腕時計速報ブログ

腕時計に関する話題やニュース、豆知識等をご紹介!

アクセスランキング

スマートウォッチ

腕時計ってなんで進化せんの??

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/20(土) 18:14:24.796 ID:fAsXsz6w0
電波で機能もりもりの欲しいのに未だに歯車巻き巻き方式ばっかりで吹いた
かといってスマートウォッチ系は見た目ダッサイし
腕時計は進化する気あんのかよ
no title

続きを読む

シチズンから光発電+70年代国産機械式時計ぽい雰囲気のスマートウォッチが登場!!

1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2019/03/12(火) 08:14:54.60 ID:IqZ1C3mi0● BE:842343564-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
電池交換不要のスマートウォッチが誕生。シチズンから発売へ
https://m.huffingtonpost.jp/amp/entry/citizen-smart_jp_5c84badce4b0d9361628d246/

no title


腕時計のボタンを押すだけで配車サービスが利用できたり、スマートスピーカーなどのIoT機器の操作もできる。


シチズンは、新IoTプラットフォームサービス「Riiiver」に対応するスマートウォッチの新モデル「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を2019年秋に発売します。

「Riiiver」を通じて様々な端末と接続可能。腕時計のボタンを押すだけで配車サービスが利用できたり、スマートスピーカーなどのIoT機器の操作もできるとしています。

また、光発電エコ・ドライブを搭載することで、電池交換を必要としないのも特徴です。さまざまなデータを読み取りやすくするため、盤面には視認性の高いカラーリングが施されています。

続きを読む

米国成人の16%がスマートウォッチを持っているらしい

1: ムヒタ ★ 2019/02/13(水) 10:43:29.36 ID:CAP_USER
NPDの最新記事によると、ここ米国ではスマートウォッチが好調な売れ行きを続けている。このカテゴリーは全体的に下降気味のウェアラブル分野の中で唯一明るい材料であり、今回発表されたデータはさまざまな層で広く受け入れられていることを示している。12月時点の米国成人のスマートウォッチ所有率は16%で、一年前の12%から伸びている。

成長を支えているのはやはり若年層で、18~34歳のスマートウォッチ保有率は23%に上る。もちろんAppleを始めとする各メーカーは高齢世代での売上増を狙っていて、昨年登場した心電計などの本格的医療健康機能に期待を寄せている。

市場をリードしているのは依然としてApple、Samsung、Fitbitの3社で、昨年11月時点で全売上50億ドルのうち88%を占めた。しかし、Fossil、Garminらもある程度の市場シェアを獲得している。もちろんGoogleもこの分野での躍進を目指してFossil IPを最近買収した。Wear OSの伸びはほぼ横ばいだが、2019年に噂のPixel Watchが登場すればそれも変わるかもしれない。
2019年2月13日
https://jp.techcrunch.com/2019/02/13/2019-02-12-sixteen-percent-of-u-s-adults-own-a-smartwatch/
no title

続きを読む

スイスのモンブラン、スマートウオッチ第2弾「サミット2」を発表!!

1: みつを ★ 2018/10/11(木) 03:10:26.38 ID:CAP_USER9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-10/PGD6SB6JIJUQ01?srnd=cojp-v2

スイスのモンブラン、スマートウオッチ第2弾「サミット2」を発表

Colin Bertram
2018年10月10日 14:46 JST
→高級感そのままで機能が拡大-15日発売、価格は995ドルから
→時刻表示のみのタイムオンリーモードで電池寿命は最長1週間

高級ブランドを展開するスイスのフィナンシエール・リシュモン傘下のモンブランが4日、最新型のスマートウオッチ「サミット2」をお披露目した。同社は1年半前に自社初のスマートウオッチを発表していた。

  サミット2は本体の直径が42ミリメートルで、1.2インチ(約30.5ミリメートル)のディスプレーを備え、スマートウオッチ専用に設計されたクアルコムの新型チップセット「スナップドラゴン・ウエア3100」を高級モデルで初めて採用。 グーグルのウエアラブル端末向け基本ソフト(OS)「ウエア」を搭載し、アンドロイド端末に完全に対応しているほか、アップルの「iOS」端末でも一部使用できる。15日発売で、価格は995ドル(約11万2400円)から。  


  モンブランのニコラ・バレツキー最高経営責任者(CEO)はブルームバーグに対し、クアルコムやグーグルと緊密に協力していると語り、 「新たなチップセットで電池の消費が少なくなり、時刻表示のみで全てのスマートウオッチ機能がオフになるタイムオンリーモードが搭載されている」と説明。同社によると、同モードでの電池寿命は最長1週間だという。
(リンク先に続きあり)

no title

続きを読む

あのさスマートウォッチってただ単なる電池持ちの悪いデジタル時計だよね???馬鹿なの???

1:名無し募集中。。。:2018/07/08(日) 20:45:18.52 ID:0.net
昔からあるやつと同じじゃん電話もできないんだろ?カシオのデータバンクとか
あんなんと同じで普通のアナログ時計に取って代わるならとっくに代わってるだろ?
騒いでるやつってすごく馬鹿なのかなって思っちゃいます


続きを読む

今月の人気記事ランキング

    楽天市場
    広告
    google
    タグクラウド
    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    google