フォローアップセミナー

ユニバーサルデザインセミナー 2019(第1回フォローアップセミナー)

川内セミナー必見・必聴!
ユニバーサルデザインセミナー2019

設計者の川内 美彦氏の解説付き!!
東横INN近鉄四日市駅北口ハートフルルーム(ユニバーサルデザインの客室)
     見学会
      &
日本のユニバーサルデザインの第一人者
  川内 美彦氏 講演会
(見学会と講演会は無料)

※終了後に会費制の懇親会あり
(3,000円 当日支払い)




日時:2019年 6月2日(日)

・見学会13:30~14:00 現地集合
(東横INN近鉄四日市駅北口1階ロビー:四日市市諏訪栄町8-4)
・講演会:14:30~17:30 じばさん三重6階 展示室
(近鉄四日市駅より徒歩5分:四日市市安島1-3-18)
・懇親会:18:00~20:00 同上

場所:東横INN 及び じばさん三重 6階 展示室

【講師・川内美彦(かわうち よしひこ)氏のご紹介】
アクセスプロジェクト主宰 一級建築士 工学博士
 1990年アメリカ滞在中に、「ユニバーサルデザイン」の提唱者、ロナルド・メイスと出会い、ユニバーサルデザインの考え方を日本に紹介したユニバーサルデザインの第一人者。

だれにでも使いやすく、安全な建物やまちづくりについて発言している。また、「福祉」という視点ではなく、障害のある人の社会へのかかわりを権利として確立していく活動を展開している。

2019年3月に東洋大学人間環境デザイン学科教授を退職し、現在は各地で講演を行う傍ら、自治体のプロジェクトに参加する。

毎日新聞が主宰する「毎日ユニバーサル委員会」委員 毎日ユニバーサル委員会
https://www.mainichi.co.jp/co-act/barrier-free.html
QR_Code毎日ユニバーサル委員会
☆主要著書☆
発見! 体験工夫がいっぱいユニバーサルデザイン」(単著)学研プラス、2017年
「ユニバーサル・デザインの仕組みをつくる」(単著)(学芸出版、2007年)
「ユニバーサル・デザイン ―バリアフリーへの問いかけー」(単著)(学芸出版、2007年)
「バリア・フル・ニッポン」(単著)(現代書館、1996年)

☆お問合せ&申込方法 
メールフォームまたは下記申込書に書き込んで、FAX、メールのいずれかにてお申し込みください。
►►参加お申込みメールフォームはこちらから
QR_Codeメールフォーム
FAX、Eメールの方は、氏名、参加希望項目、ご連絡方法をお書込みの上、次のところまでお申し込みください。
・FAX:059-325-7246(チラシのダウンロードはこちら
・E-mail:udhotnetoffice@gmail.com
・電話:090-1271-6035(伊藤)

 ユニバーサルデザインセミナー 2019 参加申込書

参加者氏名

※参加を希望されるものに〇を付けてください。

※懇親会、当日キャンセル不可。(キャンセルの場合は前日午前中までに)

氏名

1    見学会

第2部 講演会

第3部 懇親会

氏名

1    見学会

第2部 講演会

第3部 懇親会

氏名

1    見学会

第2部 講演会

第3部 懇親会

ご連絡方法

 ※個人情報の取り扱いについて
個人情報はNPO法人UDほっとねっとの事業のんない以外には使わずに、厳重に管理を
いたします。

ご都合の良い方法をお選びください

電話

FAX

メール

 

※情報保障に関しては、お住いの自治体へお申し込みください。

第3回UDアドバイザーフォローアップセミナー 「名古屋AJUわだちコンピューターハウスと福祉用具プラザ見学」

3 UDアドバイザー フォローアップ講座を行いました。

 【概要】

●日時:1215()午後

●見学場所:名古屋市

①AJUわだちコンピュータハウス

②なごや福祉用具プラザ

●集合場所:1245 地下鉄桜通線 桜山駅 改札外にて

 

