなり手前から車はストップ状態で、少しも前に進みません。
ちょっとした空き地を見つけてそこから歩いていくことにしました。 付近にいた数台の方もあとに続きます
約30分・・・汗をカキカキ息切れしつつ登ったり下ったり。。。。
image image

突然目の前が大きく開けて、真紅の世界が飛び込んできました。。。

imageimageimage

imageimage

イヤー・・・こんなに壮大だとは思ってもいませんでしたね。 なんだか異次元の世界に迷い込んだような気がします。
1500万本ものポピーとのことですが、真紅の絨毯を敷き詰めたようで、周囲の緑の山々との対比が実に鮮やかです。

入園料は200円・・・・安いですよねェ

目的もなくブラリと出かけてきたのですが、なんだか得をしたような気分です

最近の嫌悪する出来事の数々も忘れて、しばし見入ってしまいました。。。

この「ポピー畑」は東京の方にはあまり知られていないようです。。。ぜひ、訪ねてみてはいかがでしょうか
来週いっぱいくらいは見ごろだとのこと。。。平日ならこれほどの渋滞はないでしょうが、近くの高原牧場に車を止めて、ブラブラ歩いていくのがお薦めです

《参考》 天空を彩るポピー2016 (東秩父村)

本日の琉球新報社説を、ぜひとも多くの方が読んでいただきたい

ウーン・・・改めてネットのすごさを認識です。

昨日のエントリーの中で、『昨夜のニュースを見ていると、事件が米軍属によって起こされたことが明らかになり逮捕されたあとでも、報道陣にマイクを向けられた、安倍首相も、高村副総理もノーコメントでダンマリを貫きました。 いつもなら能弁に語る二人が・・・です』と書きました。

その瞬間の写真がキチンと残っていました。。。

Ci1PJyWUgAARvFP

翌日、官僚が用意したであろう紋切り型のコメントを述べていますが、それは沖縄の人々の心に虚しく響くだけです

今朝の琉球新報の社説は、沖縄の地元紙として本質をズバリと指摘し、怒りに満ちたものです。ここでも、この無言の素通りについて触れた箇所があります(赤字強調)
この社説を全文貼り付けて本日のエントリーとします。
是非多くの方に全文を読んでいただきたいと思います
「殺害」示唆 植民地扱いは限界だ 許されない問題の矮小化  2016年5月21日 琉球新報社説
えたいの知れない重苦しい塊が胸の中に居座り続けている。なぜ繰り返し繰り返し、沖縄は悲しみを強いられるのか。この悔しさはまさしく、持って行き場がない。

 行方不明だった会社員女性(20)が遺体となり見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員で軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者が「首を絞め、刃物で刺した」と供述した。事実なら、事故などでなく意図的に殺害したことになる。
 しかも遺体は雑木林に放置された。被害者の恐怖と無念はいかばかりか。想像すると胸が張り裂けそうになる。もう限界だ。今のままの沖縄であってはならない。

 現在進行形の「戦場」

 女性と容疑者に接点は見当たらない。事件当日の日没は午後7時で、女性は8時ごろウオーキングに出た。大通りがいつものコースだった。日暮れから1時間たつかたたずに、商業施設に程近い通りを歩くだけで、見も知らぬ男に突然襲われ、最後は殺されたのだ。しかも相手はかつて海兵隊員として専門の戦闘訓練、時には人を殺す訓練をも受けたはずである。なすすべがなかったに違いない。沖縄はまさに現在進行形で「戦場」だと言える。
 沖縄に米軍基地がなければ女性が命を落とさずに済んだのは間違いない。在日米軍専用基地が所在するのは14都道県で、残りの33府県に専用基地は存在しない。だからこれらの県では米軍人・軍属による凶悪事件は例年、ほぼゼロが並ぶはずである。他方、統計を取ればこの種の事件の半数は沖縄1県に集中するはずだ。これが差別でなくて何なのか。
 沖縄は辛苦を十分に味わわされた。戦後70年を経てもう、残り33府県並みになりたいというのが、そんなに高望みであろうか。
 政府は火消しに躍起とされる。沖縄は単なる「火」の扱いだ。このまま米軍基地を押し付けておくために当面、県民の反発をかわそうというだけなのだろう。沖縄の人も国民だと思うのなら、本来、その意を体して沖縄から基地をなくすよう交渉するのが筋ではないか。
 だが辺野古新基地建設を強行しようという政府の方針には何の変化もないという。この国の政府は明らかに沖縄の側でなく、何か別の側に立っている。
 19日に記者団から問い掛けられても無言だった安倍晋三首相は、20日になって「非常に強い憤りを覚える。今後、徹底的な再発防止などを米側に求めたい」と述べた。その安倍首相に問い掛けたい。これでも辺野古新基地の建設を強行するのですか。

