2007年09月18日

■2007/09/18 (火) ■似解同.com ひさしぶり「飲食店経営者Kの闇?リターンズ」

さて、本サイトでもおなじみの、飲食店経営者Kに新たな疑惑が出たという。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/301387/
なんだ。大した話じゃないじゃないか。500万とかいうなら、少しはネタにもなるが、50万じゃ去年のKにとってはそんなに大きなカネでもなかろう。当時は売れっ子コメンテーターで、「タッコー」に2回、「やじプラ」や「スッキリ!!」に3回も出れば貰えるカネだ。
競艇のテラ銭でシナで豪遊して平気な奴なんだから、オザワ事務所からカネ貰ってしゃべるなんて、めずらしくダブスタをやってないね、と誉めてやってもいいだろう。
それよりも涙声で安倍の政権ほっぽり投げ会見の質問をしていた阿比留の方がよっぽど気持ち悪いだろ。いくらカストリ新聞でもそこまで笑わせてどうする。まったく1年首相をやったら発狂するような奴のシンパもキチガイだな。
それよりも本サイトとしては、森田ネ申に払っていたカネと、飲食店経営者Kに払っていたカネが同額だというオザワ事務所、というか実際に仕切っている某代議士秘書Kの感覚が興味深い。
飲食店経営者Kは日本青年館にちょこちょこ来て、60人ほどの政治家志望者と10人ほどの現役か元(当時だと青木愛とか)国会議員の前で喋るだけだ。これだと客の質も保証されててラクなものだ。
森田ネ申の場合は、いくら迎えの車が来るとはいえ、箱根の携帯も通じないような山奥まで行って、全国からかき集められたオザワ配下の議員の有象無象の後援会の連中1000人以上の前で喋るのである。
これは仕事の質として、かなり違うものだろ。実質的に飲食店経営者Kの方が、効率のいい仕事をしたということだな。

……だって。ふーん。
ま、それよりも面白かったのは、これかな。
http://www.kinyobi.co.jp/KTools/mokuji_pt?v=vol670
<P60.投書 日垣隆氏の盗作事件(大石英司)>
犬右センセったらお茶目だよね。早速読んでみたけど、「金曜日」編集部が手を入れてるから、犬右センセの文章のなかで、これまででいちばんスッキリ!!読めたよ。どはははh

あ、あと今回のお勧め本ね。http://www.amazon.co.jp/dp/4062583968/

本日の投稿は留守番さんです。また正式なタイトルは、■似解同.com ひさしぶり「飲食店経営者Kの闇?リターンズ」です。

  
Posted by udonyawriter at 15:58Comments(4)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年08月16日

■2007/08/16 (木) 真夏の夜のプチ読書

 暑いねえ。本当に暑い。暑いって口にしちゃいけないって思いながらもついゆっちゃうよねえ。暑い暑い。
こんな暑いときにドーラクでうどん屋の改装につき合わされる工事業者の人は本当に気の毒だよねえ(←あ)。
まあ工事終わってるんだったら今度渋谷に寄ったとき食べに行ってあげるね>じゃぶかま

あんまり暑いから、
<政治や選挙が絡むと人は何だってやりますからね、2ちゃんでの工作活動なんて可愛いレベル。私も気を付けないと。>ば〜い、
犬右センセ@セルジュに当選されてくやしいのうwwwwwwくやしいのうwwwwww
(ちなみにセルジュのフルネーム書いて比例区は投票しといたからねm9(^Д^)プギャー)
とか、
<そうそう実は、伊勢神宮では、天照大神に話をして「一緒に15日靖国に行こう」といって連れてきました。だから昨日から私がいるところはずっと晴れ。周りは雨・・・。>ば〜いコーヤーマー
とか、脳が溶け出してるようなことゆいだす人がいるんだよね。あ、もともとか。

もとから脳が溶けているとゆえば、KY安倍クソ@低偏差値症。
ラース・ビハーリー・ボースやラーダービノード・パールの遺族や子孫と会うみたいだけど、何がしたいのかね。
ってか、それなら中島岳志タソの本をちゃんと読んでいるのかと。
http://www.amazon.co.jp/dp/4560027781
http://www.amazon.co.jp/dp/4560031665/
下手したら、官邸の安倍クソの周りでも、誰もチェックしていないんじゃないかしら。
ちなみにν速+で中島岳志タソの本に触れているのは4000近いコメントがあってたったひとつ。まあこんなレベルだよねえ所詮。
でも、安倍クソとその周辺も同じレベルだよね。もう2ちゃん脳に冒されているとしかゆいようがないよね。

 ミンス党も有象無象がたくさん当選したけど、こうゆう安倍クソの不勉強はちゃんと衝かなきゃ。
まあちゃんとチェックしたら「なんでこんなのが当選してるの?」みたいなのが大勢いるからねえ>ミンス
せっかく参議院議員なんだから、もう少し教養系みたいなのはいないのかと。
それと中途半端な護憲派が増えて、いろんな意味でややこしくなったよね、実は。安倍クソ的なバカ改憲の危険性が低くなった反面、
例えば小林節タソのゆってることがちゃんと理解できるような連中が当選してるのかとゆう危惧があるよね。

あ、そうそう。暑いから、新書選書みたいなのばかり読んでまつよ
http://www.amazon.co.jp/dp/4121500571/(再読中)
http://www.amazon.co.jp/dp/4121907957/(増補版が出ますた)http://www.amazon.co.jp/dp/4582763804/
http://www.amazon.co.jp/dp/4121502469/
http://www.amazon.co.jp/dp/4121911385/(これも増補版が出てたんでつね)
http://www.amazon.co.jp/dp/4903145271/(ネットカフェに通う元国家公安委員長!)
この1週間はこんなとこかなあ。

あ、ボクチャンが兵庫8区に出るとゆうのは、本当にいいアイデアでつね。思いついた人GJ!
もし本当にそうゆうことになるのなら応援しまつよ。いやマジで。

本日の日記は留守番さんの投稿です。

 