【おおまかな計画】

13時ごろ AJU途中で各自 昼食調達

・到着後、AJUわだちコンピュータハウスの 食堂をお借りして食事
・水谷氏によるレクチャーと見学
(1時間半程度)

15時ごろ なごや福祉用具プラザで福祉用具・自助具・住宅改修コーナーなどの見学(1時間半程度)
 

・交通費は各自負担

・桜山駅から「わだちコンピュータハウス」及び 「なごや福祉用具プラザ」へは徒歩で移動

・見学は無料


48375810_2009826442434227_1370469479414235136_n[1]48264349_2009836565766548_609653840114876416_n[1]48270569_2009832802433591_7534281409314160640_n[1]48375024_2107053829625307_3789809945772294144_n[1]48371113_2107052956292061_2053647022128365568_n[1]48332799_2107053949625295_8120819911535624192_n[1]
寒い日でしたが、UDアドバイザー養成講座終了者やほっとねっとのメンバー7名で、名古屋まで出かけて行きました。

この東海地区のトップランナーであるAJUわだちコンピューターハウスは、30年以上前からコンピューターで仕事をする事を選んだ障害がある方たちの仕事場でした。驚きです!

名古屋福祉用具プラザは、名古屋市が運営する福祉用具の展示場ですが、福祉機器だけでなく、衣類のオーダーやIT機器、住宅改修など、多岐にわたって相談ができるところでした。

参加した人たちは、それぞれ見るところが違っていたようですが、みんな学ぶところが多かったようです。

今後も不定期ですが、フォローアップ講座を開催していきたいと思います。

AJU様、大変お世話になりました。


第2回UDアドバイザーフォローアップセミナー 「ハイテク生活を送るYさんち見学」

UDフォローアップ第2回目、Yさん家のハイテク生活を見学に行ってきました。
Yさんは学生の時の事故が原因で、首から下が動きません。
しかし環境制御装置などを活用して、自分でコントロールできる物を増やし、快適な環境を作り出していらっしゃるということで、みんなで見学に行きました。
日常だけでなく、災害が起こった際の対応なども、日ごろから人一倍念入りに準備をしていると伺い、まだまだ私たちでは想像すらできない心配や御苦労が有る事を知りました。(個人宅の見学であるため、写真での紹介はしません)

ただ、川越町が運行するふれあいバスは、事前の調べではリフト付きなので何も心配が無かったはずだったのですが、なんとその日に限って車両の故障のためにリフトの無いバスが来てしまった!
「福祉タクシーに電話をしても急には無理だ」とか大騒ぎをしている我々を見て、機転を利かせてくれた運転手さんと役場の対応で事なきを得たのですが、かなり焦りました。やはり、予約は入れておくべきでした。そのバスの写真だけ、ちょっと御紹介しておきます。こんな無料のバスが町内を走っている川越町って、本当に凄いと思います。
40010709_472183729926794_6140262272028639232_n

第1回UDアドバイザーフォローアップセミナー 「ヘルプマークセミナー」

三重県ヘルプマークアンバサダーの小崎さんにお越し頂き、本町通り商店街のコミュニティサロンいせやで、ヘルプマークセミナーを開催しました。これは、UDアドバイザーへのフォローアップセミナー①でもありました。

39277151_319229748621637_5079835138704015360_n[1]39310518_549534285466648_4217757901575421952_n[1]39266621_454935438346174_3852815058715279360_n[1]39223183_1842532589163614_264411131773190144_n[1]


思いのほか多くの方にお越し頂き、小崎さんのお話からそれぞれが化学反応を起こしたかのように様々な感想をお話しくださいました。商店街の店主さん達にもご参加頂くことができ、開催して本当に良かったと思っています。この商店街が、ヘルプマークのポスターだらけになるといいですね。

平素は「誰かの優しさに頼らない、自立度を上げるハードの整備、業務の一環であるユニバーサルサービスの整備を!」と声高に言っていますが、小崎さんの仰る「思いやりのある社会を」というのと、結局目指すところは同じ、「様々な人が一緒に暮らしていく社会を、より心地よいものにしていこう」ということなのだと再認識しました。

誰かの痛みを知る事で、誰かへの配慮ができる人になれる。(物づくりを含めて)

そういう学びの場を今後も提供しながら、UDの街づくりを進めていきたいと思います。



東京オリ・パラリンピックにおけるアクセシビリティについてのミニセミナー無事終了!

