ぅっちーとゆかいな面々 Part24

バーまひわりに集う猫達&私の趣味の言舌など

ハイバウンスシューズを買った

4月、なんかワークマンから面白いランニングシューズが出るというので、ワークマンにしつこく通ってゲットした。ふと覗いた千歳のワークマンでゲット。色は白と黒の2種類、白はいかにもランニングシューズという主張が強いと思い、地味めの黒にした
ちなみに6月現在、札幌のワークマンではハイバウンスシューズは品切れ中。ワークマンの人気商品をゲットするなら、季節の変わり目に行くのが正しい

2020-04-27 18.03.59ワークマンハイバウンスシューズ265
最近流行りの厚底シューズ、名前がハイバウンスシューズということで、ずばりナイキのなんちゃらフライを意識していると思われる
現在、マラソン界を席巻している厚底シューズに、ワークマンが殴り込みをかけたということか。1900円と、本家の10分の1以下の値段で手に入るのがすごい

2020-04-28 17.45.17
まず特徴的なのは、靴ひもを通す穴の少なさと、奇抜なレイアウト。一般的なランニングシューズと比べて、靴ひもが短い。そしてどう見ても足を固定するのに役に立っていないような気がする。軽量化のためだろうか

2020-04-28 18.28.04
その代わり靴の履き口を覆うようにゴムのベロが付いていて、履いても脱げにくい。ゴム製の小学生の上履きを履いているような印象だ

2020-04-27 18.04.31
そしてキモであるミッドソールは、見た目のとおり厚底で、直立すると少し前につんのめる形となる。ふわふわとした感覚だ
でもナイキのような反発プレートは入っていないので、クッション性はあっても、走って前に進む力はないと思う(実際、あれを履いたことがないので、想像で書いてます)

というわけで走ってみる。歩いているときのふわふわ感は消えて安定している。膝への攻撃性も少ない感じがするので、長距離で本領が発揮されるタイプとみた。ランタイムにどう影響するかどうかは、実際に走ってみないとわからないので、今度10キロ走ってみよう

ソールは薄く柔らかいので、耐久性は低そうだが、この値段なら怒る気にはなれない(本家も耐久性は低いらしい)。靴が脱げる心配もなさそう

値段は1900円だが、これが軽量化を突き詰めた姿であり、実は1万円を超えるシューズだと言われても、納得できるようなシューズだ。斬新な攻め口で開発したとも思えてくる。そしてとにかく、今、走ってみたいと思えることに感謝したい

今シーズンは、とにかくあれのせいで、マラソン大会が軒並み中止に追い込まれているので、走るモチベーションが上がることは、とてもいいことだ

2020-04-27 20.30.20
最近の悩みは、玄関の靴が、ワークマンシューズだらけになっていること

マキタのインパクトドライバ

2020年4月。「あれ」のせいで、色々と仕事イベントが中止となり、さらに会社から自宅待機をすべしと指示があったのだが、自宅に居ても、酒を飲むだけの自堕落な生活になることは目に見えているので、ひとり会社の倉庫の整理を行うことにした。トータルで3週間くらいだろうか

2020-06-26 17.08.42
整理というのは建前で、ほとんど工作、修理に明け暮れていた。それには理由があって、先日、会社がマキタのインパクトドライバを買ってくれたので、嬉しくて仕方がなかったのだ

2020-05-03 15.53.29土台
まずは仏像の土台を作った。仏像(自分のではない)のコンテナが鉄製で非常に堅牢な作りだったので、このコンテナを処分するも大変だし、どうせなら塗装して仏像の土台に改造することを提案した。マキタは、鉄枠に天板を固定するのに役に立った。鉄枠に穴を空け、ネジ穴を作った。


次に、会社で預かっていた大型のイベント用企業紹介パネルが出てきたので、もう使うことはないだろうと処分することにした。
マキタでネジをゆるめ、アルミ枠を外す。古いタイプのパネルなので、前面に透明なパネル(正確には塩ビパネル)が付いている(現在のパネルには、印刷時に防水処理を行うので、透明パネルは付いていない)

2020-05-28 16.30.40
んで何が言いたいかというと、この透明パネルが、中古だけど、あれのせいで需要があることに気づいたのは、それから1週間後だった。
透明パネルで、あれの感染を防止するパーテンションを作れることに気づいた。アクリルパネルではないので、自立させるのは難しいけど、天井からぶら下げたらいい。マキタで四隅に穴を空けてみた

試しに、SNSで「透明パネル欲しい人いますか」と告知してみた。おそらく飲食店から連絡が来るだろうと想像していたが、なんと某病院からオファーがあり、上司の許可をもらって、すぐさま納品。なんでも見舞いに来る人と入院患者の透明スクリーンを作るという。実物は見ていないが、役に立っていればそれでいい

2020-06-01 19.19.40
次に、某バーのカウンター用の、ビニールパーテンションを作ることにした。それではとホームセンターに行くと、透明ビニールシートは売り切れ、入荷未定となっていた。
運良く、ビニールカーテンが売れ残っていたのでゲットし、カウンターの長さ2.2mに合わせて梁を渡し、梁に透明カーテンをマキタでねじ打ちをした。それを店に持参し、突っ張り棒で固定する方法で設置した。小さな木ネジに、マキタのパワーはオーバースペックであった

