今回の読書はコレ。




本書によると、実務担当者からマネージャー(組織運営担当)への移行は難しくなっている。
それは以下5つの環境変化によるものだとのこと。

①突然化 : ある日、いきなりマネージャーになる。
②二重化 : プレーヤーであり、マネージャーでもある。
③多様化 : 飲み会コミュニケーションが通用しない?
④煩雑化 : 予防線にまつわる仕事が増える
⑤ 若年化 : 経験の浅いマネージャーの増加
組織運営のノウハウもないまま、いきなりマネージャーになっても戸惑うばかり。課長補佐など一定の移行期間を設けることは大事だ。


また業務量が増えるとマネージャーも組織運営だけでなく実務も兼任しなくてはいけない。結果的には実務がうまくいっても運営が滞りやすくなる。


「上司との飲み会は仕事ですか?」と思う人が増えている。昔は通用した「飲みに行こうぜ!!」ではうまくコミュニケーションがとりにくく、職場も非正規や外国人など多種多様で、飲み会に頼らないコミュニケーションが求められている。飲み会という簡単な人間関係ツールは、今やなかなか通用しない。個人的に上司から誘われれば「ぜひ!!」と喜んでいくところだが、一般的には上司との飲みはそこまで嫌なのだろうか。いずれにしても職場外ではなく職場内でのコミュニケーションをどうとるのかが、より重視されていることは理解すべき。


そして年功序列が崩れつつある現在、若手でも実務業績が良ければマネージャーになるケースが増えている。しかし経験が浅いため、苦戦しやすいそうだ。まだ私の大学ではそういった話は聞かないが、人事評価制度が多くの大学で見直されており、本学でもいずれはそうした若手職員が出てくるかもしれない。
マネージャーになると感情がポジティブとネガティブの間を行ったり来たりするそうだ。しかしこれは筆者によれば当然。その感情を監視し、焦らず、あきらめず、少しずつ前進すべきとのこと。

まだ読んでいる途中だが、実務から組織運営への移行の隔たりは、私自身も不安に感じているところ。まだ移行は先のことだろうが、上記①~⑤は、事前に把握しているだけでも役にたつと思う。