uc_2

好きなものや思ったことなどを軽く

1回の「ブングテン」から「筆記具改造講座」としてワークショップを行ってきましたが、今回は趣向を変えて、シャープペンシル好きの皆さんを対象として出展することにしました。いつもの「改造講座」だけではなく、今回は、皆さん自慢のシャープペンシルコレクションを見せ合う企画や、シャープペンシルのペントレードも行います。学生や社会人、職種、老若男女を問わず、また、お手頃な品から高級品、製図用や一般筆記用、廃番品現行品を問わず、皆さんそれぞれお気に入りのシャープペンシルを持ち寄って語りあいませんか?

ブングテン「シャーペン同好会」

【日時】517日(日) 11:0016:00

【会場】旧高田小学校(みちくさ市第二会場)「ブングテン19」内

東京都豊島区雑司が谷2-12-1
会場地図はこちら
都電荒川線「鬼子母神前」停留所
または東京メトロ副都心線「雑司が谷」1番出口、3番出口下車
(鬼子母神通り商店街の文具店「隆文堂」角を東に直進80m、つき当りが会場)


より大きな地図で 旧高田小学校 を表示

【当日の予定】
(前半)11:0012:30
「シャープペンシル改造講座」(定員3名/要事前予約)dokokai1

・0.9mm芯のクルトガ
・5芯径(0.3, 0.4, 0.5, 0.7, 0.9mm)対応のシャープペンシル
・ラミーサファリの2mmシャープ
・プラチナプレスマンの1.3mm芯シャープ
のうちいずれか1本を作ります。
 

(後半)12:3016:00
「シャープペンコレクション披露会」・「シャープペントレーディング会」
dokokai2

皆さん思い思いに、お気に入りのシャープペンシルについて見せ合ったり語り合ったりしましょう。レア物や高級品じゃなくても構いません。基本的に予約の必要はありませんが、事前に参加希望のメールを送っていただけると助かります。事前に連絡していただいた方には、シャープペンシルに関する資料(年表など)をプレゼントします。

お問い合わせ・お申込みについては、
メール(leadholderder@yahoo.co.jp/件名は「シャーペン同好会について」)にてお願いします。

・参加者名(HN、アカウント名でもOK。複数名参加の場合は各参加者名)
・「前半」(改造講座)参加ご希望の場合は、希望の筆記具名
・「後半」参加ご希望の場合は、参加希望時間・好きなシャープペン(または探しているシャープペン)

を必ず明記してください。
※参考のため、参加者についての情報(職業・年齢など)を併記していただけると助かります。また、どのようにしてこのイベントを知ったか、コレクションを始めてどれ位になるか、何がきっかけでシャープペンを集め始めたかなどのエピソードも、よろしければ教えてください。


今回「シャーペン同好会」のtwitterアカウントも作ったので、ここで当日持参するコレクションやトレード品などを紹介していきたいと思います。こちらもぜひご覧ください。

http://twitter.com/mpdokokai

「ブングテン19」では、もちろんシャープペンシルだけではなく、珍しい筆記具の展示や、さまざまなワークショップも企画しています。詳細については、下記ブログ・twitterで随時情報を更新しているのでご覧ください。
blog: http://bunguten.jugem.jp/
twitter: http://twitter.com/bunguten



3月15日(日)みちくさ市「ブングテン18」にて「筆記具改造講座18」を行います。文房具店では決して手に入らない、ラミーサファリの2mm芯ホルダーやぺんてるケリー2mm芯ホルダー、uniクルトガの0.9mm、5種類の芯径が1本で使えるシャープペンシルなどを作ったり、好評の「ミニ文具セット」を作ったりします。

【日時】
3月15日(日) 11:00〜16:00

【会場】旧高田小学校(みちくさ市第二会場)「ブングテン18」内

東京都豊島区雑司が谷2-12-1
会場地図はこちら
※都電荒川線「鬼子母神前」停留所
地下鉄副都心線「雑司が谷」1番出口、3番出口下車
(鬼子母神通り商店街の文具店「隆文堂」角を東に直進80m、つき当りが会場)


より大きな地図で 旧高田小学校 を表示

【参加するには…?】
・いずれのコースも事前予約が必要です(先着順)。
・Cコースは、参加料無料(材料費のみのご負担)となります。
 ※A・Bコースは材料費込みで各コース1,200円です。

こちらであらかじめ用意する(または準備していただく)材料・工具もありますので、3月10日(火)まで、メール(leadholderder@yahoo.co.jp件名は「改造講座18について」で)またはtwitter(@uncomf_chair)にてお問い合わせください。

