※講座全体については、こちらをご覧ください。

第1回 2月17日(土)10時~16時

UD伊藤
①10時からの30分間は、NPO法人UDほっとねっとの理事長 伊藤 順子(私)です。

タイトル 「UD概論」~みんなで一緒に人生を楽しもう~(仮)







②10時半からお昼までの90分間は、公益財団法人 反差別・人権研究所みえ「ヒューリアみえ」の事務局長 松村 元樹さんです。

タイトル「障害者差別解消法に至るこれまでの流れ」~そしてこの先の社会を考える~(仮)

③午後1時からの1時間は、ピアサポートみえの杉田 宏さんです。

タイトル「肢体不自由者の基礎知識」~コミュニケーションのポイント~(仮)
24093558_10155090713400754_1712454563_o
④午後2時からの45分間
は、川越町在住 翻訳家の柳田 幸樹さんです。

タイトル 「障害負って明るくなりましたが何か?」(仮)








その後75分間、車いすを押す体験と、関連する三重県UD条例をご説明します。

第2回 2月24日(土)10時~16時
①10時からの1時間は、明日の地域医療を考える住民の会 あした葉の伊世 利子さんです。

タイトル「高齢者及び認知症の基礎知識」(仮)

②11時からの1時間は、高齢者疑似体験をします。

③13時からの1時間は、(社福)三重県視覚障害者協会の内田 順朗さんです。盲導犬ユーザーです。

タイトル「視覚障害者のことを分かっていただくために」~たとえバリアがあっても同じ人間なんだもの~(仮)
ラインポロシャツSTT雅彦
④14時からの45分間
は、三重県視覚障害者協会菰野支部長であり、エンジョイSSピンポンクラブ菰野支部長の伊藤 雅彦さんです。

タイトル「視覚障がい者の工夫と取り組み」(仮)










⑤14時45分からの45分間は、四日市点訳友の会副会長 稲毛 洋子さんです。
タイトル「視覚障害体験と点訳ボランティア」(仮)

⑥その後30分間は、視覚障害に関する三重県UD条例をご説明します。

第3回3月17日(土)10時~16時
①10時からの1時間は、助産所 ここから の助産師 矢野 友起子さんです。

タイトル「助産婦の基礎知識」~妊婦さんや赤ちゃんを知ろう~(仮)

ワキモト隆子さん206
②11時からの1時間は、三重大学医学部付属病院 医療福祉支援センター ポルトガル語医療通訳士 ワキモト 隆子さんです。

タイトル「多文化共生の基礎知識」~医療通訳士の窓からのぞいてみたら~(仮)







msL-田代-3 P1000126
③午後1時からの1時間
は、三重県中途失聴者・難聴者協会元会長の田代 慶蔵さんです。

タイトル「聴覚障害者の基礎知識と当事者の話」~中途失聴・難聴者編~(仮)














25465614_1518835731569933_1150045015_n
④午後2時からの1時間
は、田中 美希さんです。
タイトル「聴覚障碍者の基礎知識と当事者の話」~ろう者(先天性)編~(仮)









⑤その後1時間は、聴覚障害に関する三重県UD条例をご説明します。

第4回 3月24日(土)10時~16時
①10時からの3時間は、グループ単位でタウンウォッチングをします。
会場周辺でお食事もしてきていただく予定です。

②13時からの2時間は、まとめと発表です。

③14時からの1時間は、三重盲ろう者きらりの会会長 北沢真紀さんをお迎えし、修了式や情報交換をします。

魅力的な講師ばかりでしょ?

