271杯目 桝うどん です。



何だかんだでおうどんを頂いております私ですが、そろそろ好みの太麺をやっつけたくなっております。絶賛太麺タイムでございます。
さ~て、どの太麺に喜ばせてもらおうかな~なんて思案しておりましたが、どうせならまだ行ったことのない太麺屋さんにしようと高松市街地からちょっと東へ車を走らせました。
桝うどん
 そう、桝うどんです。
近くの一平や小島うどんにはお邪魔したことがあるのですが、不思議なことにこちらのお店は初めてでございます。
取り敢えず「太麺」しか情報は持ち合わせておりませんが、意気揚々と店内へ飛び込んでみます、トゥッ!!
確かにお昼時ではありましたが、えらい混みようですね。
サラリーマン戦士で店内は一杯です。やっぱりしっかりお仕事されてる方はきっちり美味しいおうどんを食べて、昼からも業務という戦場で戦い抜くんやな~とのんびり思いつつ、のんびり店内の様子を観察しておりますと、何となく肉うどんを注文される方が多いんですよ。
しっかりスタミナ付けて頑張ってくださいね~とお休みの私はのほほんと思いつつ、それでも私には私の戦いがあるもので、注文口で「はい何にしましょうか?」なんて聞かれましたので、
 「男は黙ってかけそのまま3玉っっっ!!!」
桝うどんかけ310
 正直肉うどんも気になりますが、これが私の戦場?です。
上の画像では、
「あれっ?これ1玉じゃね?」
なんて声も聞こえてきそうなんですが、丼が深い形状をしておりまして、しっかり3玉入っておりました。
サラリーマンさんの間にちょこんと陣取り、まずはお出汁をやっつけます。
醤油の味が強めで、気持ち濃いめのお出汁と感じました。しっかりと味を支えるものがあり、ではそれが何なのかと問われますとしどろもどろになってしまいそうですが、後味が良く香った風味のあるお出汁でした。
それでは待望の太麺おうどんをすすりたいと思います。
画像でも十分お分かりになると思いますがしっかり太麺で、それでいてつるっと滑らかな口通りをしております。縮れがあり、すする感触にアクセントを与えてくれましてより口をすぼめてすすってしまいました。
噛んでみますとしっかりと鍛えられたコシをしておりまして、太麺ならではの噛み込み感も存分に楽しませて頂きました。
ちょっと麺が短めかな~と思いつつも、太麺を豪快に喉を通す感覚は堪らないものがあり、私もキッチリと戦場を戦い抜くことが出来ました。
私的ルールにより、ワンコインオーバーですので断腸の思いで減点となりますが、ボリュームもあり満足の一杯でした。






今回の訪問時間  12:16
今回のメニュー   かけそのまま3玉+かき揚げ
今回のお値段    510円
うどん点数(あくまで私の独断と偏見でしかなく、お店への評価では決してありません。)


 9.1 / 10 点!!!