2017年07月

2017年07月31日

宿題終わらずふてくされて登校

次男の部活では今月中に宿題をすべて終わらせるようにと、顧問の先生に言われていました。

昨日の夜は、寝ないで、やっていたようです。

23時ころ、

「ママ、技術の宿題でパソコン使うから開いておいて」

「OK」

パソコン開いたとたん、私、寝てしまいました。

ダメだな私。

ホントは、息子に付き合って起きていようって思ってたのに。

結局4時ころに起きました。

息子は、ちゃんと起きていて、居間で宿題をしていました。

5時半ごろパンが食べたいと言ったので、コンビニで、カフェラテとパンを購入。

戻ってきたら、なんと息子はソファーで眠っていました。

まだ、やり残しているものもあるはずなのに。

起こしても起こしてもダメで、7時に家を出なくてはならないのに、6時半まで寝ていました。

どうして、ギリギリにならないとできないのかな。

どうして計画的にできないのかな。

6日間の猶予があったのに。

結局、全部は仕上がらずに提出するのか、学校で仕上げるのかわかりませんが、どちらにしても大目玉を食らうことと思います。

バカだなー。


ちなみに、長男の中学の時も同じシチュエーションだったのですが、

「ママ、ちょっと手伝ってくれない?」

と言われたのを覚えています。

確か、下書きした作文の清書。

鉛筆の字をなぞるだけだから、と泣きつかれ、朝起きてすぐにそんな作業を手伝わされたことを思い出しました。


次男は決して手伝ってとは言わなかったけれど、ギリギリになって徹夜する感じは長男と一緒。

何度言っても、ギリギリまで遊んじゃうんだよな。

ふてくされて行ったけど、どうなったのかなー。





にほんブログ村







2017年07月28日

悪い子に罰が当たった

なかなか髪を切りたがらない息子達。

次男は運動部なのに、切りたがらない。

短い方が、さわやかにみえるのに。。。。


今日やっと部活の合間をぬって、床屋に行ける時間ができた。

中学生は確か1500円くらいだろうと、2千円渡して用事足しに出かけた。

さっき帰宅したら、まだ次男は出かけていなかった。

シャワーを浴びていたらしい。

何をちんたらやっているのだ、と次男の顔を見る。

なんか変。





前髪、自分で切ってる?

先日、三男の眉毛で笑ったばっかりなのに。

(眉毛事件はこちらから)

「どうした、前髪?」

「え?なんか変?」

「自分で切ったしょ?」

「いや、、、、別に」

「うそついてもわかるよ、かなり変だから」

「風呂で切った」




ここで気づく、息子の悪知恵。

自分で切って、床屋に行ってきたと嘘をつく。

なんか変に切られたさ~とかなんとか言って、私をだまして床屋代の2000円をふところに。。。。。

こういう魂胆に違いない。

しかし、思ったより私が早く帰宅し、シャワーから出てくるところを見られたために、嘘を断念。

床屋に行かざるを得なくなった。。。。

ということだろう。

これで、私があと5分遅く帰ってきたら、切ってきたと嘘をつくことになったのかもしれない。

なんてこった。

2000円ゲットのために、かなりのチャレンジだ。



しかし息子よ、そのオリジナルの髪型は、100年の恋も冷めるようなひどい出来だよ。

よくも、そんな風に切ったものだ。

第一印象を決める大事な大事な前髪をザクザクに。。。。。

今頃、あきらめて床屋で事情を話していることだろう。

アノ髪型を、プロはどうやって直してくれるんだろう。

楽しみで仕方ない。



にほんブログ村













2017年07月27日

モラタメさんからの当選品♬

またまたモラタメさんから、当選品が届きました。

小林製薬の「濃い杜仲茶」です。

杜仲茶はこれまで、いろいろ試してきました。

苦手な人も多いと思うけど、私はわりと杜仲茶の味が好きなんです。

この小林製薬の「濃い杜仲茶」はゲニポシド酸が従来の8倍だそうです。

ゲニポシド酸って、杜仲茶好きのダイエッターならみんな知ってる健康成分。

動脈硬化や高血圧の予防、メタボ対策にうってつけの成分です。

ダイエット効果も見逃せません。

ということでさっそく煮出してみました。


170727_0659~010001 (002)



