財布

実はお財布を本当に無くしてしまい、かなりショックを受けています。
最後に使ったのは自動販売機。もちろん見に行ったし、警察に届けたし、周辺の掃除をしている方にもお願いしてゴミを確認して貰ったり、カメラの設置はないか確認をしたりしましたが、出てきませんでした。

そうとなれば、即刻カード類の停止をかけなければならず、どよんとした気持ちで半日それに費やしました。

とにかく致命的なのは免許証で、不携帯になるため運転ができません。
ということで免許更新時期でもあったので、即日交付できる運転免許センターへ行くことにしました。

今回分かったのは、お財布に何を入れているのかきちんと控えが無かった事。
大事なのは、免許証や健康保険証やマイナンバーカード
その次に大事なのは、キャッシュカードとクレジットカード
そして診察券や会員カードやポイントカードそして金券

これに加えて、母や父のカードも預かっていたので、何を持っていたのかわからない。
何を止めたらよいのかわからない。
思いつくままにとにかく必死に連絡をしました。

痛い目を見た私から皆様へ
色々大事なものがカード化されて身に着けやすくなっています。
財布に入れているカード類が何なのか、きちんと控えを取りましょう。
嗚呼…疲れた…

修正とうちあげ

今頃なのですが、NPO法人の報告書の提出をしたものの、色々と不備があったと連絡があり、その修正と提出に必死でした。

不備はいくつかあったのですが、総会の議事録の貸借と賃借の違いを指摘してきたときには、ビックリ!単なる議事録作成者の変換ミスですが、これでまた議事録承認の印鑑をもらわなくちゃいけないんだから厄介です。

そんなこんなで、不慣れな後ろ向きな仕事は疲れました。

その後、わざわざ東海市まで行って、福祉のまちづくり学会の東海大会の打ち上げに参加しました。皆さん飲むわ飲むわ。お仲間に入れて頂けることが、本当に嬉しいです。翌朝7時からセントレアボランティアなので、このままセントレアに行ってカプセルホテル泊まりです。

AJUのコンサート

毎年楽しみにしているAJUのコンサートでした。
今年は名古屋大学の豊田講堂での、スリーサムというマリーンさんを含むジャズのコンサートでした。
日野皓正さんが急遽不参加になっちゃって・・・ビンタ事件のせいでしょうか・・・残念でした。

10時半に、四日市へ帰って来てからよんてつ実行委員会に参加。
会議は夜12時半に終わりました。皆さん本当にすごいです。

私はおもいやりセンターを担当するだけなので、24時間といえど、机で寝ることができますが、中心メンバーは、9日の早朝から設営、昼12時にスタート、10日12時に終了、片付け、その後に打ち上げです。

誰か倒れるんじゃないかと、私は本気で心配しています。

ドッグラン

最近お気に入りの富双緑地公園なのですが、日曜日にいくといつもワンちゃんをつれた50人くらいの人たちが芝生にいます。リードも長くしていて、散歩というレベルではありません。公園全体がドッグランという状態。何かのグループなのかもしれません。よく躾けられているようで、放し飼いの子もいますが脱走はしない様子。でも私は犬は嫌いではありませんが、相当広い公園のどこに行っても犬がいるのはちょっと異常です。

これならきちんとドッグランを作って、ペット用のトイレを作ればいいのになと思います。

近頃、投書しようかしらんと思うことが増えてきて、年を取ったなと思います。

つくる会

三重県に障害者差別解消条例をつくる会に出席しました。
ピアサポートみえの方が、障害者差別解消法の勉強会が、エレベーターの無い建物の2階で行われるのをどう思いますか?と訴えていました。

すると車いすの大御所が、「君は若いな〜、喧嘩してはアカン。やんわりと何度でも要求していくことが大事だ」と諫めます。

この会は、本当に皆さん控えめながら活動歴の長い三重県の大御所の参加が多いので、色々と勉強になります。

みえプリ

三重Tubeという活動を始めた方から、お声がけを頂き、みえプリという
交流会のようなものに参加しました。

音楽をやっている方は、病気が有っても無くても、皆さん人生を楽しむ方法を知っているなと思いました。なんで自分はこんなに戦ったり頑張ったりしているのかな?もっと楽に楽しくやれるようになるまで、あとひと踏ん張りなのかな?と感じていました。

