まず、本気で転職したくなった理由を思考してください。誰かに見せるためではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現を変換してください。長々と転職の理由が続くと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長さには注意しましょう。辞める理由が長時間労働だという場合は「より効率的な仕事を希望」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」という表現にすれば悪い印象は受けないでしょう。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じさせるられるようになります。履歴書には文字数が150から200文字が理想ということです。転職活動は辞職前から行い、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐ働けますが、転職先がすぐに決まらないこともあります。無職の状態で、半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞めないことをお勧めします。面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔感のある装いで面接に挑戦するというのが重要なポイントです。緊張することと思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接本番に備えるようにしてください。面接の際、質問されることはほとんど決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大切です。焦りながら転職活動を行うと、目先のことにとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選ぶこともあるかもしれません。その結果、前歴よりも年収が低くなってしまう事もあります。そうなってしまったら、なんのために転職したのかと後悔したくなるでしょう。給料にも満足できるような職に就きたいなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。
転職 ハタラクティブ