水の量が多かったのか、それとも濃い目が好きな方は2パックで、と書いてあったからか、パッケージよりはやや色が薄めの仕上がりになってしまいましたが、飲んでみたらちょうどいい。

とってもおいしくいただきました。

15パック入りだったので、しばらく飲めそうです。

お茶って長く続けるのがポイントですよね。

以前、ある会社の杜仲茶を飲んでいましたが、値段を見たら小林製薬の方がお得かも。

高いと続けられないから。





この夏、モラタメさんからいろいろもらえて幸せ。


ご登録はこちらからどうぞ






にほんブログ村






2017年07月27日

朝起きてトイレに行くのが憂鬱

わが家は、ダンナと3人の息子がおり、以前はトイレの尿ハネ、飛び散りに頭を悩ませていた。

飛び散りどころか、便器を伝ってタラ—っと垂れている日もあり、気が狂いそうだった。

壁は拭いても拭いても、なんだかスッキリした感じにならなかった。

限界に達した私は、男どもに座りションを提案。

立ってしたいなら、掃除も担当することにした。

それは大変だ、と全員が座りションを快諾。

それでも目を離すと、いつも通りに立ってしているヤツがいるらしく、たまーに飛び散りを発見したりする。

なので、トイレチェックはこまめにしているのだが、最近になって新たな問題点が出てきた。

それは、流さないこと。

今までは、便器に向かって用を足してレバーを回すという、一連の動きがスムーズだったのだが、座りションではそうはいかない。

ズボンをあげたら、くるっと便器の方を振り向きレバーを回さなくてはならないから。

めんどくさいのか、ホントに忘れて出て行ってしまうのかは、わからない。

だけど、私がトイレに入ると、3回に1回は、誰かのが残っているのだ。

何度か、そのたびに注意したが駄目だった。

大ではないのが、せめてもの救い。。。。。


朝、起きてトイレに入ると必ず流さずに残ってる。

ダンナだ。

朝なので、下のお宅に響かないようにと言う配慮なのかもしれない。

でも朝1番のおしっこは濃い。

あんな濃いのを残さないでほしい。

次に入った私がどれだけイヤな思いをするのか、考えてほしい。

子供達も流さないことが多々ある。

いくら消臭芳香しても、残されていると効果も半減だ。

ホント気が滅入る。


流さないことは、見た目やニオイだけではなく、尿石がこびりつく原因にもなる。

何度もクエン酸でごしごしするハメになった。

スクラビングバブルも溜まった尿にはお手上げなのか、尿石を食い止めることはできない様子。

結局はゴム手袋の私が力技で落とすのだ。


しかし、この流さないという行為は、私のせいでもあるのかもしれない。

最近そう思い始めた。

と言うのも、誰かと「トイレに行きたいタイミング」がぶつかってしまった時、

「お先にどうぞ、流さなくていいからね」

と言ったことが数回ある。

これは、おチビのおしっこなんてほんの少々なのに1回分の水を流すのはもったいないという、私のビンボー根性から出た言葉。

そこからいいように解釈して、ママが流すから俺は流さなくてもいいんじゃね?的な感じで流すことをしなくなったと思い始めた。

確かにわが家の水道代は高い。

でも、トイレで不快な思いをするのはもう嫌だ。

みんな、口で言ってもきかないから、張り紙でもしようか。


「流さない人、トイレ掃除」

効果やいかに(笑)



にほんブログ村













2017年07月26日

本物のうなぎ

昨日の晩ご飯はうなぎ。

わが家はみんなうなぎが大好きなんだけど、そうそう買えるわけじゃないので、年に1度だけ。

2尾買って4人分。

しっぽの1~2センチを私が食べる(笑)

