高気密・高断熱の住宅で気密性を保つために窓を開けてはいけない
という事はありません。冷暖房の必要がない気持ちの良い季節や
外からの風を取り込みたい時にはいつでも窓から採風できます。弊社の
家は特に余計なすき間がないので風が家の中を通り抜けます。
 勿論、窓を開けなくても第1種の24時間換気システムを採用しているので
床下から小屋裏まで強制的に空気を循環させることにより適切な換気を
行っている為、換気不良による室内住環境の悪化といった事はありません。
しかも熱交換型の換気システムを採用しているため、酷暑時、厳寒期でも
外気の影響を限りなく少なくする事で、冷暖房時の負荷も限りなく少なくなり、
省エネになります。
 その為、弊社では石油ストーブやガスファンヒーターの使用をお勧めして
おりません。石油ストーブやガスファンヒーターは室内の酸素を使うとともに
二酸化炭素と水蒸気を発生させます。それが部屋中に拡散され、換気が
必要になります。機械の換気だけでは不十分なので窓を開けての換気も
しないと空気環境の悪化や結露発生の原因につながります。
ガスコンロの使用はできますが、こういった点からより新鮮な空気を保つ
ために当社ではランニングコストもお得なオール電化をお勧めしています。