一大学職員の備忘録

一大学職員が大学関連のニュースを備忘録として書いたり,日々の出来事を徒然に書いてみようかと思います。

タグ:マネジメント

今回の読書はコレ。




本書によると、実務担当者からマネージャー(組織運営担当)への移行は難しくなっている。
それは以下5つの環境変化によるものだとのこと。

①突然化 : ある日、いきなりマネージャーになる。
②二重化 : プレーヤーであり、マネージャーでもある。
③多様化 : 飲み会コミュニケーションが通用しない?
④煩雑化 : 予防線にまつわる仕事が増える
⑤ 若年化 : 経験の浅いマネージャーの増加
組織運営のノウハウもないまま、いきなりマネージャーになっても戸惑うばかり。課長補佐など一定の移行期間を設けることは大事だ。


また業務量が増えるとマネージャーも組織運営だけでなく実務も兼任しなくてはいけない。結果的には実務がうまくいっても運営が滞りやすくなる。


「上司との飲み会は仕事ですか?」と思う人が増えている。昔は通用した「飲みに行こうぜ!!」ではうまくコミュニケーションがとりにくく、職場も非正規や外国人など多種多様で、飲み会に頼らないコミュニケーションが求められている。飲み会という簡単な人間関係ツールは、今やなかなか通用しない。個人的に上司から誘われれば「ぜひ!!」と喜んでいくところだが、一般的には上司との飲みはそこまで嫌なのだろうか。いずれにしても職場外ではなく職場内でのコミュニケーションをどうとるのかが、より重視されていることは理解すべき。


そして年功序列が崩れつつある現在、若手でも実務業績が良ければマネージャーになるケースが増えている。しかし経験が浅いため、苦戦しやすいそうだ。まだ私の大学ではそういった話は聞かないが、人事評価制度が多くの大学で見直されており、本学でもいずれはそうした若手職員が出てくるかもしれない。
マネージャーになると感情がポジティブとネガティブの間を行ったり来たりするそうだ。しかしこれは筆者によれば当然。その感情を監視し、焦らず、あきらめず、少しずつ前進すべきとのこと。

まだ読んでいる途中だが、実務から組織運営への移行の隔たりは、私自身も不安に感じているところ。まだ移行は先のことだろうが、上記①~⑤は、事前に把握しているだけでも役にたつと思う。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

先日、先輩と一緒に食事に行ったときのこと。


「先輩は係長になりたくないんですか?」

「う~ん。俺は係長にならなくてもいいや。今の係長見てると大変そうだし。」



最近の若年世代はあまり上昇志向がないらしい。 

若手社員の出世・昇進意識に関する調査
 
20~39歳の男女に尋ねたところ、およそ4割しか出世したいと思っていないそうだ。家庭を顧みずに「働くことが一番」という価値観は昔のものとなり、ワークライフバランスという言葉が頻繁に聞かれる。大学では18歳人口減少、グローバル化といった共通ワードの下、定員管理や留学生受入・派遣、入試改革など新たな業務が毎年毎年プラスされていき、当然残業時間は増え、その一方では定時帰宅を推奨される。若手はもちろん、上司は業務量が増えてきている。


しかし私はそれでも、どちらかというと上昇志向がある方だと思う。トラブルや大変な仕事をこなす上司を見て時々「なるもんじゃないな」と感じるときが確かにある。正直なぜ出世したいのか、という問いにうまく答えられないが、それを承知で言うと「おもしろそうだから」である。


私の職場は、(建前はどうか知らないが実際は) 年齢に沿って給与が上がる仕組みなので、役職が上になっても給与は変わらないそうだ。しかし上司になることで、組織運営という新たな業務に携われる。何でもかんでも好奇心旺盛(自称)なので、私は、やらずに後悔するよりもやって後悔したい性質だ。組織運営も一般的にやりたくない業務の区分になるだろう。職場のイジワルなお局さんの扱い方や、一部の上司部下の不仲対応といった人間関係の処理も時にはやらねばならない。それらを今すぐやれと言われてもできる自信がないが、それでも組織運営しながら、より俯瞰的な視点から業務の見直しや職場環境改善を図っていきたい。そのためにも日ごろから業務改善を(打率はボチボチだが)上司に提案している。


一方では、若手の実務経験と、上司の組織運営(マネジメント)は大きく違うことは、上司を見てると分かるし、よく言われていることでもある。その遠い隔たりをスムーズに移動できれば、マネジメントを担うことも楽しく感じられるのかもしれない。


マネジメントは、自分で何もかもやるのではなくて、他人の力によって物事が動くことをいうのだろう。ここでいう他人には部下だけではなく、自分のさらに上の上司といった、様々なステークホルダーが含まれる。
他人にまかせるということは、すごく勇気のいること。 自分でやった方が早いと絶対に思うはずだ。しかしそれだと業務は動くかもしれないが、組織全体としては何も動いていない。個人プレーではなく、組織プレーを目指すことが大事だ。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今日は節分の日です。
我が家では今夜は恵方巻きを"つくります"。
豆まきも"やります"。
折角なので節分を十分満喫してやろうかなと。



さてさて今回は、全国大学高専教職員組合が2013年に実施した、事務職員意識調査アンケートを紹介します。 


注目したのが、⑦。研修や自己啓発だけでなく、職員同士が自由に意見交換できる場づくりも特に上司から求められているんですね。
昔、上司と懇談した際に「若手とのつながる機会が少ない」という話になったのを思い出しました。その上司だけの問題ではなく、自分の感覚からしても、多くの人にとっては上司・部下とのつながりって薄い気がします。
もっとお互いを阻む壁を取っ払うような取組ができないか、というのを実は最近考えていて、それは今後学内で発展させていきたいなと。
そうすることで、部下にとっては意見が出しやすく、まだ上司にとっても部下の意見を把握しつつ、チーム全体のマネジメントも効率よく行えるのではないでしょうか。


