一大学職員の備忘録

一大学職員が大学関連のニュースを備忘録として書いたり,日々の出来事を徒然に書いてみようかと思います。

カテゴリ: 大学雑感

「楽しく働きたい」と言う職員がいる。
その職員を見て、僕も私もとマネをする職員がいる。
その輪が広がり、皆が楽しく働きたいと思う社会が出来上がる。

しかし彼らの「楽しく働きたい」という思いは、果たして共通しているのだろうか。
私はそう思わない。
ここでいう「楽しさ」には二通りの意味があることに、注意をしなくてはいけない。

それはつまり、楽しさを"楽=ラク"と想定するかどうかである。
冒頭の一人目の職員は、目の前の仕事に対して、いかに工夫して解決しようか、法規や経理などを勉強しなくてはいけない、別部局の担当者と連絡をとらなくては・・・など、思考を巡らせる。そして、そうした考え一つ一つに、楽しさを見いだせることが、一つ目の意味である。自分なりに問題解決する快感、法規など新たな視野が広がるワクワク感、人脈が広がる期待感。そのような視点で仕事に取り掛かれることで、本人にとってやりがいが出てくるし、その結果は恐らく大学組織にとってもプラスになるだろう。

一方で、仕事を楽(ラク)したい職員はどう考えるか。目の前の仕事に対して、いかにトラブルを避けようか、法規などなるべく関わらずに解決させたい、別部局の担当者には簡単な報告だけで十分かな・・・など、思考を巡らせる。当然、仕事に対する前向きさは無い。しかし彼は楽して仕事をしている。「楽しく働けているな」と実感するのである。

楽しく働くイコールラクして働くではないことは、理解しておくべきである。
「楽しい」という感情を創るには、行動ではなく考え方をまず変えることだ。考え方を変えれば、行動は後からでもついてくるだろう。目の前の課題・困難に対する捉え方をいかに変えていくか。それが初めの一歩である。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

久しぶりの更新ながらも、ネガティブな気分。

今日は課をまたいだ職員とともに業務をすることがあったのですが、あまり上手くコミュニケーションがとれず、結果として業務を効率よくこなせなかった。


日ごろ同じ係内の人とばかり会話をしているせいか、なかなか自分のコミュニケーション能力の低さを感じることはなかった。しかし今日久々に色んな人と会話をして、自身の嫌な部分を痛感していた。


100%自分が悪いだとか、相手が悪いとかではなく思うのは、「あの時どうすれば良かったんだろう」ということ。


その後いろいろ考えて今後の改善点を見出したものの、感情的にはまだまだ落ち込む今。


たまにはこういう日もあっていい。今はそう思うしかない。


さ、頑張ろっ!! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「大学って役に立つの?」

「大学に行っても意味はないでしょ?」


今じゃ大学は就職するための前提条件となりました。
良い企業に就くためには、良い大学に進学しなきゃならない。
これが暗黙の了解となっています。
昔と比べれば、大学と就職先の比例関係も薄らぎつつあるようですが、依然として強い比例はあるようです。

大学は役に立つのか。
私は、「大学を卒業した」という学歴は就職に役に立つけど、「大学で学んだこと」はさほど大きくは役に立たないのが実情かなと思います。

大学で教える内容を変えるべきだとは言っていません。
しかし大学で教える内容が、学生にとって「学びたい!!」思いと合致している必要はあるでしょう。

それは大学側の努力だけでは到底達成できません。
学生自身、何を学びたいのか、将来どんな職に就きたいのか。
それを高校までに決めることが必要です。
別に確定でなくてもいいんです。
大学生活を通じて、将来像が変わってもいいんです。
まずは高校の時点で、将来像の土台を固めること。
そのうえで変化しても、土台がしっかりしていれば、変化した後もふらつくことがないでしょう。
その将来像を叶えてくれそうな大学選ぶことが一番かなと思います。

一方、大学側の努力としては、もっと高校生にとって分かりやすい情報を与えることが挙げられます。
大学のHPを見ると、難しい専門用語が多いこと・・・。
教員の研究分野紹介も堅苦しく、長文になればその分、読む気も失せます。
高校生は一つの大学だけを見るのではありません。
実際に受験する数以上の大学HPを訪れるのです。
その点も考慮し、高校生にとって有益な情報を厳選することが必要です。


大学比較|Benesse マナビジョン
大学ポートレート

他にも上記のように、大学の情報を比較したり、一気に条件検索できたりするサイトはあります。
こうしたサイトを活用して、大学と学生のマッチングがうまくいけばいいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

大学職員のParuです。

今は教務系として日々、履修登録やら入試やらをこなしています。

大学生の頃は「大学職員って何やってるの?」とか思っていましたが、実際働いてみると、毎日何だかんだと仕事があって、特に入試の時期なんかは忙殺されます(笑)

とはいえ、「大学職員になって良かったなー」と思うときもある訳でして。

今回はそこらへんを書いてこうかなと思います。

大学職員に興味のある方にとって参考になれば嬉しいです!



