うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

人の弱みにつけ込むインチキ商法

少なくとも自分の前に現われる患者さんには、民間療法の餌食にならないように、注意喚起をしたいと思います。

gooニュース記事より

がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白

がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白

がんになったら、余命宣告は受けたいですか?(AERA 2018年2月12日号より)

(AERA dot.)

 もし自分や家族ががんと診断されたら、どうしたらいいか悩む人は多いだろう。では医師は、自分ががんになったら、どうするのか。AERAは、20 代から60代までのがんの診療経験のある現役医師553人にアンケートをした。余命宣告や民間療法などについて、医師の本音を聞いた。



 一喜一憂してしまいがちな「余命」についても、医師の見方は冷静だ。余命は平均値に過ぎず、「7カ月の余命」には数週間も1年以上のケースも含まれるという。そのうえで、85%が「余命宣告を受けたい」と回答した。

 時に患者や家族が頼り、悪徳商法も問題になる民間療法。「どう考えるか」という質問には、厳しい声が目立つ。

 否定的な医師らが口をそろえるのは、民間療法に「エビデンス(臨床結果などの科学的根拠)がない」という点だ。医師は臨床例で対処するトレーニングを積んでいる。「治療効果があるなら、標準治療や保険に組み込まれるはず」というのだ。

「うそっぱち」(内科・40代・女性)、「人の弱みにつけ込むインチキ商法」(内科・40代・男性)、「百害あって一利なし」(内科・50代・男性)という辛辣(しんらつ)な表現も並ぶ。背景に、患者が不利益を被った経験がある。

「病院での治療より民間療法を崇拝し、治療の妨げになった」(内科・40代・男性)、「悪徳民間療法にだまされて不幸な転帰になった患者を見てきた」(内科・60代・男性)などと訴える医師は少なくない。

 一方、「有効」と答えたのはわずか2%。「場合によっては有効」と回答した人は29%で、その大半が「プラセボ効果」「患者が死を迎えるとき後悔せず、やるだけのことはやったと思えるなら」「イワシの頭も信心から」などといった、心理面での効果に言及したものだ。

 東邦大学医療センター緩和ケアセンター長の大津秀一医師は言う。

「患者も家族も、わらをもすがる思いなので、頭ごなしに否定するのは逆効果の場合もある。『望むならどうぞご自由に』という医師もいますが、僕は『お勧めしない』ときちんと伝えるほうです。特に、お金が異常にかかる場合はよくありません」

 高額療法ではなくても、偏った食事療法も多い。

「玄米だけとか肉を食べないとか。肉は健康に悪いイメージがあるようですが、がん自体、筋肉や脂肪が減る傾向があり、多くの場合、たんぱく質摂取はむしろ必要です。肉を控えて状態が悪くなるケースもあります」(大津医師)

 順天堂大学病院呼吸器外科の鈴木健司医師も一部の医師が行うエビデンスの乏しい治療法について、こう忠告する。

「何人がその治療を受け、何人が生存したのか、科学的な数字を引き出すべきです」

  患者や家族が医師を悩ますケースについては、63%の医師が「ない」と回答。「ある」と答えた医師らの回答は、患者側の理解不足や感情の問題を指摘する声 が目立った。人は因果関係を求めたがるが、「なぜがんになったのかという質問には、答えがない」(呼吸器内科・30代・男性)し、「なぜ治らないのかと詰 め寄られ」(消化器内科・50代・男性ほか)てもどうしようもない。

「本人の怒りや認めたくない気持ちが強すぎて、治療するうえでコミュニケーションに支障」(麻酔科・40代・女性)をきたすこともある。患者と家族間で治療方針が折り合わないケースに言及する医師も複数いた。

 大津医師は、医師に遠慮して聞きたいことを聞けていない患者も多いのでは、と指摘する。

「痛みや吐き気があるのに、医師に病状を聞かれて『おかげさまで』とかしこまっていても、伝わりません。外来は特にせわしないですから、聞きたいポイントを事前に整理して、尋ねてはどうでしょう」

 昨今は、テレビ番組や雑誌記事にがん関連の情報があふれる。それらを医師がどう考えているかは、ぜひ一読してほしい。

「セ ンセーショナルな見出しは問題。『これでがんが治った』などという詐欺まがいの記事はやめてほしい」(呼吸器内科・60代・男性)、「負担のある治療を受 けてがんと闘う姿だけでなく、余命を受け入れて安らかに暮らす人の姿もクローズアップしてほしい」(救急医療科・50代・男性)

 誰もががんにはなりたくないし、早期発見したいものだ。ところが、がんの早期発見のために検査を受けている医師は、決して多くない。これって医者の不養生ということ?