◆日時:7月8日(金)13:30~15:30
◆会場:四日市市文化会館2階 会議室(1)

P7080588
P7080590

おかげさまで、無事に上記セミナーを終了いたしました。
川内先生にとっては、会場は小さかったものの、内容はびっちり2時間で、全然ミニではない過酷なミニセミナーとなってしまいました。

前半は障害者権利条約、差別解消法、合理的配慮、医学モデル・社会モデルなど、参加者の皆さんには聞きなれない言葉もあったかもしれませんが、先生のお話はとても分かりやすく、初めての方でも疎外感が少なかったのではないかと思います。

LGBTに配慮した今後の公共のトイレの動向にびっくりしたり、IPC(国際パラリンピック委員会)のアクセシビリティガイドの先進性に驚いたり、バリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の不備について学んだり、新築されるアクアティクスセンターの大会後の減築計画についてお聞きしたり、三重県に居てはなかなか知る事のできないお話を聞くことができました。

実はセミナーと懇親会終了後に、先生を近鉄四日市駅から徒歩10分ほどのバリアフリールームのあるホテルにご案内しました。「では明日はお見送りは予定していないので」などと気軽に失礼なことを言ったものの、夜中に激しい雨の音を聞いて、もし翌朝タクシーがつかまらなかったら、次の津での講演に間に合わなくなる!と気づき、翌朝駅までの送迎をさせて頂きました。配慮できているつもりの自分がこうなのですから、普段どれだけ様々な障害を持つ人達が、「ちょっと考えれば誰でもわかる事なのに、誰にも気づいてもらえない理不尽さ(合理的配慮の不提供)」の中にあるのかと、想像しただけで空恐ろしくなりました。

今後も、一人でも多くの方にUDの必要性をちゃんとご理解頂けるよう頑張っていこうと、改めて思いました。
川内先生はこんな人
https://www.toyo.ac.jp/site/hld-teacher/kawauchi.html
著書はこちら
http://www.amazon.co.jp/%E5%B7%9D%E5%86%85-%E7%BE%8E%E5%BD%A6/e/B004LQKO3C

=======================
ここから先は、以前にセミナーを告知した際のご案内文です。
=======================
東京オリ・パラリンピック開催を2020年に、また三重国体開催を2021年に迎えるにあたり、施設や情報をより利用しやすくするにはどうすればよいのか?東洋大学 人間環境デザイン学科 川内美彦教授を迎え、実例をご紹介頂きながら、わかりやすく学ぶ機会を設けました。

◆会場:四日市市文化会館2階 会議室(1)三重県四日市市安島2丁目5−3
◆日時:7月8日(金)13:30~15:30
◆連絡先:090-1271-6035(伊藤)
 参加希望の方は、上記連絡先までご連絡ください。ご連絡お待ちしています。

============
川内先生からのメッセージ
「東京オリンピック・パラリピックにおけるアクセシビリティ」

ごたごたしていた新国立競技場の設計者も決まり、設計作業が本格化していますが、それ以外にもたくさんの競技施設が新設、改修されます。そしてこの大会は、わが国が障害者権利条約を批准した国として開く国際イベントでもあります。条約に言う「他の者との平等」を実現するために英米では何が行われ、わが国では何をどうすればいいのか。実例を紹介しながらお話ししたいと思います。
============
※この講演会は、一般社団法人 三重県建築士会 地域貢献活動助成金を活用しています。

川内セミナー