①学習意欲がわきやすい
大学は学ぶ場です。
基本的に教員-学生との間で授業が行われますが、時々、学生や一般向けにイベントが開かれることがあります。

そこでは「グローバル化にむけて今後どう取り組むべきか」や「地域をどう盛り上げていくか」などをテーマにして、幅広い知見を得ることができます。
大学職員も当然そうしたイベントに参加できるわけで、かつ多くの場合イベント開催のお知らせは大学職員が行うので開催情報も入手しやすいです。

また大学には図書館が併設されてます。
堅苦しい学術本だけでなく、たくさんの新書や一般向けの本も置いてあり、魅力的です。
立ち寄ってみるだけで、思わず何冊も借りてしまうのは私だけじゃないはず・・・!!

なお図書館には勉強スペースも確保されてるので、試験期間中は勉強してる学生でごった返します。
期間中を除けば、私もたまに参考書片手に英語の勉強や、気になる本を読んで過ごしてます。
これって市立図書館とかだと難しいですよね。
近所の図書館に出かけたら、学習スペースが無いところや、仮にあったとしても中学・高校生らが勉強して埋まっているとか。
自宅の外で勉強できる場所って、かなり限られています。
カフェだとお金かかるし、せいぜい滞在3時間くらいが限界です。
一方で大学の図書館は一日中いてもいいし、周りには同じく勉強してる学生がいるから、「俺も負けられない!!」っていうモチベーションが起きやすいのがポイント。


このように、学べるイベントを把握しやすく、かつ学習スペースが確保されているというのは、学習意欲がわきやすいと思います。



②課題が多い
入試改革やカリキュラム編成、グローバル化促進など、毎年新たな課題・業務が増えています。
そんな中で大学職員は迅速に理解し、対処していかなければなりません。
私はそれを「やりがい」と捉えており、新たな業務が出るたびに「やらなくてもいいだろ」「無駄だろ」と愚痴りながらも、いかに効率よく進めるかを考えてます。


③福利厚生が充実している
大学内の組織によって多少の違いはありますが、私のいる職場の残業時間はさほど多くないです。
上司からも頻繁に「明日できることは明日やれ」「あまり残業しないように」と口酸っぱく言われてますし。
係内の誰かが極端に残業するようになれば、仕事のバランスがおかしいということで、業務分担の見直しを図ってます。
有給もとりやすいです。仕事が落ち着いた時期などは、積極的にとっています。


ただ、これは大学職員全般というより、上司のマネジメントのおかげかな。
上司は、業務分担を定期的に見直したり、有給消化も奨励したりしてくれてます。
その前提には、係内の円満な人間関係があるのかなと。
みんなで一緒に食事に出かけたり、仕事関係以外の話も時折してます。
そうしたコミュニケーションができてるからこそ、残業削減や有給消化もうまくいってるのかもしれません。


あと、スポーツクラブも安く利用できます。

スポーツクラブの利用団体契約及び利用助成事業

これによってわざわざ個人会員としてクラブに入会する手続きは不要になります。
法人会員として、いきなりクラブに行き、チケットを渡し、料金を払えばそのままクラブ利用が可能です。
当初は利用方法が分からず躊躇してましたが、先輩に使い方を聞いて、今では月に4~5回通ってます。

こうした福利厚生によって、仕事の疲れも減らし、ワークライフバランス向上につながっています。







こんな感じで今回3つの点で語ってみました。

他の職員にとってみれば、他にもまだまだ良かったことがあるのかも。

それはそれで興味ありますね。

そんなこんなで今日はおしまい!!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

自分の大学の強み・弱みって何だろう、と思った。
そもそもどうやって調べればいいのだろうか。
すぐに思いつくのは大学・学部案内や同窓会HPを参照すること。大学に入学したい人や同窓会員向けに、大学をどうアピールしているのかを確認してみるのだ。
しかしここでは恐らく強みは見つかれど、弱みは見つかることはないだろう。なかなか自学の弱みを公表するには勇気がいる。退学率一つとっても、昔であればほとんどの大学は公表してこなかった。メディアが実施する~調査によって、最近になってようやく各大学の退学率が公表されるようになったくらいである。

とまぁ強みは把握しやすく、弱みは把握しづらい、というのが一般的な考えである。しかし本当に強みの方は把握しやすいのだろうか。
実際大学案内を見ると、以下のような記載がある。
「少人数クラスを行ってます!」
 ←多くの大学で既にやってる
「~の研究を行ってます!」
 ←世界トップレベルや珍しい分野の研究なら強みだが、そうでないケースも多い

自学と受験生の関係においては、上記は確かに強みになるだろう。しかし自学と他大学の関係でみた場合、コメントのとおり、さほど強みにはならない。

他大学と比べた際の、自学の強みと弱みを把握する一つの方法として、データの分析・活用が考えられる。 数値で示すことで、より強い説得力をもった強みになる。
データを分析するだけでなく、それを分かりやすく公表する。こうすることで、自学の魅力を印象的にアピールできる。
一方で分析の結果から弱みを把握し、それをいかに軽減していくか、という取り組みも可能になるだろう。

なお大阪大学のIRサイトでは、普段の授業時間や卒業学生の満足度など、幅広いデータが公開されている。それも単なる数字の羅列ではなく、イラスト化することで視覚的に印象付けている。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