0001
多くの方にご協力いただき3年半続けてきた「本町通りボランティアストリート」ですが、いよいよ休止前の最終回が近づいてきました。

今回もベルコさんのご協力により、
西阿倉川から高齢の方々がたくさんお越しくださいます。帰りには、伊勢昆布さんにも立ち寄る計画です。

私たちは商店街振興を目指していたわけではなく、高齢者にやさしい街づくりをしていたつもりですが、商店街の方々からは、残念がられるとともにお礼を言われます。この先、私たちの活動が何かに繋がっていくことを願いつつ、11月を以て休止とさせて頂きます。

暖かい一日になると良いですね。
これをご覧になった皆様も、ぜひご近所にお越しの際には、お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

昨年度に引き続き、UDアドバイザー養成講座を開催いたします。
内容は順次ご案内いたしますが、受講を予定くださっている方は、お日にちだけでも空けておいてくださいね。

日時:
2019年3月9日(土)10時~16時
    16日(土)
    23日(土)
    30日(土)
会場:四日市市総合会館
参加費:3000円

2017年度のUDアドバイザー養成講座の様子は、こちら(←ここをクリック)をご覧ください。

dea12c9f



ボランティアストリートについてのお知らせをいたします。

2018年いっぱいを以て、「本町通りボランティアストリート」活動を休止をいたします。

(終了するのではなく、定期開催から随時開催への変更と受け止めて頂ければ幸いです。)

 

2015617日に、「高齢者が出掛けて大事にされる楽しい街を作ろう!」とスタートした「本町通りでお買い物」から、3年以上が過ぎました。その間ほぼ毎月26日に、市内のあちこちの団地を中心に多くのシニアの方々、また障害のある方々がこの本町通商店街へお越しくださり、楽しいひと時を過ごしてくださいました。

 

これは、シニアの見守り活動などをされている地域の役員さんなどに参加者の募集をお願いし、企業の協力によって実現した無料送迎バスを活用しながら商店街へお越しいただき、近場でのお買い物を楽しみながらシニアの方々に元気になってもらおうという取り組みでした。商店街の方たちは、試食や試供品を提供するなどして、お客様を楽しませる工夫で協力をしてくれました。何の補助金も貰わず3年以上継続できたことは、驚くべきことであったと思います。

 

コーディネート役を担っていた私共UDほっとねっとにとっては、これはまさにユニバーサルデザインのまちづくりの実践活動でした。お越しくださる高齢者の方々のために、自発的にあちこちのベンチが新しくなり、お店の取っ手が大きくなり、店舗改修の際には車いすの方が出入りしやすくなり、カウンターが低くなるなど、少しずつでも商店街が人にやさしい街になっていく事は、私共にとっての喜びであり、目的でした。

 

途中から「本町通りボランティアストリート」と名を変え、商店街の方たちと共に、毎月一日だけの出店やお楽しみのためのステージに登場してくださるボランティアの方々と共に、お客様に喜んでいただけるよう努力を重ねてまいりましたが、残念ながら商店街のシャッターが閉まっていくスピードには抗えず、今年いっぱいを以てこの活動を休止することといたしました。ご協力くださった多くの方々には、本当に心より感謝申し上げます。

 

今後、近場の旅行としてご依頼をいただいた場合には、単発でぜひまたコーディネート役を務めさせていただくつもりです。

また

「参加者を募る地元団体」

PRを兼ねてご協力くださる企業」

「お迎えする商店街」

「コーディネート役のNPO法人」

4者をコーディネートする仕組みにご興味のある方には、喜んでノウハウをお伝えしたいと思います。

 

この先まだしばらくは、交通弱者・買い物弱者にとって厳しい時代が続くものと思われます。

宅配があるとは言え、街に出る楽しさ、たくさんの人と話をする楽しさ、あちこちで買い物をする楽しさは、宅配に提供できるものではありません。

月に一度とは言え、これらの問題、街のUD化や交通問題に立ち向かった事を誇りに思いながら、休止のご報告とさせて頂きます。

 

皆様ありがとうございました。


IMG_20180827_105934IMG_20180827_110614IMG_20180827_112552IMG_20180827_114804IMG_20180827_131211㋇27日、毎年恒例となっている「放課後等デイサービスAAO」の皆さんが、本町通りボランティアストリートへお越しくださいました。

もち市さんの前でにっこり、ソルティコマダさんの所で涼み、奄美の黒砂糖や東北産品を売っているボランティアさんのお店前でお喋り、医療生協さんに足指力チェックをしてもらい、ゴリさんにゲームを教えて貰って、ベルコさんのご協力による無料送迎バスで、無事にお帰りになりました。

IMG_20180827_140708
実はこの日、偶然遊びに来た借家探し中のAさんの家が、ボランティアストリートで無料スマホ講座をしていたBさんのご紹介で決まるというミラクルが起きました!

出会いって面白いですね。
皆さん本当にご協力有難うございました。

三重県ヘルプマークアンバサダーの小崎さんにお越し頂き、本町通り商店街のコミュニティサロンいせやで、ヘルプマークセミナーを開催しました。これは、UDアドバイザーへのフォローアップセミナー①でもありました。

39277151_319229748621637_5079835138704015360_n[1]39310518_549534285466648_4217757901575421952_n[1]39266621_454935438346174_3852815058715279360_n[1]39223183_1842532589163614_264411131773190144_n[1]


思いのほか多くの方にお越し頂き、小崎さんのお話からそれぞれが化学反応を起こしたかのように様々な感想をお話しくださいました。商店街の店主さん達にもご参加頂くことができ、開催して本当に良かったと思っています。この商店街が、ヘルプマークのポスターだらけになるといいですね。

平素は「誰かの優しさに頼らない、自立度を上げるハードの整備、業務の一環であるユニバーサルサービスの整備を!」と声高に言っていますが、小崎さんの仰る「思いやりのある社会を」というのと、結局目指すところは同じ、「様々な人が一緒に暮らしていく社会を、より心地よいものにしていこう」ということなのだと再認識しました。

誰かの痛みを知る事で、誰かへの配慮ができる人になれる。(物づくりを含めて)

そういう学びの場を今後も提供しながら、UDの街づくりを進めていきたいと思います。



お天気にも恵まれて、2回目となる大四日市祭での「岩戸山バリアフリー山車引き」を行いました。
これは、通常の「岩戸山」を曳く商店街の方々に混じって、障害が有る人も無い人も一緒に山車を曳こう!という企画です。

38526519_1826842624065944_2522505619462684672_n[1]38675482_1826842694065937_1412853054209785856_n[1]38647489_1826842604065946_2296471626797023232_n[1]38544470_1826842714065935_1478341354034561024_n[1]

38500085_1826891340727739_386036870359810048_n[1]今年は子どもではなく、大人の聴覚に障害が有る人や視覚に障害が有る人、車いすの人など、様々な人が参加をしました。

障害が有っても無くても、山車を曳きたい人はもっといるはず!来年はもっと多くの人と一緒に山車を曳きたいと思います!


無題2無題

オヤコレの翌日は、ほっとねっとの建築チームの「UDハウスの完成見学会」でした。
2級建築士であり、福祉住環境コーディネーターの私に、たまに住宅改修や新築のご相談を頂きます。
ほっとねっとには建設業の許可がないので、そのままメンバーにお仕事として受けてもらう事にしています。新築が得意な工務店、それはそれは細やかな障害者の為の改修をする工務店、大きな施設の設計からグループホーム、個人住宅まで設計する建築士などがメンバーにいます。

でも単なる紹介ではなくて、けっこう私も意見を言います。
今回は、今は元気なお一人暮らしの方のお住まいですが、後から手すりが付けられるように下地を準備しておくことや、トイレとお風呂場が近い事や、車いすになっても出入りできる事や、出かけづらくなってもご近所さんが遊びに来やすい事がいかに大切かや、掃除がしやすいように小さめの家であることなど、お施主さんが言わない事でも建築士や工務店に意見を言いました。

とても素敵な小さな家が完成したので、ぜひ見て頂きたいと見学会を開催しました。
オヤコレでもこの見学会をPRした結果、2組のお客様が見に来てくださいました。またお施主さんのご近所さんが3組来てくださいました。

高齢者や障がい者の住宅に関しても、ほっとねっとはプロの集団であります。



多くの方のご協力により、無事に「第4回 親のこれから大相談会2018」を終える事ができました。
37882292_1798356140232656_8336024655265529856_n[1]
これは、10時に開場する前の様子です。
高齢者の生活を豊かにする取り組みをしている60ブースの出展者の方々です。

入場者は、ご準備した来場記念品200個がきれいに無くなりました。

ご報告は追って写真でご紹介しますが、まずは三重tube(インターネットTV)をご覧ください。
手作り感満載なこととか、地元企業の熱い思いやその日の雰囲気が、ダイレクトに伝わると思います。
6389fc166724e47de42f9ae2cf205e28-384x216

皆さん本当にお疲れ様でした!
そしてまた来年、より多くの高齢者に地元に素晴らしい企業がたくさんある事を知って頂きましょう!