毎年そんな感じ。


ふっくらさせるために、フライパンにうなぎを入れ、砂糖とみりんとしょうゆを足して、うなぎのタレを増やす。

弱火で少し煮詰まった感じになったら、薄く斜め切りしたネギを入れてタレと絡める。

ご飯に、うなぎについてきたタレを回しかけ、ネギ、うなぎの順に乗せて仕上げにタレ。

そして刻みのりと山椒。

ビンボー家は、うなぎのタレは買わずに作るの。

うなぎの量が少ないな~と思ったら、錦糸卵をご飯の上に敷きます。

白いご飯が見えると寂しくなるので。


「うなぎ大好き~」

三男の声が響いた。

「今日は本物のうなぎだ」

と次男。

実は、たまに鱧(はも)を買って、うなぎのように食べることがある。

値段は1尾300円くらいだったっけ。

骨切りして魚焼きグリルで焦げ目をつけてみたが、やはり炭焼きの香ばしさは出なかった。

煮詰めたタレは上出来だったが、

「今日のうなぎなんか違うね」

とダンナに言われたので、鱧だと白状したのだった。

それでも、うなぎ気分は十分に味わえるので、なんちゃってうなぎでもいいかな~なんてちょっと頭をよぎったけど、お店もうなぎが売れる昨日は、鱧なんて置いてなかった。

ワンコーナー全部うなぎだもんね。


まあ、1年に1度くらいは「本物のうなぎ」(笑)食べさせてあげないと、鱧とうなぎの違いが判らないままになっちゃうのかな~。

それにしても、うなぎ高いな。






にほんブログ村




















2017年07月26日

彼女がいるのに他の女の子と。。。。

20時ころ、次男に電話が来た。

佐藤という女の子からだ。

次男には彼女がいるが、佐藤さんではないハズ。

クラスの連絡網ってことでもないだろう。

受話器を持って、トイレに行ってしまった息子の会話が気なる(笑)

戻ってきた息子に聞いてみた。


「佐藤さんて誰さ」

「あーA組の子」

「ちがうクラスの子から電話って、、、それで?なんだってさ?」

「明日遊ぼうって言われた」

「彼女におこられないの?バレたらヤバいじゃん」

「大丈夫、他に1人いるから。2人っきりで遊ぶわけじゃないから」

コレは確実に嘘。

目が泳いでた(笑)

明日、部活が午後からなのに

「ママ明日7時に起こして、絶対に」

午前中に遊ぶの?

まあ健全ではあるけれど、午前中は勉強してほしいわ。

私に話す次男の顔は、ちょっと紅潮してて、明らかにドキドキしている様子。

そういえば、最初に電話に出たのは私だったのだが、佐藤さんもかなり緊張してたな。

今の時代、中学生でスマホ持ってる子はかなり多いから、家の固定電話に電話することも少ないんだろう。


とにかく、彼女以外の女の子と遊びに行く予定の息子。

何するかはわからないけど、財布に200円くらいしか入ってないよ。

大丈夫なのか?

1000円くらいあげようかな、とか考える親バカな私なのであった。





にほんブログ村




2017年07月25日

夏休みの初日 休んでいたのはダンナだった

小中学校で、夏休みが始まった。

夏休み初日、三男は学校で勉強会。

きょうから3日間、先生が付き添って勉強をみてくれるので、午前中は学校に通う。

次男は部活。

朝から出て行った。

長男はお盆くらいしか休みは無いらしいので、いつも通り登校。



お昼ごはんは作らなくてはならないが、なんとなくいつも通りの朝。

、、、のハズだった。


「朝飯は?」

「。。。。。」

具合悪いわけでもなく、有給休暇を使ってダンナが休んでいた。。。。。


あー

これで私の1日が狂い始める。

朝ドラ見れないし、買い物に付き合わされる。

洗濯などの家事よりもダンナの用事を優先させられてしまう。

家事が残ってるというと、

「そんなの帰ってきてからできるじゃん」

確かに後からでもできるけど、洗濯物は早く乾かしたいし、テーブルの上のものくらい片付けたい。

ダンナが寝ていた、布団だって早くしまいたい。

それをぜーんぶ後回しにしてまで、化粧をして出かける用意をしろと言うのだ。

帰ってきたら帰ってきたで、私には残していった家事がまるまる残ってる。

ダンナは、ソファーに寝っ転がってゲーム。

そして、

「昼飯どうすんのよ、もうすぐ子供達帰ってくるぞ」

と、またご飯のこと。

腹立つ腹立つ腹立つ


せめてもの慰めは、ギリギリ朝ドラの再放送が見れたこと。



亭主元気で留守がいい。。。。。。。。

いつか言ってやりたい。





にほんブログ村







udolove at 17:41コメント(0)
 

2017年07月25日

息子が夜中にしてたこと。。。

夜中に次男がのそっと起きていった。

トイレだと思ったが、どうやら台所に向かう様子。

こっそりのぞくと、紙コップに何か入れてる。

何?

