手相占い芸人・島田秀平「アバター」ナヴィ族の手相にダメ出し
M・ナイト・シャマラン監督最新作「エアベンダー」の公開を記念し6月22日、東京・台東区の浅草神社で、手相占いが人気のお笑い芸人・島田秀平と書家・紫舟が祈祷イベントを行った。同作は、気、水、土、火の4つの王国が争う世界で、気の王国最後の能力者(ベンダー)となる少年アンをめぐる運命と戦いを描く3Dアドベンチャー大作。島田は、同作のテーマとなる4つの元素がまつられたパワースポットを選定。気のパワースポットの浅草神社を筆頭に、京都・貴船神社を水、埼玉・三峰神社を土、東京・高尾神社を火のパワースポットに選んだ。得意の手相の知識も披露し、「最近の映画は映像がきれいで、手相まで見えるんですけど意外と合ってない。『アバター』の青い宇宙人は、自然と共存しているのに金運線が長かった」とダメ出し。「エアベンダー」の主人公アンには、「カリスマ線、ボランティア線、神秘十字、お見通し線の4つを合わせた『エアベンダー線』というものがあるはず」と話した。一方、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字などで知られる紫舟は、気、水、土、火の文字を特製のパワーフラッグにしたためるライブパフォーマンスを披露。島田は、紫舟の手相も見て「あげまん線があるので、紫舟さんの力で映画もヒットするのでは」とPRに努めた。紫舟がしたためた4本のパワーフラッグは、島田の選んだ4つのパワースポットで祈祷を受け、7月8日に東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われるジャパンプレミアの会場に再び結集する予定。「エアベンダー」は7月17日から全国で公開。「エアベンダー」の作品情報はこちら
「龍馬伝」で話題の美人書家、シャマラン監督作とコラボ
M・ナイト・シャマラン監督の「アンブレイカブル」続編構想は難航



宝くじ、最近少し買おうかな〜って思ってます。
少し買ってみて、「これ当たったら何買おう」とかたまに考えてみる
のがささいな幸せだったり、、、、ww
これを捕らぬ狸の皮算用って言うんですよねw

PICKUP
レーシックの医療費

レーシックで視力回復【群馬】

任意整理の費用は?

任意整理を依頼した法務事務所

ネットで検索してレーシック

企業の要望に沿った税理士事務所

エステで骨格・骨盤矯正できる

東京メトロ日比谷線北千住駅

総量規制は年収で借入額が決まる

相占であなたの運命わかります