多くの方にお越し頂き、無事にイベントを終了いたしました。
ご来場くださった皆様や関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

思い起こせば・・・
0001第1回目は2014年の「買い物弱者対策を考える会 報告会」の会場で同時開催した「人に優しい企業紹介展」でした。
・開催日:2014年8月30日
・会場:青山里会コミュニティホールぴあ小山田
・出展者:10社
・出展料:1000円
高齢者の見守りを行う団体の活動報告会の来場者が、予想の倍の200名くらいになり大慌て。時代のニーズを感じました。
b69c6b2d
=======================================
28718049[1]第2回目は、「あしたの地域医療を考える住民の会 あした葉」さんの「第3回在宅フェア」の午前中を頂いて行ったみんなにやさしい展」でした。
・開催日:2016年7月10日
・会場:四日市市文化会館第2ホール
・登壇者4社、出展者は5社
・出展料:5000円
来場者はあした葉さんのお力に依り200名ほどでした。

この直後、講師控室で登壇者の方々と雑談をするうちに、次回はもっと多くの方のお力をお借りできるよう実行委員会形式で行おうという話になり、まずは登壇者の皆さんにご参加をお願いしました。

51c56533[1]90ccbc0b[1]


=============================
=======
11a88e13ac978acc第3回目は、実行委員会に10名ほどの方々が名乗り出て下さり、イベント名が「親のこれから大相談会」に定まりました。
・開催日:2017年7月23日
・会場:四日市市文化会館第4ホール
・登壇者社、出展ブース20
・出店料:1万円

初の単独開催と言っても、第4回在宅フェアと同日開催という気の弱さ。来場者は100名くらいでした。

終了後の意見交換会では厳しいご意見も頂戴したものの、次回は四日市市文化会館の展示棟を借り切る事をこの場で決め、すぐに会場を予約しました。
6a6fe3db-s25c9ba19-s



============================
======
606d1839[1]4fd0efcc[1]そして今回の第4回目は、四日市市文化会館展示棟という大きな会場になったことで、まずはコラボレーションして下さるお相手探しに奔走しました。ありがたい事に第3回目の出展者だったコープみえさんが実行委員に加わりコラボレーションして下さることになったので、実行委員会の運営が安定しました。

(⇒まだまだ続きますよ。)


続きを読む

昨日、某県立高校でUD講座をさせて頂きました。
近頃のUDほっとねっとでは、できる限り障害当事者の方のお話を聞いてもらうようにしています。
(私の怪我じゃないけど、まずは接する機会を作らないと)
0722学校講座

ま、言うなれば私は前座です。
様々な人が私たちの社会には一緒に暮らしているのに、まだまだ配慮が足りてない事が多い。その中には、デザインの力で解決できるものがある。(社会モデル)諦めないで考え続けていこう。

みんなが少しでも暮らし易い社会を作っていくためには、障害が有る人と友達になって、本音を聞かなくちゃ分からない事がたくさんある。今日は皆さんに、Iさんのお話を聞いてもらおうと思います。みたいなお話をします。

そしてこの暑い中、駅から学校まで福祉タクシーを活用して来てくれた進行性の病を持つIさんは、大事なメッセージを彼らに伝えてくれました。

まだできる事が今よりもたくさんあったのに、しなかった事。
今はできる事をもっともっとしたい事、
出かける事、楽しく過ごす事、
そのためには町がUDになっていて欲しい事、
選べる社会がイイよね。

そんなお話でした。(でいいよね、Iさん???)
生徒さん達も、一所懸命聞いてくれました。アンケートを見ると、どう感じてくれたのかが分かります。

UDの種が蒔けたと感じるこうした時間が、とても幸せです。
チャンスを下さった学校、聞いてくれた学生さん達、そして暑い中来てくれたIさんとヘルパーさん、皆さん本当にありがとうございました。


今年も大四日市まつりの季節がやってきました!
お祭りは、見るよりも参加する方が100倍楽しい!


本町通り商店街の山車「岩戸山」は、障害がある人も無い人も一緒に曳くことのできる山車です。「岩戸山」バリアフリー山車曳きに、あなたも参加してみませんか?

8d689f5f
                   (昨年の様子)

申込方法:~7月29日
チラシをダウンロードして、FAXやお電話でお申込みください。
00010002
説明会:7月30日(月) 18:00~
 場所:コミュニティサロンいせや(四日市市新町1-10)
 内容:法被等のお渡しや返却方法についてご説明します。
    代表者は必ずご参加下さい。当日参加できない場合は、
    個別対応しますのでご相談ください。

山車を曳く日:8月5日(日)午後 
 
集合場所:コミュニティサロンいせや
 集合時間:14:00
      法被手渡し、注意事項の確認
      体調の都合に合わせて、途中で抜けて頂くことができます

主催:本町通り商店街 岩戸山山車保存会
バリアフリー山車曳き実行委員会事務局:NPO法人UDほっとねっと

問合せ・申込み(いずれの方法でも):
 
NPO法人UDほっとねっと
☎ 090-1271-6035(伊藤)

毎月行っている「本町通り商店街 ボランティアストリート」ですが、今月は当方の都合により、中止とさせて頂きます。

8月は26日が日曜日にあたるため、27日月曜日に行います。

どうぞ皆様、夏の終わりの一日、本町通り商店街へお越しください。
お待ちいたしております。

四日市市内の高校へ、UD講座をしに行きました。
無題
ここには、建築科もあるので、それに関連するお話をさせて頂きました。
そして、ぜひ建築基準法を守るだけでなく、障害当事者から話を聞ける関係(友達)をつくりましょうというお話をさせて頂きました。
無題
大人の建築士ではなかなか伝わりにくい気がしていますが、学生にはしっかりと大事なことが伝わったことが感想からわかりました。
このような機会が得られて、本当にありがたく思います。

イーブルなごや(名古屋市男女平等参画推進センター、名古屋市女性会館)で開催された、
こころのメール~障害のある女性とともに~という連続講座の中で、
・6月20日 UDってなあに?
・6月27日 町の中のUD

というお話をさせて頂きました。

35728614_1656444897784207_8900444363675402240_n[1]IMG_20180627_110853[2]
参加者は多くはありませんが、皆さん何かの活動をされている方ばかりで、レベルが高く緊張しました。

1回目は、予定していたお話よりも、そもそもUDって何?バリアフリーと何が違うの?目指しているものは?などなど、そもそも論で盛り上がりました。

2回目は、具体的なUDの事例に加えて、お隣の方と話し合いをする内容になっていたので、それぞれの方の経験から活発な話し合いと報告・共有ができました。

私たちは2回だけでしたが、この後も続くのだそうです。修了者の皆さんの今後のご活躍を期待いたします。

6月26日火曜日も、本町通り商店街ボランティアストリートを行います。
今回は、1年前からご予約下さった「高角町ふれあい広場」の皆さんがお越しになります。楽しんで頂ければと思っています。

1時からのステージ出演者を探すのをとうとう諦めて、自分たちで「みんなで歌おう」という企画をしました。スマホを使ってYoutubeの曲を呼び出し、ブルートゥースでスピーカーに繋ぐというアイデアです。さて、上手くいくかな?当日どうなるか気になる人は、ぜひ26日1時から、コミュニティサロンいせやにお越しくださいね。参加者の皆さん用の鳴り物も多数ご用意して、お待ちしています。

35516161_1750804895003051_4196826571731894272_n[1]
ボラスト6月チラシ


今日も無事に本町通り商店街ボランティアストリートが終わりました。
3月と4月もちゃんとボランティアストリートを実施したのですが、記事が書けていませんでした。ここにまとめてご報告します。

【3月】
とても麗らかな26日、川島町の方々に本町通り商店街へお越し頂きました。
一部の健脚な方々は「伝七邸」にウォーキングをされ、その後に商店街を歩いて頂きました。廃墟マニアが喜びそうな「明るい三和商店街」も探索し、午後からは3名のマジシャンにご登場いただき、皆さんに楽しんでいただきました。
IMG_20180326_104707IMG_20180326_113347IMG_20180326_110634IMG_20180326_133134

【4月】
この日もお天気に恵まれ、西阿倉川の福祉の家の方々にお越し頂きました。
ウォーキングをしようという方はいらっしゃいませんでしたが、足指力チェックをしたり、ソルティコマダさんのところでお喋りをしたり、午後からは「百歳体操」をして、ベルコさん提供の無料送迎バスでお帰りになりました。
IMG_20180426_110938IMG_20180426_114842IMG_20180426_134728IMG_20180426_140020

【5月】
IMG_20180526_131258そして今日は、神前地区の曽井町から、多くの方にお越し頂きました。
しかしうっかり写真を撮り忘れ、手元にあるのは、1時からの「コントラバスで歌おう!」の写真だけ!このコントラバスをバックに、みんなで水戸黄門や、津軽海峡冬景色を歌うというレアな体験をしました。初めはぎこちなかったものの、3曲目辺りからは慣れてきて、みんなで歌うのはやっぱりとても楽しいものですね。

