ススムが進む

60代も後半に差し掛かった、毎日が日曜日のオヤジのブログです。 「あせらず・あわてず・あきらめず」の「三ず主義」をモットーに政治・社会・その他モロモロ気ままに書いてます。(認知症予防のためにも・・・笑)

日米トップの演説を聞いて。。。。2017年は『暗闇の中、断崖を歩く』という感じになりますねェ

脳内お花畑という言葉を聞いたことありませんか?
『能天気な思考回路をもつ人物を表す語。脳の中に花畑でも広がっているのではないかと疑うほど、思考が浅いことの例え』として使われています。
過日の、通常国会開会において安倍首相の施政方針演説なるものをNHKニュースで見ました。 アベサマのNHKですから、かなり長々と放映したわけです。
その映像を見ているとき、私の頭をかすめたのは、怒りや呆れももちろん湧いてきたのですが、それと同時に、浮かんだのが冒頭書いた『脳内お花畑』という言葉でした。

14850901293442078423941
  56a52bd6-s

さっそく東京新聞の『こちら特報部』で大きく取り上げていましたね。(拍手)
「威勢のいい言葉ばかり並べても現実は一ミリも進まない」。二十日の施政方針演説で安倍晋三首相は野党への皮肉を繰り返した。そういう安倍首相の演説も、明治維新を模した「国づくり」を連呼して、だいぶ威勢がいい。だが、その中身はどうか。今回も改憲議論に触れているが、そもそも内閣に指示される筋合いの問題ではない。国会軽視が過ぎないか。疑問符だらけの演説に識者から異論が相次いだ。


国政の最高責任者として施政方針を示すのですから、『○○していきます』とか『○○を進めます』と言うのがスジというものです。 ところが随所で発するフレーズは・・・
「新しい国創りを進めていこうではありませんか」
「次々と打ち破っていこうではありませんか」
「切り拓いていこうではありませんか」
「結果を出していこうではありませんか」
「そういう日本の未来を、共に、ここから、切り拓いていこうではありませんか」
と、いこうではありませんか!!と投げかけばかり多用していました。 これでは自民党大会などの身内の集まりで意気を鼓舞するために発する言葉と同じです。

また、すべて自分につごういい数字をまくしたてて『壁を打ち破った』というフレーズも多用しました。 
安倍内閣はこの4年間で3本の矢を放ち、「壁」への挑戦を続け てきました。その結果、名目GDPは、44兆円増加、9パーセント成長しまし た。
格差を示す指標である相対的貧困率が足元で減少していま す。特に子供の相対的貧困率は2%減少し、7,9%。15年前の調査開始以来、一貫して増加していましたが、安倍内閣の下 初めて減少に転じました。
出来ないと言われていたことが次々と実現できた。かつての悲観論は完全に間違っていた。そのことを私たち自公 政権は証明しました。

ま・・・いつもの自画自賛というやつですか

sanponnoya

安倍政権の一大看板だった『アベノミクス』 この図のように大きく飛躍したなんて、いったい誰が感じているでしょうか。
そりゃ・・・格差が一段と拡大し、金持ちはより豊かになったでしょうが、私たち庶民の生活実感は『向上』『安定』『豊か』とは真逆の方向へまっしぐらじゃないですか

こんなことも言いました。
抽象的なスローガンを叫ぶだけでは世の中は変わりません。 言葉だけのパフォーマンスではなく、しっかりと結果を生み出す働き方改革を、皆さん、ともに進めて行こうではありませんか。

安倍内閣が次々と言い放った『一億総活躍社会』とか『女性が輝く社会』とか『働き方改革』なんていうのは、抽象的の典型みたいなもの言葉だけのパフォーマンスそのものじゃないですか

言論の府である国会の中でプラカードを掲げても、何も生ま れません。
意見の違いはあっても、「真摯に議論をたたかわせ・・・・」

なんて実に耳ざわりのいいことをおっしゃいましたが。。。。。
でも、その議論の最中に先頭にたって野次をとばしまくったのも、この方ですよね。
29bed1ca67ab4fb10d3beb9d4bdc53b0  20150821195925asd@i3