一所懸命9日にお話をさせて頂く『市民大学講座『女性建築士と共に「親の家」を考える。』の資料を作りました。1時間15分のお話をするのに、得意分野でもないので資料作りに4〜5時間かかりました。う〜ん。

それでもこのタイミングでできた事は、自分としては〇かな。もし自分の企画だったら、きっとギリギリになっていたと思います。

UDタウンナビのインタビューとオヤコレ打ち上げ

UDタウンナビのインタビューに行きました。
今回は車いすの橋本君が、町の中心部にある青山里会のハッピースペース「福祉よろず相談所」の取材です。

夜は、オヤコレの打ち上げでした。
今年の総括ということで、来年に向けたものではありません。
それでも色々な意見が出ましたよ。考え方も様々ですね。
でもとにかく、このメンバーのお話は他の人に聞いてもらいたい事ばっかりです。

何とか形にしていきたいものです。
来年のオヤコレは、仕切りなおしてまた後日スタートすることになりました。

学校講座の打ち合わせ

今日は学校講座の打ち合わせに行きました。
やさしくお手伝いに駆け寄る子どもを育てたい!という先生の考えが、ちょっと違うんじゃないかなと思い始めている自分が居て、それをうまく伝えられないことがもどかしかったです。

結局、駆け寄るも駆け寄らないも、まずは本当に障害がある人に慣れてからの事ということで、障害当事者のお話を聞いてもらうことにしました。早速、視覚障害の方と、車椅子の方に連絡をして、予定をしている日時にOKを頂けたので、一安心です。

今年は学校講座が少なそうです。メンバーを丁寧にフォローしようと思います。

県庁UD研修と恐るべしよんてつミーティング

県庁で、県内で活躍するUDアドバイザーの方達と、障害者差別解消法についての研修を受けました。その他にも、県庁の取り組みや、他のUD団体の取り組みなど、そしてほっとねっとが来年2月に計画しているUDアドバイザー養成講座についての話し合いがありました。

どのUD団体も、メンバーの高齢化と減少に悩んでいます。その切り札がUDアドバイザー養成講座なのですが、これを企画するにはやっぱりお金がかかるわけです。うちだって、赤い羽根共同募金を頂かなければ実現は難しかったし、足かけ3年かかっているわけです。そう簡単に開催できない事は、自分が一番よく分かっています。う〜ん、四日市まで受講しに来てねとしか言えませんでした。

21106683_1673198179412700_2394289236936344671_n夜は、よんてつ(四日市徹夜踊り)のミーティングでした。夜7時から始まって、終わったのが夜中の12時45分。皆さんのパワーがとにかくスゴイ。この時も、日付を跨いで誕生日を迎えた方と一緒に、私も歌でお祝いしてもらいました。

写真は、ほっとねっと提供の「買い物お助け隊」ベストとキャップを、よんてつボランティアの方が着ている写真です。よんてつの当日は、私もこの姿でずっとおもいやりセンターにいる予定です。ぜひ踊りに来てくださいね。

バリバラ

久しぶりに家の掃除をしました〜〜〜!
キッチンの床のワックスはがしやら、ワックスがけやら、アイロンかけやらその他もろもろ。

ま、そんな事はどうでも良い事なのですが、録画してあった動画をたくさん見ました。
その中でも感動したのが、日本列島の成り立ちと、バリバラでした。

24時間テレビの裏番組として、今年もかなり面白かったです。
詳しくはEテレ「バリバラ」今年は「告白」ではじけた 「障害者が頑張る。面白いですか」に書かれています。

健常者が勝手に、「こうすれば障害者は感動してくれるだろう」という思い込みに基づく努力を、カックンという感じで裏切っていく内容です。いや〜本当に、ちゃんと本人に希望を聞かないとわかんないないな〜と思わされます。番組の作りが上手すぎる!流石です、NHK!

