腕時計速報ブログ

腕時計に関する話題やニュース、豆知識等をご紹介!

アクセスランキング

2018年08月

カシオ、最長3日間駆動するアウトドア用スマートウォッチを発表 19年1月発売!!

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/30(木) 20:09:34.27 ID:CAP_USER
カシオ計算機は8月30日、アウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart」(プロトレックスマート)の新製品「WSD-F30」を発表した。2017年発売の「WSD-F20」に比べてコンパクトになった他、オフラインのカラー地図表示とGPSに機能を絞る「エクステンドモード」の追加により、最長3日間の駆動が可能になったという。2019年1月に発売予定で、価格は6万1000円(税別)。

カシオ計算機は、2016年に米GoogleのAndroid Wear(現Wear OS by Google)を採用した「WSD-F10」でスマートウォッチ市場に参入。5気圧防水と米国防総省が制定したMIL-STD(米軍の物資調達規格)準拠のアウトドア仕様として差別化を図った。翌17年にはGPSを搭載し、オフラインのカラー地図表示を可能にした「WSD-F20」を投入。同時にアウトドアウォッチとして人気の高い「PRO TREK」ブランドを冠し、位置付けをより明確にしている。

オフラインのカラー地図表示は、あらかじめダウンロードした地図をボタン1つで呼び出す機能。トレッキング中などにスマートフォンを出さなくても地図を確認できるため、アウトドア愛好家を中心に好評だが、「本格的な登山で使う人にとって、1泊(WSD-F20のバッテリー駆動時間)では足りなかった」(同社)。

 WSD-F30では、基本設計の見直しとともに、利便性を下げない範囲で消費電力を抑える「エクステンドモード」を追加した。エクステンドモードでは通信や通知機能がオフになる他、GPSも間欠測位に。あらかじめ設定したスケジュールに沿い、ユーザーの睡眠時間には時計もスタンバイ状態となる。昼間もモノクロ表示(時刻、高度、気圧)のみで、必要なときだけボタン操作でカラー地図を表示する。これにより、充電できない場所でも最長3日間動作するという。さらに、ダウンロードした地図は5つまで保存できるようにした(WSD-F20は1つ)。

ディスプレイは、時刻などを表示するモノクロ画面とカラー有機ELパネルを重ねたもの。解像度は縦横それぞれ390ピクセル。新開発のUI(ユーザーインタフェース)はブラックを基調とし、有機ELの省電力性能を生かす。

本体は縦横ともに3.9ミリ、前機種と比べて0.4ミリ薄型化した他、新たにバンド交換に対応した。カラーバリエーションは、ブルー、オレンジ、ブラックの3種類。
no title

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/30/news113.html

続きを読む

先輩「おまえ時計どこのつけてんの」 ぼく「GSっす」 先輩「G-SHOCKかよwwwww」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/27(月) 10:46:40.275 ID:MFqOKUij0
ぼく「あ(察し)、そこでいいです^^;」

先輩「なんだよ、そこでいいってwwww客先で恥ずしいから良いのつけとけよなww」

ぼく「うぃーっす!」
no title

続きを読む

セイコー「若者よ、高級腕時計を買ってくれ」 30万円台のグランドセイコーをPR!!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/08/30(木) 19:55:33.66 ID:RtiaUC3Y0 BE:123322212-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 セイコーホールディングス(HD)傘下のセイコーウオッチは、高級ブランド「グランドセイコー(GS)」で若者向けに従来よりも手ごろな価格帯の商品を広げる。
GSは50万円以上が中心で、「大人の時計」といったイメージが強い。30万円台と中価格帯にするほか、若者が好むスポーツテイストのデザインを取り込む。
苦戦する中価格帯商品の底上げを図る。

 セイコーが1993年に開発したクオーツ式ムーブメント「キャリバー…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34775610Q8A830C1000000/
no title

続きを読む

【時計】「Apple Watch Series 4」で、ついにWatchのデザインが変更か

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/29(水) 00:35:20.64 ID:CAP_USER
新型iPhoneと合わせて発表が期待されている「Apple Watch Series 4(仮称)」。Apple Watchは、2015年に発売されてからほとんどデザインが変わっていませんが、今年こそ目に見えるデザイン変更があるかもしれません。このほどBloombergより、ディスプレイサイズやバンド互換性に関する情報が届いています。

そして、気になる「iPad mini」のリフレッシュはもしかしたらないかもしれません。

ベゼルレスApple Watch、本体サイズはほぼ変わらず?
Bloombergによると、新型Apple Watchは現行モデルからデザインは変化ないものの、ベゼルが狭いディスプレイを搭載します。本体サイズは現行モデルからそう変わらず、そのためかバンドも今のものがそのまま使えるとのこと。

Apple Watch Series 4については、先日、ユーラシア経済連合(EAEU)のデータベースに登録済み。このデータベースは発表前の指標になっていて、9月の発表イベントでの登場が期待されています。以前の話では、新型Apple Watchではサイドボタンや、デジタルクラウン(りゅうず)の物理的なクリックが廃止になり、Taptic Engineの電子的なフィードバックに換わる噂です。
https://www.gizmodo.jp/2018/08/apple-watch-series-4-design-rumor.html
no title

続きを読む

【悲報】ボク新人ゆとり社員、会社にカシオのデジタル腕時計(980円)をして出社してしまう・・・

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/28(火) 22:26:27.268 ID:qoxdGHmH0
周りからどう思われてるのか教えてほしいな
no title

続きを読む

今月の人気記事ランキング

    楽天市場
    広告
    google
    タグクラウド
    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    google