2012年03月12日

あの時の事を話そうか・・・

皆様、お久しぶりです。
当方、元気しております。

東日本大震災が発生してから1年が経ちました。
1年たったら気持ち的にも落ち着いてきました。まぁ、原発関連は相変わらずですが。

記録として残したいというのもあり、久々にブログを更新します。



私のいる白河市は震度6強。丁度東京からやってきた同僚から、サーバ引き渡しの打合せを始めようとしていた時、「グラグラッ」と最初の揺れ。
「強めだな」と思っていたら、さらに大きな揺れ。これはやばい、と事務所の中庭に避難。中庭にある卵型の大理石製オブジェ(直径3m)がグラングラン揺れてました。

窓ガラスもビリビリと音が鳴り、天井も亀裂が入ってコンクリートブロックが落下する中、サーバを停止しに行くのは、やっぱりシステム屋の性でしょうか(笑)。

取りあえず解散、という事で一旦家に帰るとエレベータ停止・・・うちは7階なのです(^^;
家に入って見ると、タンスはこけてる、本棚はこけてる、電子レンジも落下、照明も全て落ち、あたりはガラスまみれ。扉が両方から開けられる冷蔵庫のドアが外れてる、といった状態。とてもじゃないが、片づけ出来る有様じゃない。

余震はずっと続いている。寝る場所もままならないので、着替えを一式持って一旦退避。駅前のホテルにすべり込む。
同僚も丁度その宿に泊まっていたのがラッキーだったとしか言いようがない。私がチェックインした時点で満室となったが、その後も宿には空き室が無いか、問合せが殺到していたようだ。
テレビでは沿岸部の大津波が押し寄せる映像。これが現実なのか虚構なのか解らない。パニック寸前である。
そういう視点からすれば、福島県中通りはまだ良いほうなのか、とも思えた。
相変わらず余震が続く中、ホテルで一泊・・・というか、携帯電話の地震速報がバンバン鳴る中、浅い眠りばかり。

翌日になり、家の片づけ開始。といっても、寝る場所を確保するので精一杯。寝る時には会社の作業着のままで、貴重品、ラジオ、懐中電灯を肌身離さずのままで寝る、といった状態。ゴロゴロするぅ〜。
エレベータ以外のライフラインが全て無事だったのはラッキー以外の何物でもない。

ガソリンスタンドは朝5時前から長蛇の列。500m並ぶのは当たり前。
しかも、ガソリンの補給が来るかどうかも解らない中、みんな寒い所をじっと我慢して待っている。福島人は粘り強い。
入れられたとしても、10リッターのみ、なんていうのはザラだ。
幸い、私は3月10日に満タンにしていたので、給油渋滞は回避できた。しかし備蓄は出来ないので、なるだけ運転しない方向で、節制。

食糧難も同じく。近くのコンビニ、スーパーは軒並み閉店。食糧はおろか、日用品も全てSOLD OUT。
ハイエナが通り過ぎた後のような感覚。これが現実か。
会社で備蓄していた非常食の五目御飯と乾パンでやりすごす。


そんな日が一か月は続いた。
一か月もすれば、次第に物資も補給されてくる。
半年も経てば、ほぼ元通りの生活に戻ってくる。


ただし、原発による放射能だけは、どうにも出来ない。
ある意味、独り身な事がラッキーだったかもしれない。
家族がいれば、そちらを優先しなければならない事もあるからだ。


1年が過ぎた。
いま、会社内の異動で福島県を離れなければならないかもしれない、という話が浮上してきている。
被災者として、復興を目指すものとして、やるせなさを感じる。


この1年、自分は何が出来たのか。
これから先、自分に何が出来るのか。


今まで行ってきた事は小さな一歩かもしれない。それでも一歩には変わりない。
これからも東日本のため、被災地のために出来る事を行いたい。

がんぱっぺ、福島!

がんぱっぺ、東北!

がんぱっぺ、東日本!

u_type21 at 15:54│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
予定

太文字は確定事項

2009/10/24(sat)
 福島遠征

2009/10/24(sat)-11/4(wed)
 東京モーターショウ2009(幕張メッセ)
2009/11/31(sat)
 通院(西千葉)…出来るか?

2009/11/1(sun)
 Xデー

メアドはこちらの呪文を参照(笑)
くんちのな@もらもらるとらほみいかるませ

訪問者数

QRコード
QRコード
管理人
ヒャク
千葉在住の中年独身貴族(でも精神年齢は20代前半、体力年齢は50代(笑))。システム会社に籍を置くSI。
店舗(種類を問わず)に入ると「人を呼ぶ」体質を持つ所から「座敷童」と呼ばれている。たまに店の人から「お供え」を頂く事もあったりする。
TAMA-gire
TAMA-gire
記事検索