お問い合わせ・お申込みの際は、
・参加者名(HN、アカウント名でもOK。複数名ご参加の場合は各参加者名)
・ご希望のコース(Aコースの場合は1回目/2回目のいずれかも)
を必ず明記いただきますようお願いします。
※参考のため、参加者について何か情報(年齢・工作の経験等)を併記していただけると助かります。

精密ドリル、紙やすり、接着剤等はこちらでも用意しておきますが、ものや時間帯によっては講座時間内に終わらないものもあると思われますので、各自で工具を準備していただいた方がよい場合もあります。材料となる筆記具や工具の入手法などの詳細は、お問い合わせ時にご連絡いたします。
使用する筆記具(材料)、難易度、工具等は、以下をご参照ください。

【筆記具改造講座:各コース・内容】
Aコース(1回目11:30-13:00、2回目14:30-16:00)※定員各3名

bungu18-2
フリスクケースに入るミニ文具セット
(難易度★★☆☆☆)
木軸ミニシャープ、ミニボールペン、ミニ2色鉛筆(各1本)、ミニマスキングテープ(2巻)、フリスク型消しゴム、ミニ定規、ミニクリップのセットです。

Bコース(13:15-14:30)※定員3名
bungu18-1
ミニバインダーノート+ミニミニシャープセット
(難易度★★☆☆☆)
リフィル交換ができるミニバインダーノート(ペンホルダー付き)と、約3.5cmの金属製ミニミニシャープペンシルのセットです。

Cコース(11:00-12:30)※定員3名
bungu18-3
(a〜dのいずれか1点となります)
a. ラミーサファリ2mm芯シャープ
(難易度★★☆☆☆)
b. uniクルトガ0.9mmシャープ
(難易度★★★☆☆)
c. 多芯径対応シャープ(0.3, 0.4, 0.5, 0.7, 0.9mm)
(難易度★★★☆☆)
d. ぺんてるKERRY 2mm芯ホルダー
(難易度★★☆☆)


「改造講座」の他にも「ブングテン18」ではさまざまなワークショップや、珍しい文房具の展示などがあります。詳細については、下記ブログ・twitterで随時情報を更新していますのでごらんください。

blog: http://bunguten.jugem.jp/
twitter: @bunguten

osaka2-1

前回、おかげさまで好評だった大阪の「筆記具改造講座」を今年も行います。フリスクケースに入るミニ文房具セットや、文房具店では手に入らないラミーサファリやケリーの芯ホルダー、一本で5種類の芯径が使えるシャープペンシルを作ります。


【日時】
2015年2月21日(土曜日)10:00〜18:30

【会場】
イベントスペース「Jack in the Box」 4F
(大阪府大阪市北区中津1-17-23 梅田サービスビル)
大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅または阪急中津駅下車。
 


なお同じビルには、ヘブライ雑貨と文房具の店「エフロノット」さんがあり、
現在同フロア向かいで「えんぴつ1万本越えちゃいまし展」が行われています。
「エフロノットのブログ」 


【参加するには…?】
・工具や材料等の準備が必要なため、事前予約が必要です。
・参加料は1,500円となります。
※「フリスクケースに入るミニ文具セット」を除き、材料費は別途です。
※前回参加の方で今回Bコースをご希望の方は、参加料700円(材料代除く)となります。 

お申込みについては、
2月14日(土曜日)まで、メール
(leadholderder@yahoo.co.jp/件名は「改造教室について」)
またはtwitter(@uncomf_chair)にてお問い合わせください。
※コースとご希望時間帯によっては、早めに締め切りとなる場合があります。

お問い合わせ・お申込みの際は、
・参加者名(HN、アカウント名でもOK)
・ご希望のコース・時間帯 
を明記いただきますようお願いします。
※参加者様について何か情報(年齢、工作の経験など)を併記していただけると助かります。 
※Aコースの場合はオプション(ミニミニシャープペンシル)の有無、Bコースの場合はご希望の筆記具を明記ください。

今回のコースは以下のとおりです。
使用する筆記具(材料)、難易度、工具等は、下記リンクをご参照ください。

Aコース
フリスクケースに入るミニ文具セット&ミニバインダーノート
(難易度★☆☆☆☆、2時間)
※約3.5mmの超ミニミニシャープペンシル(上画像ピンク色の軸)作成ご希望の場合は、
オプションとして別途承ります(+700円)。