真摯に議論をしたくても、国会に提出された資料がのり弁ではねェ〜
o0320035013850392715


そして、数の力に任せての強行採決の数々。。。。
2015091702  86_345605


さらに・・・「国会の中でプラカードを・・・・」とのフレーズにはこんなブーメランが
cj7qjtqveaa3q1j

民主党政権下での自民党議員席ですよ

ね・・・こんな感じで己が発する言葉に自己陶酔しきったこの国のトップではありました。

翌日のトランプ大統領の演説を聞いて・・・・この二人がこれから進めていく方向は・・・・なんて思うと『お花畑』とは真逆の『暗闇の中、断崖を歩く』という感じのほうがピッタリでしょうね

2017年の波乱を思わせる二人の演説ではありました。。。 

その暗闇に『平和と生活を守る灯り』を灯すことをシコシコと諦めることなく追及していきたいものです。。。。



昨日は氷点下の世界へ・・・今日は、大都会池袋に。。。  明るく楽しい『新春のつどい』に参加です (^-^)

季節を実感するために、冬は寒いところに・・・・これが観光の極意?ですかね

昨日は、奥秩父の山々に囲まれた小鹿野町の「尾ノ内渓谷の氷柱」を見に行って来ました。

20170120_151513  20170120_145806  20170120_144800  20170120_144709   20170120_144700

気温はー4度・・・肌を刺すような寒さです。
自然の厳しさが作りだす氷の様は『芸術的』とも言えますね〜。 思わず感嘆のため息を洩らしてしまいます。

そして・・・今日は一転、大都会池袋の雑踏の中に紛れていました。
20170121_14483220170121_141639

と、言っても池袋西口公園は行き交う人も少なく、あまり喧騒としていませんでしたが・・・・

池袋の中華飯店で『日本共産党西武後援会』が主催した、毎年恒例の『新春の集い』がありました。
私たち『地下鉄後援会』にも声がかかり、代表として西武鉄道沿線に住んでいる私が参加することになったのです

東京の西北部の足として西武鉄道はなくてはならないものですが、昔から厳しい労務管理(労働者の思想管理)で知られた会社でもあります。
そのとてつもない厳しさの中で、共産党を支持・応援する方々がいるということを初めて知った時は、それはそれは超新鮮でとっても嬉しくなる驚きでしたね。。。

20170121_133031 20170121_13300620170121_133232

会場となった中華飯店の宴会場は大勢の中高年で大いに盛り上がりました。(この手の集まりでは、若い人たちの姿をなかなか見かけなくなり、オールドパワー健在ばかり目立ってしまうのが残念ではありますが・・・)

多忙の中、途中参加の豊島区選出の都議会議員『米倉春菜』さんが見えると、会場は一気に華やかとなり、オジサンたちの目の輝きも一段と増してきたのを感じましたよ

いいですね〜。まだ28歳・・・みんなの娘さんと言ってもピッタリする若さです。

その真っ直ぐな眼差しで、都議として4年間の感想と、決意を力強く語ってくれました。
(6月の都議選でなんとしても再選を勝ち取ろう・・・と、参加者全員が思いを共有しました)

寸劇や全員合唱・・・そしてビンゴ大会などのゲームを取り混ぜて、美味しい中華料理をいただきながら、和やかで楽しいひと時をすごす事が出来ました。

ゲームでは、私は二番目にビンゴして(それもダブルビンゴ)賞品なんぞもいただいて、新年早々さい先の良いスタートだと一人悦にいった訳です。

エッ・・・お酒ですか? 暖かな日差しがある昼間なので、それはビールを主として紹興酒なんぞを適量?いただきました

厳しい状況の中、コツコツと頑張ってきた皆さんに心からの敬意を感じつつ会場をあとにしました。。。。

今年も『あせらず・あわてず・あきらめず』前に進んでいきましょう

みーちゃんの近況と私の血圧についての報告?   (^-^)

降圧剤を服用してから三日経ちました。
友人達から、ミーちゃんの様子と、血圧について『効果はどうなの?』というメールをいただきます。

で、今日はその報告を兼ねたエントリーです。

20170119_105546 20170119_105532 20170119_105817 20170119_105840

ミーちゃんは、相変わらずマイペースで元気に過ごしています。 食欲も旺盛・・・それはそれはビックリするような食べっぷりですね。
そして、三日に一回くらいですが、外に出たがります。(以前は毎日でしたが・・・)
「外に出して、帰って来れなくなると大変だ」と言うことで、私が必ずミーちゃんのあと追い(付き添い)をして、家のごく周辺のみ外出を許可?しています