  
Posted by udonyawriter at 14:47Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年07月18日

■2007/07/18 (水) 一念ボッ起・日々新たナリ

 久しぶりに渋谷を歩いた。渋谷を歩くときには、必ず立ち寄る店がある。そこでこの参院選の潮目の変化をついに感じた。

ところで私のブログである。私のブログは、一見すると無難な表現に落ち着いているが、本当はかなり厳しい批判をしているものもある。
大分抑えているな、と思いながら、行間を読んでいただければ、私が削除した文章や言いたかった事などが浮き上がってくるのではないか。
これは涼風会の小山紀彦先生も、折に触れ繰り返しておられることであるから、真実なのであろう。

さて潮目の変化である。渋谷で必ず寄るうどん屋が、またもや改装工事をしていた。開店してわずか1年であるが、私が知るだけでもこれで2回目の改装である。
ちなみにこの店のオーナーは、われらが安倍総理が党首討論で出くわすたびに、何故か食ってかかりいつも勝利を収め、先日はマイケル・グリーンと安倍総理が親友であるということも見せ付けることに成功もしたミニ政党の党首の親友であるという。
その親友の選挙戦の真っ只中に、店の改装を行うというところに、野党の驕りと油断を感じた。この件は間違いなく潮目となるであろう。

一方で、この店のオーナーの決断には感心もする。オープンして1年間に2回の改装を行うほどのスピード感を失わないで様々な問題の解決に当たっていけば、国民の政治に対する不信は解消されていくのではないか。

(こんな芸当は、今の小沢一郎氏にはできないだろう、というのが、私の真意である。念のため。)

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 17:11Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年06月04日

■2007/06/04 (月) 山本Kっ子の政界わや

 昼の日中に狸のお出まし。
長野で成仏できなかった狸が、全国に化けて出るという。

狸のお出まし

この狸、ひとりで化けて出るのが厭なのか、
仲間を引き連れて出てくるのだ。
狸といえば信楽焼だが、なぜかこの狸、有田焼を選んだのだ。

有田焼

さて。有田焼まで用意したからには、その器に注ぐ酒が要るはずだ。
しかし、その酒はない。

50歳近くにもなって灘灘灘と、
作り酒屋の連中がこしらえた己が出身校を連呼せずには自分を保てない、
狸の愛人?のレッサーパンダがいたはずだが、どうしたものか。
テレビに座って怒鳴りちらし、駄文を書きちらして得る泡銭が捨てられぬか。

そういえばこのレッサーパンダ、酒通を気取っていながら、
先ごろの週刊文春で、満面の笑みを湛えて「寶酒造」の不味いチューハイの宣伝に出ていた。

灘の生一本からタカラのチューハイでは、まさに転落そのもだと思うのである。

とまれ、クリスタル狸は、己が目立てる・威張れるミニ政党では有田焼を犠牲にして、
ようやく一議席得るかどうか。

過去の些細な経緯を水に流して、
亀井静香国民新党・鈴木宗男大地・下地幹郎そうぞうと、比例選の統一名簿を作るのが肝要だ。
安倍痴呆自民・小沢変態民主に飽きたらぬ穏健保守層を刺激して、思わぬブームを呼ぶやも知れぬ。
細川の殿が、日本新党を組織して参院選に打って出て、その1年後には宰相になったものだ。
クリスタル狸もその顰に倣わぬ手はないと思う今日この頃なのだ(←あ)

本日の日記は留守番さんの投稿です。

  
Posted by udonyawriter at 20:20Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年05月15日

■2007/05/15 (火) 正直、すまんかった。1

 いやあ、すっかりノーマークですた。
http://www.amazon.co.jp/dp/4334925456/
こんな本出てたんだよね。
初版6000部なんだけど、初の小説集で賞を獲ってるわけでもない本としては、かなり多いものだよ。まあボクチャンの知名度がなせるワザだよね。
しかも、驚いたことに(←失礼)売れてるんだよね。増刷するほどの売れ行きじゃないけど、ジャンルと版元が違うから比べるのもアレだけど、作家ーの上野ナントカよりもずっと実売率がいいんだよね。
読まなきゃいかんのかなあ_| ̄|○....。
それから、アマゾンの書評をしてくれてる人! 改行しなさい改行を。いくら句読点をいれていてもあの文章ではまるでボクチャンが(ry

あ、筑紫クソ大変でつね。
筑紫クソについてはいろいろ悪くゆうひとが多いけど、最近のボケたキャスターもどきとしての発言なんかよりも、
かつて「朝ジャ」の編集長として、新人類世代だとか、現代思想的なものだとか、ピースボートだとか(←あ)、ファディッシュ何とか(←あ)とか、左翼思想の代替物として訳のワカランものはびこらせたことだね。
挙句にご本人はその責任を負うこともなくのうのうとこれまでぬるぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜いポジションを確保していたわけだ。
あ、もうひとつ、玉ネギ何とかってコラムページも筑紫クソのときにできたページだよね。ここからもメーワクな人が排出されてるよなあ。

 その玉ネギ何とかとはちっとも関係ないけど、最近、犬右センセのデムパが薄いとお嘆きの奥さん! 今日はいい感じですたよ。

http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/05/post_bfc5.html

>根掘り葉掘り質問攻めに遭って、山ほど不愉快な思いもしなきゃならないし。
「らしい」「という」「そうだ」という伝聞の表現一切なし。この断定が気持イイ!
もしかしたら犬右センセも公的機関をたy(ry
>ただ事件自体は、交番で1時間説教すれば済む話で、こうやって晒し者にすべきことじゃない。取材もなしに官憲の肩を持つのもたいがいにしろよ、マスゴミさん、という気がしてならないわけですが。
と、当事者への取材もなしに断言できる犬右センセ。「同志社の学生なら」と書いているところもスンバらしいね。ドーやんやリッちゃんのしかも体育会の学生に何を期待しているのかと。
関西では優秀?そんなこと思うのは田舎モンの証拠。京大阪大神大未満は同じようなものだからね。