今日はこれにて。
あなかしこ。

※最近、今更な感じの情報をお届けしてますが、以前よりブックマークしてたニュースや記事があまりに溜まりすぎていまして、処分がてらこうして掲載してます。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

先日購入した下記の本を読みました。
上司の視点からのマネジメントについてあまり学んでこなかったので、目から鱗の箇所が多かったです。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
叱り方
最近、叱る上司が少ないと著者が述べています。今後のミスを防ぐために叱ることは必要ですが、叱り方にも正しい方法があります。
ディズニーでは
・叱る前に褒める
・叱った後にフォローする
ことが求められているようです。
確かにただ叱られても「だって・・・」「そもそも・・・」と反発されがちです。ネガティブなことを言うのであれば、それにポジティブなことも付言すると相手もミスを受け入れやすくなるのでしょう。あとは叱る勇気も必要でしょうね。それは経験と慣れかな。私もあまり人を叱ることが無いので、肝に銘じたいところです。

ミッション
「組織は人のために存在し、我々は人のためになる存在でなければならない」
ことが全企業・組織に共通するミッションだと述べています。「誰かのために」という想いは大事です。大学改革で業務が増えることで「イヤだ~」と思うときはありますが、それが「学生のため」であるならば、必要なことだと思いますし。教務系の私にとっては「学生のために」という意識が常にあります。
こうしたミッションは職場全体で共通して意識される必要があります。そのためにディズニーでは、研修プログラムや社内報など様々な機会を通じて繰り返しミッションを伝えているそうです。
大学でも理念を掲げていますが、それを職場レベルにまで落とし込んでいるかというとどうなんでしょうか。自分は正直そこまでは自信ないなぁ。
理念をただ作るだけで満足してはいけない。それを繰り返し繰り返し伝える作業も必要なんですね。

上司と部下の信頼関係
上司は部下のことを堂々と見ることが大事とのことです。部下に「見られている」という意識させるのだと。そして仕事の成果に対してだけでなく、その仕事の仕方に対しても褒めることも、部下の信頼感アップにつながります。

職場改善
「この職場を良くするにはどうすればいいか」を職員自身に考えさせ、行動させること。そこには職員らの小さな提案がいくつもされる。普段提案する機会のない職員にとっては良い機会だし、それを実行して効果が出ればなおさら嬉しくなり、更なる改善につながるのでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


今年の更新はこれが最後です。
まだまだ稚拙な記事ばかりですが、来年もよろしくお願いします。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

放送大学の科目等履修生として、4月から「大学マネジメント論」を学ぶことにしました。
 
きっかけは様々な職員研修に参加して、「自分・・・基礎的知識がまだまだ不足してるな」と痛感したからでございます。仕事の中で、自分がしてることって大学業界で話題になってることなんだなぁと思うときがあります。


例えば入試。仮に自分が入試系職員だとします。ある日うちの大学が「国際入試」と銘打って募集要項をこうしようああしようと先生方含めていろいろ議論するんですよ。そうして一つの入試制度がわが大学に誕生するわけで、それも今よく文科省が謳う「グローバル化」に基づいてやってるんですよね。 


それに気づかず、ただひたすら目の前の仕事に向かってるのも嫌で、今の大学全体がどんな動きをしているのか、歴史的背景も理解しながら、人に説明できるレベルにまで知識を落とし込めたらいいなと考えています



という訳で、今日は第1章「1.大学と私たち」 

バブル崩壊=即戦力教育への転換期
 199年代初頭のバブル崩壊により、各企業は少ないコストで大きな利益を求めるようになった。そこで白羽の矢がたったのが新社会人である。彼らに専門的な教育をじっくり施すのではなく、大学生活を通じて即戦力となるよう、企業は大学へ求めた。
高度経済成長の中では、あくまで大学は入試によって学生の質保証するだけで良かったのだが、即戦力を求められたことで、本来の教養教育や専門教育だけではなく、基礎的職業教育もしなければならなくなった。


そうか。バブル崩壊がその転換期だったとは知らなかった。 そこから専門職大学院が生まれたというのも必然だろうなぁ。


少子化は大学間競争を生んだ
日本の大学に入学する人は、学部学生の場合、95%以上が高校新卒又は浪人生(1年)だ。
OECDの調査によれば、大学入学者にしめる25歳以上の者の割合が、主要加盟国の平均で20%であるのに対し、わが国での割合はわずかに2%である。(18頁)
 ・・・まじか。これから18歳人口は大きく減少していく。厚生労働省のデータによると、2010年には120万人なのに対し、2050年には70万人まで減少するそう。

これによって、受験生が減る→大学定員割れする→大学経営ヤバイ→そうならないために学生を集めよう!!
ってな感じで、大学間で競争をしてるのが今。また、文科省も「いい取り組みしているところには資金あげる」と言って、そのたびに各大学がこぞって申請してる。 

ただ、どんな大学がいいのかというと、東大モデルばかりでなく、個々特色ある大学を目指そうよ、と行ったのが中教審が提出した「我が国の高等教育の将来像(2005年1月)」。





・・・・・うん、大学って面白い。これからも引き続き頑張ってみよう。

※駄文だぁぁぁ。ほんと徒然なるままに書いてるので、分かりづらいor間違ってたら教えてください。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