26日は実は誕生日でした。フェイスブックのおかげで、多くの人からお祝いしてもらいました。リアルな場面でも、おめでとうとたくさんの人から言ってもらえました。何だか照れくさかったのですが、フェイスブック上では、「57歳の一年、全力疾走します!」とお返事しました。

何だかね、長生きしなくても良い気がしてきたんですよ。未来の世界がどうなるかも見てみたいのですが、無理し過ぎて人生が短くなっちゃってもいいんじゃないかなってね、思ったわけです。ま、それほど無理をするほどの根性は無いので、言ってみただけですけどね。

8月のボランティアストリート

P_20170826_130535InkedP_20170826_112324_LIInkedP_20170826_115356_LI
今日はボランティアストリートでした。1枚目の写真は、バギーと呼ばれる子ども用のベビーカーのような車いすが、難なくお店に入れたシーンです。

11時からの準備のために、10時に商店街に到着したら、もう準備が始まっている!
何だか凄いんじゃないの?

今回来てくれたのは障害の有る子ども達だったのですが、たくさん買うわけでもないのに、商店街の人の笑顔がいつもより優しい気がする!

無料送迎バスを提供してくださっているベルコさんが、絶対に今すぐは互助会には入らないであろう子ども達にも、商店街で使える商品券を配ってくれている!その上、子ども達の見守りを一緒にしてくれている!
何だか凄いんじゃないの?

P_20170826_1329361時からの昭和歌謡ショーでも常連さんが来てくれて、勝手にマイクを回してみんなで歌っている!
何だか凄いんじゃないの?

なんだかもう、1年前とは全然違う!
あ〜これが継続の力なんだと、誕生日にとても素敵な光景をもらいました。


子ども達、ありがとう!
商店街の皆さん、続けさせてくれてありがとう!
この日に協力してくださっている出店者や企業さんやボランティアのみなさん、ありがとう!

最後に、似顔絵ハンコをプレゼントしてくれたケロさんありがとう!
P_20170826_181458

私はとっても幸せ者です!

堅苦しくても真面目に勉強したい人

この日は、何だかお客さんがたくさんあって、バタバタしていました。
その中でもちゃんとやれてホッとしたのが、2月3月に行う予定のUDアドバイザー養成講座の計画書を県庁に送る事でした。この浅く広く障害を理解しようという講座は、元々は県庁が行っていたものです。それをUD団体に委託してくれていた時期が有り、それもなくなってからは、所定の内容を盛り込んだ講座修了者をUDアドバイザーとして県庁が認定するよという体制になりました。

今回は、赤い羽根共同募金を頂いての、9年ぶりのUDアドバイザー養成講座です。今回は自分なりの工夫もできたし、講師をお願いできる方々が増えたし、全体を通じて伝えたい事がはっきりしたし、この9年間の自分の成長を実感することができました。

企業研修をやりたいと思っていましたが、あれもこれもではなく、ちゃんとこの堅苦しいUDアドバイザー養成講座を、できれば毎年開催したいと思います。これが企業研修に成長すれば、それはそれで嬉しいですが、今は他が真似できない、当たり前の当事者の声をたくさん聴ける講座を開催します。

ほっとねっとは、健常者どうしの勉強会ではなく、生の声を届けて理解を広める講座をするぞ!と、腹が座りました!堅苦しくても真面目に勉強したい人、ぜひご参加下さいね。

四日市ドームの多機能トイレ情報

よんてつの会場となる「おもいやりセンター」で当日配布する資料作成のため、四日市ドームの多機能トイレチェックに行きました。
せっかくまとめたので、ここに載せておきます。
こんなものも、近頃はさらさらっと作れるようになりました。プププ

00010002000300040005


四日市の色々なイベントに、ちゃんと当たり前に多機能トイレが掲載されるようになるといいなぁと思います。

UDアドバイザー養成講座やボランティアのつどいの資料づくり

メンバーと、2月3月に行うUDアドバイザー養成講座の計画を立てました。
それから、9月に行うボランティアのつどいで掲示する資料づくりについても、打ち合わせしました。

まずは、UDアドバイザー養成講座の参加者募集をすること、それを修了したら、学校UD出前講座の講師や、UDタウンナビのライターになれることなどを掲示しようということになりました。

なんかこうやって書くと、すごくステキな会みたい。

まじめすぎて楽しいばっかりじゃない活動だけれど、真面目なことが好きな人はきっといるはず。分かってくれる人が一人でも増えればいいなと思い、開き直って仲間を募集します!