あ、そうそう。釣られちまったよ。しかも何か酷い人事だぞ、ええっ!
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179199907/

本日の日記は、留守番さんの投稿です。

 

  
Posted by udonyawriter at 16:20Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年05月12日

■2007/05/12 (土) いやあ、あんまり更新の間隔あけると……

 ブログそのものが削除されるんじゃないかと思ってヒヤヒヤしたよ。まあそうゆうときは「鬱になってた」って言い訳しとけばいいんだけどね。
ただ、年に1回くらい配線が正しく繋がる犬右センセに、
<最近、ブログが滞るたびに、毎年このフレーズを聞かされているような気がするわけですが……。>
とかなんとかゆわれちゃったりしてぇ、なのもシャクだしねえ。

まあショーミな話、何か連休中も断続的に仕事してたせいで、疲れがちっとも抜けません。
こうゆうときはどうすればいいのかなあ?
iMbのアガリクス? 治療室クリスタの鍼灸?
世の中には一日ネットの前に張り付いて、なんかゴチョゴチョもらえる仕事があるらしいよ。うらやましいねえ。ウォン立てで払ってもらうんじゃなければ。

とゆうわけで、コーヤーマー。
おまいの小遣い稼ぎのためにボクチャンも出てやるトークショーの告知、
<■ 石破茂元防衛庁長官が来ます>とか、<石破茂元防衛庁長官が「史上最強のトークバトル」のゲストに来る事となったとのことだ>って書いたそばから、
<秘密ゲスト(大臣経験者)>ってなんだよ。ちゃんと校正しないでコピペばっかしてるからこんなミスして、すぐに自作自演もばれるんだよ(←あ)
ちゃんとしる!

忙しくてあんまり本を読めないときにスカを引くと本当に腹が立つよね。
たとえ、明らかにスカだと予想していても。
http://www.amazon.co.jp/dp/4046210559
やい、サタカ!時間かえせ!まあサタカの本なんかに付き合うあんたが悪いって、
gryphonさんに叱られちゃうかな。
お口直しにちゃんとした本を一冊。
『漢文脈と近代日本』。http://www.amazon.co.jp/dp/4140910771
ニポンの近代を、さまざまな形で問い直す学者さんが、ボクチャンや宮崎宮台みたいなウツケ者の跳梁跋扈の反面にいるのに救われまつ。
エネッチケーは『漢文脈〜』のような本も出してるのに、直江兼続の「愛染明王」を示す“愛”を、“LOVE”の意味で勝手に解釈しちゃうバカ×ピザのオバハンに大河ドラマを書かせるのは本当に止めて欲しいと思いまつ。

本日の日記は留守番さんの投稿でした。  
Posted by udonyawriter at 18:14Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年04月27日

■2007/04/27 (金) 「肛門に顔近づけて深呼吸するようなもんです。」

 だって。ふーん。
まあわざわざアンチスレを覗きに行って、不快な思いをするとゆうのも、マゾとゆわれても仕方がないけど、
世の中にはアンチスレすら立ててもらえないものもいっぱいあるとゆうのにね。
本スレすらなかなか進まない作品を制作したりするのも、かなりツライものがあるのよ。
ショーミな話、どこかに肛門がないかって探して、そこで深呼吸でもして屁ェのひとつでも嗅ぎたくなるんだけどね。まあ嗅いだら後悔するわけだけど。どはははは。

オール匿名だし、ひとつの板で書いてる人って同じ奴が数人でグルグル書いてるパターンが多いって、認定しちゃうのもどうかしらね。
だいたいやたらに自作自演を言い立てる奴ってのは、テメエが自作自演癖があるって白状しているようなものだからね。

中毒っちゅうか、「オレはオマエらとは違うんだぜ。」とゆい続けるのも、それを生業にしたりすると相当にシンドイんだよ。
例えば、熊本のソープランドの宣伝を、憂国(笑)の自分のサイトでやらなきゃいけなくなったり、朝鮮玉入れを口汚く罵っても、師匠筋がそのCMに出ると、慌てて口を拭ったりしなくちゃけないんだよ。大変でしょ。

あ、そうそう。「SPA!」は、一時期の「サイゾー」並に校正能力が落ちてないかい。
いくらなんでも、セルジュの写真キャプションで<16年前の春、モービル石油に入社し>ってどうよ。セルジュはバブル最終期に、既に30代半ばなのに「Oh!エルくらぶ」の司会をしながらモービルに入ったのかい。26年前、ね。
しかし、新党ニポンは本当に統一地方選はサボってたんだね。場末のキャバ嬢みたいなのを大量に立てたところもどうかと思うけど、これじゃあ犬右センセの指摘するように、政党助成金が「お小遣い」みたいなもんだとゆわれても仕方ないよねえ。
でも今週の「ペログリ日記リターンズ」の滋賀の嘉田知事批判は鋭いよね。さすがだと思いますた。

しっかし、やい、エネッチケー! 何たるへタレ!
http://www.asahi.com/culture/update/0427/OSK200704270067.html
いままで散々オモロイ大物扱いで我らがヨシモト顧問仁鶴師匠の番組にカウス元顧問閣下を出しとったやないか。それをちょっと闇の勢力との関係を取りざたされたくqあwせdrftgyふじこ
でも阪神巨人師匠たちがカウス元顧問閣下と一緒に出たくないってゆってるのホントかな。ボクチャンも巧みに空気読んでまたマネージャーが殴られないようにしないとね。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 23:50Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年04月16日

■2007/04/16 (月) AERAの佐藤優特集、読んだよ。

 わざわざ巻頭にするほどの記事かとも思ったけど、彼は身内に社会党の人間がいるんだね。これにはとても得心がいきますた。
最近の吹き上がりプロ奴隷のみんなたちはそれだけで嘲笑の的にするんだろうけど、戦後の社会党の懐の深さとゆうか融通無碍さは、その“身内”を叩き上げのインテリゲンチャとして供給する役割を担うのには貢献していたんだよ。
これはいまのミンス党には間違ってもできないことなんだよね。わかるかなあ。

