彼女と結婚したいな〜と考えた。とりあえず婚約しなくては…。でも、でもだよ…結婚して一緒に暮らすには、彼女にもっと直して欲しいところがいっぱいあるんだよ…。俺もやるけど、料理も掃除もやって欲しいんだよなー。何だかんだと結婚までに努力して欲しいこと、改めて欲しいことが18も見つかったよ。 でも、みんなにそんなことが気づかれないうちに、早いとこ婚約してしまえ…。後はなんとかなるだろう〜。 こんな調子の婚約ってまともだと思いますかね?
一昨日、自・公のごり押しで成立した「憲法を変えるための《国民投票法案》」は、まさしくそんな感じなんだよ。まだまだ審議不十分で、問題点が続出してきた。だから、18もの付帯決議を付けて強引に成立させた代物だ。3年後の憲法改定までに、これだけはもっと審議して、改めたり付け加えたり、法律の解釈をキチンとしなさいよ〜と言う条件が18もあるんだよ…。だからアベや公明党の輩が言う「充分な審議を尽くした」なんて逆立ちしても無理があると言うものだ!
俺は幸いにも?妻と結婚しようと思った時、18もクリアして欲しい事は無かったけど〔2ッ位あったかな?〕きっと、アベや自・公の議員さんたちは、結婚前の二人の間に多くの問題点を残しつつも踏み切ったんだろうから、さぞや心がひろいのだろうね〜。嗚呼アホらしい!!
事はバカ議員達の個人的事ではなく、憲法改定と言う我々庶民とこれからの子供達の未来がかかった事だから深刻である。それにしても、何故そんなに急ぐ憲法改定を…!