いずれ誰もが年を取り、あちこちに不便を感じるようになります。
視覚の衰え、聴覚の衰え、足腰の衰え、認知機能の衰え…etc.
障害がある方達は、私達の先を行く障害のプロフェッショナルです。

ぜひ誰もが住みやすい町を考えるために、まずは障害当事者の方達と友達になりましょう。
その方達から学びながら、いずれ年を取る自分たちのためにも、今から住みよい街を考えていきましょう。

30名限定です。
皆様のご参加をお待ちしています。


今年もだんだん残り少なくなってきました。
お陰様で多くの方にご協力頂き、3年目となる「本町通り商店街ボランティアストリート」を無事に行うことができました。
お越し下さった方々を、ちょっと振り返ってみましょう。

1月は、県地区の皆さん
2月は、無料送迎バスをご提供下さる事になったベルコの皆さんの下見
3月は、海蔵の福祉の家の皆さん
4月は、高花平の皆さん
5月は、お越し頂けず
6月は、高角の皆さん
7月は、笹川の皆さん
8月は、あがたのAAOさん
9月は、高花平の皆さん
10月は、川島町の皆さん
11月は、再登場の海蔵の福祉の家の皆さん
12月はお休み

・途中、昭和歌謡ショーが第1土曜日から人の多い26日に変更になったり、
・5月はとうとうどこからも「行きたい」と言ってもらえず、せっかくの無料送迎バスが活用できなかったり、
・11月からは昭和歌謡ショーにお越し頂いていた「ダンディーズ四日市」さんのご都合が悪くなり、Mr.モリックさんのマジックショーになったり、
・出店者が増えたり減ったりと、
暑い中、寒い中、色々なことがありました。
関係者の皆様には、心より感謝申し上げます!

またこの活動が評価され、
国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰の候補に挙げて頂き、
国交省や中部運輸局などの視察もありました。
(結果はまだです)
他にも大四日市まつりでは、タヌキに大変身する「岩戸山バリアフリー山車曳き」に
障害が有る方達も含め参加しました。
振り返ると大忙しの一年でした。(笑)

その間に、花月堂さんが閉店されたり、今年いっぱいで宝石のミズタニさんが閉店するなど、
商店街も変化しています。
来年は、どんなことが起きるのでしょうか?

少し早いのですが、皆様には、12月のボランティアストリートが無い事をお知らせしつつ、
今年を振り返って御礼申し上げるとともに、
来年またご協力頂けますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

どうぞ良いお年をお迎えください。そして1月の26日に、またお会いできるのを楽しみにしています!

新しい事を始めます!
その名も「書道サークル」です!

日時:11月14日と28日(いずれも火曜日)15時~16時
   毎月隔週火曜日
場所:本町通り商店街コミュニティサロンいせや
参加費:1500円(先生へのお礼と商店街のお菓子とお茶での茶話会費 含む)
申込制

興味のある方は、どうぞご連絡くださいね。

0001

平成29年度三重県
UDアドバイザー養成講座受講生募集(30名限定)
(講座の詳細と講師の紹介はこちらです)

ユニバーサルデザイン(UD)とは、すべての人にとって、できる限り利用可能であるように、製品、建物、環境をデザインすることです。高齢者も若者も、障がいのある人も無い人も、一人でも多くの人が、安全で快適に暮らせるまちづくりを学んでみませんか?全過程を終了した方には、三重県知事認定の≪ユニバーサルデザインのまちづくりアドバイザー≫資格が与えられます。受講資格や年齢制限はありません。終了後には、小中学校などへの出前講座講師としてご活躍頂くことや、近隣のUDな企業やお店を紹介するUDレポーターとしてご活躍頂くことも可能です。あなたも、UDアドバイザーとして活躍しませんか。

【概要】
◆主催:NPO法人UDほっとねっと
日時:2018年2月17日、24日、3月17日、24日
    いずれも土曜日 10時~16時
会場:じばさん三重(四日市市安島1-3-18 近鉄四日市駅徒歩8分)
受講料:3000円
定員:30名
駐車場:隣接するアピタに駐車場がありますが、有料です。
後援:三重県(予定)四日市市、菰野町、朝日町、川越町

【講座内容】

講座

月日

 

講座内容

第1回

 

217

(土)