より曽井サロンの皆さん、無茶なお願いに快く応じてくださったwoodyさん、いつもご協力くださるベルコさん、新しい出展者の皆さん、ありがとうございました。皆様、お疲れ様でした。


0001 (36) (2)


親のこれから大相談会2018

出展者募集

 現在の超高齢社会において、高齢者自身による「自助」、行政が行う「公助」に加え、地域包括ケアシステムの一部に位置づけられる地域のボランティア活動は欠かせないものとなりました。また今後、様々な民間企業による取り組みが増える事が予想されますが、まだまだそれらを必要とする方々に大切な情報が伝わっていないという現状があります。

当「オヤコレ実行委員会(事務局 NPO法人UDほっとねっと)」では、昨年高齢者及びそのご家族を対象に、今後必要となる情報をご提供するために、行政の相談窓口や警察、民間企業などが行っている事業をご紹介する「親のこれから大相談会」を行い、盛況のうちに終える事ができました。昨年に引き続き本年も、様々なノウハウやサービスを行っている企業様と、情報を必要とする方々とをマッチングさせる「親のこれから大相談会2018」を、下記の要領にて開催させて頂く事になりました。ぜひこのイベントにご参加くださり、一緒に高齢者の暮らしをより豊かなものにしていきませんか。

皆様のご参加を心待ちにしております。

 

1.イベント概要

(1)開催日:平成30年7月28日(土) 10時00分~16時00分

(2)四日市市文化会館 第1展示室ABCD(2階)、第3展示室(1階)

 (

第1展示室:60

※できるだけ、体験やご相談ができる場を設けてください。

【目安】

・「いつまでも健康でいるために必要な情報コーナー」10ブース

・「人に迷惑をかけないために必要な情報コーナー」10ブース

・「楽しく過ごすために必要な情報コーナー」10ブース

0317
UD
アドバイザー養成講座の3日目が、無事に終わりました。
色々な体験があり、より皆さんにUDの必要性を身近に感じてもらえたのではないかと思います。

0317UDアドバイザー養成講座
今回は、4名のパソコン要約筆記者とスクリーンが加わったため、少しでも部屋が広く使えるよう机を片付けて椅子だけの形式にしました。(↓PC要約筆記者や手話通訳者)
IMG_20180317_115759
講座の1番手は、「助産所 ここから」の矢野 友起子さんでした。妊産婦の基礎知識についてお話を頂き、また実物のベビーカーや妊産婦、6㎏の赤ちゃん人形などで疑似体験をしました。

1

2番手は、「三重大学医学部附属病院 医療福祉支援センターのポルトガル語医療通訳士」のワキモト 隆子さんでした。
ご自身の体験談をもとに、多文化共生の基礎知識についてお話し頂きました「壁だと思っていたことが、実はみんなへのやさしさへの架け橋だった」ということばが強く印象に残りました。

2
3番手は、「三重県聴覚障害者支援センター 相談員」の田代 慶藏さんでした。
難聴・中途失聴者の基礎知識と当事者の話についてお話し頂きました。要約筆記の重要性のお話と、実物の筆談器や補聴器・集音器などを体験しました。

3
45

4番手は、「新米ワーキングマザー」の田中 美希さんでした。
ろう者(先天性聴覚障害者)の基礎知識と当事者の話についてお話を頂きました。冒頭の「手話を誇りに思って生きている人=ろう者」という一言が強く印象に残りました。

6
最後に、私が聴覚障害に対する三重県UD条例や次回のタウンウォッチングの説明・注意事項についてご説明、そしてグループごとに分かれて、タウンウォッチングの役割と経路について話し合って頂きました。

8
各グループの皆さん、もう十分馴染んできていて、タウンウォッチングが楽しみですね。次回は324日です。皆様気を付けてお越し下さい。

【動画】UDアドバイザー養成講座0224
UDアドバイザー養成講座の2日目が、無事に終わりました。
欠席者も少なく、皆さんが真剣に参加して下さっている事がヒシヒシと伝わってきました。今回は、前回の反省から、ほんの少しですがグループ内での自己紹介の時間を設けました。
0224UDアドバイザー養成講座
講座の1番手は、「明日の地域医療を考える住民の会 あした葉」の伊世利子さんでした。高齢者の基礎知識及び認知症についてお話を頂きました。
IMG_20180224_101239
2番手は私、皆さんに高齢者疑似体験をして頂いたり、駐車場問題についてお話をしました。

IMG_20180224_112505
午後からは、3番手の三重県視覚障害者協会の内田順朗会長に移動の自由などについてお話を頂きました。

IMG_20180224_130215
4番手は、エンジョイSSピンポンクラブ菰野支部長の伊藤雅彦さんに、日ごろお使いの視覚障害者にとって便利なものや、動画を使って日ごろの生活をご紹介頂きました。

IMG_20180224_143026
5番手は、四日市点訳友の会稲毛洋子副会長に、ボランティアをするようになって気付いたことや、実際に点字を読む視覚障害体験をご指導いただきました。

IMG_20180224_145456
IMG_20180224_152242
最後に、私が視覚障害に関する三重県UD条例や街中の配慮についてをご紹介しました。
IMG_20180224_153433
聴覚障害や車いすの方々が、視覚障害について知ろうとされる姿が印象的でした。

IMG_20180224_130531
段々とグループが馴染んできたようですね。
次回は3月17日です。皆様気を付けてお越し下さい。

1月の本町通りボランティアストリートは雪のため順延となったので、お越し頂く予定だった小林町の方々には2月にお越し頂きました。1月とは打って変わって麗らかな日となり、多くの方に楽しんで頂きました。

まずは、本町にほど近い伝七邸 の見学。国の登録有形文化財でもあります。ご存じなかった方も多く、また知ってはいたけれど入った事が無いという方も多くいらっしゃったので、とても貴重な機会となりました。
IMG_20180226_103633IMG_20180226_105505IMG_20180226_110939IMG_20180226_111904
ご案内下さった藤本様、伝七邸の皆さま、ありがとうございました。

その後、本町通り商店街に到着し、いつものようにお買い物ツアーでつまみ食いをしながらお散歩をしました。
IMG_20180226_114619IMG_20180226_114639IMG_20180226_122025IMG_20180226_122029
閉店をされた水谷宝石さんは、以前宝石を飾っていたところをすべて大入道さん関連の展示にされ、まちかど博物館がパワーアップしていました。

1時からは、スマホ講座や「森の風KS+2」の皆さんによるオカリーナのミニコンサートがありました。
IMG_20180226_132103IMG_20180226_130934

オカリーナの音色は本当に耳に優しくて、老若男女を問わずみんなを優しい気持ちにしてくれたように思います。

この活動がいつまで継続できるかわかりませんが、少しでも多くの方にお出かけを楽しんで頂き、お店の方々への誰にも優しいまちづくり啓発活動になればと願っています。

【動画】UDアドバイザー養成講座0217

お陰様で、UDアドバイザー養成講座の初日を無事に終える事ができました。
講師の皆さま、受講生の皆さま、ありがとうございました!
0217UDアドバイザー養成講座
講座の1番手は私、ユニバーサルデザインって何なのか?というお話をしました。
IMG_20180217_100338
2番手のヒューリア三重の松村さんには、「色々な人が居る事を前提に、差別的な発言をしないように」というお話をして頂きました。
IMG_20180217_105147
午後からは、3番手のピアサポートみえの杉田さんに、障害が有る方へのお声がけの仕方をお話しいただきました。
(写真は少々お待ちください)

4番手はハードロック好きな柳田さんに、お仕事や趣味のお話をして頂きました。
無題
その後、6つのグループそれぞれで、同じグループにいる車いすの方から町で困る事をお聞きしました。それぞれのグループでお聞きした事を1分間で発表して頂いて、学んだことを共有しました。お酒の話なども出たので、「今後居酒屋などへ行ったら、このお店は車いすの方と一緒に来れるだろうか?」と考えてみてくださいとお願いしました。
IMG_20180217_150437IMG_20180217_150423IMG_20180217_150428無題


その後は、6台の車いすをこの狭い会場に運び込み、車いすを押す際の注意点をお伝えしました。(写真を撮り忘れました)
000127944
最後に身体不自由に関する三重県の「ユニバーサルデザインのまちづくり推進条例」についてお話をしました。と言っても、条例を全部ご説明することはできないので、まず県条例というのは建築基準法を前提としている事や、UDマークのある建物ならば、ドア幅や廊下幅、多機能トイレ、スロープや駐車場などの配慮があって、車椅子の方が使いやすくなっているという事だけをお伝えしました。(今回は、車いすの方に関する条例のみです。視覚や聴覚に関する条例は後日です)

会場には、難聴の方の為の磁気誘導ループやノートテイク、手話通訳など、一緒に講座を受けて頂くための工夫と、小さなお子さん連れの方や吸痰のために途中で抜ける必要のある方が出入りしやすい雰囲気づくりを皆さんとしながら、多様な人が一つの場にいる「当たり前」を実践しました。

「初めて聞く事ばかりで、すごかった!」というご意見や、「もう頭がいっぱいです」というご意見など、たくさんのお声をお聞きしました。まだまだこれからです。ぜひ来週の講座にも皆さんいらしてくださいね。

けっこうスパルタなこの講座、次回をどうぞお楽しみに!