お隣の、広い庭の片隅に生えている草のところに行き、その草をムシャムシャと食べて、しばらくすると必ず2回ほどゲップをして吐き出し、胃の調子を整えているようです。

それが終わると帰宅。。。。
迷わず玄関先まで戻ってきますよ。 歩き方は極めてノロノロとしたものですが、まだまだ認知機能はあるようですね   たいしたものです。。。。


血圧は・・・・17日の朝から『オルメテック錠10mg』という降圧剤を服用し始めました。
なんと・・・その日のうちに効果が出てきて、夜の測定値は145ー82。。。翌日以降は138ー79とか138ー80などと最近では考えられないような安定値を出しています。(副作用も今のところほとんど感じません)
イヤー・・・ビックリ 改めて薬の効き目に仰天です。
医師からは、『薬による目標値を130台後半において、あとは自己努力で・・・』ということだったので、まずは第一関門成功というところでしょうか

お酒は、家で1合以内を守って飲んでいます。 これは私にとってかなりきついことなのですが、「もう少しいいかな?」という誘惑と格闘しながらなんとか我慢しています

私には、今回の処方がピッタリと合ったということです。  まずはミーちゃんも私もひと安心・・・。ということですかねぇ。



バナナの叩き売りじゃあるまいし・・・・共謀罪・対象を600〜300へ

『エエィ・・・まけちゃえ〜。。。。600を300だよ!!半分にしたんだよ〜  さぁ買った買ったぁ』
images333

こんな光景がすぐラップしましたね。

「共謀罪」対象300程度に=公明要求で絞り込み−政府
昨日、多くのメディアが、政府が提案するという『現代の治安維持法=共謀罪』の対象項目を当初の600から300程度に絞って提出・・・と報じています。

即座に浮かんだのが、『大幅割引』とか『プライスダウン』『50%オフ』などのバーゲン販売のフレーズです。

『原価50円程度のものを、まずは600円とふっかけて、次に半分の300円にしても、まだまだ大儲け』そんなボッタクリ商法そのまんまという感じのアベ商会のイカサマ商法炸裂です
images633F26JK

こんな子供だましにコーメーさんは飛びつくんでしょうかねェ
ま・・・・今までもなんだかんだと言いながら、『ヘヘェー』と揉み手をしながら同調してきたんですから、甘く見られても当然と言えば当然なんですが。。。。

images

『エッ・・・ことは俺たちの当たり前の暮らしが壊されるかどうかの問題だよ。。。。バナナを買うんじゃあるまいし、そんな簡単に数字を下げる・・・ていうことじたい、インチキだって言うことよ』
と寅さんなら言うでしょう。。。。





本物の『是々非々』を、これからも貫いて欲しいものです。。。(共産党都議団)・・・・・今朝の東京新聞の記事を読んで (^O^)

自民『けん制』 民・公『連携狙う』 共産『是々非々』 これが小池都知事に対するスタンス・・・と、今朝の東京新聞に載っています。
20170117_083123  20170117_082957

ほぼ一週間前、にアップしたエントリーです。
小池報道・・・メディアの忖度と迎合ぶりが目に余る!!  あの舛添さんへのツッコミ具合はなんだったのだろう?
メディア・・・特にTVメディアを最大限に意識したパフォーマンスを繰り広げ、かなりの効果をあげている小池知事に対して、都議会の各党がどのような姿勢(態度)をとっているのか・・・ということは大いに興味あるところですね。

自民党との対決姿勢をちらつかせながら、いまだに自民党籍を弄ぶ小池さんに対して、その自民党は対決姿勢をちらつかせてみたり、小池さんとの連携を明確にして都議会自民党会派を離脱した、三人の都議に対してなんら処分することなく、次の都議選でも党公認候補とすると決めている・・・・と言うのですから、もう滅茶苦茶で政党としての矜持も体もなしていない!!と言えます。

