うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

ワクチンの遅れに“7割が不満”

本当に遅れていますね。

gooニュース記事より

世論調査 ワクチンの遅れに“7割が不満”

NNNと読売新聞がこの週末に行った世論調査で、日本は新型コロナウイルスのワクチン接種がほかの先進国に比べて遅れていることについて、7割の人が不満を感じていると答えました。

世論調査で菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査から1ポイント下がって47パーセント。「支持しない」は40パーセントでした。

また、今年10月に任期満了となる衆議院議員の総選挙をいつ行うべきかについては、「解散せず10月の任期満了で行う」と答えた人が64パーセントと最も多く、次いで「9月の東京パラリンピック後に行う」が20パーセントでした。

一方、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、日本が他の先進国に比べて遅れていることに不満を感じているかたずねたところ、「大いに感じている」「多少は感じている」と答えた人があわせて7割となりました。

また、大型連休中に旅行や帰省をしようと思うかについては、「思わない」がおよそ9割にのぼっています。

政府が大阪などに「まん延防止等重点措置」を適用したことについては、5割を超える人が感染拡大の防止に効果があるとは「思わない」と答えました。

一方、菅総理大臣は今月中旬に訪米する予定です。アメリカは安全保障や人権問題などをめぐり中国への圧力を強めていますが、日本はアメリカに同調すべきと「思う」と答えた人がおよそ7割でした。

■NNN・読売新聞世論調査
4/2〜4 全国有権者に電話調査
固定電話 426人(回答率60%)
携帯電話 648人(回答率44%)
  合計 1074人が回答
http://www.ntv.co.jp/yoron/

膀胱がんの血尿は痛みなしこそ注意

かかりつけ患者さんから同様の相談を受けて、膀胱癌の治療がうまくいったケースがいくつもあります。

gooニュース記事より

サンド伊達は早期発見 膀胱がんの血尿は痛みなしこそ注意

サンド伊達は早期発見 膀胱がんの血尿は痛みなしこそ注意

サンドウィッチマンの伊達みきおさん(C)日刊ゲンダイ

(日刊ゲンダイ ヘルスケア)

【Dr.中川 がんサバイバーの知恵】

 早期発見が何よりでしょう。お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(46)のことです。血尿が出たことに違和感を覚えて受診したところ、ステージ1の膀胱がんで手術されたといいます。

 膀胱がんは、腫瘍が粘膜を超えて筋肉に達してしまうと、膀胱を全摘。そうなると、人工膀胱を作り、ビニール袋のようなものに尿をためる生活を余儀なくされますから生活の質が大きく損なわれてしまいます。早期発見できるかどうかは、とても大きな意味を持つのです。

<痛みのない血尿は身体からの大きなサインです。トイレに行く度、毎回血尿が出る症状というわけでもないので、痛くもないし病院に行かない方が多いと聞きました。でも、放置しておくと手遅れになり大変な手術をしなければならない状況になってしまいます。何事も、早目の処置が大事なんですね>

 伊達さんがブログにそう記している通りです。胃がんも乳がんも大腸がんも肺がんも、どんながんであれ、初期は痛みがありません。痛みがある血尿は、膀胱がんの代表的な症状ですが、痛みのあるケースは進行している可能性が高い。痛みがなくて何らかの症状があるときこそ、早期発見のチャンスなのです。

 私も3年前に自分でエコー検査によって膀胱がんを見つけました。がんでないことを祈りましたが、案の定ですぐに検査して入院。年末ギリギリまで仕事をし、12月28日に手術を受けると、31日には退院しています。仕事始めの1月4日からは通常通り東大病院に出勤しました。

 そんなに早く復帰できるの? と思われるかもしれません。早期の膀胱がんは、一般の方もこのように短期間で退院することができ、職場に戻れるのです。

 ほかには、頻繁に尿意を感じる、排尿時に痛みがある、などの症状が知られていますが、何かおかしなことに気づいたらとにかくすぐに受診することをおすすめします。

 伊達さんは、3カ月に1回の膀胱検査で経過をチェックすると書いています。実は膀胱がんは再発しやすい。私も最初の1年間は3カ月に1回、2年目からは半年に1回検査を受けています。10年目までは続けるつもりで、その後は1年に1回の検査を恐らく死ぬまで続けるでしょう。

 膀胱がんのリスクは、喫煙です。膀胱がんのうち、男性は50%以上、女性は30%が喫煙によるとされます。愛煙家の伊達さんは、がんをキッカケに禁煙を検討しているそうです。

 特定の化学物質も膀胱がんのリスクで、飲酒との関連も指摘されています。特に飲酒で顔が赤くなる人は要注意です。これらのリスクがある方は1年に1回、検尿や尿細胞診を受けるといいかもしれません。

 一方、水分を取ると、膀胱がんのリスクが下がるという報告もあります。そのメカニズムは分かりませんが、尿に含まれる発がん物質の濃度が下がるためだと思われます。

(中川恵一/東大医学部附属病院放射線科准教授)