今更の表彰状

県庁さんが、昨年ほっとねっとが社協さんに頂いた表彰状のデータを送って欲しいと言ってこられました。あんな大きな表彰状、ここの複合機ではスキャンできません。ってことで、お金をかけて近くの印刷屋さんでデータ化してもらいました。

せっかくなので、ほっとねっとのHPにも、頂いた盾の横に掲載しました。ついでにここにも載せておきます。
0001 (17)
今更なんですけどね。

UD見学会、とにかく無事終了!と新しいライターさんとの打ち合わせ

建築士会三泗支部主催の、セントレアUD見学会を行いました。
16名での見学会となりました。

どうも最初から難しさを感じていましたが、とにかく無事に終わって何よりです。
ああそれにしても気のない大人に、UDのすばらしさに興味を持ってもらうことのむつかしさを、今回つくづく味わいました。

これからは、興味を持ってくれる人だけに向けた活動をしていこうと思います。

夜はまた、UDタウンナビのライターになってくれるという方とお会いしました。手話に興味を持っているとのことなので、手話が通じるステキな喫茶店に取材に行ってもらおうと思います。マスター、美人が取材に行くよ、待っててね!

富双緑地公園

日曜日だったので、久しぶりにのんびりと富双緑地に行きました。いいなぁ夕暮れの海。
何もない公園なのですが、きちんと多機能トイレがたくさんあるんです。
これは、四日市の宝なのではないか!と密かに思っています。

芝生を素足で歩くととても気持ちが良くて、思わず座りこんで、なんちゃって瞑想をしました。
ぜひまた来ようと思います。

四日市はバラバラなのか層が厚いのか

ヘルプマンの作者のくさか里樹さんも登場する「りんどうの会」主催の講演会に行ってきました。
基調講演の石賀先生のお話は予想に反して砕けたものだったし、りんどうの会事務局長の赤井さんの司会は素晴らしかったし、行って良かったと思いました。

ただ、介護者を増やしたいという主催者の思いよりは、くさかさんが主張された「専門職だけでなく、みんながヘルプマンに」というお話が私には一番しっくりきました。

四日市には、「あした葉」があるし「りんどうの会」があるし「UDほっとねっと」があるし、ユマニテクも青山里会もあるし、素晴らしいですね。みんなバラバラだけど・・・

かと言って、一つになって何かできそうな気もしない。
そもそもうちは、介護じゃなくてまちづくりだし。

いろんな団体があって層が厚いってことが、良いことなのかもしれませんね。

ヘルプマンの作者くさか里樹さんが四日市へ!

講演会ヘルプマン!という漫画が好きです。
コレクションは途中で途切れてしまっていますが、結構持っています。

なんと、この作者のくさか里樹さんが四日市へ明日(8月19日)に来られると、お知り合いから連絡を貰いました。このチラシ、イイ感じ!(画像は、勇美記念財団のHPから取ったものです)入場無料です!サイン貰おっかな。ぜひ行こうと思います。

よんてつ 思いやりセンター

自分の家のある羽津地区の四日市ドームで9月9日に行うよんてつが、菓子博を参考に「思いやりセンター」を設けたいということになり、実行委員3名からお声がかかったので、実行委員会に行きました。これは、岩戸山バリアフリー山車曳きの実績があったからこそです。

どうやら、「おもいやりセンター」を作ろうと言い出したのは、垂坂山ブルーミングハウスの理事長さんだそうです。家のすぐ近くにあるのに関りが無くて気になっていた施設なので、これを機に繋がることができそうです。

ほっとねっとの「買い物お助け隊」のベストとキャップを、お貸しすることになりました。「よんてつ」と貼り付けて、「よんてつ お助け隊」ベストにしちゃうんだとか。どうぞどうぞ勝手にやってくださいませ。

皆さんが色々な事であんまり大変そうなので、思いやりセンターを担当するために、実行委員会に入ることにしました。ほっとねっとに相談をしていないので、どうしよう?それに徹夜か・・・24時間か・・・体力持つかな?あ〜それにしても、どうして夏はこんなに忙しいんだろう。
私について(伊藤)
四日市市をUD(ユニバーサルデザイン)タウンにするために、2003年に発足したボランティア団体『UDほっとねっと四日市』の代表です。

ご意見・ご感想
過去の日記
UD関連図書
訪問者数

QRコード
代表日記









  • ライブドアブログ