公明党は、都議会自民党と『決別』し、小池さんと積極的に連携することを打ち出しています。『都政は国政とは違う』と山口代表はのたまいますが、本音は『都議選で公明党候補に(小池新党)から刺客を立てられないようにする狙い』と新聞は報じます。
『時々にクルクル方針を変えるつかみどころがない様』をヌエ的と言いますが、まさにヌエ的政党=公明党を見せつけられた感じです。

民進党は、『行政改革で戦っている小池知事の姿勢に共鳴する』と秋波を送り連携を狙っているとのこと。
なんか・・・小池人気にあやかりたいという狙いが見え見えだなぁ〜。

共産党は『是々非々』のスタンスで行くとのこと。 『変に擦り寄れば、かえって都議選で議席を減らす』と幹部は語る・・・と実にあっさりと報じています。

しかし、この共産党がこれからどのようなスタンスで小池都政に対峙していくのかということが、それこそ『都民ファースト』の観点からみれば一番注目するところだと思います。
共産党都議団 都政動かす  都議会閉会 論戦を振り返る と、しんぶん赤旗は報じていますが、誰の目にもこの間の『豊洲市場問題』で共産党都議団が果たした役割について否定できないと思いますね。。。

『是々非々』と言うフレーズをよく使ったのは、かっての民社党であり、今日もよく多用するのは公明党です。

『一定の立場にとらわれず,よいことをよいとして賛成し,悪いことは悪いとして反対すること』と辞書には書いてありますが、その言葉を政治家が使うと、立場をぼかししつつ、どのような視点からよいこと・わるいことの判断をしているのか極めてあいまいであるということになります。

その点、共産党は都のさまざまな施行・工事などに関わる大企業や団体とも無縁な存在だし、なんといっても小池さん自身の思想的・政治的スタンスを厳しく批判してきたのですから、表面上の人気に擦り寄ったり、その考え方を忖度する必要性は全くありません。
もし、そのような兆候が現れたら、あらゆる方々から徹底的に批判され、都議団に対する応援や支持も急落することでしょうね。

前回の都議選で8名から17名に大躍進した共産党都議団の存在は、小池知事の頭の中に無視できない重石として存在しているのではないでしょうか

本物の『是々非々』とはこういうことだ と思われるような活躍と存在感を、共産党都議団はこれからも示して欲しいと思います



ついに降圧剤のお世話になります。。。。 精神的ストレスもなくして・・・と言われても (´・_・`)

今まで記録していた『血圧手帳』を持って病院に行きました。

「今までにも血圧高めで、日常生活などで下げる努力をしてきたようですが、もう、薬も併用したコントロールを考えましょう」と医師から言われました。

20170116_143040

で、処方された薬は「オルメティック錠10mg」と言われるもので、軽度の高血圧の際使われるとのことでした。

「あぁぁ・・・ついに降圧剤を服用するようになってしまったか」と、がっかりした思いと「これでちょっと安心かな」と言う安堵感とがあり複雑ですね〜。

「でも、薬を飲んでいるからといって、日常生活は今までどおりコントロールしてください。 特にお酒は、真冬の外飲みはリスクが大きいのでしばらくは、家で適量たしなむ程度にしてくださいね。。。。全く飲むなとは言いませんから」と念を押されてしまいました。
(よほど飲兵衛に見られたのでしょうね

うーん残念・・・18日に友人と「加賀山」さんへ行くことになっていたのですが、それもキャンセルとしました。

ここ数日感の極寒さも、血圧をあげている要因になっているそうです。 このような時に自分の血圧に無関心だった人が無理をするのが一番危ないのだとか・・・・。
50歳を過ぎたら、自覚症状がない人も、毎日とは言わないまでも、週に2〜3度は血圧チェックをするようにとのことですよ。

まだまだ新年会の時期ですから、皆さんくれぐれも気をつけてくださいね。。。

あ・・・それと精神的ストレスも大いに影響するそうです。

私自身、ストレスをうまくかわしていると思っているのですが、あの人の振る舞いや発言を見聞きしていると、とてもイラつく昨今です。

でも避けては通れませんからね〜。 やはり声を上げてしまいます。。。
c0abd49baab6c03332d9cbf028c1f826
・・・・・・と



超寒い一日でしたが・・・『ちひろ美術館』で、心はヌクヌク (*゚▽゚*)

