弊社で注目している「HEAT20」。聞いたことがあるでしょうか?

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。

その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が

2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。

メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。

先月、オーレンプラザで住宅セミナーの講師をしていただいた岩前教授も委員会の

メンバーで検証WG主査をされています。

 HEAT20は、国がつくっている基準ではなく民間の機関でつくっている基準です。
G1(グレード1)、G2(グレード2)とレベルがあります。それぞれ条件のひとつとして、

G1 : 住宅内最低温度を概ね10℃以上に保ち…
G2 : 住宅内最低温度を13~15℃以上に保ち…

と家の中の温度が下がりすぎないことが入っています。温度が保たれていることに
より冷暖房機器を入れたとき、時間をかけずに所定の温度にすることができます。
性能を高めることにより、省エネルギーで環境にも私たちの健康にも良い住まいを
造ることを目的とした今後注目の性能の基準になっています。

高気密・高断熱を掲げている弊社では家の中の温度は一定で、少ないエネルギー
で高効率に暖まるのが特徴です。家中まるごと暖めるので一度暖まってしまえば
北海道レベルの外皮性能により魔法ビンのように暖かいまま保温されます。
そのため浴室でのヒートショックのリスクも抑えられますし、朝起きた時も部屋に
温度差がないので血圧の急な上昇を防いでくれます。

20171212111344_00001

参考文献

 医師と考える健康な家づくり([発行]一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議
[監修]自治医科医学 内科学講座 循環器内科学部門 苅尾七臣)

HEAT20設計ガイドブック作成WG:編『HEAT20設計ガイドブック    

  建築技術 (2015)
 HEAT20とは?」2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会HP