“若年性認知症” 当事者の苦悩

65歳近辺の方も診ていますが、様々な助けが得られずに、老人ホームなどの施設に入らざるを得ないケースもあります。

gooニュース記事より

朝起きたら仕事に関する記憶が消失…働き盛りを襲う“若年性認知症” 当事者の苦悩

「うっかり居眠りをしていたらどこを走っているのかわからなくなっちゃった。いまどこにいるんだろう。あれ、そういえばどこで乗り換えるんだったっけ」

これは誰にでも起こりうるある症状を当事者目線で再現したVR映像。自分がどこにいるかもわからず、目的地も乗り換える駅も忘れてしまい、混乱する女性。彼女が抱えるのは「認知症」だ。

【映像】“若年性認知症”当事者と家族の苦悩

全国に460万人いるとされる認知症患者。その数は今も増え続け、2025年には高齢者の5人に1人になるとされている。このVRはそんな認知症に対する理解を深めようと、サービス付き高齢者住宅を運営する企業が開発した。

シルバーウッドVR事業部の黒田麻衣子さんは「認知症のある方ってなかなか周りから理解されづらい。『どうしてあげたらよかったんだろう』と考えてしまいがちだが、『どうしてほしかったんだろう』と当事者視点になることがすごく大切」と話す。

とはいえ、若い人は「まだまだ遠い未来の話」と思っていないだろうか。実は、認知症は高齢者に限った話ではない。認知症当事者コミュニティが開催したイベントで、参加者のほとんどは高齢者の中、43歳の男性の姿も。渡邊雅徳さんも認知症の当事者だ。

渡邊さんは現在、認知症患者が集うカフェで、当事者たちに対し自身の体験談を踏まえ明るくサポートを行っている。彼に異変が起こったのは今から3年前の当時40歳の時だった。「朝起きたら、自分がどこで働いているのか、なんの仕事をしているか、どんな人と一緒に働いているかとか、仕事に関する記憶が一切なくなっていた。職場に相談して病院に行くよう言われて診察を受けたら、認知症だと言われた」。

そもそも認知症とは、記憶や言語、判断などの認知機能が低下した状態のこと。その原因は、脳の神経細胞が減少し萎縮が起きるアルツハイマー型や、脳梗塞・脳出血などで脳の血管障害が発生する血管性認知症。特殊なタンパク質が脳の神経細胞を減少させるレビー小体型など様々だ。その中で、渡邊さんのように65歳未満で発症する認知症のことを「若年性認知症」と呼ぶ。

渡邊さんは当初違和感はあったものの、仕事のストレスだと思っていたという。しかし、書類の手直しを事務員にお願いしようとするも、名前が出てこないために自分の席に戻るということがあった。

渡邊さんは認知症という診断を聞いた時、「助かった」という思いが強かったという。「僕の場合は当時働いていた事務所を潰しかねないほどの失敗をしていて、『お前みたいなやつがわけわからなくなって、刃物を振り回して人を傷つけたりするんだから隔離された方がいい』とか言われた。認知症の症状もそうだけど、その状況がすごく辛くて」と話す。

認知症に対するイメージは“高齢者に起こる”こと。その結果、若い年代で発症しても周囲から気付かれにくいだけでなく、理解さえしてもらえない。認知症が発覚して一時休職をしていた渡邊さんだが、最終的に退職を決断した。現在は、企業に定められた障害者雇用枠での再就職を目指している。

しかし、認知症を抱えての再就職には大きな壁があると若年性認知症支援コーディネーターの松本由美子さんは言う。「若年性認知症は進行性の病気で、雇う側としてはやはり進行性の病気じゃない方を選ぶというところがあるので、ハードルが高いかなと思う」との見方を示す。

いまだ解明されていない部分が多い認知症。現代の医学では根本的な治療法がなく、進行を遅らせることしかできない。さらに、もし再就職できたとしても…。

「今の給料は発症前の3分の1くらいになった」と話すのは、2年前に若年性認知症と診断された下坂厚さん(47)。35歳で購入したマイホームも最終的に手放す決断をした。下坂さんは「いっそのこと死んで保険金で住宅ローンを返したり、死んだ方がマシかなって思っていた時期もあった」と明かす。

誰もが他人事ではない、働き盛りを襲う「若年性認知症」と社会の理解。1日の『ABEMA Prime』は、下坂さんとともに考えた。
 

■経済的、精神的なダメージが大きい“若年性”特有の苦悩 

大手チェーンの鮮魚店に勤務していた下坂さんは、注文を忘れたり従業員の名前がわからなくなったり、当たり前にできていたことができなくなったという。予兆のような症状も特になったといい、「朝5時くらいから市場に仕入れに行き、終わるのが夜9〜10時くらいまでだったので、『忙しいから疲れているのかな』くらいにしか最初は思っていなかった」と話す。

