265杯目 三好うどん です。


前々回のお話の続きとなりますが、カマ喜riを出まして、ほっこりお腹をさすりつつこのまま帰ろうかどうしようかと考えておりました。
しかしですね、せっかく遠くまで来たのですからもう1杯やっつけたいな~、そう考えるのは至極当然のことと思いますのでサクッと次のターゲットを検索です。
カマ喜riでお洒落気分を満喫できましたので、さらにお洒落度を上げたろかいな~と思い次のターゲットへ向けて出発です!
三好うどん
あい、三好うどんです。
遠くから店舗を見ますとそれ程のお洒落感はなかったのですが、店舗入り口まで来ますと暖簾やら看板やらもう洒落た感がムンムンに漂っております。
正直他のおうどんブログで店内の様子も拝見しておりましたので、ある程度は認識しておりましたが、するっと店内に入りますとファンシー感に溢れる店内です。
使ってみたものの、「ファンシー」の意味は良く分かっておりませんが、きっと皆さまもそう感じるのではないかと思います。
カマ喜riでしっかりおうどんを3玉イワしておりますので、どうしようかと考えたのですが、ファンシー感にそぐわない気もしますがストロングスタイルが私の信条です。
「男は黙ってかけそのまま3玉お願いファンシー!!!」
三好うどんかけ
やだゴツい~!
可愛い丼の模様に反?して太めのしっかり麺ですね。
取り敢えずお出汁をすすって様子を見たいと思います。
昆布の風味でしょうか?椎茸なんでしょうか?良く分からないですが深みのある味わいの良い美味しいお出汁でした。
お出汁の風味とお店の雰囲気に浸りつつ、ゆっくりと、しかし力強く麺をすすり込みます。
上の画像通りの太めの麺で、捩れと縮れがありすする時の食感が良いです。噛んでみるとしっかり噛み込むことの出来るコシをしてまして、太めながらも何となく麺がお出汁を良く纏って口の中に入ってくるような気がしました。
お口の中で麺の風味とお出汁の旨みが混じり、真にお口の中がおうどん幸せ工場になりました。えっ?何それ?

はち切れんばかりのお腹になってしまいましたが、おうどんメーターも振り切れんばかりに満足出来ました。







今回の訪問時間  12:47
今回のメニュー   かけそのまま3玉
今回のお値段    450円
うどん点数(あくまで私の独断と偏見でしかなく、お店への評価では決してありません。)


 9.3 / 10 点!!!