お陰様で、UDアドバイザー養成講座のお申込みは定員となりました!
皆様ご協力ありがとうございました!

もし今まだ悩んでおられる方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんが1年後の講座開催をお待ちください。(平成31年2月ごろ)お申込み下さった皆様は、講座初日にお会いできるのを楽しみにしています。当日は、お送りした受講証を忘れずにお持ちくださいね。皆様、どうぞ気を付けてお越し下さい。
0001 (33)

0001 (34)

みんなに優しいまちづくりを、みんなで一緒に考えませんか?

ユニバーサルデザインのまちづくりは、町中の危険や使いづらさを本当に知っている人から聞かなくちゃ始まりません。誰もがいずれは高齢者。障害がある人に今の町の問題点を教えてもらいながら、どうすれば今よりも住みよい町にできるのか、みんなで一緒に考えましょう!

UD講座講師紹介
「ユニバーサルデザイン(UD)のまちづくりアドバイザー養成講座」
平成29年度三重県「UDアドバイザー養成講座(全4回)」受講者募集中!
詳細はこちら
http://blog.livedoor.jp/udhotnet_i…/archives/1068251620.html

【概要】
◆主催:NPO法人UDほっとねっと
◆日時:2018年2月17日、24日、3月17日、24日
    いずれも土曜日 10時~16時
◆会場:じばさん三重(四日市市安島1-3-18 近鉄四日市駅徒歩8分)
◆受講料:3000円(4回分)
◆定員:30名
◆駐車場:隣接するアピタに駐車場がありますが、有料です。
◆後援:三重県(予定)四日市市、菰野町、朝日町、川越町

↓《講座の詳細》↓
http://blog.livedoor.jp/udhotnet_i…/archives/1068251620.html
本当に、ステキな講師たちのお話が聞けるこの講座、ぜひ聞きに来てくださいね。全講座修了者は、三重県知事認定の「ユニバーサルデザインのまちづくりアドバイザー」資格が得られます。

定員に達しましたので、現在お申込みは受け付けておりません。
※お申込用紙はこちらからダウンロードしてください。
※日時や会場などの講座概要については、こちらをご覧ください。

第1回 2月17日(土)10時~16時

2ab33a66①10時からの30分間は、NPO法人UDほっとねっとの理事長 伊藤 順子(私)です。
タイトル 「UD概論」~共に暮らす社会を目指して~
内容:UDが必要になった理由、色々な人が居ること、みんなが暮らしやすい社会を目指す意味についてお話しします。





daf26836-s②10時半からお昼までの90分間
は、公益財団法人 反差別・人権研究所みえ「ヒューリアみえ」の事務局長 松村 元樹さんです。

タイトル「障害者問題を通して考える多様性」
内容:障害者を取り巻く国の施策や今に続く法律の流れを簡単にご説明し、社会的障壁の捉え方の変化(医学モデルから社会モデルへ)を知って頂き、「わたしがわたしらしく」生きられる社会をつくるために、マイノリティから学んでみようというお話です。

fd1a4f7c-s③午後1時からの1時間
は、ピアサポートみえの杉田 宏さんです。
タイトル「肢体不自由者の基礎知識」~コミュニケーションのポイント~
内容:障害が有る人とコミュニケーションをとる時のコツ、サポートをする時に気を付ける事、障害者差別解消法についてお話しいただきます。



138c2400-s④午後2時からの45分間は、川越町在住 翻訳家の柳田 幸樹さんです。
タイトル 「障害負って明るくなりましたが何か?」
内容:自己紹介、在宅での生活、便利な道具や外出についてお話しいただきます。





⑤その後75分間
、車いすを扱う体験と関連する三重県UD条例をご説明します。(担当:UDほっとねっと)


第2回 2月24日(土)10時~16時
06114335-s①10時からの1時間
は、明日の地域医療を考える住民の会 あした葉の伊世 利子さんです。
タイトル「高齢者及び認知症の特性」
内容:高齢者の特徴についてお話しいただき、支援に役立てる方法をお話しいただきます。





②11時からの
1時間は、高齢者疑似体験と、思いやり駐車場についてお話します。(担当:UDほっとねっと)


内田さん③13時からの1時間は、(社福)三重県視覚障害者協会の内田 順朗さんです。盲導犬ユーザーです。
タイトル「視覚障害者のことを分かっていただくために」~たとえバリアがあっても同じ人間なんだもの~
内容:視覚障害者になって考えてきたことや、なぜ差別や偏見の解消が難しいのかをお話しいただきます。




b62507e9-s④14時からの45分間
は、三重県視覚障害者協会菰野支部長であり、エンジョイSSピンポンクラブ菰野支部長の伊藤 雅彦さんです。
タイトル「視覚障がい者の工夫と取り組み」
内容:日常生活の工夫や、外出時の問題、障害者スポーツへの取り組みについてお話しいただきます。




1579c1c8⑤14時45分からの45分間は、四日市点訳友の会副会長 稲毛 洋子さんです。
タイトル「視覚障害体験と点訳ボランティア」~点訳に始り、障害者と共に歩むボランティアへ~
内容:点訳の道に入ったきっかけや、活動の中で気づいたことをお話しいただき、点字に触れてみる体験をさせてくださいます。



⑥その後30分間
は、視覚障害に関する三重県UD条例や、街中にあるUDのご紹介をします。(担当:UDほっとねっと)

第3回3月17日(土)10時~16時
170929_090606①10時からの1時間は、助産所 ここから の助産師 矢野 友起子さんです。
タイトル「助産婦の基礎知識」~妊婦さんや赤ちゃんを知ろう~
内容:最近の妊娠・出産・子育て事情、産前産後のトラブル、街中のUDについてお話しいただきます。




cd314ccc-s②11時からの1時間は、三重大学医学部付属病院 医療福祉支援センター ポルトガル語医療通訳士 ワキモト 隆子さんです。
タイトル「多文化共生の基礎知識」~医療通訳士の窓からのぞいてみたら~
内容:医療通訳士のお仕事紹介、言語の違いで起こる壁や、それを乗り越えていく中で気づいたことなどをお話しいただきます。


56c32432-s③午後1時からの1時間
は、三重県難聴・中途失聴者協会の田代 慶蔵さんです。

タイトル「聴覚障害者の基礎知識と当事者の話」~難聴・中途失聴者のことを解ってください~
内容:難聴・中途失聴者がどんな場面で何に困っているのか、してほしい配慮についてお話しいただきます。



278e6ae5-s④午後2時からの1時間は、新米ワーキングマザーの田中 美希さんです。
タイトル「聴覚障がい者の基礎知識と当事者の話」~ろう者(先天性)編~
内容:ろう者、難聴者、聴覚障害者のイメージを明確に理解することについて、不便ワースト3と工夫、手話通訳立ち合いでの出産についてお話しいただきます。



⑤その後1時間
は、聴覚障害に関する三重県UD条例と街中のUD、最終回のタウンウォッチングについてのご説明をします。(担当:UDほっとねっと)


第4回 3月24日(土)10時~16時

①10時からの3時間は、グループ単位でタウンウォッチングをします。
会場周辺でお食事もしてきていただく予定です。

②13時からの2時間は、まとめと発表です。

③15時からの1時間は、三重盲ろう者きらりの会会長 北沢真紀さんをお迎えし、修了式や情報交換をします。

魅力的な講師ばかりでしょ?

いずれ誰もが年を取り、あちこちに不便を感じるようになります。
視覚の衰え、聴覚の衰え、足腰の衰え、認知機能の衰え…etc.
障害がある方達は、私達の先を行く障害のプロフェッショナルです。

ぜひ誰もが住みやすい町を考えるために、まずは障害当事者の方達と友達になりましょう。
その方達から学びながら、いずれ年を取る自分たちのためにも、今から住みよい街を考えていきましょう。

30名限定です。
皆様のご参加をお待ちしています。
※定員に達しましたので、現在お申込みは受け付けておりません。

今年もだんだん残り少なくなってきました。
お陰様で多くの方にご協力頂き、3年目となる「本町通り商店街ボランティアストリート」を無事に行うことができました。
お越し下さった方々を、ちょっと振り返ってみましょう。

1月は、県地区の皆さん
2月は、無料送迎バスをご提供下さる事になったベルコの皆さんの下見
3月は、海蔵の福祉の家の皆さん
4月は、高花平の皆さん
5月は、お越し頂けず
6月は、高角の皆さん
7月は、笹川の皆さん
8月は、あがたのAAOさん
9月は、高花平の皆さん
10月は、川島町の皆さん
11月は、再登場の海蔵の福祉の家の皆さん
12月はお休み

・途中、昭和歌謡ショーが第1土曜日から人の多い26日に変更になったり、
・5月はとうとうどこからも「行きたい」と言ってもらえず、せっかくの無料送迎バスが活用できなかったり、
・11月からは昭和歌謡ショーにお越し頂いていた「ダンディーズ四日市」さんのご都合が悪くなり、Mr.モリックさんのマジックショーになったり、
・出店者が増えたり減ったりと、
暑い中、寒い中、色々なことがありました。
関係者の皆様には、心より感謝申し上げます!