時間帯(以下a〜cからご選択ください)
a. 10:30-12:30、b. 13:30-15:30、c. 16:30-18:30


(難易度★★☆☆、1時間30分程度)
※この他、Bコースではクルトガ0.9mm改造も選べます。

osaka2-2

時間帯(以下a〜cからご選択ください)
a. 10:00-11:30、b. 13:00-14:30、c. 16:00-17:30

なお、講師1人で同時に教える性質上、遅刻された場合、進行上参加をお断りさせていただくことがあります。また、当日ご参加できない場合は事前にご連絡ください。

当日は、「改造教室」以外でも、珍しいシャープペンシルや芯ホルダーなどを持って行こうと思います。展示というほどではありませんが、 皆さまと改造しながら筆記具の話でもできたらと思います。筆記具には興味があるけど、工作が苦手…という方でも、ぜひお気軽にご参加ください。

friskbungu
東京以外での「改造講座」、第2弾となる今回はなんと札幌での開催となります。ミニシャープやボールペンなど、実際に使える「フリスクケースに入る文房具セット」を作ります。簡単な工作なので、夏休みの児童も参加OKです(小学校高学年以上) 。

「フリスクケースに入る文房具セット」+ミニバインダーノートをつくろう
・リフィル交換ができるバンド付きミニバインダーノート
・約5cmのミニ木軸シャープ
・約3.5cmのミニボールペン
・その他ミニ2色鉛筆、ミニミニ定規、ミニマスキングテープなど
※全長3.5cmの「金属軸ミニミニシャープペン」はオプションとなります(+700円)。
※フリスクケースはセットに含まれませんので、各自ご持参ください。

【日時】2014年8月8日(金)※1日3回(各2時間)行います。 

  • 1回目: 11:00-13:00
  • 2回目: 14:00-16:00
  • 3回目: 17:00-19:00

【会場】ステーショナリーパークMIYOSHI(三好商会)2階KOZY HALL
http://www.miyoshi-net.co.jp/spm/index.html
札幌市中央区大通西18丁目1
(札幌市営地下鉄東西線「西18丁目」駅2番出口東隣)



【参加するには…?】

・材料等の準備が必要となるので、事前予約となります。
・参加料は1,500円(材料代込み)です。
※オプションの「金属軸ミニミニシャープペン」は+700円です。 

お申込み・お問い合わせについては、8月5日(火曜日)まで、
メール(leadholderder@yahoo.co.jp/件名は「改造教室について」
またはtwitter(@uncomf_chair)にてお願いいたします。
なお、お申込みの際には
・参加者名(氏名、またはHN、アカウント名、人数)
・ご希望の時間帯(11-13時、14-16時、17-19時)
・オブション(3.5cmミニミニシャープペン)の有無
を必ず明記いただきますようお願いいたします。
※各時間帯先着順のため、時間帯によっては早めに締切となる場合があります。


friskbunguset

「11月の予定」とはいささか大げさではありますが、今月はイベント等が重なっていることもあり、告知等で複数のリンクを貼るのも手間なので、このエントリに簡単な形でまとめておこうと思います。

その一。11月14日(木)発売の「グッとくる文房具2014」にて、「誌上文房具改造講座」として「フリスクに入るミニ文房具セット」を紹介しています。
フリスクケースに入るシャープペン(2種類)、ボールペン、定規、2色鉛筆、マスキングテープ、フリスク型消しゴムと、ミニバインダーノートの作り方を見開きで説明しています。これを読んで材料と工具を揃えれば、どなたでも簡単にフリスク入りミニ文房具が作れます。

その二。11月17日(日)豊島区雑司が谷みちくさ市「ブングテン13」にて、「筆記具改造講座13」を行います。
詳細はこちら
ラミーサファリやぺんてるケリーの2mm芯ホルダー、0.9mmのuniクルトガといった、文房具店では手に入らない筆記具を作ります。この「改造講座」でも、フリスクケースに入るミニ文房具セットを作ることができます(材料や工具はこちらで用意します)。参加ご希望の方は一部事前予約が必要となりますので、詳細をご覧の上お問い合わせください。

その三。11月27日(水)19時30分より、北区王子くしゃまんべ「秋の文具まつり」にて「夜の文具改造教室3」を行います。
詳細はこちら
人気の「フリスクケースに入るミニ文房具セット」の他、ブングテンでも好評の筆記具改造も「時間短縮版」としてメニューに加えました。ブングテンはどうしても予定が合わない方、改造文具は欲しいけど工作がちょっと苦手…という方にもおすすめできるコースとなっておりますので、ぜひご参加ください。こちらも予約制となりますので、詳細をご覧の上お問い合わせください。

yorunokaizou3

「グッとくる文房具2014」ではもちろん作り方を詳しく説明しておりますが、工具や材料はやや入手しにくいものもありますし、工作する際にも多少コツが要る工程もあります。「改造講座・教室」ではパイプカッターなどの特殊な工具や、デコレーション用の素材を含む材料を用意し、実際に工具を使って作り方を説明いたします。
また、各イベントでは「改造講座」以外の出展もあり、文房具好きな方にはたまらない内容となっておりますので、ぜひ詳細(「ブングテン13」、「秋の文具まつり」)をご覧いただけたらと思います。

このページのトップヘ