少し時間が空いてしまったので一挙に写真をUP
年の瀬に向けて工事はぐんぐん進みます。


○屋根をかける前の重ね梁

P1100486

○眉山の一部に見えます
P1100504

○一般材を集合させた5本柱
P1100455

○溶け込むような淡いグレーの大屋根 仕上がりまでもう少し
P1100650

○外のガラスは建て方とともに落とし込み
P1100664

○眉山を向くトップライトからは森の光そのもの。風も通します
P1100677

○ここは林業の学校。更衣室にシャワーを据付
P1100683

○大屋根の軒天は杉板
DSCN0419



staff T


本日は「木推協」主催の見学会。
設計仲間もたくさん見に来てくれました。

土曜の見学会は雨でブルーシートの中でしたが
今日は台風一過、晴れましたー!


DSCF7137
組子梁の下で。



DSCF7142
妻側。組子梁の間には硝子が入ってます。



DSCF7152
山側の丸太組。神々しい。



DSCF7158
軒先はぐっと低く。


皆様ありがとうございました。
ドローン写真も来ているようです。


uch


台風直撃の前日、雨が降り注ぐなか30名近くの方にお越しいただきました。

まずは建築士会さんから本プロポーザルの流れ・趣旨などをご説明頂き、
フォレストサイエンスゾーン・徳島の林業・設計施工プロポーザル等の紹介から

R0006366


つづいて、木舎についての想いを内野からたっぷりと。

R0006368


雨続きでしたが見学会までにはのぼり梁を、
と現場にご尽力頂き、ブルーシートの中、雨に濡れることなく見学していただけました。

R0006381

学生さんから設計者、行政に施工者まで多くの方に見て頂き、身の引き締まる思いです。
完成後も構造が見える建物となります。また天気の良いときに、さらに多くの方に見て頂けたらと思います。


staff T

↑このページのトップヘ