当会がNPO法人になる前からお付き合いのある「伊賀リフォーム研究会」にて、講演をさせて頂きました。同じ三重県とは言え、伊賀は少々地理的に遠く、心して早めに出たのですが、最後に道に迷って時間ギリギリの到着となりご迷惑をおかけしてしまいました。

テーマ
「UDのまちづくりに欠かせない当事者の声」
日時:1月15日
会場:ハイトピア伊賀
主催:伊賀リフォーム研究会
講師:伊藤順子、井上雅之

80904100_2624904824256999_6731344806699597824_o[1]81621188_2653843304696484_1526421189335973888_o

受講してくださった皆さんは建築関係者です。
住宅のバリアフリーとは違う、公共のUDについてまずはお話しなければと、ちょっと力みすぎたような気もします。

まずは法律もこの20年でガラリと変わったということ。
そして人の意識も変わらなければならないという事。
その後にようやく、公共建築物のUDについての事例をお話しました。
続く理事の井上も、視覚障がい者という立場でお話をさせて頂きました。

伊賀には「パートナーシップ宣誓制度」があります。
皆さんよくご存じで、伊賀の方々は人権への感度が高いように感じました。
釈迦に説法だったかと…反省しつつ、良い機会を頂いたと感謝ながら四日市へ帰ってきました。