鶯谷デッドボールは6月11日で七周年を迎えることが出来ました。

これまでに一日でも在籍して頂いた女性、そしてお客様には心から感謝申し上げます。
私が申し上げるお客様とは、ご利用された事のある皆様、
利用はしたくないけれどHP閲覧だけを楽しみにして頂いている皆様、
どこかで当店を話題にして頂いた皆様、
誹謗中傷込みで厳しいご意見をくださる皆様、
この全ての方をお客様と認識しております。

話題にして頂く事に心から感謝しております。
ありがとうございます。

ここまでの文章は毎年定型文のようになっておりますが、
常に心の底で思っております。


そして昨年のあいさつ文で
「七年目を迎えたデッドボールは更なる進化を目指します。
その過程では必ずまた皆様にはご不満に感じることが有るかとは思います。
しかし、失敗を失敗で終わらせることなく、必ず皆様の満足度が上がるよう進化する事をお約束します」

「来年の6月11日、日本初の地雷店として、
更に進化したエンターテイメント風俗として在籍女性の満足度を上げ、
お客様には更なるお楽しみを増加させた風俗店として記念イベントを開催していることをお約束します。」

と申しております。
皆様のおかげて無事イベント開催はできておりますが、

進化
女性満足度の向上
お客様の楽しみの増加

に関しては、運営側としても満足のいく出来では無かったと認識しております。
反省点は山ほどありそれを踏まえた対策も行ってきましたが、
感謝の言葉の前に
「在籍女性の皆様、お客様、大変申し訳ございませんでした」
と言うべきかもしれません。


七年前に閉鎖寸前まで追い込まれていたデッドボールが七年も持っているのは、
これまでに一度でも当店に関わって頂いた女性、お客様、マスコミの皆様、広告会社の皆様etc
数えたらキリがありませんが、本当に皆様のおかげで今があります。

本当にありがとうございます。


七年目のデッドボールとして振り返ると少しだけ成果をあげた取り組みが、
在籍女性の無料法律生活相談
です。
この取り組みは八年目も継続し、更に在籍女性が気軽に相談出来る環境を構築して、
働く女性が金銭的負担も無く問題解決出来る環境の完成を目指します。


反省点の多い中でのデッドボール七周年ですが、
八年目を迎えたデッドボールはこれまで同様に法令順守の運営と、
在籍女性が生活の基盤を築けるお店として、
またお客様のお楽しみを最大限まで引き上げるエンターテイメント風俗としてあり続けます。
そしてこれまで同様に常に進化する事を忘れない風俗店として運営してまいります。


このデッドボールの取り組み姿勢を、
運営スタッフ全員が理解して同じ方向を向いた職場環境の構築にも力を注ぎ、
八周年を胸を張って迎えられる様努力します。


この一年も

実るほど
頭を垂れる
稲穂かな

この言葉の意味を本当に理解しながら日々を過ごし、
来年の6月11日に盛大に記念イベントを行っていることをお約束します。



これまでに一日でもデッドボールに関わって頂いた皆様、お客様、これから在籍して新しく仲間に加わるであろう皆様、
八年目のデッドボール
宜しくお願い致します。


デッドボールグループ 代表 篠原政見