この特集で、小谷野敦クソのヴァカさ加減をあらためて認識しますた。以下引用。
<佐藤さんは『神皇正統記』を重んじていますが、それは南朝の正統論のはずで、だとするといまの皇室は北朝の系譜で、それについてはどう思っているのか?>
「はず」って何だよ。それでも学者かよ。『神皇正統記』を読んでから言いましょうね。岩波文庫でも中公「日本の名著 9」でも(古書だけど)ちゃんと読めるんだから。(「日本の名著」は、慈円の愚管抄も収載されてるからオススメ)
佐藤優タスが神皇正統記について触れるのは、源親房とゆうひとが日本の“国体”の本質について実に的確に摑んでいたからでしょうに。

佐藤優タソの論旨は別にしても、神皇正統記の本質については、先日「断然オススメ」した『靖国史観―幕末維新という深淵』http://www.amazon.co.jp/dp/4480063579にも書かれてまつ。

 まあ小谷野敦クソがヴァカだとゆうのは、所詮ニコチン中毒者は脳味噌の中までヤニで粘ついてるから仕方ないよねえ、で済むけれど、問題は安倍チャンだよ。
http://symy.jp/?DM2_baka-abe
<「私は山口県の出身だ。先輩がご迷惑をおかけしたことをおわびする」>
そして2月には、こんな所も訪れている。
http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/02/25niigata.html
<戊辰戦争時代、敵軍である西軍の戦死した若者を、小千谷の方々が哀れみ、「死ねばみな仏」の精神で葬った西軍墓地を訪れました。>
工エエェ(゜Д゜)ェエエ工
上記の『靖国史観』を読んでもらえればわかるけど、この考えと真逆な思想からうまれたのが靖國。
そして、権力のみならず、幕府が用意していた産業近代化を含めて簒奪しまくったのが薩長政府なのに。安倍チャンの血筋のみならずその“毅然たる(笑)”歴史観も、薩長政府がその源流なのに。
安倍チャンの低偏差値症もここまでくると相当に重篤で、安倍チャンの低偏差値症そのものが内乱予備罪に値するよ。
あ、ボクチャンのことどころか、犬右センセやコヤマのことも何にも書いてないや。ま、いいか。

本日の日記は留守番さんの投稿です。

 

  
Posted by udonyawriter at 19:27Comments(1)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年04月12日

■2007/04/12 (木) もう初めてといっていいほど

 犬右センセに激しく同意するよ。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/04/post_3000.html
向井亜紀クソと高田延彦クソがゆってること、気持悪い。論理的にも破綻しまくりだし。
20年余の歳月は残酷だよね。金欠ちゃん司会の「TVプレイバック」で初めて見たころは、さわやかイメージ(あくまでイメージ)のポン女の学生だったのにね。

先週の週刊文春の宮崎哲っちゃんのページとか、今週号の「SPA!」の1ページ自社広告とか、さすがにどアップは厳しいよね。
でも「偽装コッカ」売れてるんだよ。続々増刷だって。まあ4万部くらいなんだけど、ボクチャンの本としてはメチャメチャ売れてるよね。あんなやっつけ仕g…どはははは。

温家宝クソが来日して、案の定、靖國のこととか出てこないし、安倍チャンも例大祭には参拝しないだろうね。ただ、マスコミで話題にならなくても、ちゃんと考えるべきことはあるんだよ。とゆうことで、
『靖国史観――幕末維新という深淵』http://www.amazon.co.jp/dp/4480063579を断然オススメ。
簡潔に書かれているけれど、この本を理解するには実は相当の知識が要求される。断片的な情報で吹き上がりまくってる 憂国のプロ奴隷のみんなたちには、そうゆうことも含めて解らないんだろうけどね。
例えば(上掲本に書いてあるわけじゃないよ)、ニポン会議の痴呆議員のサイトhttp://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-591.htmlのキャッチコピー、
<草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN  私たち地方議員は、かつて幕末の坂本龍馬らが幕藩体制を倒幕した草莽の志士のごとく、地方議会から「誇りある国づくり」を提唱し、日本を変革する行動者たらんことを期す>
こんな短い文章にツッコミどころ満載。文法もメチャクチャ。なぜ英語が混じっているのか。サヨク史観用語も使ってるし。その上、坂本龍馬(笑)って。
こうゆう連中にこそ、上記の本を読んで欲しいけど、まあ無理だよね。
ついでに、ミンス党のみんなたちも、この本読んで、「生活維新」とゆうスローガンが、いかに奇怪で奇態なものであるかを知って欲しいところだよ。

ニポンの政治家が「明治維新ごっこ」をやめることこそが、本当に日本をよくすることになると、強く思う。

【補遺】今週号の「SPA!」、福田和也・坪内祐三対談で、先週号での<平成-天皇>発言に何のコメントもなし。しらばっくれるつもりのようだね。こちらは忘れないから。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 22:50Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年04月03日

■2007/04/03 (火) ※ 両親パチンコ中に3歳女児転落死 独りで留守番

 で、「氏ね! 当然夫婦ともに逮捕だろう。」ってコメントをつける犬右センセがいるわけだが。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/04/post_9b9b.html
でも、親が遊びに行きたいからって、未就学児ふたりをつれてエコノミーで片道丸一日かけてオーランドまで行くのも、同じに見えまつよ。

さて。コーヤーマー!
いつもゆってるように、オマイのものはボクチャンのものボクチャンのものはボクチャンのものとゆう崇高な理念から考えると、ボクチャンが小説(もどき)を連載していたサンデー苺曰は、オマイも世話になっていた媒体とゆえるわけだ。
まして、そこからの原稿料の3分の1ほどをバイト料として渡していたわけだから、サンデー苺曰は、オマイの養い親とゆってもいい存在なわけだ。
http://www.nikaidou.com/2007/04/post_89.html
それがどうよ。この書き方。縁が切れた途端にこれまで散々世話になっていて、しかもこれからもまだ世話になる媒体や会社に掌をかえしたように他所で悪口をゆうだなんて、そんなチョーセンジンみたいな真似するんじゃない(←あ)