2020-05-19 15.29.18
次に、壊れたタープテントの骨組みを修理した。人のテントを預かっていたものだが、パンダグラフ状に開く骨組みの鉄枠が折れたらしく、修理部品は注文できるということだったが、これなら治せると判断。
曲がった枠を叩いて真っ直ぐにし、マキタで穴を空け、スチール製のステーをぶち込み、エポキシパテをぶち込んで固めてみた。あっけなく治ってしまった。今までの工作の経験値がたまってレベルアップしていることに気づいた

2020-04-08 10.31.01
そういえば会社の冷蔵庫も、冷凍庫の引き出しレールの支えが割れていたので修理した。前述のエポキシパテは、そのときの余りだ。行方不明になったガイドの代わりに、マキタで削って土台を作り、ヒートンをパテ埋めして固定した

2020-05-29 15.47.02
あと木杭を修理した。ひび割れが激しかったので、ひび割れを木工ボンドと木工パテで埋め、ニスを塗り防水処理。マキタははみ出たパテを削るのに活躍した

2020-06-20 13.57.28
最後に会社の玄関ポーチに降雨時に水たまりができるので、許可を得て排水ドレーンを設置することにした。スチールの枠組みに直径10ミリの穴を空けるのに、ドリル刃を一本折るほど難儀した。大きい穴を空けるときは、まずは小さいドリルでガイドを作るという基本を学んだ

インパクトがまさに人生のインパクトとなるくらい便利なので、いつか同じものを買おうとしている自分がいた


ワークマンで買ったものまとめ

○2018年
・フリース MOVE ACTIVEパーカー
税込み2900円

最初に買った大物は、これだろうか。胸ポケットが購入の決め手。暖かくて重宝している。
フードの絞りゴム(固定)が少しキツイ。フードを被ったときに美しくない。あとセンターのジッパーの噛みが甘いので、着用時に外れないか、毎回緊張をしいられるのはマイナス。


○2019年
・アスレシューズライト
税込み980円

カジュアルシューズ。普段履きに買ってみた。約150gという軽さが最大の特長。
26センチはどうにも窮屈で、同僚に譲って、26.5センチを買い直した。靴のワイズが狭い(推定2E)なので、4Eの自分には向かない。
それでも1年履けば、この値段ならいいかなと思ってみたが、春に買って、秋までもたなかった。予想通り、小指のあたる側面に穴が空いた。
靴底がクロックスを同じEVA素材なので、クッション性は悪くないのだけれど、とにかく自分の歩き方のせいか、重心がフラフラして、履き続けて慣らしが終わっても一向に靴が馴染んでこない。
柔らかい。歩くと体調が悪いかのようにふらつく。
ネット上にはランニングにも使えるという記事をよく見るが、自分はこれで走ろうという気持ちにはまったくならなかった。
そして、2020年、新作のアスレシューズNEOを買うのであった。こっちはこれからだけど、固くていい。

・PVC防水シューズ
税込み1500円

クラシカルなハイカットブーツの形をした「長靴」。靴紐が付いていて長靴には見えないのがポイント。長靴なので防水は完璧、でも当然靴の中は蒸れる。
靴底の彫りは深くて、冬の路面でも使用可能。クッションはないので、厚めの中敷きを入れて調整する。冬でも夏でも使用している自分的ヒット商品。


・DIAMAGIC DIRECTクライミングパンツ
税込み2900円

裾が分離しショートパンツにもなるタイプ。モンベルのコンバーチブルパンツのイメージで買ったが、ちょっと違った。
まずMサイズを買ったのが失敗。太ももがきつい。そして裾が長い。裾上げができないタイプなので、Lサイズを買っても駄目かと思う。
ワークマンのウェアは、全般に上下共にスリムな体型の人向きなようで、どうも自分に合わない。
生地は薄くて好印象なのだけれど、蒸れやすい生地なので肌当たりがベタベタする。それでも登山に何度か使ってみた。

○2020年
・スリッポンシューズ
税込み1500円

2020-03-29 15.36.49ワークマンライトスリッポンシューズLL
愛用していたアクアシューズが加水分解でボロボロになったので、昨年全く買えなかったLLサイズ、新色を見つけて購入。
サイズ的には、Lサイズなのだけれど、甲高なので、サイズをひとつ上げた。中敷きがクッションタイプで通気性が良くていい。
表面は撥水っぽい説明があるけど、このサンダルのような形状で耐水性能を求めるのは野暮ってもんだ。
愛用している。


・FieldCore ストレッチソフトシェルジャケット
税込み2500円
モンベルではすべてMサイズでピタリなのだけれど、アウター的に使いたいので、Lサイズとした。
お腹ポッケにジッパーが付いているのが購入の決め手。買ってから気づいたが、内側にもお腹ポッケが付いている。
腕袖が長いのはまあいいとして、やっぱりお腹がキツイ。ポッケに財布とか入れると、どうも見た目が良くない。もう少し痩せれということか。
ストレッチ素材のソフトシェルなので、アウター、ウィンドブレーカーとして使うのには通気性が良すぎる。これは初夏になれば重宝するだろう。今(春)では寒い。
Archives
  • ライブドアブログ