下坂さんによると、「意外と子どものころのこととかは覚えていて、最近のことほど覚えていない」という。現在の症状としては、簡単な計算が難しいために「キャッシュレス決済で小銭の計算などを不要にする」、通勤ルートを間違えてしまうために「スマホの地図と外の景色を見ながら確認する」などの対策を取っている。

認知症になる原因としてどういったことが考えられるのか。順天堂大医学部名誉教授の新井平伊氏は「例えば“熱を出す”というひとつの状態でたくさんの病気があるのと同じように、認知症というのもひとつの状態でたくさんの病気がある。その中で7割はアルツハイマー病。それ以外に、脳梗塞などの後で起きる血管性の認知症やレビー小体病、前頭側頭型などで9割くらいを占める。それ以外にもたくさんあるので、認知症の原因は何かというと『たくさんある』と言うしかない」と答える。

また、若年性認知症の問題点として3つをあげる。「お年寄りと比べてまず多いのは、交通事故や頭部外傷のいわゆる高次脳機能障害。頭がダメージを受けて起きる認知症がある。それ以外の原因としては、お年寄りと同じようにアルツハイマー病が多い。その後、血管性認知症と続いて原因は同じだが、違いが3つある。1つはお年寄りに比べて進行が早い。2つ目は家族への経済的なダメージ、3つ目は精神的なダメージがお年寄りの場合よりもずっと大きい」。

前日の記憶もなくなってしまうという下坂さんは、今回の番組出演オファーをどのように覚えていたのだろうか。

「カレンダー機能に登録してあった。オファーをいただくまであんまり(番組を)知らなかったが、オファーをいただくようになってから実際に視聴させていただいたりして、しっかり忘れないようにした」
 

■下坂さん「笑ってくれた方が助かるし、ありがたい」

認知症の人に対する周りのサポートとして、介護の現場に8年いたEXITのりんたろー。は「認知症の人に事実を教えたり否定したりすると、余計混乱してしまう。そっちの世界に自分たちも入っていくことが大事だと思う」との見方を示す。

下坂さんは妻が理解を示してくれているといい、「奥さんは訪問介護のヘルパーの仕事をしていて、高齢者の認知症ではあるがすごく慣れている。そういう面ではすごく、僕がとぼけたことをしたとしても笑って許してもらえている部分はあるのかなと思う」と話した。

笑って接した方が気持ちは楽なのか。下坂さんは「そうだ。その方がだいぶ助かるし、やはりありがたい」と答えた。

周囲の人の理解が必要な点について、新井氏は「アルツハイマー病になったからといって、その人が社会生活で影響を受けるというのは一部だ。進行が早いといっても、20年くらいの長いスパン。そこが大事で、診断を受けても軽度障害の場合は5年くらい全部自分で生活できるし、その人なりの生活はできる。今日の(下坂さんの)お話を聞いてみても、1人の人間として普通に生活できるし、生活も自立していける。そこをまず皆さんに理解してもらわないと、誤解がどうしても生じてしまう。病気になったとしても脳の一部で、他は正常。ひとつ記憶のボタンの掛け違いがあったとしても、それ以外は普通に判断して喜怒哀楽もあり、皆さんと付き合えるわけだ。そこが認知症になると全部破綻してしまうみたいな重いイメージを持ってしまうのが、誤解を生じる一番のポイントだと思う」と説明した。

診断後に鮮魚店を退職した下坂さん自身も当時、認知症に関して「2年で寝たきりになる」「何もできなくなる」といった情報ばかりに触れていたそうで、「魚屋という仕事は好きだったが迷惑をかけられないし、辞めるしかないと思い退職した」と明かした。

認知症の人が働く上で、周囲の理解があればどこでも働くことができるのではと下坂さん。では、理解が得られれば元の鮮魚店の仕事に戻りたいのだろうか。「23年やってきて魚屋がすごく好きだっただけに、やはり自分が衰えていき、だんだんできなくなっていくのを仲間や後輩には見せたくなかった。そこはすごく葛藤があったが、すっぱり諦めて違う人生を歩もうかなと思った」。

最後に下坂さんは「認知症になってできなくなることは増えていくが、できることを頑張ってやっていったら進行も緩やかになっていくのかなと、自分自身思う。(認知症に)なったからといって、悲観せずに前向きに頑張っていけたら」と語った。
(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
 

▶映像:毎朝自分の名前を確認、初対面状態の母親に挨拶 “41年”を失った当事者に聞く「記憶喪失」

変異株の抑制対策重要

今から恐ろしいです。。。

gooニュース記事より

「ワクチンのみ」では感染爆発へ 変異株の抑制対策重要 筑波大試算

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
産経新聞

武田、コロナ新薬の開発断念

治療薬が増えませんね。

gooニュース記事より

武田、コロナ新薬の開発断念

 武田薬品工業〈4502〉は2日、新型コロナウイルスの治療薬として国際共同臨床試験(治験)を行っていた血漿(けっしょう)分画製剤について、評価項目を達成しなかったと発表した。新型コロナに対する新たな治療薬としての開発は断念し、他の薬剤の可能性を探る。 

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