寝ぼけて、尿検査でもするつもり?



その紙コップをレンジに入れてチン。

しばらくして、もう一回チン。

どうやら、べっこう飴を作るらしい。

アルミホイルをバットに敷いたから間違いない。



でもどうして?

どうして夜中にべっこう飴?

飴ならたくさん、あるのにさ。

母さんには、アンタのすることが全く分からないよ。




にほんブログ村






2017年07月24日

高性能ティッシュの落とし穴

水に溶けるティッシュはトイレでも使えて、外出先では重宝する。

普通のポケットティッシュで十分なことの方が多いが、なんとなくいつも水に溶けるタイプを買ってしまう。



先日、とても暑い日に行われた参観日。

学校に着いたとたんに噴き出すように汗が流れ落ちた。

子供の教室に行く前に、この噴き出す汗をどうにか落ち着かせなくては、とトイレに。

鏡の前でハンカチで抑えるが、まだまだ出てくる。

首を流れる汗に、ハンカチも吸水できないほどになる。

このままじゃせっかくの化粧も流れてしまう、と慌ててティッシュで応戦。

ここで、チャイムが鳴り教室へ。


流れる汗を、小さくたたんだティッシュでふき取る。

もう化粧は崩れることを覚悟して、汗を拭くことだけに集中。

10分くらいで汗は引いた。

一安心して授業を参観。

なんだか感動して、涙ぐんでしまった。

またまたティッシュの出番。

帰りの会になり、いったん廊下に出た。



化粧でも直そうかとトイレに行く途中、ばったり出会ったママ友に

「顔どした?ゴミついてるよ」

と指摘されてトイレの鏡を見る。


もちろん化粧はほとんど流れてる。

でももっと衝撃だったのは、私の顔にティッシュのゴミがついていることだった。

その数、5~6個。

よ~く見なくてもついてるのがわかる大きさ。。。。。。



先生はどんな思いで、授業をしていたのだろう。

先生と目が合ったこと、数回。

いくら端っこに立っていたからって、絶対に気なっていたはずだ。。。。。


水に溶けるティッシュは、汗や涙にもポロポロ溶ける。

鏡の無いところで、安易に顔に使うのは危険度大。。。。。。

ゴミだらけの顔ですまして授業を参観するオバサン、、、

想像してください(泣)




にほんブログ村








udolove at 23:04コメント(0)
 

2017年07月24日

夏が嫌い 汗かきだから

暑い日が続き、毎日汗だくです。

痩せないけどね。

脇汗はほんとに嫌なんだけど、パッドや下着や制汗スプレーなんかで、何とかごまかせる。

でも、頭や顔の汗は目に見えて暑苦しい。

家なら、首にタオル巻いてすぐに拭けるけど、外出中や行事なんかではタオルハンカチで抑えまくり。

もちろん1枚では足りない。

顔の制汗って難しい。

ガッキーが冷やし雪肌精とか言って、涼しげにCMで微笑んでいる。

しかし、そんじょそこらの汗かきじゃない、生粋の汗かきな私は冷やした化粧水で引き締めても、ものの5分で汗が。。。。

顔よりも厄介なのが、頭からの汗。

てっぺんから少しずつ仲間を増やし、首をダラダラと流れ落ちる。

最近流行ってる、抜き襟のブラウスなんか着てたら、流れ落ちる首の滝汗が丸見えなのだ。

だからといって、汗を気にして水分を控えるということもできないし。

制汗スプレーは熱中症になってしまうから、脇と足にしか使ってはいけないって言うし。



そんな私のダラダラ汗で暑苦しく見せない方法。

それは、時間に余裕を持って行動すること。

移動していて止まったとたんに吹き出る汗は仕方ないのであきらめる。

ただし、その汗もいつまでも出続けるわけではない。

ある程度落ち着いたら、ひんやりするようなシートでふき取る。

保冷剤包んだハンカチで顔を冷やし、うちわや扇子で仰いで、化粧を直せば完璧。

家を出る時間を15~20分早めるだけで、気持ちの余裕もできるし、汗の処理もできる。

来月、売り子のバイトもあるし、なんとか乗り切りたい。







にほんブログ村





udolove at 10:51コメント(0)
 

