【動画】UDアドバイザー養成講座0217

お陰様で、UDアドバイザー養成講座の初日を無事に終える事ができました。
講師の皆さま、受講生の皆さま、ありがとうございました!
0217UDアドバイザー養成講座
講座の1番手は私、ユニバーサルデザインって何なのか?というお話をしました。
IMG_20180217_100338
2番手のヒューリア三重の松村さんには、「色々な人が居る事を前提に、差別的な発言をしないように」というお話をして頂きました。
IMG_20180217_105147
午後からは、3番手のピアサポートみえの杉田さんに、障害が有る方へのお声がけの仕方をお話しいただきました。
(写真は少々お待ちください)

4番手はハードロック好きな柳田さんに、お仕事や趣味のお話をして頂きました。
無題
その後、6つのグループそれぞれで、同じグループにいる車いすの方から町で困る事をお聞きしました。それぞれのグループでお聞きした事を1分間で発表して頂いて、学んだことを共有しました。お酒の話なども出たので、「今後居酒屋などへ行ったら、このお店は車いすの方と一緒に来れるだろうか?」と考えてみてくださいとお願いしました。
IMG_20180217_150437IMG_20180217_150423IMG_20180217_150428無題


その後は、6台の車いすをこの狭い会場に運び込み、車いすを押す際の注意点をお伝えしました。(写真を撮り忘れました)
000127944
最後に身体不自由に関する三重県の「ユニバーサルデザインのまちづくり推進条例」についてお話をしました。と言っても、条例を全部ご説明することはできないので、まず県条例というのは建築基準法を前提としている事や、UDマークのある建物ならば、ドア幅や廊下幅、多機能トイレ、スロープや駐車場などの配慮があって、車椅子の方が使いやすくなっているという事だけをお伝えしました。(今回は、車いすの方に関する条例のみです。視覚や聴覚に関する条例は後日です)

会場には、難聴の方の為の磁気誘導ループやノートテイク、手話通訳など、一緒に講座を受けて頂くための工夫と、小さなお子さん連れの方や吸痰のために途中で抜ける必要のある方が出入りしやすい雰囲気づくりを皆さんとしながら、多様な人が一つの場にいる「当たり前」を実践しました。

「初めて聞く事ばかりで、すごかった!」というご意見や、「もう頭がいっぱいです」というご意見など、たくさんのお声をお聞きしました。まだまだこれからです。ぜひ来週の講座にも皆さんいらしてくださいね。

けっこうスパルタなこの講座、次回をどうぞお楽しみに!

お陰様で、UDアドバイザー養成講座のお申込みは定員となりました!
皆様ご協力ありがとうございました!

もし今まだ悩んでおられる方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんが1年後の講座開催をお待ちください。(平成31年2月ごろ)お申込み下さった皆様は、講座初日にお会いできるのを楽しみにしています。当日は、お送りした受講証を忘れずにお持ちくださいね。皆様、どうぞ気を付けてお越し下さい。
0001 (33)

0001 (34)

みんなに優しいまちづくりを、みんなで一緒に考えませんか?

ユニバーサルデザインのまちづくりは、町中の危険や使いづらさを本当に知っている人から聞かなくちゃ始まりません。誰もがいずれは高齢者。障害がある人に今の町の問題点を教えてもらいながら、どうすれば今よりも住みよい町にできるのか、みんなで一緒に考えましょう!

UD講座講師紹介
「ユニバーサルデザイン(UD)のまちづくりアドバイザー養成講座」
平成29年度三重県「UDアドバイザー養成講座(全4回)」受講者募集中!
詳細はこちら
http://blog.livedoor.jp/udhotnet_i…/archives/1068251620.html

【概要】
◆主催:NPO法人UDほっとねっと
◆日時:2018年2月17日、24日、3月17日、24日
    いずれも土曜日 10時~16時
◆会場:じばさん三重(四日市市安島1-3-18 近鉄四日市駅徒歩8分)
◆受講料:3000円(4回分)
◆定員:30名
◆駐車場:隣接するアピタに駐車場がありますが、有料です。
◆後援:三重県(予定)四日市市、菰野町、朝日町、川越町