 責任はどこへ

 綱紀粛正で済むなら事件は起きていない。地元の意に反し、他国の兵士と基地を1県に集中させ、それを今後も続けようとする姿勢が問われているのである。
 問題のすり替え、矮小(わいしょう)化は米側にも見られる。ケネディ米大使は「深い悲しみを表明する」と述べたが、謝罪はなかった。ドーラン在日米軍司令官も「痛ましく、大変寂しく思う」と述べたにすぎない。70年以上も沖縄を「占領」し、事実上の軍事植民地とした自国の責任はどこかに消えている。
 ドーラン氏はまた、容疑者が「現役の米軍人ではない」「国防総省の所属ではない」「米軍に雇用された人物ではない」と強調した。だが軍人か軍属か、どちらであるかが問題の本質ではない。軍属ならば米軍の責任はないかのような言説は無責任極まる。
 確かに、容疑者は海兵隊をやめ、今は嘉手納基地で働く軍属だ。だからこそ辺野古新基地をやめれば済む問題でもない。
 日ごろ戦闘の訓練を受けている他国の軍隊がこれほど大量かつ長期に、小さな島に駐留し続けることが問題の淵源(えんげん)だ。沖縄を軍事植民地として扱い続ける日米両政府の姿勢が間違いなのである。ここで現状を抜本的に変えなければ、われわれは同輩を、子や孫を、次の世代を守れない。

「あぁ・・・あと10年若かったらなぁ〜」なんて。。。 / 久しぶりに「加賀山」さんへ

今夜は、都内某所で48年間勤めた職場の若者(と言っても20代後半・30代)数名と、一杯やりながら楽しく充実したひと時を過ごしてきました。

最近、鉄道に関する想像もつかないような(想定外と言うのかなぁ)事故が多発したことや、それ以前には社員による不祥事が相次いだことなどで、なにかと職場の雰囲気もギクシャクしているようで、活発な意見や質問そして愚痴?などが飛び交いました。

もっぱら聞き役に徹していたのですが、「こんな時こそ現職でいたらなぁ」なんてちょっと残念な思いもしたひと時でした。。。

地元に戻って・・・・飲み直しということで、久しぶりに「もつ焼き加賀山」さんへ
image


金曜日とあってか、カウンターは満席状態
一番隅の「特別席?」に座ったのですが、やはりここに来るとホッとします。 その「ホッ」とするような居心地の良さが居酒屋さんのもっともウリとするところだと思うのです。

適度にご主人との会話も弾んで、心地よい時間をすごす事が出来ました

10時近くの石神井公園のメーンストリート。。。
image image image

人影もまばらで、都内の駅近とは思えないほどの静かさです。
今月の29日に催される、この地域最大のイベント「照姫祭り」のポスターもちょっと寂しげです。

今宵は、満月!! お月様に照らされてシコシコと歩きながら「アァ・・・あと10年若かったらなぁ〜」なんてため息一つですね ハハハハ・・・・


記事検索
livedoor プロフィール
メッセージ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
NAVERまとめ
livedoor 天気
  • ライブドアブログ