ぅっちーとゆかいな面々 Part2

バーまひわりに集う猫達&私の趣味の言舌など

洞爺湖キャンプ装備メモ

35

洞爺湖でのキャンプに誘われた。テントは先方で用意するので不要だという。バスに乗って現地に乗り込むことにした


調べてみると、洞爺湖畔には道の駅ならぬ水の駅というものがあり、札幌から洞爺湖温泉行きのバスが停車する。そしてキャンプ場までは10キロ。10キロならランニングなら1時間だが、徒歩なら2時間。運動不足の解消に適切な距離なので、歩いてみることにする


39

というわけでバッグに荷物を詰め込む。バッグは余裕をもって45リットルタイプ。モンベルの旧モデルです。
寝袋は、夏ということでコンパクトなモンベルのマミータイプ♯7。
マットは、以前はサーモレストのロールタイプを使っていたが、先日エアマット150をアウトレットで手に入れたので初参戦させることにした



今回は完全雨予報なので対策をする。カッパは5年酷使したレイントレッカーと、そしてバックカバーもモンベルだ。ここまで全てモンベルだ。恐るべし。
あとズボンはヒザ下からジッパーが外れて短パンにもなるコンバーチブルタイプ。ロングタイツはジオラインLW、防寒用のシャツにジオラインEXP、あとダメ押しで財布もモンベルです


雨キャップは、長年愛用のコロンビア、ゲッパーブーニー。頭が蒸れないのと、折り畳むとポッケに入るのがお気に入り。通勤にも使うくらい愛用している。
でもつばがフニャフニャなので風に弱い。台風でも使えるような硬質タイプも欲しいとこだが、今回はこれで充分だった

靴は、ニューバランスの安いトレッキングシューズ。今回は舗装路を歩くだけので、ランニングシューズでも良かったかも。
キャンプで大事なのは、シューズとは別にサンダルを用意すること。雨で濡れたときの代わりとして予備は必須、全濡れしたシューズを履くときの不快感(履いてしまえばどうってことないんだけど)はいつまでたっても慣れない

またテントの出入りにいちいち靴ひもを締めるのは面倒。なのでクロックスもどきのサンダルを用意した。サンダルは荷物として意外にかさ張るけど、軽いのでバッグの外にぶら下げてもいいかもしれない

ダイソーのサンダル26センチはなかなか売っていないので、見つけたら即買い。さらサンダルは今回、湖に入って涼むのにも重宝した

もしサンダルを用意しないなら、2つを兼ねるということで、ホーキンスのアクアシューズという選択肢もある。
クッションがないので足の負担は大きいが、名前のとおり水遊び用のシューズなので、雨に濡れても違和感がない。スポーツサンダルと違い、つま先もガードされている。洗ってもすぐ乾く。
ちなみに毎年ライジングサンロックフェスはこのシューズで参戦している


今回の失敗は、枕。ダイソーのエアー枕。トラベル用で、首に巻くタイプ。
歳をとると睡眠が重要になってくるので、普段は用意しない枕を準備してみたが、これが失敗だった。雨音かつ湿気で寝苦しい夜だったせいもあるが、形状が独特なので、朝までずっと安定しなかった。
これならバッグにタオルを巻いて使用したほうが良かった。次は別なものを探すことにしよう

これも油断するとモンベルになりそうだ

24ノースロードフェスタ2017

24road2017
24ノースロードフェスタ2017
今年も札幌サンプラザ前で開かれる北24条祭りは第19回目

7月26日(水)、7月27日(木)の2日間

札幌の立ち食いそば35 新札幌両国

久しぶりの立ち食い蕎麦です。とは言ってもコンスタントに食べていますが。

先日、新札幌に行く用事があったので、昔から気になっていた両国へ行くことにしました。JR新札幌駅の改札を出て地下通路にぶつかる辺りにあります。

今まで、店内の様子が見えないので、立ち食いそばとして入るのを躊躇していましたが、店の前には、立ち食い価格でやっていますの文字があり、逆に、店のなかはもしかすると本格的な蕎麦屋なのかなと思っていたのですが、いざ店内に入ってみると、長いカウンターに、椅子が並び、しっかりと立ち食いそば店なのでした。変な日本語ですが。

メニューにはうどんとそば、両方あり、さらに温かいと冷たいがしっかりと分類され、かなりのラインナップといえます。天ぷらそば、と思ってメニューを見ると、天ぷらにはちくわ天、野菜天、ミックス天(値段順)があり、天ぷらが売りなのかと思い、温かい野菜天そばにします。

札幌の立ち食いそばで天ぷらが有名(だと勝手に思っている)店は、昭和ビル地下にある「ながら」で、野菜天がおすすめなのだけれど、こちらは天ぷらにバリエーションがあるのが面白いです。かなり厚めのしっかりした天ぷらでした。

帰り際、お客さんが「天ぷらそばちょうだい」と言って入ってきたのですが、店員さんは「はい」と言うだけ。果たして店はどの天ぷらをチョイスするのだろう、などと余計な心配をしてしまいました。結果は、僕はそのまま出てしまったのでわかりません
23新さっぽろ両国
Archives
  • ライブドアブログ