またこの活動が評価され、
国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰の候補に挙げて頂き、
国交省や中部運輸局などの視察もありました。
(結果はまだです)
他にも大四日市まつりでは、タヌキに大変身する「岩戸山バリアフリー山車曳き」に
障害が有る方達も含め参加しました。
振り返ると大忙しの一年でした。(笑)

その間に、花月堂さんが閉店されたり、今年いっぱいで宝石のミズタニさんが閉店するなど、
商店街も変化しています。
来年は、どんなことが起きるのでしょうか?

少し早いのですが、皆様には、12月のボランティアストリートが無い事をお知らせしつつ、
今年を振り返って御礼申し上げるとともに、
来年またご協力頂けますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

どうぞ良いお年をお迎えください。そして1月の26日に、またお会いできるのを楽しみにしています!

新しい事を始めます!
その名も「書道サークル」です!

日時:11月14日と28日(いずれも火曜日)15時~16時
   毎月隔週火曜日
場所:本町通り商店街コミュニティサロンいせや
参加費:1500円(先生へのお礼と商店街のお菓子とお茶での茶話会費 含む)
申込制

興味のある方は、どうぞご連絡くださいね。

0001

平成29年度三重県
UDアドバイザー養成講座受講生募集(30名限定)
(講座の詳細と講師の紹介はこちらです)

ユニバーサルデザイン(UD)とは、すべての人にとって、できる限り利用可能であるように、製品、建物、環境をデザインすることです。高齢者も若者も、障がいのある人も無い人も、一人でも多くの人が、安全で快適に暮らせるまちづくりを学んでみませんか?全過程を終了した方には、三重県知事認定の≪ユニバーサルデザインのまちづくりアドバイザー≫資格が与えられます。受講資格や年齢制限はありません。終了後には、小中学校などへの出前講座講師としてご活躍頂くことや、近隣のUDな企業やお店を紹介するUDレポーターとしてご活躍頂くことも可能です。あなたも、UDアドバイザーとして活躍しませんか。

【概要】
◆主催:NPO法人UDほっとねっと
日時:2018年2月17日、24日、3月17日、24日
    いずれも土曜日 10時~16時
会場:じばさん三重(四日市市安島1-3-18 近鉄四日市駅徒歩8分)
受講料:3000円
定員:30名
駐車場:隣接するアピタに駐車場がありますが、有料です。
後援:三重県(予定)四日市市、菰野町、朝日町、川越町

【講座内容】

講座

月日

 

講座内容

第1回

 

217

(土)

10時~16

AM

UD概論 

・三重県UD条例、障害者差別解消法に至る、これまでの歴史やLGBT、発達障害等この先の社会を考える

PM

・肢体不自由者の基礎知識と当事者の話

・車いす体験

UD条例の関連カ所学習

第2回

224

(土)

10時~16

AM

・高齢者および認知症の基礎知識

・高齢者疑似体験

UD条例の関連カ所学習

PM

・視覚障がい者の基礎知識と当事者の話

・視覚障がい体験

UD条例の関連カ所学習

第3回

317

(土)

10時~16

AM

・妊産婦の基礎知識

・多文化共生の基礎知識
・様々なピクトグラムの紹介

PM

・聴覚障がい者の基礎知識、当事者の話

・中途失聴者の基礎知識、当事者の話

第4回

324

(土)

10時~16

AM

タウンウォッチング調査(店舗ウォッチング含む)

PM

タウンウォッチング発表

終了式

























・お問い合わせ先:090-1271-6035(担当 伊藤)

お申込み方法
郵送、FAX、Eメールにて受け付けます。
申込用紙をダウンロードし、必要事項をお書き込みの上、NPO
法人 UDほっとねっと までお申し込みください。
申込用紙←ここをクリック)

【申込先】
■ 郵送の場合:510-0007 四日市市新町110 おでかけサポートセンター
■ FAXの場合:059-325-7246
■ Eメールの場合:itoj@ud-hotnet.com


10月のボランティアストリートを開催しました。
雨の多い10月でしたが、珍しく晴れた素敵な一日になりました!
この日は川島町から、92歳、89歳、77歳のお洒落な方々を含む11名の方達が、ベルコさんの無料送迎バスでお越しくださいました。

まずはちょっと高い所からご挨拶です。
P_20171026_112349
普段介護職についているという地域のボランティアさんが、ご高齢の方の車いすを押していらっしゃいました。車椅子のH君も、頑張って東北支援のためのサンマグッズをPRしていました。
P_20171026_113850
改装した金城軒さんは、カウンターが低くなってお客様にも便利そう!
P_20171026_104517
試食とお喋りが弾む弾む!
P_20171026_114312
必ず一つは売ってしまうマダムキラーの「みだや」さん
P_20171026_120123
揚げたてドーナッツは、いつも大人気!試食も大盤振る舞いです!
P_20171026_120434
シニアカーでも車いすでも入れます!
P_20171026_121158

こにゅうどうくんグッズの太古堂さん 本来の店番のNさんが健康になって戻ってくるのを待ってくださっています
P_20171026_125545
ダンディーズ四日市さんが来られないので、急遽お越し頂いた「100歳体操」を指導しに来てくださった包括支援センターの職員さんと、一緒に体操をする人、そして食べながら見てるだけの人・・・
P_20171026_130647
この時の包丁研ぎ屋さんは、ちょっと暇そうですね。もっとご依頼が増えますように!
すぐにその場で研いでくれます、みなさんどんどん持ってきてくださいね~
P_20171026_125513
ベルコさんには無料送迎バスを出して貰ったり、見守りのボランティアをして貰っちゃったりで、本当に感謝しています!

P_20171026_133028

参加者のとりまとめをして下さった川島ボランティアの方が、参加者の方達が喜んで下さっている姿を少し離れたところから見ながらニコニコしていました。「あなたが嬉しいと私も嬉しい」と思っているあなたが嬉しいと、私も嬉しいです。ありがとうございました!「夏の岩戸山バリアフリー山車曳き」を企画したのがUDほっとねっとである事を知って、「どこがやったんだろうって思ってたんだけど、ここなのね~なるほど~すごいわね~」と言ってくださいました。忘れた頃に褒めて頂けて良かったです。

写真は撮りませんでしたが、車いすの若い女性が、ヘルパーさんと一緒に、この日を目がけて来てくれました。ぜひまた来月(来月は27日(月)です!)も来て頂けるといいなと思います。

ご協力下さった多くの皆さま、ありがとうございました。来月もどうぞよろしくお願いいたします!

9月だというのに、まるで夏のような暑さでした。
この日は小林町から約10名、高花平から約10名の方々が、ベルコさんの無料送迎バスでお越しくださいました。

P_20170926_111321P_20170926_113141
高花平の方達は、マイストックを持参して港までの往復を楽しまれました。けっこう距離があるのですが、皆さん健脚です。四日市にいても、初めて行ったと仰る方が多かったです。
P_20170926_113138P_20170926_115810P_20170926_115832

こにゅうどうくんグッズのお店では、かわいいスマホカバーをお買い上げくださった方がありました。
東北支援のサンマショップも、いつにも増してよく売れました。
相変わらずねぎ焼屋さんは、大繁盛。
女性陣が商店街を散策している間、男性陣は何やら楽し気なご様子。
写真はありませんが、ソルティコマダさんも、今回はよく売れたようです。

P_20170926_134701P_20170926_134620P_20170926_134821
少し早めに始まったダンディーズ四日市さんによる「昭和歌謡ショー」では、生オケで歌えると、近くのライブハウスのマスターまでご参加下さいました。私も水戸黄門のテーマソングを歌いました。(合唱)
P_20170926_135514P_20170926_135450

喜太八さんの横に停めたマイクロバスに乗り込んで、皆さん満足げにお帰りになりました。
今回の皆さんは、嬉しそうな顔が得意なのか、私たちが慣れてきたのかわかりませんが、特に喜んでくださったように思います。こんなに喜んでもらっちゃうと、また頑張ろう!って思うんですよね。

ご協力くださったベルコさん、商店街の皆さん、一日だけの出展者の皆さん、本当にありがとうございました!遠くに行かなくてもこんなに楽しい本町通り商店街です。高齢の方や障害がある方がたくさんお越し下さる事で、バリアフリーやユニバーサルデザイン化が進んでいきます。障害があっても大丈夫!ぜひ私たちのお手伝いさせてくださいね。

よんてつポスター21192304_1675907399141778_6970361887304179287_n
9月9日から10日にかけて行われた四日市徹夜踊り 通称「よんてつ」で、「おもいやりせんたー」の運営をお手伝いしました。

よんてつとは、四日市全域を対象とした踊りの祭りです。夏の大四日市まつりでの「バリアフリー山車曳き」の実績を買われてか、お声がかかりました。途中からですが実行委員会にも入れて頂き、できる範囲のおもいやりセンターの活動は何かを、皆さんと探っていきました。