2017年07月23日

ホワイトボードに謎の文字

わが家にあるA4サイズより少し大きなホワイトボード。

もの凄く使用頻度が高い。

裏にマグネットが貼ってあるので、冷蔵庫にも玄関ドアにも貼れる。

絶対に忘れてはいけないものがある前日には、「写真代」「習字セット」などと書いて玄関のドアに貼っておく。

買い物に行くとき忘れないように、「みりん」「玉ねぎ」なんて書いて冷蔵庫に貼っておくこともある。

それで、さっき気づいたんだけど、食品庫に貼ってあったホワイトボードに

「コーンポタージュ、メロン味」

と書かれていた。

30秒ほどフリーズしてしまった。

もちろん私が書いたものではない。

次男の字だ。

何か買ってきてほしいことはわかった。

ただ、、、、コーンポタージュのメロン味はきっとどこにも売ってないと思うよ、、、、次男君。




にほんブログ村




2017年07月21日

次男が成長している

次男が宿泊学習から帰ってきた。

少ないお小遣いで、自主学習の交通費と昼食代も出さなくてはならず、やりくりは大変だったと思う。

それなのに、お土産のお菓子を買ってきてくれた。


小学校の修学旅行では、じいちゃんばあちゃんからお小遣いをもらったからお土産買ってくるように言った。

そしたら、ほんとにじいちゃんばあちゃんだけにお土産を買ってきて、我が家には何もなかった。

いいんだけど、兄ちゃんが修学旅行の時はお土産買ってきてくれたとか、覚えてないんだな~なんて思ったっけ。

それが、今回は何も言わないのに買ってきてくれた。

小学校の修学旅行の時に、兄ちゃんにいろいろ言われたこと覚えてたのかな。

それとも、みんながお土産お土産言ってるから、自分も買おうと思ったのかな。


そういえば、5月にも富良野に遠征に行ったときにもお饅頭買ってきてくれたっけ。

家族のことを考えてくれるようになったんだな。

なんだか、次男が大人になったみたいな気がして、とってもとっても嬉しかった。





にほんブログ村




2017年07月21日

学校でバレませんように

昨日、晩御飯ができたので子供たちを呼んだ。

しかし三男がなかなかやってこない。

何度か呼んで、やっと出てきた。

部屋から出てきた息子はなんだかうつむいているように思えた。

お味噌汁を運んで、席に着いた時、

「うわー」

とかなり大きな声で長男が叫んだ。

叫んだあと、声を殺して笑っている。

「お腹痛い」

と笑う長男の見ているのは三男の顔だった。

「どうしたの?」

と三男の顔を見た。



眉毛がちょびっとしか無かった。

どうやら机に向かって、自分で切ったらしい。

そういえば、ハサミいじってたっけ。

長男に笑われて、かなりヤバいことに気づいたらしい。

真っ赤な顔して

「明日、ばんそうこう貼っていくから大丈夫」

と言った。

イヤ、逆に変だよ。。。

あまりに笑われたから、学校休むとか言い出したらどうしようと思ったけどだ丈夫だった。




ぐずぐず言いながら、何とかご飯を食べ終えたので、

「ママが描いてあげるから待ってて」

と片付けてたら、なんとマジックを持って待っている。

「いやいや、イモトみたいになっちゃうよ」

スグに化粧ポーチからアイブロウを出して、ハゲた眉毛を修正していく。

できあがった、眉を見て元気を取り戻したようだった。


今朝、眉毛がまた消えていたので、意気消沈する息子。

アイブロウで、今度は自分で、描いてみた。

結構上手に描けていた。

「ママ、コレ学校にもっていくわ」

「いやいや、学校で描いてたら変でしょ、それにどこで描くのさ」

「トイレの中で。だから鏡も必要だわ」

何とか説得して、持っていくのをやめさせた。

汗をかいたら、ハンカチで抑えるように汗を拭きなさいと教えたら、練習していた(笑)


