仮面ライダー&ゴセイジャー、今夏は3Dに!
「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の劇場版シリーズ最新作「仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ」「天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー」の製作会見が6月1日、東京・有楽町の東京會舘で行われ、主要キャストが一堂に会した。夏の風物詩とも言える2大ヒーローの同時上映は、記念すべき10年目を迎え今年は2作品とも3D上映となる。スーパー戦隊シリーズ34作目となる「天装戦隊ゴセイジャー」は、“護星界”から地球を守るためにやってきた5人の見習い“護星天使”の活躍が描かれる。ゴセイレッド役の千葉雄大は、「初めての映画出演です。アクションシーンで駆け抜ける自分たちの姿をスクリーンでみてほしい」と語った。お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世は、おなじみのネタ「ルネッサ〜ンス!」のギャグで会場を沸かせたあと、「今回は役者として頑張っています。伝統あるシリーズなので現場では全然おちゃらけていません!」と力説。相方のひぐち君も、アナウンサー役でゲスト出演している。一方の「仮面ライダーW」は、ライダー史上でも初となる2人で1人の探偵ライダーという設定。坂本浩一監督は、「劇場版の時間軸は、テレビのクライマックスの直前の設定です」とテレビ版とリンクする展開であることを明かした。仮面ライダーWの翔太郎とフィリップを演じるのは、桐山漣と菅田将暉。「いつもは翔太郎が表だとするとフィリップは裏。けれど劇場版では、フィリップが表で翔太郎は裏。翔太郎は物語の軸を支える役どころ」(桐山)、「今回はフィリップの成長物語で、ある意味、主演の責任のようなものを感じています。17年間生きてきたすべてを出さないと演じられない役」(菅田)と意気込んだ。劇場版のゲストとして松岡充、杉本彩、須藤元気らが脇を固める。敵役の仮面ライダーエターナルに扮する松岡は、「歴史あるシリーズに出演できるとは思っていなかった。真面目に生きていれば夢はかなうんだなと思った」と感無量の面持ち。マリア・S・クランベリー役の杉本は、「監督から子どもの映画だからといって遠慮しないでほしいと言われたので、(フェロモン、セクシーさ)全開で演じました」と胸を張った。「仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ」「天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー」は東映配給で、8月7日から全国で公開。 「仮面ライダーW(ダブル) FOREEVER A to Z 運命のガイアメモリ」の作品情報はこちら
中村優一、松本若菜とのラブロマンスに「手が震えた」
仮面ライダー電王、地下鉄ジャック! 銀座線〜丸の内線を横断

宇宙はどこまで広がっているんでしょう。。
よくそんな途方もないことをよく考えていましたが、もうこの時代
そんな夢の話ではなくなってきましたね。下手したら宇宙旅行でも
いけるような時代ですからね、、。早くガンダムできないかな、、ww

PICKUP
過払い請求専門司法書士

東京メトロ東西線中野駅

知って得する保険の知識

泡盛

専業主婦の借金 自己破産

猪突猛進(ちょとつもうしん)

アメリカンラガー

法則があります。借金返済 個人民事再生

夢の懸賞☆生活

税理士事務所の選び方[札幌市]