引き渡しまでもうまもなく。
事務所検査・施工検査・市役所検査・消防検査などなど
検査が続きます。

備品が入る前の建築はまた違った表情を見せてくれます。


正面にはサザンカの外構
DSCF2418

事務室
DSCF2427

自習スペース
DSCF2514


小講義室

DSCF2525

下屋空間より眉山テラス
DSCN1846

サテライトスペース
DSCN1842


五本柱の床には藍染の板を
DSCF2538


重ね梁から漏れる自然光が滞在者を優しくつつみます
DSCN1853




staff T

やや遡っての投稿ですが

正面に見えるのは以前ブログで取り上げた
木粉からつくる左官壁、綺麗に塗って頂いています。
http://blog.livedoor.jp/uch_net-mokusha/archives/4472692.html


手前は講義室用の長い鴨居

DSCN1467


建具も綺麗に仕上がっています。
後ろに見えるのはボード成形の繊維板。内野設計の事務所とよく似た仕上げです。

DSCF2206


こちらは防音完備の講義室のかべ

DSCF2082


竣工まであとわずか。



staff T

年末に外部足場が外れ
外観が現れてきました。

年が明けていよいよ工事も大詰めを迎えます。
オープンの春には眉山もまた違った景色となっていることでしょう。
とくしまの林業や木に携わる人々が気持ちよく活用できる施設になるよう、
最後まで邁進していきたいと思います。

DSCF1234

DSCF1237

DSCF1242


staff T

↑このページのトップヘ