我が家から徒歩で5分足らずのところに、絵本作家の『いわさきちひろ絵本美術館』があります。

何度もおじゃましたことがあるのですが、最近はご無沙汰気味ですね。

期日を決めて、日本や世界の絵本作家の特設展示があるのですが、今日まで『赤羽末吉・中国とモンゴルの大地』と言う展示をしているのです。

血圧がイマイチ安定しないので遠出は出来ません。 「じゃ、久しぶりに美術館に行ってみるか?」と、妻と出かけました。

20170115_120130  20170115_112643  20170115_115531


実は、赤羽末吉さんのことは、よく知りません。 『中国とモンゴルの大地』と言うフレーズに惹かれたんですね。

でも、展示室に入って・・・この『スーホの白い馬』の作者だと知って、『あぁ・・・これ見たことがある…』と気づいた次第 恥ずかしい限りではあります。

赤羽は1932年に旧満州(中国東北部)に渡り、以来15年間を彼の地で暮らしました。中国大陸の風土や文化に魅せられて絵筆をとり、次第に画家として高い評価を得るようになります。
50歳で絵本画家として活躍をはじめた赤羽は、戦後再発見した日本の風土の美しさとともに、大陸の風土の壮大なスケールを、絵本を通して子どもたちに見せたいと願うようになります。一冊ごとに物語の視覚的な演出に創意工夫を凝らし、舞台となる風土の研究に取り組んだ赤羽が、中国やモンゴルの風土や文化、人々の生活をどのようにとらえ、絵本に表現したかを探ります。

と、案内には書いてありました。

その独特なタッチは、広大な中国やモンゴルの景観を彷彿とさせてくれます。 描かれている人物の表情がいいですね。

館内は想像以上の多くの方で賑わっています。

ちひろさんの、冬の子供たちの姿を描いた『ちひろ・冬のしつらえ』が企画展となっていて、ちひろさんの柔らかく暖かい筆使いが描く子供たちの姿をみていると、特別に寒い本日ですが、心はほのぼのと暖かくなってくるから不思議です。

そして・・・・なんといっても一番のサプライズは
20170115_122124

ちひろさんの生い立ちを写真で表したコーナーに差し掛かった時にありました。

ご長男の『猛』さんとは私と幼稚園が一緒だったことから、何度か猛さんの家に遊びに行ったのです。
なんと!! その時の写真が飾られているではありませんか一瞬言葉を失いました

写真の一番左に写っているのが、6歳の時の私です

思わず、スマホで写してしまいましたが、『あなた・・・ここは写真撮影禁止ですよ』と妻から注意をうけて、冷や汗が

猛さんとは、もう60年も会っていませんが、懐かしいなぁ〜。 きっと彼は忘れてしまったでしょうけど。。。

FBとブログで知り合ったシモムラさんが、午後になってから、ちひろ美術館を訪れたことを知りました。

来られることを知っていたら、時間を合わせるんだったなぁ〜。 

まだ、ちょっと血圧が不安定のために、一杯というわけにはいきませんが、美味しいケーキとコーヒーのお店を案内出来たのに。。。。

今年一番の寒気到来とかで、冷蔵庫にすっぱり入ったような一日でしたが、『ちひろ美術館』に行ったことは大正解でした。。。。 良かった 


血圧不安定で、イマイチさえません。。。。    ブログ更新も一休み (´・_・`)

うーん・・・イカンなぁ〜。
また血圧がかなり高いまま安定しません。。。

一昨日、川越市駅近くの居酒屋『蔵ふと』さんで、在職中だった職場の仲間と『新年会』をやりました。
蔵ふとさんにお邪魔するのは3回目となりますが、美味い料理の数々と、超旨い日本酒揃いなのでついつい飲みすぎとなってしまうお店です。

この日も、仲間6人が集い、(皆、日本酒大好き人間ばかり)なので、次から次へと美味しい地酒を出していただき、堪能したのです。
20170112_210325 20170112_195007 original22

その前の日から、「いつもより血圧高めになってるな・・・酒も少しセーブしなけりゃ」と感じてはいたのですが、目の前の酒瓶をみると、そんな思いは完全にふっとんでしまってかなりいただいてしまいました。