↓《講座の詳細》↓
http://blog.livedoor.jp/udhotnet_i…/archives/1068251620.html
本当に、ステキな講師たちのお話が聞けるこの講座、ぜひ聞きに来てくださいね。全講座修了者は、三重県知事認定の「ユニバーサルデザインのまちづくりアドバイザー」資格が得られます。

定員に達しましたので、現在お申込みは受け付けておりません。
※お申込用紙はこちらからダウンロードしてください。
※日時や会場などの講座概要については、こちらをご覧ください。

第1回 2月17日(土)10時~16時

2ab33a66①10時からの30分間は、NPO法人UDほっとねっとの理事長 伊藤 順子(私)です。
タイトル 「UD概論」~共に暮らす社会を目指して~
内容:UDが必要になった理由、色々な人が居ること、みんなが暮らしやすい社会を目指す意味についてお話しします。





daf26836-s②10時半からお昼までの90分間
は、公益財団法人 反差別・人権研究所みえ「ヒューリアみえ」の事務局長 松村 元樹さんです。

タイトル「障害者問題を通して考える多様性」
内容:障害者を取り巻く国の施策や今に続く法律の流れを簡単にご説明し、社会的障壁の捉え方の変化(医学モデルから社会モデルへ)を知って頂き、「わたしがわたしらしく」生きられる社会をつくるために、マイノリティから学んでみようというお話です。

fd1a4f7c-s③午後1時からの1時間
は、ピアサポートみえの杉田 宏さんです。
タイトル「肢体不自由者の基礎知識」~コミュニケーションのポイント~
内容:障害が有る人とコミュニケーションをとる時のコツ、サポートをする時に気を付ける事、障害者差別解消法についてお話しいただきます。



138c2400-s④午後2時からの45分間は、川越町在住 翻訳家の柳田 幸樹さんです。
タイトル 「障害負って明るくなりましたが何か?」
内容:自己紹介、在宅での生活、便利な道具や外出についてお話しいただきます。





⑤その後75分間
、車いすを扱う体験と関連する三重県UD条例をご説明します。(担当:UDほっとねっと)


第2回 2月24日(土)10時~16時
06114335-s①10時からの1時間
は、明日の地域医療を考える住民の会 あした葉の伊世 利子さんです。
タイトル「高齢者及び認知症の特性」
内容:高齢者の特徴についてお話しいただき、支援に役立てる方法をお話しいただきます。





②11時からの
1時間は、高齢者疑似体験と、思いやり駐車場についてお話します。(担当:UDほっとねっと)


内田さん③13時からの1時間は、(社福)三重県視覚障害者協会の内田 順朗さんです。盲導犬ユーザーです。
タイトル「視覚障害者のことを分かっていただくために」~たとえバリアがあっても同じ人間なんだもの~
内容:視覚障害者になって考えてきたことや、なぜ差別や偏見の解消が難しいのかをお話しいただきます。




b62507e9-s④14時からの45分間
は、三重県視覚障害者協会菰野支部長であり、エンジョイSSピンポンクラブ菰野支部長の伊藤 雅彦さんです。
タイトル「視覚障がい者の工夫と取り組み」
内容:日常生活の工夫や、外出時の問題、障害者スポーツへの取り組みについてお話しいただきます。




1579c1c8⑤14時45分からの45分間は、四日市点訳友の会副会長 稲毛 洋子さんです。
タイトル「視覚障害体験と点訳ボランティア」~点訳に始り、障害者と共に歩むボランティアへ~
内容:点訳の道に入ったきっかけや、活動の中で気づいたことをお話しいただき、点字に触れてみる体験をさせてくださいます。



⑥その後30分間
は、視覚障害に関する三重県UD条例や、街中にあるUDのご紹介をします。(担当:UDほっとねっと)

第3回3月17日(土)10時~16時
170929_090606①10時からの1時間は、助産所 ここから の助産師 矢野 友起子さんです。
タイトル「助産婦の基礎知識」~妊婦さんや赤ちゃんを知ろう~
内容:最近の妊娠・出産・子育て事情、産前産後のトラブル、街中のUDについてお話しいただきます。




cd314ccc-s②11時からの1時間は、三重大学医学部付属病院 医療福祉支援センター ポルトガル語医療通訳士 ワキモト 隆子さんです。
タイトル「多文化共生の基礎知識」~医療通訳士の窓からのぞいてみたら~
内容:医療通訳士のお仕事紹介、言語の違いで起こる壁や、それを乗り越えていく中で気づいたことなどをお話しいただきます。


