スキンケア
コラーゲンのうりである最も重要な効果は美肌効果であります。コラーゲンを摂取することにより、体中のコラーゲンの代謝が活発になり、肌の潤いやハリに効果があります。体の中のコラーゲンが不足すると老化を助けることとなるので、若々しくいるためにも積極的に摂取すべきです。水分不足が気になる肌は、日々顔を洗うこととその後、潤いを閉じ込める作業を正しくやっていくことでより良くすることができます。週7日メイクをされる人の場合には、毎日のクレンジングから変えてみましょう。メイクを落とす上で気をつけるコツは、化粧を残りなく落とした上で同時に、過度な角質や皮脂汚れは肌から取りすぎないようにすることが大切です。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で重視されることです。これを怠けてしまうとますます肌が乾燥してしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。ほかにも保湿効果のある入浴剤を使ったり、お湯をあまり高温にしないというのも乾燥肌に有効です。カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにしてください。力任せに洗うと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。また、洗顔を行った後は欠かさず保湿をしましょう。化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて使用してください。「美しいお肌のためには、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白に関しても言えることです。本当に白い肌にしたいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコによってビタミンCが壊されてしまうことです。喫煙すると、美白にとって重要なビタミンCが破壊されることになります。