2010年02月26日

★誰がために鐘は鳴る★

子供の頃から欠かさず見てきたフィギュアスケート。

毎回ビデオに録って、何度も何度も何度も繰り返し見てきました。

フィギュアは技術ありきの印象の競技。

今でこそ、各技に評価が下されますが、
昔はそれこそ滑走順や、好みが思い切り順位に反映されていました。

私の大好きだったスケーターで無冠だったスケーターは山ほどいました。

今の採点方法になってから、一見公平に評価が下されるようになってきたような印象がありますが
逆に、目立った特徴のある選手は減点され、同じような特徴なのに
見逃されるという状況も生まれているようです。

私は審判ではないので、細かく細かく分るわけではありませんが
試合後、何度も何度も繰り返し見ながら
下されたスコアを見ると不思議に思うこともあります。

でも、それも含めて、今のフィギュアスケートと認めるべき、
いや、認めた人が、素直に活躍できているのではないかと思います。

ただ、私が好きなフィギュアスケートの何よりも好きな所、
それは『感動』を与えてくれる所なのです。

自分では滑ることができない、普段からスケートの試合を見に行っているわけでもない
それでも、あの数分間の中で描かれる心揺さぶられる『モノ』
それを求めて、全てのスケーターの成功を祈っているのです。

メダルは選手の人生を変えます。
でも、もたらしてくれた感動は、今でも忘れずに心に残ります。

一人一人の選手にありがとうと伝えたいです。


特に、浅田真央選手。

今のルールでは絶対に勝てないと思われた一年前。
イメージと合わない曲を選曲して
何故そんな曲を選んだのかと思われても
自分の意志を最後まで貫き
絶対届かないと思われた牙城を揺さぶるほどのSPでの演技。
そして、気迫のこもったFP。
史上初3回のトリプルアクセル成功は
何があっても消えることのない偉大な記録です。
例え今の採点で評価が低かろうと。
どこまでもどこまでも向上を目指すその先には
きっと、フィギュアの未来が開けているのではないかと思います。

高橋大輔選手。

怪我を乗り越え、世界一キレのあるステップ。
チャレンジする精神。
日本人男子初のメダル獲得、
今のルールでもドラマチックスケートを見せられるという何よりの証拠を
彼に見ました。

安藤美姫選手。

ルール改変のあおりをもろに受けてもなお
トリノでの悔しさを胸に、よくここまでスケートを続けてきてくれたと
感謝せずにはいられません。
FPは特に美しかったです。
渾身のクレオパトラでした。

鈴木明子選手。

病気を乗り越え、弾けるようなスケーティング。
あなたのようなスケーターに会いたくて
大会を楽しみにしています。
ストレートラインステップでの輝く笑顔が本当に素敵でした。

そして、プルシェンコ選手。

私の中での永遠の王者の一人だった彼が復帰して
最初に思ったのは
「高橋の金が・・・・・・」だったことは水に流して下さい。w
全盛期のパーフェクトスケーティングでは無かったにせよ
SP FPともに、王者の風格がふさわしかったと思います。
事情が分らない人にとっては
試合後の態度は褒められたモノではなかったかもしれませんが
それでも、フィギュア界の未来を考えて復帰してくれたこと
今の採点システムが抱える矛盾、異常さを
あなたが復帰してくれたことで
より一層感じることが出来ました。
ありがとうございます。


ああああああ、まだまだ語りたい選手が山ほどいるよー!
ロシェット選手、織田選手、小塚選手、長洲選手、コストナー選手
ランビエール選手、レオノワ選手、ゲデバニシビリ選手、ウィア選手、・・・・・・
このままだと全員名前を挙げてしまいそうです。w

最後に、ライサチェク選手、キム・ヨナ選手
金メダルおめでとう御座います。
精神力の強さがもたらした素晴らしい金メダルだと思います。




最後に、もう一言だけ!!!

真央ちゃんの心に共感しつつ!!!
悔しいよ〜悔しいよ〜悔しいよ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
(笑)

さあ、次は世界選手権だ!!!
もっと凄い『鐘』期待してます!!!
あなたのスケートが見られること、それこそが
私達フィギュアファンにとっての『幸せ』以外の何者でもないのだから!!!







Posted by ubiquitous777 at 22:15│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ubiquitous777/51022427