で、昨日・・・・起きてみると、かなり肩が張っている感じがします。
足先もとっても冷たい!!。 これは血圧がかなり高いかな? と思って測ってみると。。。
『182ー102』『178ー100』とビックリするような数字
そんな数字を見ると、気持ちの上でもダウンしてしまいます。

午後になっても、数字が変わらないので、とりあえずいつものかかりつけ医に行きました。
精神安定剤と思われる薬をいただいて、この間、朝・昼・晩と測定しその結果を持ってまた月曜日に再院することになりました。

今までも、高めながら、日常生活の改善と自己努力を・・・と、いうことで、降圧剤は飲んでいなかったのですが、こんな感じではやはり不安になってしまいます。

『適量の飲酒を守ること・・・。冬は特に飲んだあと寒い外を歩くのは危険ですよ』と医師から注意されました。。。 「適量か・・・難しいことだけど、これから気をつけなくちゃ・・・・。」(ため息)

ネット上で関係する情報を見ると、高血圧の数字上の定義については、さまざまな見方がとびかっていますね。 現在の厚生省や、学会の値はきつく縛りすぎで、以前のように年齢+90くらいでいいのだ・・・とする説も多く見られます。(今の厳しい値は製薬会社を儲けさせるだけで、降圧剤で血圧を下げることの弊害も書かれていて・・・・何が本当なのかわからなくなってしまいます

でも、このような不安を抱えながら生活していくなら、そろそろ薬によるコントロールも必要なのでしょうかネ。。。。

(なので、昨日はブログを更新する気もおきませんでした




またも『ことば変換器』をつかったね (ーー;)   / (共謀罪)成立なしではオリンピックが開けない・・・・だって (呆)  

ドラえもんの漫画に出てくる『どこでもドア』は、私たちに夢を与えてくれて思わず微笑んでしまいますが・・・・

あの方が持っている『ことば変換器』は、悪夢を思い起こし、思わず身構えてしまいます

0616_23259b    imagesKSRVYVLV design_img_f_1601058_s


昨年末の過去ログで、このようなことを書きました。。。
自らが発する言葉に責任を持たない!! なんていうのは毎度のことですが、今までにも政府や安倍首相はこんな言葉のすり替えを使ってごまかしてきました。
思いつくままに列挙してみましょう。。。。
戦争が出来る法案→積極的平和法案
戦闘行為→衝突
武器輸出→防衛装備移転
公約違反→新しい判断
年金カット法案→年金を持続可能にする法案
カジノ導入法案→IR(リゾート)法案
墜落事故→不時着とか着水
全く『言葉遊び』をしているとしか思えませんね


そして今年は、早くも『ことば変換器』を使ってお得意の忍法『すり替えの術』『めくらましの術』を炸裂させていますよ
「組織犯罪処罰法改正案(現代の治安維持法)」一般的に「共謀罪」と言われる法案の提出を目論むあの方は、「テロ等組織犯罪準備罪」改称し略して「テロ準」と言い換えて私たちをあざむこうとしています。
『共謀罪』→『テロ準』という訳です
こんなことば使いでごまかそう・・・・との発想は、あまりにも国民を馬鹿にしているとしか思えません。

1510
(昨日の東京新聞から)
さらに、その法案の必要性について・・・オリンピックを持ち出し正当化をはかるなんて。。。。。

あの方は、オリンピック招致の時のプレゼンで、自分が発した言葉を完全に忘れているようですね。


例の『完全にコントロール』の大うそだけでなく、数々の美辞麗句をのたまっていますが、あの時点で東京を「世界有数の安全な都市」として売り込んだんですよね。
委員長、ならびにIOC委員の皆様、 東京で、この今も、そして2020年を迎えても世界有数の安全な都市、東京で大会を開けますならば、それは私どもにとってこのうえない名誉となるでありましょう。

それが・・・今になんて、『この法律が成立なしではオリンピックが開けない』などとシャアシャアと言えたもんです。

共謀罪の危険性については、日弁連のサイトをご覧になればよくわかるのですが、まさに戦前の悪名高き『治安維持法』の現代版といえるものです。
これを、オリンピックのテロ対策を口実に成立させようなんていう、姑息極まるやり方は、もっともっとメディアも警鐘をならすべきだし、スポーツ界からも異論がでて当然だと思うのです。