それから。師弟揃って、いまどきエイプリルフールで、まったく同じネタを書くとゆうこのセンスの無さはどうよ。
http://www.nikaidou.com/2007/04/post_88.html
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20070401
こんなネタ、犬右センセだって書いてないよ。

そして明日の「やじプラ」からはボクチャンの替わりに、はた山ハッチクソが出るわけだが、まあどうでもいいよね。それにしても伊藤里絵クソはしぶといね。広島の局にいたアナウンサーはしぶとい人が多いよね。だいたい亀(ry
そんなことよりも、「めざまし」に、巨典タソ坪内タソが出なくなるのがはるかにビックリしたよ。

【補遺】坪内祐三と福田和也! 真面目に一国民として見識を問いたい。
2007年4月10日号(現在発売中)の「SPA!」で、あなたがたは何度も『平成-天皇』を(原文ではもちろんハイフンなどなし。こちらの意識がそれを続けて書くことに耐えられないので仮に入れておく)連呼されているが、どういう理由を以って、あなた方はそれを肯じるのか。
構成の石丸氏、編集部の見解も問いたい。あまりに非礼あるいは不見識ではないか。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 23:56Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年03月29日

■2007/03/29 (木) ご期待に応えて登場してやったよ。

 どうでもいいけど、「番留守」はともかく、摺さんはコヤマの悪口はゆってないよね。たぶん一度も。
摺さん、犬右センセの相手はしてあげるけど、コヤマには構わないんだよね。
「一応ジャーナリストとして認知はされている小山」って、つっこむところなの?それとも苦笑いしてスルーすべきなの?
あ、それから犬右センセは、こづれで鹿児島帰るなら、リムジンバスやタクシー使いなさいよ。
それから、天気予報はウェザーニュースの方が信用できるよ。あと、鹿児島出身のキャスター・有川雅子タソは可愛くてお薦めでつ。

しかし、我がヨシモトはどうなっちゃうんだろうね。
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/070326/top_01_01.html
http://symy.jp/?8_shincho
カウス師匠、大変でつよ。もうボクチャンにはとてもじゃないけどコメントできませんから、メディアのみんなたちもボクチャンに
このネタを振らないように。
いや実はね、○○が××でチョメチョメの△△のどははははははh
なんて喋っちゃったらエライことになりまつから。
しかし、これを取り上げてるのがボクチャンがいまいちばん仲が良い週刊新潮と、これから仲良くしたい週刊現代だとゆうのが複雑だなあ。

そうそう、そんなことより立志クソ!(←あ)
http://blogs.yahoo.co.jp/panda2006720093/1865746.html
「歴史の真実」(笑)って、どうよ。ずいぶん大きく出たねえ。
で、「桜田門外の変」を取り上げてるわけだけど……1回目と2回目の過半の部分が、週刊新潮で連載されている野口武彦さんの「幕末バトル・ロワイヤル」の<安政血風録10・桜田門外の変>と極めてよく似ているんだけど、これってどうよ。
物書きとして大事なものは患おうがどうしようが、あると思うんだけどね。たとえ無料のブログの文章であっても。

あ、きっこ姐さんまた何かやらかしたの?
ふーん。でも、「匿名で好き放題のことを書き殴っているキチガイを野放しに」って、ババッチイにゆわれたくないよね。これも「一応ジャーナリストとして認知はされている小山」と同じで、反応に困るよね。

この日記は番留守(←あ!)さんの投稿です。

※通勤時間帯に子連れで電車に乗る馬鹿な田舎者がいるんですね。せっかく確保した座席を譲る訳はないでしょ? サラリーマンしたことのない田舎者の馬鹿は、新打法がいいね。うp男  
Posted by udonyawriter at 21:15Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年03月22日

■2007/03/22 (木) 3週間のごぶさたでした。

いやあ、しばらくぶりでつね。
この間にインフルエンザに罹ったりして、いろいろ大変だったんでつよ。
あ、タミフルも飲んだよタミフル。タミさんは野菊のような人だって思ったりしてたよ。
それから、インフルエンザに罹る前に摺さんに会って話したような気がしたんだけど、気のせいかなあ。
そう思ってること自体がタミさんの副作用なのかもしれないね。ははは
まあ、いろいろあったけど、とりあえず都知事選には立候補してないから安心してください。
都知事選とゆえば、セルジュ、最後まであれこれ負け惜しみ、とゆうか出たそうなことをゆってたけど、結局断念しちゃったね。
まあ、そうゆう間に、ボクチャンはSankeiWebで燃料投下に勤しんでいたわけだけど。

しかし、ふるふぉーどタソも(ベンジャミンと書くと、http://symy.jp/?e_Benjaminとか、レオナルド根岸とか思い出しちゃうじゃない?)、
まさかコヤマに<どうも最近、彼はキチガイになったとしか思えない。>とゆわれるとはねえ。
でもまあ確かにこのブログ読むとすごいなあ。http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
デムパ道にも上には上がいるねえ。ボクチャンも精進しないと。

しかしこの3週間で最大の出来事はこれ
http://www.plazastyle.co.jp/news/2007/0302.html
なんじゃなかろうか。
<◆3/15、ソニープラザはPLAZAに名前が変わりました!>
これはすごいニュースですよ、奥さん!(←あ)
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2006/02/post_0bd8.html
きっと犬右センセが「ソニープラザでソニー製品」みたいなことを書いたので、これはイカンと思ったソニプラが名前を変えたんでつね。
犬右センセが、世の中に影響を及ぼした唯一にして最大の出来事なんじゃなかろうか。犬右センセはもこの功績をもっと自慢してもいいと思いまつよ。