よんてつHP
https://yontetuodori.localinfo.jp/

おもいやりセンターについてのページ
https://yontetuodori.localinfo.jp/pages/1057581/page_201706110418 

DSC09680P_20170909_140759
おもいやりセンターはナースコーナーでもあったので、皆さんにお任せして私は会場をフラフラと見て回り、お金を落とした、水を買いたい、シャワーはどこ?など、外国の方々のお手伝いなどをしました。韓国の方、ブラジルの方、イスラム圏の方など、色々な国の方がいらっしゃいました。
P_20170909_14090921462607_1475773272506216_6442522372576148618_n
この写真では分かりづらいのですが、右の写真の右端にあるステージを見るための「おもいやりコーナー」を設けました。ステージでは観覧者がどんどんとステージ前にせり出していったので、おもいやりコーナーを前に2度ほど移動させ、足の悪い方の視野の確保につとめました。

終わってみると、入場者は5000人を超え大成功!
そもそも盆踊りというものが、一度覚えてしまえば各自のペースで踊ることができるユニバーサルなものであることに気が付きました。長く続くものというのは、やはり誰でもが参加しやすいものだったんですね。

四日市でも、地道にバリアフリーやユニバーサルデザインという考え方を広げていくために、今後もこうしたボランティア活動を続けていきたいと思います。

P_20170826_130535InkedP_20170826_112324_LIInkedP_20170826_115356_LI
今日はボランティアストリートでした。夏休み中なので、放課後等デイサービスのAAOさんから、障害がある子ども達に来てもらいました。子供たちの写真を掲載するのはちょっと難しいと思うので、今回は写真は少なめです。1枚目の写真は、バギーと呼ばれる子ども用のベビーカーのような車いすが、難なくお店に入れたシーンです。あちこちの商店主さんや無料送迎バスを提供下さっている企業の方達が、奇声を上げる子どもも優しい目で見守ってくれました。ちょっと驚いた風のお客さんも、さらりと受け流してくれました。本町通り商店街は、本当に伸びやかな所です。

P_20170826_1329361時からの昭和歌謡ショーでは、常連さんが来てくれて勝手にマイクを回してみんなで歌っていました。
なんだか、1年前とは全然違う光景です。
あ~これが継続の力なんだと、とても素敵な光景を見せてもらいました。

子ども達、ありがとう!
商店街の皆さん続けさせてくれてありがとう!

この日に協力してくださっている出店者や企業さんやボランティアのみなさん、本当にありがとうございます!

無事に、大四日市まつりでの岩戸山バリアフリー山車曳きが終わりました。
多くの方に御協力頂き、約40名の方々にご参加頂き、怪我もなく終わる事が出来てほっとしています。
P_20170806_144934 20638566_1927186124235741_7076113816511825216_n

この右側のタヌキの山車をみんなで曳きました。ここから、大通りに出て、合計5か所の演技会場で演技をする道中をみんなで「エンヤーエンヤー」と言いながら曳きました。いつもは見ていただけのお祭りに、法被を着て参加をした感想はどうだったでしょうか?障害があってもなくても参加できた岩戸山の山車曳き、暑い日でしたが大きな山車を目の前で見たりみんなで曳いたりして、きっと初めて参加した子どもにも大人にも、一生残る思い出ができたのではないかと思います。

今回は、体調に合わせて(一言言ってから)途中で抜けても構わない、山車の後ろをついてきてくれる給水車でいつでも飲み物が貰えるというシンプルなルールにしました。他にもやってみて気がついた事がたくさんあるので、来年はそれらに注意をしながら、この貴重な「岩戸山」を、障害が有ってもなくてもみんなが安全に曳かせてもらえるよう、商店街との橋渡し役をさせてもらえればと思います。

山車を引く事って、本当に大変なんですね。障害が有る人もない人も一緒にというのは簡単ですが、この大きな山車を取りまわすには危険が伴います。その危険を分かった上で関わらなければいけない事が、今回よくわかりました。私の無謀な提案を快く受け入れてくれた本町通り商店街に、心より感謝します。

20621097_1927186327569054_1988749048685735437_nP_20170806_155417

P_20170806_153623P_20170806_153324
 とても楽しい一日でした。来年も大四日市まつりは第1日曜日の開催です。どうぞお楽しみに!

2017年7月23日「親のこれから大相談会」が無事終了いたしました。
20228855_1130202407112958_7764475794392404656_n
P_20170723_141730
(コープみえのご協力によるオヤコレ当日の無料カフェコーナーの様子)


ご挨拶
「介護保険に繋がる前の人たちへの情報提供」
この一点に思いを込めて、実行委員会形式で準備をし、開催をいたしました。
出展者としてご参加下さった皆様、また入場者としてご参加下さった皆様に、実行委員一同心より御礼申し上げます。

私ども実行委員会として、可能な限り準備や対応をして参りましたが、至らぬ点も多々あったと存じます。イベント終了後に行った出展者による交流会を兼ねたワークショップの中では、多くのご意見を頂戴しました。ぜひこれらのご意見を、来年度以降の運営に活かしたいと存じます。

親のこれから、そして自分のこれからを支えてくれる事業者の皆さんを紹介するこの取り組みは、今後ますます重要になっていくでしょう。大きな事業者が大都市で行うような企画はできませんが、地元の濃い情報を提供する場を今後も設けて参りますので、どうぞ皆様ご協力賜りますようお願い申し上げます。
 
高齢になっても障害が有っても、四日市という街がより安心して暮らし続けられるまちとなる事を祈念して、実行委員からのお礼のご挨拶とさせて頂きます。
実行委員一同

◆親のこれから大相談会概要

開催日時:平成29年7月23日(日)
会場:四日市市文化会館第4ホール
主催:親のこれから大相談会実行委員会
後援:四日市市、(一社)四日市薬剤師会、(一社)四日市歯科医師会、(福)四日市市社会福祉協議会、北勢社会福祉士会
協賛:㈱ベルコ四日市中央支社、生活協同組合コープみえ四日市センター、みえ医療福祉生活協同組合四日市地域

◆当日の様子
【プロ達の知っ得トーク】

1⃣ 転倒防止体操           2⃣高齢者の交通安全 
  四日市ウェルネスクラブ伊藤氏    四日市南署 吉水氏
IMGP241120882535_1377165295714806_5433991879322267893_n

3⃣ 住み慣れた地域で暮らしていくための相談窓口はココ!
  四日市市社会福祉協議会 古林氏   ケアマネジャー廣瀬氏
IMGP2420IMGP2423

4⃣ 四日市で選ばれているシニア向けの旅行、楽しい商店街
  丸福観光 坂本氏      UDほっとねっと 伊藤氏
20768068_964080193729826_8404982504986198687_nIMGP2445




5⃣ 口腔ケアで始める病気予防     6⃣ 終活のススメ
歯科診療所ひまわり 院長井上氏   元気じるし 石山氏
20841898_964083123729533_1986728262450536967_n20768131_1377164432381559_4676893756685037810_n



7⃣ 遺品整理士、片付けのプロ直伝! 親の荷物に困ったら
ひきうけ隊 流下氏(右) お片付けレスキューhanaco 宮崎氏(左)
20246009_1402288663224677_4719703483297850714_nIMGP2451



お立ち寄りくださった森市長に、それぞれの出展者の説明をお聞き頂いた後でそっとマイクをお渡ししたところ、一言頂戴することができました!
IMGP2433IMGP2441

【ブース出展企業】

株式会社ベルコ四日市中央支社   コープみえ四日市センター
20883654_1957861194503450_941254927_oIMGP2424
(有)ベターハウジング      元気じるし㈱
20770462_847044852140865_6130830173899298518_n20884747_1442145369187070_1336135240_n
ひきうけ隊            お片付けレスキューhanaco
20842052_847044715474212_338365081347528262_n20246385_1402288616558015_1875522392237163680_n



丸福観光             ReBon Dental Clinic
IMGP2438P_20170723_141744



さぽーと整体整骨院        四日市南地区交通安全協会






㈱ヘルシーネットワーク      木の家相談センター三重
IMGP243020155849_1422372434519603_6529473924747116121_n

出口智彦税理士事務所       訪問理美容きれいや
21034868_1615636518511385_582073579_oIMGP2429

本町通りおでかけサポートセンター パソコン・スマホ教室ウォンツ四日市校
IMGP2440IMGP2407

◆皆様へ
身近な企業や全国ネットだけれど注文のし易さならどこにも負けない企業など、多くの企業をご紹介することができました。事前の広報を随分頑張った気ではいましたが、まだまだ足りませんでした。もっとたくさんの方に、こうした人にやさしい企業が地元にある事を知って頂きたいと思います。来年はもっとパワーアップしたいと思っています。どうぞ来年をお楽しみに!

最後に入場者の方々から頂いた出展企業へのメッセージと、出展者の皆さんにご参加頂いて行った、ワークショップ風の交流会の様子をご紹介します。交流会のテーマは「来年のオヤコレをもっと良くするにはどうしたら良いか?」でした。皆さん本当に素敵な方ばかりでした。来年も皆さんにお会いできることを、心より願っております。
IMGP2399P_20170723_171401
始まる前 終わる頃のメッセージボード

P_20170723_171236
P_20170723_171303P_20170723_171424

ワールドカフェ形式で行った交流会


突然ですが今回、UDほっとねっと運営のポータルサイト「UDタウンナビ」を開設しました!