さてさて、どんな顔で(眉毛で)帰ってくるのやら。

お守りとして、アイブロウ持たせた方が良かったかな。

長男も次男も小さい頃、自分で髪の毛を切ってしまったことはあったが、まさか眉毛とは。。。

しかも小4で。。。。

何が起こるかわからないもんだな~。






にほんブログ村





2017年07月20日

「濃い目のカルピス」と「ゼロカロリーカルピスすっきり」を飲み比べ

モラタメさんから頂きました。

「濃い目のカルピス」と「ゼロカロリーのカルピスすっきり」です。


170718_1611~010001 (002)



さっそく子供達と飲み比べ。

ゼロカロリーの方は、ほんとにすっきりしていて、ごくごく飲めちゃうさわやかな甘さ。

水分補給にぴったりだと思いました。

私はどちらかと言うと、このスッキリした飲み心地が好きです。

希釈タイプも薄めで氷多めで作ります。

息子たちは逆に濃い目のカルピスの方がいいと言いました。

ママが作るカルピスは薄いけど、ばあちゃんちで作ってもらうカルピスは濃い目なんだそうで。

たしかに贅沢な味わいでした。

凍らせてもおいしいということで、今度はパウチタイプのように凍らせて飲んでみようと思います。

ありがとうございました。



にほんブログ村





2017年07月19日

サラリーマン顔

長男は、いつもジーンズにTシャツのラフな格好で学校に行っている。

でもたまに、スーツで登校することもある。

昨日は、そのたまに着るスーツの日だった。

帰ってきた息子は、疲れたサラリーマンのように見えた。

上着を脱いでワイシャツになったら、もうwithBにしか見えない。

来年の今頃は、スーツで会社に行ったりしてるのかなーなんて思ったり。

そしたらスーツを脱ぎながら、息子が

「今日も先生に、お前仕事終わりのサラリーマンみたいだなって言われたさ」

「今日も?」

「スーツの日は毎回のように言われるんだ。でも中学の時から言われてるからな」

「中学ってスーツ姿じゃないのに?」

「そう。俺14歳からサラリーマンっぽいって先生に言われてるよ」

確かに中学生の時に、9学年離れた三男の父親だと間違われたこともあるほどだ。

そういえば、クラスでも一時期おじさんって呼ばれてたな。

良くいえば落ち着いてるし、悪くいえば老け顔なんだろう。

髪も染めてないしパーマもかけてない。

今流行りのワックスでねじったような髪型でもない。

ちょっと長めの前髪いじってるくらいのもんで、高校生にも見えるしお父さんにも見えるんだろうな。

かといって、藤井四段ほどの落ち着きは無い。


そういえば、私も20歳の頃バリバリ化粧してて、職場に来るおじさんたちに25歳くらいだと思われてた。

結婚して子供産んでからは、逆に童顔だねーって言われるようになっていった。

なので息子にも、ある一定の歳になったら逆に若く見られるようになるかもよ、と言っておいた。

そして、年上に見られることは男の人にとっては、しっかりしてるって意味でホメ言葉ととらえてもいいんじゃない?

サラリーマンって言われることも、スーツが似合ってるんだよきっと、、、、とポジティブに返しておいた。

素直に受け止める18歳。

なんだかんだ言ってもまだまだ若いな。





にほんブログ村






ギャラリー
  • 初雪だるま
  • 朝鮮と宇宙
  • 当たったよ
  • 謎の虫で騒ぐ
  • 壊れない傘
  • 壊れない傘
  • ビンボー家のプリン
  • モラタメさんからの当選品♬
Amazon.co.jpアソシエイト
注目商品
免責事項
本サイトからの懸賞応募、会員・メールマガジン登録、広告利用などで、 いかなる不利益・損害が生じても、当方は責任を負いかねますので ご了承ください。また、商品購入やサービス利用等は自己責任で行って頂きますようお願いします。