10時~16

AM

UD概論 

・三重県UD条例、障害者差別解消法に至る、これまでの歴史やLGBT、発達障害等この先の社会を考える

PM

・肢体不自由者の基礎知識と当事者の話

・車いす体験

UD条例の関連カ所学習

第2回

224

(土)

10時~16

AM

・高齢者および認知症の基礎知識

・高齢者疑似体験

UD条例の関連カ所学習

PM

・視覚障がい者の基礎知識と当事者の話

・視覚障がい体験

UD条例の関連カ所学習

第3回

317

(土)

10時~16

AM

・妊産婦の基礎知識

・多文化共生の基礎知識
・様々なピクトグラムの紹介

PM

・聴覚障がい者の基礎知識、当事者の話

・中途失聴者の基礎知識、当事者の話

第4回

324

(土)

10時~16

AM

タウンウォッチング調査(店舗ウォッチング含む)

PM

タウンウォッチング発表

終了式

























・お問い合わせ先:090-1271-6035(担当 伊藤)

お申込み方法
郵送、FAX、Eメールにて受け付けます。
申込用紙をダウンロードし、必要事項をお書き込みの上、NPO
法人 UDほっとねっと までお申し込みください。
申込用紙←ここをクリック)

【申込先】
■ 郵送の場合:510-0007 四日市市新町110 おでかけサポートセンター
■ FAXの場合:059-325-7246
■ Eメールの場合:itoj@ud-hotnet.com


10月のボランティアストリートを開催しました。
雨の多い10月でしたが、珍しく晴れた素敵な一日になりました!
この日は川島町から、92歳、89歳、77歳のお洒落な方々を含む11名の方達が、ベルコさんの無料送迎バスでお越しくださいました。

まずはちょっと高い所からご挨拶です。
P_20171026_112349
普段介護職についているという地域のボランティアさんが、ご高齢の方の車いすを押していらっしゃいました。車椅子のH君も、頑張って東北支援のためのサンマグッズをPRしていました。
P_20171026_113850
改装した金城軒さんは、カウンターが低くなってお客様にも便利そう!
P_20171026_104517
試食とお喋りが弾む弾む!
P_20171026_114312
必ず一つは売ってしまうマダムキラーの「みだや」さん
P_20171026_120123
揚げたてドーナッツは、いつも大人気!試食も大盤振る舞いです!
P_20171026_120434
シニアカーでも車いすでも入れます!
P_20171026_121158

こにゅうどうくんグッズの太古堂さん 本来の店番のNさんが健康になって戻ってくるのを待ってくださっています
P_20171026_125545
ダンディーズ四日市さんが来られないので、急遽お越し頂いた「100歳体操」を指導しに来てくださった包括支援センターの職員さんと、一緒に体操をする人、そして食べながら見てるだけの人・・・
P_20171026_130647
この時の包丁研ぎ屋さんは、ちょっと暇そうですね。もっとご依頼が増えますように!
すぐにその場で研いでくれます、みなさんどんどん持ってきてくださいね~
P_20171026_125513
ベルコさんには無料送迎バスを出して貰ったり、見守りのボランティアをして貰っちゃったりで、本当に感謝しています!

P_20171026_133028

参加者のとりまとめをして下さった川島ボランティアの方が、参加者の方達が喜んで下さっている姿を少し離れたところから見ながらニコニコしていました。「あなたが嬉しいと私も嬉しい」と思っているあなたが嬉しいと、私も嬉しいです。ありがとうございました!「夏の岩戸山バリアフリー山車曳き」を企画したのがUDほっとねっとである事を知って、「どこがやったんだろうって思ってたんだけど、ここなのね~なるほど~すごいわね~」と言ってくださいました。忘れた頃に褒めて頂けて良かったです。

写真は撮りませんでしたが、車いすの若い女性が、ヘルパーさんと一緒に、この日を目がけて来てくれました。ぜひまた来月(来月は27日(月)です!)も来て頂けるといいなと思います。

ご協力下さった多くの皆さま、ありがとうございました。来月もどうぞよろしくお願いいたします!

↑このページのトップヘ