UDtownnavi


で、UDタウンナビって何? 

・・・と思っていらっしゃる方、ご説明します。

三重県内には高齢者や障がい者や子育てママなどに「親切でやさしいサービス、商品、施設」がたくさんあります。
ただ、そのことをよくご存じない方が多くいらっしゃる・・・。

「だったら紹介しちゃおう!」

という想いから、三重県の北勢地域を中心に『知られざる三重県内の魅力ある「ところ」・「もの」・「サービス」』を三重県内に住むライターが記者目線で情報発信を行うWEBサイトを立ち上げました。

ほんとうに高齢者や障がい者、子育てママなど「誰にもやさしいサービスや商品・施設」を提供している所がこの三重県内に実はいっぱいあるんです!

そんなをところを一つでも多く知ってもらい、
もっともっと活用してもらいたい!

更にはこの情報発信を通じて、地域活性、地域創生、住みやすい街づくり(ユニバーサルタウン)の一助となる活動になればと思っています。

・暮らしやすい三重
・住みやすい三重
・楽しい三重
・愛着が持てる三重

を目標に目指します!
不定期ですが、随時更新していきます!

応援スポンサー&サポーターも募集中!

どうぞよろしくお願いします。

6月のボランティアストリートが、無事終了しました!高角からお越しくださった皆さん、ありがとうございました!また無料送迎バスを出してくださったベルコの皆様にも感謝申し上げます!

港まで、医療生協さんと一緒にノルディックウォークを楽しまれた方がありました。
金物屋の「みだや」で洗濯バサミを買った方や、「魚太」のおかみさんとお喋りをしながらはんぺんを買った方もありました。
「サントレー」のドーナッツや五穀パン、他にも時雨やお餅など、皆さんにたくさんご試食頂き、ご購入いただきました。ありがとうございました!
今回から加わった「はっしーの東北支援サンマグッズの店(仮)」や、先月からの「こにゅうどうくんグッズ」の店、絵手紙の店、介護相談、冠婚葬祭の相談コーナーもありました。7月からは「福祉の店」がご出店下さることになりました。

1時からはコミュニティサロンいせやで「ダンディーズ四日市」による昭和歌謡ショーが始まり、皆さん大声で歌った後は、バスで伊勢昆布へGO!2時にニッコニコの笑顔の皆様を、無事にお見送りすることができました。

毎月26日は、「本町通り商店街ボランティアストリート」の日です。高齢になっても障害があっても、お店を出したり遊びに来たり、みんなで楽しく過ごせる本町通り商店街へ、ぜひ一度遊びに来てくださいね。

本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (4)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (5)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (6)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (9)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (3)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (2)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (1)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (10)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (7)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (8)

親のこれから大相談会を開催します。
オヤコレチラシ表オヤコレチラシ裏

親のこれからについて考えたことはありますか?
相談できる人がいない、そもそもなんて相談したらいいのかわからない。
そんな声をよく耳にするようになりました。
そこで今回、皆様のご要望にお応えし、親のこれからについて何でも相談できる機会を設けました。この機会にあなたの不安をぶつけてみませんか?


■開催日時:2017年7月23日日 10:00~16:00
■場所:四日市文化会館第4ホール(四日市市安島丁目5-3)
■参加費:無料(途中入退室可)
■「プロ達の知っ得トーク」と「専門サービスの紹介ブース」
■主催:オヤコレ実行委員会(事務局 NPO法人UDほっとねっと)
■連絡先 090-1271-6035(担当 伊藤)

【知っ得トーク】
10:30~11:00 転倒防止体操 
  NPO法人四日市ウェルネスクラブ 理事長 伊藤まさし氏
11:15~11:45 高齢者の交通安全~改正道路交通法の施行について~
  四日市市南警察署 吉水氏、三重県環境生活部 森本氏
12:00~12:30 住み慣れた地域で暮らしていくための相談窓口はココ!
  四日市市社会福祉協議会 古林氏、ケアマネジャー 廣瀬氏
13:15~13:45 シニア向けの旅行、楽しい商店街
  丸福観光 坂本氏、NPO法人UDほっとねっと 伊藤氏
14:00~14:30 口腔ケアで始める病気予防
  歯科診療所 ひまわり院長 井上氏
14:45~15:15 終活のススメ
  元気じるし株式会社 代表 石山氏
15:30~16:00 親の荷物に困ったら
  ひきうけ隊 代表 流下氏、お片付けレスキューhanaco 宮崎氏

【出展企業】

・株式会社ベルコ四日市中央支社生活協同組合コープみえ 四日市センター
・(有)ベターハウジング
・元気じるし㈱
・ひきうけ隊
・お片付けレスキューhanaco
・丸福観光
・Rebon Dental Clinic
・さぽーと整体整骨院
・四日市南地区交通安全協会
・㈱ヘルシーネットワーク
・木の家相談センター三重
・出口智彦税理士事務所
・訪問理美容きれいや
・本町通りおでかけサポートセンター
・パソコン・スマホ教室 ウォンツ四日市校

チラシは各地区市民センターやあちらこちらに置かせてもらっていますが、PDF版はここからダウンロード頂けるとありがたく思います。➡ オヤコレチラシPDF

大四日市まつりで、一緒に山車を曳きませんか?
誰にもやさしいユニバーサルな商店街を目指す本町通り商店街では、「岩戸山」を一緒に曳いてくださる方を募集します。
00010002

【みんなで曳こう岩戸山】
■みんなで山車を曳く日:平成29年8月6日(日)午後
■曳く場所:三滝通り周辺

■参加費:無料

■お問い合わせ・申込先(いずれかの方法で)
・電話:090-1271-6035
・FAX:059-325-7246
・E-mail:info@ud-hotnet.com

■事前説明会と岩戸山見学会
・日時:平成29年7月28日(金)18:00~19:00
・会場:コミュニティサロンいせや(四日市市新町1-10)
※ 法被等のお渡しや返却方法についてご説明します。必ずご参加下さい。当日参加できない場合は、個別対応しますのでご相談ください。

■主催:本町通り商店街 岩戸山山車保存会
 バリアフリー山車曳き実行委員会事務局:NPO法人UDほっとねっと

■申込は7月1日~7月27日です。
申込書式のダウンロードはこちらからどうぞ。
「みんなで曳こう岩戸山 申込書」

4月に続き、5月のボランティアストリートも何だか怪しげなお天気でした。
そして、2年間続けてきた無料送迎バスをご利用くださる方たちも途絶えてしまいました。

しかし、ご近所の方たちがちらほらお越し下さって、包丁研ぎにはいつものような売り上げがあり、この日デビューした太古堂さんのこにゅうどうくんグッズは、ビックリするような売り上げを出し、昭和歌謡ショーには常連さんが歌いに来てくださり、楽しい一日となりました。

写真が無くて残念ですが、似顔絵や消しゴムハンコのケロさんのお店や、無料スマホ相談、医療生協さんの足指力チェック、そして介護相談の窓口もちゃんと開いていました。

今後は、周辺の方も遠方の方も来たくなるように、出店者の充実こそを目指さなければいけないと気づく日となりました。ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました!

18697965_1177849219005024_2146389262476834747_nP_20170526_134336P_20170526_132453

4月は生憎のお天気でしたが、高花平の方々が約一年ぶりにお越しくださいました。

たくさんお買い物をして下さった皆様、無料送迎バスを提供してくださったベルコ四日市中央支社様、たくさんの試食を提供してくれた本町通り商店街の皆さん、本当にありがとうございました!

