カテゴリ: おでかけサポートセンター

9月だというのに、まるで夏のような暑さでした。
この日は小林町から約10名、高花平から約10名の方々が、ベルコさんの無料送迎バスでお越しくださいました。

P_20170926_111321P_20170926_113141
高花平の方達は、マイストックを持参して港までの往復を楽しまれました。けっこう距離があるのですが、皆さん健脚です。四日市にいても、初めて行ったと仰る方が多かったです。
P_20170926_113138P_20170926_115810P_20170926_115832

こにゅうどうくんグッズのお店では、かわいいスマホカバーをお買い上げくださった方がありました。
東北支援のサンマショップも、いつにも増してよく売れました。
相変わらずねぎ焼屋さんは、大繁盛。
女性陣が商店街を散策している間、男性陣は何やら楽し気なご様子。
写真はありませんが、ソルティコマダさんも、今回はよく売れたようです。

P_20170926_134701P_20170926_134620P_20170926_134821
少し早めに始まったダンディーズ四日市さんによる「昭和歌謡ショー」では、生オケで歌えると、近くのライブハウスのマスターまでご参加下さいました。私も水戸黄門のテーマソングを歌いました。(合唱)
P_20170926_135514P_20170926_135450

喜太八さんの横に停めたマイクロバスに乗り込んで、皆さん満足げにお帰りになりました。
今回の皆さんは、嬉しそうな顔が得意なのか、私たちが慣れてきたのかわかりませんが、特に喜んでくださったように思います。こんなに喜んでもらっちゃうと、また頑張ろう!って思うんですよね。

ご協力くださったベルコさん、商店街の皆さん、一日だけの出展者の皆さん、本当にありがとうございました!遠くに行かなくてもこんなに楽しい本町通り商店街です。高齢の方や障害がある方がたくさんお越し下さる事で、バリアフリーやユニバーサルデザイン化が進んでいきます。障害があっても大丈夫!ぜひ私たちのお手伝いさせてくださいね。

P_20170826_130535InkedP_20170826_112324_LIInkedP_20170826_115356_LI
今日はボランティアストリートでした。夏休み中なので、放課後等デイサービスのAAOさんから、障害がある子ども達に来てもらいました。子供たちの写真を掲載するのはちょっと難しいと思うので、今回は写真は少なめです。1枚目の写真は、バギーと呼ばれる子ども用のベビーカーのような車いすが、難なくお店に入れたシーンです。あちこちの商店主さんや無料送迎バスを提供下さっている企業の方達が、奇声を上げる子どもも優しい目で見守ってくれました。ちょっと驚いた風のお客さんも、さらりと受け流してくれました。本町通り商店街は、本当に伸びやかな所です。

P_20170826_1329361時からの昭和歌謡ショーでは、常連さんが来てくれて勝手にマイクを回してみんなで歌っていました。
なんだか、1年前とは全然違う光景です。
あ~これが継続の力なんだと、とても素敵な光景を見せてもらいました。

子ども達、ありがとう!
商店街の皆さん続けさせてくれてありがとう!

この日に協力してくださっている出店者や企業さんやボランティアのみなさん、本当にありがとうございます!

無事に、大四日市まつりでの岩戸山バリアフリー山車曳きが終わりました。
多くの方に御協力頂き、約40名の方々にご参加頂き、怪我もなく終わる事が出来てほっとしています。
P_20170806_144934 20638566_1927186124235741_7076113816511825216_n

この右側のタヌキの山車をみんなで曳きました。ここから、大通りに出て、合計5か所の演技会場で演技をする道中をみんなで「エンヤーエンヤー」と言いながら曳きました。いつもは見ていただけのお祭りに、法被を着て参加をした感想はどうだったでしょうか?障害があってもなくても参加できた岩戸山の山車曳き、暑い日でしたが大きな山車を目の前で見たりみんなで曳いたりして、きっと初めて参加した子どもにも大人にも、一生残る思い出ができたのではないかと思います。

今回は、体調に合わせて(一言言ってから)途中で抜けても構わない、山車の後ろをついてきてくれる給水車でいつでも飲み物が貰えるというシンプルなルールにしました。他にもやってみて気がついた事がたくさんあるので、来年はそれらに注意をしながら、この貴重な「岩戸山」を、障害が有ってもなくてもみんなが安全に曳かせてもらえるよう、商店街との橋渡し役をさせてもらえればと思います。

山車を引く事って、本当に大変なんですね。障害が有る人もない人も一緒にというのは簡単ですが、この大きな山車を取りまわすには危険が伴います。その危険を分かった上で関わらなければいけない事が、今回よくわかりました。私の無謀な提案を快く受け入れてくれた本町通り商店街に、心より感謝します。

20621097_1927186327569054_1988749048685735437_nP_20170806_155417

P_20170806_153623P_20170806_153324
 とても楽しい一日でした。来年も大四日市まつりは第1日曜日の開催です。どうぞお楽しみに!

6月のボランティアストリートが、無事終了しました!高角からお越しくださった皆さん、ありがとうございました!また無料送迎バスを出してくださったベルコの皆様にも感謝申し上げます!

港まで、医療生協さんと一緒にノルディックウォークを楽しまれた方がありました。
金物屋の「みだや」で洗濯バサミを買った方や、「魚太」のおかみさんとお喋りをしながらはんぺんを買った方もありました。
「サントレー」のドーナッツや五穀パン、他にも時雨やお餅など、皆さんにたくさんご試食頂き、ご購入いただきました。ありがとうございました!
今回から加わった「はっしーの東北支援サンマグッズの店(仮)」や、先月からの「こにゅうどうくんグッズ」の店、絵手紙の店、介護相談、冠婚葬祭の相談コーナーもありました。7月からは「福祉の店」がご出店下さることになりました。

1時からはコミュニティサロンいせやで「ダンディーズ四日市」による昭和歌謡ショーが始まり、皆さん大声で歌った後は、バスで伊勢昆布へGO!2時にニッコニコの笑顔の皆様を、無事にお見送りすることができました。

毎月26日は、「本町通り商店街ボランティアストリート」の日です。高齢になっても障害があっても、お店を出したり遊びに来たり、みんなで楽しく過ごせる本町通り商店街へ、ぜひ一度遊びに来てくださいね。

本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (4)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (5)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (6)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (9)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (3)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (2)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (1)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (10)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (7)本町通り商店街ボランティアストリート20170626 (8)

↑このページのトップヘ