本日の日記は留守番さんの投稿です。

  
Posted by udonyawriter at 22:10Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年03月01日

■2007/03/01 (木) フソー社新書でいちばん売れているのは

 ボクチャンの本でつ。でへへ

http://symy.jp/?mo_100jou
http://symy.jp/?uF_gisyou
m9(^Д^)プギャー!! 犬右魯鈍&追撃チガイ m9(^Д^)プギャー!!
ねえねえ、犬右センセはどうゆうふうに明日のブログでこの件を書くのかなあwktk 
そうだ。「どはははは」も「dhhh」とかってゆうふうに定着しないかなあ。
しかし浅野史郎タソ都知事選出馬確定?でセルジュ立候補がなくなった途端にこの始末。
真面目な話、犬右も追撃チガイも長野県民も猛省したまえ。
それから、新国歌の件、
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/03/post_f176.html#7
釣りだってゆうかもしれないけど、あまりにもセンスなくて恥ずかしいよ。
こうゆうセンスでクラシックのこと語ってもねえ。
まあもし強いて新国歌を制定するのなら、曲は『新日本紀行』か『小さな旅』のテーマ曲がいいんじゃない。ただどっちも歌詞が工エエェエ(゜Д゜)エェエエ工なので、新歌詞にしなきゃいけないけどね。

それにしても、だ。
http://symy.jp/?Am_sake-nkgw http://symy.jp/?zI_yamamoto
この事件は、本当は一大疑獄事件なんじゃないの?
にもかかわらず、きっこ姐さんも、そしてJANJANも取り上げてないんだよねえ。
プロ奴隷なヴァカどもはどうしようもないけど、プロ市民な方々も本当の闇には気付かないふりをするんでつかね?なんだかなあ。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 21:30Comments(1)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月27日

■2007/02/27 (火) これが創刊ラインナップねえ。

http://www.fusosha.co.jp/senden/shinsho.html
うーーむ。弱い、弱いよ。これじゃあねえ。ボクチャン以外は。
ボクチャン渾身の書き下ろしだよ。なあ、コヤマ!
10行ずつ斜め読みして15分で読めるけど、内容は深いよ。なあ、コヤマ!!
日記とポリスジャパンを適当に切り貼りしただけじゃないよ。なあ、コヤマ!!!
2時間ほど喋ったのをまとめて追加したのくらいの内容はあるよ。なあ、コヤマ!!!!
推敲も校正も甘くて、ちょっと本気で読んだら付箋立ちまくり、なんてことはないよ。なあ、コヤマ!!!!!

しかし、くらたまやセルジュ(←あ)やカンニング竹山や推薦しただけのテリー伊藤まで写真がオビに載っているのに、なんでボクチャンの写真
はないんだろう。やっぱり中身を書いたのが実は小やqあwせdrftgyふじこちゃ〜ん

まあそれはともかく、新刊で最近読んだ中から面白かった本をいくつか。
『持丸長者』http://www.amazon.co.jp/dp/4478920443/ 何と実に2年半ぶりの広瀬隆の新著。待ってました。微妙な事実誤認はあるものの、幕府が準備した産業近代化を薩長が簒奪したというのは、そのとおりなのでつよ。是非読むべし。
『つっこみ力』http://www.amazon.co.jp/dp/4480063471/ マッツアリーノ先生3冊目の著書。ふーん。『反社会学講座』があまりに鮮烈かつ充実していたためか、2冊目3冊目と弱っちくなっていくのはちょっと……。これじゃあ真似したいと思わないよ(←あ)
『増補・新版 隠岐島コミューン伝説』http://www.amazon.co.jp/dp/4326950382/ 旧い方も持っているけど、買っちゃいますた。「増補」部分が興味深い、というか、より整理されていまつ。
『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』http://www.amazon.co.jp/dp/4103036710 これは必読! この教師の人の悪口もなんか
書いてた気がするけど、ボクチャン、キャッシュまで消しといてよかったよ。どははは

本日の日記は留守番の投稿です。  
Posted by udonyawriter at 21:39Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月21日

■2007/02/21 (水) もはやタイトルすら気にしない小ネタ集

 ども。最近は古巣で匿名コラムみたいなカコイイ!こともやってる、かもよ(←宮尾すすむ風)。むふふふふf

きっこ姐さん……怖いよ。
http://symy.jp/?nc_kikkoガクブルして、ションベンちびって泣くとええのん?
しかも文章途中で増えてるし。 http://symy.jp/?FI_kikko2
しかもそのあと消しちゃってるし。あーあ。

http://blog.livedoor.jp/kotonononeiro/archives/52582368.html
まあヴァカなのは仕方ないとして、これでちっとも謝っているようには見えないよね。はっきりゆっちゃうと、ふざけてるようにしか見えない。
なんか糾弾する方が悪いと思っているヴァカもいるけど、脳腐ってるんちゃうの?
このオネーチャンのやったことは、解同じゃなくても、全解連や自由同和会の人たちだって怒る……つーか、まともな大人はみんな呆れはてるようなレベルの話だよね。
糾弾するよりも、 http://www.amazon.co.jp/dp/4480803750/『車善七』シリーズ全三巻を読破して感想文を書くように!とゆうのが、より効果的でしょう。
なんせおそらくこのネーチャンの半生分の読書量を上回るであろうページ数だからね。どはははは

それにしても、このスレ、一年近くやってきて、ボクチャンの名前が挙がったのは一回キリ。しかも酒塗った左膝再手術で開幕絶望の地蔵まで一緒に並んどるがな。この板の連中はどないなってるねん。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1142171573/

なんか親友の福岡シ伸一タソが「ようこそ先輩」に出るみたいでつよ。
http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/next/next.html
いいなあ。七松小学校でもいいから呼んでくれへんかなあ。
♪青空を行く 白い雲 こどもに夢を もってくる
って、白井文タソと一緒に歌たるねん。

あ、テンソコ講評待ち続けまつよ!

