2006年12月04日

BOSE-Triport OEレビュー(その3)

土曜から日曜にかけてエージング、日曜にはエージング込みで色々と音楽を聴いてみました。

・・・と言っても、アコギ系、クラシック系、パワー系、アニメ型ロリポ系(なんじゃそりゃ(笑))などなど。

エージングについては、「ピンクノイズ」と言われるノイズを普段聞くぐらいの音量で流しっぱなし。金曜の夜中と土曜の夕方から日曜の昼ぐらいまでかけて、約20時間強。まだ半分ぐらいですが、やはり高音〜中音の「カド」が取れてマイルドになってます。それでも鳴りはやっぱりBOSE。
低めも強調されましたが、バランスが良くなってきている気がしますね。

エージング用のCD、というのもありますが、私の場合はピンクノイズをPCで作成(フリーツール)してそれをMP3プレーヤーに入れ、そのままループさせっぱなしにしてます。
エージングに関しては、こちらの記事が参考になります。

んで、色々な曲の感想ですが・・・。

やはりBOSEのヘッドホンは、ポップス系やパワー系の音楽に強いのはお約束。
けれど、オーバーイヤー型に比べればクラシック系やアコースティック系も聞きやすくなってる、という感じですね。アニメ型ロリポ系については、問題なしでしょう。
但し、癒し系の曲(ヒーリング系、ですね)に対しては、微妙かもしれませんね。そういう曲はフラットに音の出るスピーカーの方がいいのかも。

何よりも、BOSEのスピーカーの場合、音の粒が「BOSEコーティング」されてますんで(笑)。カナル型で高音系のATH-CK7も使用していますが、粒が「はっきり」して「めっちゃブラック珈琲ストレート」なCK7に比べると、マイルド珈琲になってます。その方が飲みやすいし(笑)。

このへんは好みになってくるんで、なんともでしょうかねぇ・・・。

あと、注意してほしいのは「音漏れ」。
Triportシリーズ全てにある「銀色の外窓」。いわゆる低音を響かせるようにする為の「3つの穴」のうちのひとつなんですが、ここからそれなりに音漏れがします。
50cmも離れていればそこまで気になりませんが、近くだと「しゃりしゃり」と曲が聞こえてくるのですよ。満員電車の時やボリューム過大にはお気を付けあそばせ。

u_type21 at 14:05│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. エージングとは  [ ヘッドホンレビューズ.NET ]   2007年01月27日 09:55
エージングとは、英語で書くとaging。直訳すると老化です。 オーディオ用語として使われるエージングは老化より、時間がたち成熟することとお考えください。 つまり、機材の慣らし運転です。 例えば「エージングを100時間したら良い音が出るヘッドホンだ」とこのよう....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
予定

太文字は確定事項

2009/10/24(sat)
 福島遠征

2009/10/24(sat)-11/4(wed)
 東京モーターショウ2009(幕張メッセ)
2009/11/31(sat)
 通院(西千葉)…出来るか?

2009/11/1(sun)
 Xデー

メアドはこちらの呪文を参照(笑)
くんちのな@もらもらるとらほみいかるませ

訪問者数

QRコード
QRコード
管理人
ヒャク
千葉在住の中年独身貴族(でも精神年齢は20代前半、体力年齢は50代(笑))。システム会社に籍を置くSI。
店舗(種類を問わず)に入ると「人を呼ぶ」体質を持つ所から「座敷童」と呼ばれている。たまに店の人から「お供え」を頂く事もあったりする。
TAMA-gire
TAMA-gire
記事検索