まぁ・・・・自分で書いていながらですが・・・・『メディアも警鐘を』と言っても、今のメディアにそれを求めるのは、八百屋さんに行って魚を求めるような無理な注文ですよね

122610_2

新年そうそう、こんな戯言を聞かされましたが。。。。。


残念ながら・・・今年も怒り猫が登場?する一年となりそうです
c0abd49baab6c03332d9cbf028c1f826 16b017a6_1401786302459bf351825




小池報道・・・メディアの忖度と迎合ぶりが目に余る!!  あの舛添さんへのツッコミ具合はなんだったのだろう?

ほぼひと月前に、こんなことを書きました。
アベ・コイケ・・・・・期せずして二人のツートップの虚像が剥がれた?12月16日
と、・・・思ったのは私を含めて少数の方々で、あいも変わらずあの二人にはどこ吹く風だったりして・・・。

年金暮らしの私が、毎日ボケッっと見ている、TVから流されるニュースショー・モーニングショーの類いの軽さとひどさには、これでは安倍政権も小池都政も安泰だ〜と妙に納得してしまうからです    ひどいなぁ・・・・

そのワイドショー・モーニングショーの軽さとひどさは新年になってからも、相変わらず・・・というより一層ひどくなりましたね。

これらのTVメディアが長時間必ず取り上げる話題に『小池東京都知事」に関することです。

TVメディアを最大限利用して、己のイメージアップを図る小池知事の思惑に完全にそった内容は、その虚像つくりに大いに貢献しているツールと成り果てた・・・とさえ感じます。

20170111_103918 20170111_104000 20170111_104049 20170111_104041

私がよく訪問するブログ『くろねこの短語』さんが、実に明瞭に小池知事のぬえ的な態度について書かれているので紹介します。
小池百合子が都議選に独自候補擁立って、自民党離脱してからが筋だろう。あたかも「改革者」を装って、反自民票を掠め取ろうという腹に決まってる。
そんなことより、チーママ小池君ってのは、あたかも「改革者」気取りでいるんだけれど、いまでも自民党員なんだよね。ここはおさえておかなくてはいけない。自民党に対する対抗勢力みたいに新聞・TV、なかでもワイドショーなんかは装っているけど、チーママが敵対しているのはあくまでも自民党都連なんだね。いわば、コップの中の嵐ってことだ。


そうなんです。 TVメディアに限らず、新聞報道などでも、小池知事の今までの考え方や立ち位置などはほどんど報道されません。 過去の侵略戦争を否定し、改憲を推進する国内最大の右翼組織「日本会議」の「国会議員懇談会」の副幹事長や副会長を小池さんは歴任してきたタカ派政治家だということを、意図的としか思えないほど隠し通しています。

『自民党をぶっ壊す』と言って拍手喝采をかすめ取ったあの小泉元首相のやり方の二番煎じといっていいほどそっくりです。 派手なパフォーマンスを繰り広げながら、あたかも自民党と対決しているかのポーズで自分を『改革者』として売り込んでいるんですねェ〜。

今日のテレビ朝日系列のモーニングショー・ワイドショーはそのことを明確に見せつけました。

単独インタビューとやらで、『自民党との関係』を聞いたところまではいいのですが、小池さん自身は『どのように考えているか』の詰めの質問は全然ありません。
『さぁどうでしょうか・・・ウフフフ』と言われて、それ以上なぜ突っ込まないのでしょうか否! 突っ込めないのでしょうか

猪瀬元知事や、舛添元知事の時に見せたあのツッコミはなんだったのでしょう。。。。

甘利元経産大臣の時もずいぶんヌルイ追及だと感じたのですが、こんにちの小池知事に対するメディアの対応はヌルイなんていう程度ではなく、小池知事の思惑を忖度しつつヨイショする迎合報道であると言わざるを得ません。

私には、小池知事はかって関西で虚勢を張り続けた橋下さんの虚像と完全に重なって見えます。
それは、『改革者の衣(ころも)をまとった自民党の補完者』としての姿です
それは・・・・見た目は素晴らしい衣ですが、民意をあざむく衣ではないでしょうか。。。。。




記事検索
livedoor プロフィール
メッセージ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