今回は、せっかく本町と港を往復するノルディックウォークツアーに参加する気満々で、マイポールをお持ちくださった方々がいらしたのですが、生憎の雨で中止となりました。それでも、アーケードの下を数人で歩いていらっしゃいましたね。商店街歩きは、健康にも良いということがよく分かりました。

また、本町通りの後には伊勢昆布に立ち寄り、そこでお土産も頂いたとか、泗翠庵にも立ち寄ってお抹茶を堪能されたとかとお聞きしました。間違いなく皆さんに、楽しんで頂けた事と思います。

P_20170426_122700P_20170426_125352P_20170426_113848P_20170426_113940P_20170426_125347P_20170426_114305P_20170426_114101P_20170426_113918P_20170426_113901P_20170426_114011P_20170426_114034
P_20170426_124322
最初にご挨拶をした後は、
企業のアンケートに答えて粗品を貰う人、
イケメンおっさんの包丁研ぎ屋さんとお喋りする人、
スマホの先生に手取り足取り習う人、
画家さんの作品をちゃっかりタダで貰っちゃう人、
写真はありませんが、消しゴムハンコと似顔絵のお店に座り込んでおしゃべりする人、
介護の相談をする人(が居たかどうかは分かりませんが、相談にのってくれる在宅介護支援センターの人たちは居てくれました)、
写真はありませんが足指力チェックをしてもらう人、
商店街の中をポールウォーキングする人、
みんなでお食事をしたりおしゃべりをしたり、
とにかく賑やかに過ごしていらっしゃいました。
交差点の向こうの本町プラザでは、傾聴同好会さんがスタンバイしていてくれましたが、相談者がいたかどうかは不明です。

皆さん本当にいつまでも元気で居てくださいね。そして、もし元気が減ってしまっても、本町通りへ来れば元気になるって思い出してくださいね。

皆様ご協力ありがとうございました。

今年の大四日市まつりで「岩戸山バリアフリー山車曳き」に参加予定で進めています。

本町通り商店街の岩戸山山車保存会さんが所有する岩戸山(山車)を障害の有る人もない人も一緒に曳くことにより、本町通り商店街の良さを知っていただき、誰もが気軽に出かけやすい商店街になればと思っています。

そのバリアフリー山車曳きが無事に成功できるよう、実行委員の募集をします。
(広報よっかいち4月下旬号P15にも掲載されています)

大四日市まつり当日に、障害がある人もない人も大人も子どもも一緒に山車を曳きたいと思っています。
そこで障害がある方たちにはどのような配慮が必要かなどを、一緒に考えて下さる実行委員を募集しています。

主催:本町通り商店街 岩戸山山車保存会
バリアフリー山車曳き実行委員会事務局:NPO法人UDほっとねっと

<募集対象>
実行委員 5名
当日参加 20名(団体・個人は問いません)
サポーター 20名(保護者・ボランティア等)

<募集開始>
・実行委員募集開始 4月20日~ 
・当日参加、サポーター募集開始 7月1日~
(募集人数に達した場合、やむを得ずお断りすることがございます)

<参加決定者への説明会と岩戸山見学会>
日時:平成29年7月28日(金)18:00~19:00
会場:コミュニティサロンいせや(四日市市新町1-10)
※ 法被等のお渡しや返却方法についてご説明します。
当日参加できない場合は、個別対応しますのでご相談ください。

お問い合わせ・申し込み先
電話:090-1271-6035
FAX:059-325-7246
E-mail:info@ud-hotnet.com


夜間の打ち合わせに参加しづらい方にも、できる限りご参加頂けるよう配慮します。
ぜひご連絡ください。
岩戸山実行委員募集チラシ01
岩戸山実行委員募集チラシ02

 

きゃ~~~、PRするの忘れていました!
4月も26日(水)に、本町通り商店街ボランティアストリートをします!
4月の昭和歌謡ショーと17日の市民寄席は既に終わってしまいましたが、5月からは、昭和歌謡ショーがボランティアストリートと同じ26日の午後1時からになります。

4月も冠婚葬祭のベルコさんが無料送迎をしてくださり、高花平から沢山の方々がお越し下さる予定です。

何と今月は、帰りに伊勢昆布に寄って、泗翠庵にも寄るというわがまま豪華版!
いつまでも歩いたり喋ったりお買い物をしたりという楽しみを、商店街・企業・ボランティアが力を合わせてご提供します。
無料送迎バスをご希望の地域の役員さんは、ぜひ「UDほっとねっと」までご連絡くださいね。

商店街と港を往復するノルディックウォークの参加者がいらっしゃるとの事ですが、天気が心配です!雨が降らないように、皆さん祈ってください!
P_20170424_182050

 

4月も素敵なコンサートが開催できました。今日はキーボードの御一人がご都合が悪かったのですが、お二人で素敵な演奏をお聞かせくださいました。

「日永弾き語りギターサークル」改め「ダンディーズ四日市」のお二人、MCのMr.モリックさん、本当にありがとうございました。


地元の方がチラシを見て6名、以前からのファンの方が2名お越しくださいました。だんだん浸透してきている気もしますが、次回からは以前のように「26日のボランティアストリート」の中で開催することになりました。演奏する方にとっては、やはりたくさんのお客さんの前で演奏する方が遣り甲斐がありますもんね。

次回は、5月26日(水)13時~14時です。歌詞集もご用意して、コミュニティサロンいせやで皆様をお待ちしています。ぜひお越しください。

 P_20170401_130755P_20170401_130814P_20170401_131609P_20170401_132000P_20170401_133900P_20170401_134003

3月は海蔵地区の福祉の家の方々が、20名ほどお越しくださいました。
無料送迎バスは、株式会社ベルコ四日市中央支社様にご協力頂きました。

★3月から、ノルディックウォークツアーが始まりました!
出発時間:10時40分(お昼前には戻れます)
スタート地点:いせや⇔稲葉公記念公園(往復2.5Kmほど 途中公園にトイレあり)

初参加のご夫妻  インストラクタ-さん  シーサイドウォーク
015 (10) 016 (10) 004 (20)
とても喜んで下さいました!

 
 ★みなと在宅介護センターさんと、中地域包括支援センターさんの「出張介護相談」も始まりました。(写真が無くて、ゴメンナサイ!)

 ★春休みだったので、ちびっこもボランティアに参加してくれました!
 P_20170327_104942 (1)P_20170327_103853 (1)
★皆さんをお出迎えして、ちょっとご挨拶
023 (8)P_20170327_104921P_20170327_104926 (1)



★試食が有っても無くても、みんなでゾロゾロ、お店巡りは楽しいでしょ?
P_20170327_105927 (1)P_20170327_110002 (1)P_20170327_110701 (1)P_20170327_111147_001 (1)P_20170327_111717_001 (1)P_20170327_112054_001 (1)P_20170327_112333P_20170327_112816 (1)P_20170327_113532_004 (1)P_20170327_110019_001 (1)

 

 

















★無事にノルディックウォークからお帰りのご夫妻や、ちょっと一服のオスマシさん
P_20170327_115345 (1)P_20170327_124639 (1)

★たくさんのお買い物とお喋りをして、皆さんバスでお帰りです。この後にまだ、伊勢昆布さんに立ち寄っていかればはずです。
P_20170327_134228 (2)P_20170327_134355 (1)

少し足腰に不安がある方もいらしたようですが、それぞれのペースで楽しんで頂けたことと思います。
福祉の家では、たくさんのご近所さんが余暇を楽しんでいるそうです。ぜひお友達を誘ってまた、本町通り商店街に来てくださいね。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。 

今月から、本町通り商店街ボランティアストリートの無料送迎バスは、冠婚葬祭の株式会社ベルコさんが御協力下さる事になりました。3月にお越し下さるのは、海蔵地区の「福祉の家」の役員の皆さんです。福祉の家では、もう随分前から高齢者が集まる場や趣味の場を運営しておられて、毎日何かの集まりが幼稚園の旧校舎であり、いつ行っても誰かに会えるようになっています。すごいなぁ。まずは役員さんにお越しいただいて、それから会員の皆さんにお声掛けくださる事になっています。

ところで本町通り商店街にある創業明治16年という「花月堂」さんが、とても残念なことに3月いっぱいで閉店されます。そこで、バスでお越し下さる皆さんに、ベルコさんから一つずつ「采女の里」がプレゼントされることになりました!太っ腹!

 P_20170317_005421
補助金に頼らず、商店街や様々な地元の企業のご協力でこのボランティアストリートは成り立っています。目に見えるようなお礼はできないけれど、ご高齢の方たちの一日も長い元気な姿でお返ししたいと思います。
皆さん本当にありがとうございます!

3月のご報告を忘れていました。この日も、近所の方や、たまたま通りかかった方などがご参加くださって、楽しい昭和歌謡ショーを開くことができました。

でもなかなかお客さんが増えないので、4月は今まで通り第1土曜日に開催しますが、5月からは「ボランティアストリート」を開催する26日に、一緒に行うことになりました。日にちが変わっても、ぜひまた来てくださいね。

4月開催日:4月1日(第1土曜日)1時~
5月開催日:5月26日(金)1時~

P_20170304_130323P_20170304_130401P_20170304_131708P_20170304_131855P_20170304_134747P_20170304_135213P_20170304_135220P_20170304_135226P_20170304_135631

2月27日の様子

2月と3月の26日は日曜日に当たるため、先送りした27日(月)にボランティアストリートを開催しました。
今月から無料送迎バスは冠婚葬祭の株式会社ベルコ さんが御協力くださる事になり、「本当に楽しい」という事を実感して頂くために、社員の皆さんにお越し頂きました。

まずは取り組みの御説明とボランティアの紹介      そして試食!
P_20170227_110945 P_20170227_124044
あちこちのお店をめぐりお買いもの
17092165_1203705706391464_105051026_n17101806_1203705496391485_2100070275_n

1周回ってからそれぞれのお目当てのお店に戻ってまたお買いもの
P_20170227_12164417092497_1203705913058110_556843252_n

お越しくださった方たちがお若いので、皆さん2~3周歩いていらっしゃいました。
皆さんが楽しんでくださった事は、お土産を持ってマイクロバスに乗り込む後ろ姿を見ればわかります。

この活動が、地域の皆さんに楽しんで頂ける活動だという事を、ご今回確認いただきました。
ベルコさん、どうぞこれからよろしくお願いいたします! 

↑このページのトップヘ