2010年02月26日

★誰がために鐘は鳴る★

子供の頃から欠かさず見てきたフィギュアスケート。

毎回ビデオに録って、何度も何度も何度も繰り返し見てきました。

フィギュアは技術ありきの印象の競技。

今でこそ、各技に評価が下されますが、
昔はそれこそ滑走順や、好みが思い切り順位に反映されていました。

私の大好きだったスケーターで無冠だったスケーターは山ほどいました。

今の採点方法になってから、一見公平に評価が下されるようになってきたような印象がありますが
逆に、目立った特徴のある選手は減点され、同じような特徴なのに
見逃されるという状況も生まれているようです。

私は審判ではないので、細かく細かく分るわけではありませんが
試合後、何度も何度も繰り返し見ながら
下されたスコアを見ると不思議に思うこともあります。

でも、それも含めて、今のフィギュアスケートと認めるべき、
いや、認めた人が、素直に活躍できているのではないかと思います。

ただ、私が好きなフィギュアスケートの何よりも好きな所、
それは『感動』を与えてくれる所なのです。

自分では滑ることができない、普段からスケートの試合を見に行っているわけでもない
それでも、あの数分間の中で描かれる心揺さぶられる『モノ』
それを求めて、全てのスケーターの成功を祈っているのです。

メダルは選手の人生を変えます。
でも、もたらしてくれた感動は、今でも忘れずに心に残ります。

一人一人の選手にありがとうと伝えたいです。

  続きを読む

Posted by ubiquitous777 at 22:15TrackBack(0)