56c32432-s③午後1時からの1時間
は、三重県難聴・中途失聴者協会の田代 慶蔵さんです。

タイトル「聴覚障害者の基礎知識と当事者の話」~難聴・中途失聴者のことを解ってください~
内容:難聴・中途失聴者がどんな場面で何に困っているのか、してほしい配慮についてお話しいただきます。



278e6ae5-s④午後2時からの1時間は、新米ワーキングマザーの田中 美希さんです。
タイトル「聴覚障がい者の基礎知識と当事者の話」~ろう者(先天性)編~
内容:ろう者、難聴者、聴覚障害者のイメージを明確に理解することについて、不便ワースト3と工夫、手話通訳立ち合いでの出産についてお話しいただきます。



⑤その後1時間
は、聴覚障害に関する三重県UD条例と街中のUD、最終回のタウンウォッチングについてのご説明をします。(担当:UDほっとねっと)


第4回 3月24日(土)10時~16時

①10時からの3時間は、グループ単位でタウンウォッチングをします。
会場周辺でお食事もしてきていただく予定です。

②13時からの2時間は、まとめと発表です。

③15時からの1時間は、三重盲ろう者きらりの会会長 北沢真紀さんをお迎えし、修了式や情報交換をします。

魅力的な講師ばかりでしょ?

いずれ誰もが年を取り、あちこちに不便を感じるようになります。
視覚の衰え、聴覚の衰え、足腰の衰え、認知機能の衰え…etc.
障害がある方達は、私達の先を行く障害のプロフェッショナルです。

ぜひ誰もが住みやすい町を考えるために、まずは障害当事者の方達と友達になりましょう。
その方達から学びながら、いずれ年を取る自分たちのためにも、今から住みよい街を考えていきましょう。

30名限定です。
皆様のご参加をお待ちしています。
※定員に達しましたので、現在お申込みは受け付けておりません。

今年もだんだん残り少なくなってきました。
お陰様で多くの方にご協力頂き、3年目となる「本町通り商店街ボランティアストリート」を無事に行うことができました。
お越し下さった方々を、ちょっと振り返ってみましょう。

1月は、県地区の皆さん
2月は、無料送迎バスをご提供下さる事になったベルコの皆さんの下見
3月は、海蔵の福祉の家の皆さん
4月は、高花平の皆さん
5月は、お越し頂けず
6月は、高角の皆さん
7月は、笹川の皆さん
8月は、あがたのAAOさん
9月は、高花平の皆さん
10月は、川島町の皆さん
11月は、再登場の海蔵の福祉の家の皆さん
12月はお休み

・途中、昭和歌謡ショーが第1土曜日から人の多い26日に変更になったり、
・5月はとうとうどこからも「行きたい」と言ってもらえず、せっかくの無料送迎バスが活用できなかったり、
・11月からは昭和歌謡ショーにお越し頂いていた「ダンディーズ四日市」さんのご都合が悪くなり、Mr.モリックさんのマジックショーになったり、
・出店者が増えたり減ったりと、
暑い中、寒い中、色々なことがありました。
関係者の皆様には、心より感謝申し上げます!

またこの活動が評価され、
国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰の候補に挙げて頂き、
国交省や中部運輸局などの視察もありました。
(結果はまだです)
他にも大四日市まつりでは、タヌキに大変身する「岩戸山バリアフリー山車曳き」に
障害が有る方達も含め参加しました。
振り返ると大忙しの一年でした。(笑)

その間に、花月堂さんが閉店されたり、今年いっぱいで宝石のミズタニさんが閉店するなど、
商店街も変化しています。
来年は、どんなことが起きるのでしょうか?

少し早いのですが、皆様には、12月のボランティアストリートが無い事をお知らせしつつ、
今年を振り返って御礼申し上げるとともに、
来年またご協力頂けますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

どうぞ良いお年をお迎えください。そして1月の26日に、またお会いできるのを楽しみにしています!

↑このページのトップヘ