本日の日記は留守番さんの投稿です。

  
Posted by udonyawriter at 23:04Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月19日

■2007/02/19 (月) 明日はテンソコ連載最終回の講評を期待

 しかし、都知事選についてのミンス党の不甲斐なさ、はいつものこととはゆえ、情けないったらありゃしない。オザワさんにあったら、ガツーンとゆってやりたいでつよ。

「旅ゆけーばー♪ オザワさん、うどん喰いねえ。ところで、都知事選はどうなってるんでつか?」
「これはまあ都連に任せてるから僕は知らないけど、なんてえの、情報を片っ端からリークする都議や衆議院議員とその落選組がおるんだよ。
しかも、この連中が僕が代表になるや否や急接近してきて側近面だ。困ったもんだ」
「いやいや、さすがはオザワさん。超然となさっておられる。ところで、どんな人がお望みで」
「そりゃああんた、まずは知名度だな。いくら現職の議員でもあんた、誰も知らないの出したってしょうがないでしょうが」「はい」
「それで、テレビに出てるのに声掛けたんだ。チクシとかクメとかトリゴエとか、果てはタマルだとか、僕はホントはあんなの嫌いだけど、菅さんがどうしてもってんで、仕方なくいいよってたんだよ」「ええ。ええ」
「それがあんた、片っ端から断られて、みっともないったらありゃしない。それで、アサノだとかにも声掛けてるけど、これも僕は本来は嫌いなんだよ。
でも背に腹はかえられないから、交渉してもいいってたんだよ。それもダメだっていうんじゃ、こりゃどうしようもないな」「セルジュはどうなんでしょう?」
「ああ、ダメダメ。なんか僕の本命が彼だって盛んにいってるのがおるけど、それは本人とその周りが勝手に言ってるんだよ。
だいたい勝手に政党作って、そんなの応援できるわけないわな。ヨシナガサユリさんについては、ノーコメントだ」
「誰か忘れていませんか?」「ん?」
「テレビラジオに頻繁に出ている論客で、歯に衣着せぬブレない言動が有名で、タカ派な主張から、保守票もバッチリ。一方、各党にも知り合いがいるなど、柔軟性も持っていまつよ。
優秀な進学校を出ているから、同級生や先輩後輩に官僚や大企業の幹部も多数いて、しかも超名門出版社出身。レッサーパンダに似ているから、女性票もゲット!
そして!インターネッツに多数の支持者がいて、ニート層にもアピールできまつ! しかもまだ40歳代! どうでつか?」
「……」

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 20:23Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月13日

■2007/02/13 (火) 権力の頂点…ねえ。

 それにしてもミヤタさんミヤケさんって。

今日の衆議院予算委員会、面白くって武者震いがするのお。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib2.cfm?u_day=20070213
特に名だたる亀井タソの野党としての追及ぶりには、ますます身震いがするのお。

あ、こんな取材受けますた。
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/news/osusumebook/osusumebook_02.html#05
どう? この教養あふれるラインナップ。
いや、雑誌とマンガ合わせて月300冊って、そんな自慢の仕方があるのかいな、とか(それぐらいは当然とガッキーならゆうよね)
『水滸伝』で漢籍云々とか、「太平記」(原文)なんてゆうよりは、『神皇正統記』くらい挙げた方がカッコイイのに、とか、
ツッコミどころはあるかも知れないけれど、ハーナーダーを含む他の連中の挙げた本の軽さに比べると、
ボクチャンのラインナップ、結構いいでしょ。
(ってゆうか、何だよ他の連中!これで読書かよ!いまやニポンは“亜インテリ”すらいなくなったのね。酷過ぎ)
まあ司馬・塩野を挙げると、実はそれだけで知識人とはゆえないんだけど、それでも敢然と司馬遼太郎を挙げるボクチャンの勇気に乾杯してよ。

しかし、コーヤーマー。
おまいがヴァカでヴァカで仕方がないのはもうあきらめていたけど、こりゃなんだよ。
<私は時代劇好きである。特に中村吉右衛門の鬼平犯科帳が好きだ。ということでかねがね、「一度は東映太秦映画村に行ってみたいなぁ」と思っていたが、ついに一昨日の日曜に行く事が出来た。>
http://symy.jp/?NI_bakadane
播磨屋の『鬼平』が好きなだってゆうのに、何で東映なんかに行くんだよ?
ホントーーーーに、アフォなんじゃねえの?
そんな恥ずかしい間違い、ペリー荻野でもしねえぞ(←あ)
あんなビデオ収録のノッペリした時代劇しか作れない東映(京都)と、フィルム撮影のテレビ時代劇を未だ作ってくれる松竹を間違うなよ。
それから白鸚丹波ヨロキン、と、東映制作の作品はない。確か全部東宝だ。
世間に向かって「時代劇好き」、就中「鬼平」好きを公言する気があるなら、この本は読んでからにしる!
http://www.amazon.co.jp/dp/4808306549/
ちゃんと読んで武者震いと身震いしておくんだぞ。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 23:01Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月07日

■2007/02/07 (水) 犬右センセがヴァカなのは

 そもそもの仕様がそうだからまあ仕方ないと思うよ。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/02/post_c1d7.html
でも、小田嶋さんまでがこんなことゆっちゃうのかあ。
http://takoashi.air-nifty.com/diary/2007/02/post_c05f.html
おそるべし2ちゃん脳、ってゆうか2ちゃん脳炎ウイルス。小田嶋センセのたとえ話がν速+厨レベルだよ、ショーミの話。
いや、野党の追及のやり方が間違っているのは同意するけどね。そもそも一連の柳沢クソ発言は、こんなウンコ発言をする柳沢と、
「価値観を同じうするか否か」
をとっとと問えばよかっただけの話で、先週中に柳沢の問責決議案を参院にだしておけば良かったのだよ。欠席者・棄権者が与党からも続出して、案外通ってしまったのではないかしら。だからといって、これで衆議院を解散できないでしょ、安倍ちゃんも。
このタイミングで、ポリティカル・コレクトネスを弁えない、「健全」とかの価値判断を伴う発言を、やってしまえるデリカシーのなさは、ちょっと驚きでしょうに。

