アメリカの利上げ 俺は3月に一回あるんじゃねえかなって気がしてな
トランプと安倍ちゃんの会談のあと円が妙な動きしてるもので
ドル利上げ前提の動きかなと 感じてるんだけど
麻生さんもいってたけど アメリカの利上げおきると
新興国に流れてる資金がまた アメリカに戻るんで
(モンゴルのバブル崩壊もそれが原因)
トランプは中国目標にしてるのは明白なおで中国をがたがたにする方策としては
アメリカの利上げは結構理に適ってるんだよな

というわけで モンゴルにIMFが金貸しても不景気になるの目にみえてるんで
(港がないので輸出するのが中国かロシアのご機嫌次第なのだ)
→鉄道輸送がポイントなんだが 中国側とはゲージが違うんだよな
ロシア・モンゴルが広軌 中国が標準軌(新幹線と一緒)
もともと中国は広軌だったんだがソビエトともめたときに標準軌に変更したみたいだね
有事の際に戦車や兵隊を中国側にソビエトが運んでくるのを警戒して変えたんだと思うけど
これが物流のネックになっていたりします
モンゴル→中国 の国境駅で荷物を積みかえたり 列車の台車を取り替えたりするみたいです


モンゴルは資源あるんだが気の毒にそれを加工する工業水準もないし
とうぜん加工したものを使うだけの国内需要もないので
外国に輸出するってことになるんだが 港がないので
繰り言だが ロシアか中国のご機嫌次第で 景気が代わっちゃう国です
韓国からはずいぶんいってますけど 韓国経済あの調子ですからね
日本からもいってますが どんなのつかうんでしょうね
こっちも中国とロシアのご機嫌で邪魔されるんで
(俺もモンゴルとの貿易で二の足踏んでるのがロシアと中国のいやがらせで
こいつらが汚職したり中抜きしたりして荷物が届かなかったり
遅延がバシバシあるわけですよ 経験がないから 信用できないんだよね
大物だったら るすかーやなんちゃらでもいれて利権にしちゃうけど
個人でやるような小物を考えてるので ちょと頭痛いところ)

そういった物流にネックのある国なので
IMFが金貸しても 一時的には良くなるだろうけど
アメリカの利上げも絡むので 当然資金流出しますから
IMFは強烈な担保ないと貸さないだろうな
一番いいのは中国だが まーどうなることだかね
イギリスの例の案件みたいなマネをモンゴル人ができるのかは不明ですな

昔のモンゴル帝国も 陸の交易路をウイグル商人とタッグ組んで専有したわけで
大航海時代に 西洋と交易して文明を進めたといったような
日本みたいなノウハウはあの国ねえんだよな
そのあたりがネックになってるんでしょうね 外国の歴史もあまり勉強しない人多いし
(俺はモンゴル史は日本人にしては多少詳しいので ジュチウルスがどうのこうのとか
モンゴル人に講義できるくらいの知識はあります)
まぁ国の教養水準というか教育水準も足引っ張るのかもしれないね

モンゴルの情勢はちょと注目しています
ギリシアの件も火つきそうだし 
あれ火つくと フランス イタリア 飛び火するし
オランダも飛び火しかけてるわね

ということで
アメリカの利上げはえらい注目なのです
世界中の金の流れが変わりますからね

人気ブログランキングへ