で、ボクチャン。このことについては、タイトルから想像するけど、かなり、とゆうか、すごくマトモな(←これも価値判断だけどね)ことをゆってる。想像だけど。
本人が自覚してるかどうかはともかく、柳沢クソは潜在的には優生保護思想の持ち主なのは間違いないと思う。
そうゆう柳沢クソの危険性もボクチャンは(珍しく)的確に指摘してるような気がする。想像だけど。
お前がゆうな、というツッコミは別にして、ね。いや、想像だけど。
でも、森岡正博タソを引用したりしてないよなあ、とゆう危惧も持ってみたりする。想像だけど。ボクチャンは森岡さんはちょっと本質的に理解し難いような気がする。良くも悪くも。想像だけど。

柳沢クソの発言、もうひとつ問題なのは、てゆうかこちらの方が問題だろうと思うのは、
http://symy.jp/?vf_henagi
<若者に安定した雇用の場を与えていかなければ>
そうですか。お仕事を「与える」ねえ。
お仕事を「与え」てやるから、「健全に」2人以上子どもを、「装置」としてつくれと。そうですか。
ただし、残業代は、ナシよ、と。ふーん。
寝よう。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 22:49Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月05日

■2007/02/05 (月) やっぱり大脳空孔

http://symy.jp/?j__stupidooic
いやあ、今日も休もうかと思ったんだけど、犬右センセの斜め上を通り越した発言に風邪も鼎犬磴い泙垢燭茵
<北九州で落としたのが私的には意外なのですが(市民的には空港イラネということ?)>
いやあ、いきなり主語も立てずに「落とした」。すごいねこのオレ様与党っぷり。さすが犬右センセと感心ですわ。
そして何より、「市民的には空港イラネということ?」え?空港?
さすが大脳空孔のセンセ、去年の3月から開港した、これhttp://www.kitakyu-air.jp/は犬右センセの中では夢か幻なのでしょう。
せっかくボクチャンも去年新しい北九州空港使ったのに、もう忘れちゃったんだね。
ログが残ってないよなあ、と思ったら、こんなのが見つかったよ。ペタ。http://blog.goo.ne.jp/n-itoh/e/9b712d462dde9d23c627ea0b8456ab84
せっかく粘着して「縋り」(←わははははは)してるんだから、ダメだよ、ちゃんと覚えておかないとね。

あ、そうそうボクチャンの日記ね。
タイトルだけ読んで、あとは念力で中身を想像してみるんだけど、多分、そんなに悪いことは書いてない、というか、結構イイ線行ってる事を書いているような気がするよ。
ただ、新党への底流があるとか、永田町の住人の論理で考えてみても、仕方がないと思うなあ。想像だけど。
まあキーパーソンはいるとは思うんだけど。山の陰の因の伯のあたりかなあ。このことはボクチャン書いてないよ。想像だけど。
ただ、永田町の話として書かなきゃいけないのは仕方がない気もするよ。想像だけど。
永田町の流れで書かないと、セルジュは早過ぎて失敗、ってことになっちゃうからねえ。想像だけど。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 22:43Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦

2007年02月02日

■2007/02/02 (金) ども。さるさるから完全撤退のボクチャンでつ。

 計算。400字詰めでトータル20枚=8000字。
で、あるブロガー(自称作家)が、トータルで400字詰めで20枚を超える、そのうちの4分の1はメルマガ用の原稿だと自慢してたよ。ということは、400字×20枚×0.75=6000字が原稿だということね。
で、そのブログ1日分をコピペしたとでつよ、奥さん!(←あ)
ワードに落とし込んでみたとでつよ、奥さん!
ワードにカウントしてもらうと、「約4588字」としかでなかったでつよ、奥さん!
まさかと思って、わざわざ20字×20行を1ページに設定を変更してみますたよ、奥さん!
そうすると、16ページ。でもこのなかには、URLの表示も文字数に入っているんでつよね。
これを取り除くと、枚数は15枚。約3958字(~_~;)。これで15枚書いた、と自慢できるものなのでしょうか。引用記事見出しと改行を除くと正味11枚でつよ。
プロブロガーなんだから何枚書いたって特に自慢すべきものじゃあないと思うんだけどね。
あ、それからブロガー先生、「感に障る」ってなんでつか?
「癇に障る」。普通に「かんにさわる」と入力したら変換されるはずだよね。

で、そのブロガーのセンセに倣って、zakzakから引用。てか、もうCM何度も見ちゃったけどね。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_01/g2007012511.html
うわああ。コーヤーマー、どうするつもりだよ。
「朝鮮玉入れ(byコヤマ)」だぞ、「朝鮮玉入れ」。
あ、それで最近おまいは半島の悪口あんまり書かずにKさつの悪口書いてるのか。わかりやすいなあ。
どうせKさつの悪口書くなら、ここくらい貼っとけよ。
http://mindcom.hp.infoseek.co.jp/(←必ず読んで欲しい。真面目なお願いです)

何かボクチャン、夢見たらしいんやけど、よう覚えてないわ。
しかしミンスは莫迦だなあ。国会で連日、柳沢(Birth Giving Deviceの方ね)を吊るし上げて、今日あたり参院で問責決議案を出せば、「この柳沢BGDと価値観を共にするのか否か」を、今度選挙の与党の連中に突きつけられて、
仮に否決されても、そこへの怒りが愛知の知事選で確実に野党にとっていい方に作用したのにね。
いまからでも遅くないから、今夜の9時過ぎくらいから採決されるように、参院で柳沢の問責決議案を出すべきだね。

本日の日記は留守番さんの投稿です。  
Posted by udonyawriter at 17:35Comments(0)TrackBack(0)勝谷誠彦