「確かに医師は忙しい。ただ、検診が有効ながんは限られていますし、同僚に身体を診てもらうのに抵抗がある医師も多いのかもしれません」(石見医師)

「進 行が緩やかながんは、検診を受ける意味は十分ある。非喫煙者の肺がんが急増していますが、非喫煙者がかかりやすい肺腺がんの進行は比較的穏やかで、早期発 見すれば根治の可能性は高い。X線での早期発見は難しいので、30代でも40代でも、3〜5年に1度、CTを撮ることをお勧めします」(鈴木医師)

 医療の進歩で、がんで人が死なない日は来るのだろうか。医師らの回答は、「間違いなく来る」「たぶん来る」「来るかもしれない」が35%、「来ない」が40 %、「分からない」が25%。意見が分かれた。

「もしも20年前に同じ質問をしたら、ほぼ100%の医師が『来ない』と答えたでしょう。いまは、『来ない』とは考えない医師が60%もいることに驚いています。医療が加速度的に進歩していることの表れだと思いますよ」(佐野医師)

(編集部・熊澤志保)

※AERA 2018年2月12日号より抜粋

風疹…30〜50代男性が感染源に

私は追加で接種を済ませています。

gooニュース記事より

風疹…30〜50代男性が感染源に「帰国後に出社、職場で集団感染」 自治体が費用補助も

風疹…30〜50代男性が感染源に「帰国後に出社、職場で集団感染」 自治体が費用補助も

(産経新聞)

 強い感染力があり、国内でも集団感染が5〜8年ごとに報告される「風疹」。患者の7割が成人男性で、近年は職場で広がるケースも多い。感染しても ほとんどの人は軽い症状だが、妊娠初期の女性が感染すると子供に難聴などの障害が出る恐れがある。今月は「風疹ゼロ月間」。産婦人科医らは「特に海外出張 の多い企業・組織は、海外へ出かける社員にワクチン接種を受けさせて」と呼びかける。 (平沢裕子)

                  ◇

 風疹の原因である風疹ウイルスは、感染者のせきや会話したときに飛び散る微少の飛沫(ひまつ)(つば)に含まれる。このウイルスを吸い込むと2〜3週間の潜伏期間を経て、高熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出る。

  風疹の流行で問題になるのは、免疫を十分に持たない妊娠初期の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに白内障や難聴、心疾患など「先天性風疹症候群 (CRS)」という障害が出る可能性があるためだ。国立感染症研究所感染症情報センターによると、日本で風疹が大流行した平成24〜25年にかけて、 CRSの赤ちゃんが45人確認されている。

 赤ちゃんがCRSとなるのを防ごうと、厚生労働省などは「風疹ゼロプロジェクト」を立ち上げ、2月を「風疹ゼロ月間」と定め、予防のための啓発活動を行っている。

 東京五輪での流行を懸念

 インドや中国、インドネシアなど海外では依然として風疹が流行する地域がある。また、大規模な国際交流イベントの開催時に大流行する傾向があり、2年後の東京五輪・パラリンピック開催時の流行が懸念されている。

  感染を防ぐにはワクチン接種が有効だ。ただ、予防接種法で風疹のワクチンが男女ともに定期接種となったのは昭和54年4月2日生まれから。また、62年 10月1日生まれまでは、中学生のときに医療機関で個別接種する方法だったため、それ以降の乳幼児期での接種に比べ接種率が低い。こうしたことから、 95%以上が望ましい抗体保有率が30代後半〜50代男性では75〜80%にとどまる。

 日本産婦人科医会常務理事で横浜医療センターの平原史樹院長は「30〜50代男性は働き盛りで海外渡航の機会も多い。帰国後、感染に気付かず出社することが職場の集団感染の原因にもなっている」と指摘する。

 女性は、男性より早く風疹ワクチンが定期接種となったが、平成2年4月2日より前に生まれた人は1回のみの接種だった。抗体が十分ついていない可能性があり、風疹が流行すると感染する恐れがある。

 「ワクチン接種してから出かけて」

  男女とも抗体が低い場合は予防接種が勧められる。平原院長は「とくに海外出張する男性で抗体が低い人はワクチン接種してから出かけてほしい。また、海外か ら帰国後、かぜのような症状がある場合は、まず医療機関で診察を受け、風疹でないことを確認してから出勤すること」と話す。

 妊娠を希望する女性のために、多くの自治体で抗体検査やワクチン接種を無料で行っている。東京都目黒区や川崎市は、女性だけでなく男性のワクチン接種費用を補助している。抗体検査・ワクチン接種とも自治体によって実施状況が異なるので、保健所などへ問い合わせるといい。

 ワクチン接種は補助がない場合は自己負担となる。費用はクリニックで異なるが、麻疹と混合の「MRワクチン」は5千〜1万円程度。麻疹の予防接種をしたことがある人が受けても、副反応や過剰反応は問題なく、麻疹と風疹両方の予防になる。

「だらだら食べ」が肥満予防に?

食事の時ぐらいは時間を取って、ゆっくりと食べましょう。

gooニュース記事より

「だらだら食べ」が肥満予防に? 九大研究

「だらだら食べ」が肥満予防に? 九大研究

飲食店で麺を食べる女性(2017年7月25日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Dale DE LA REY

(AFPBB News)

【AFP=時事】早食いになりがちな人は、食べ物をよくかんで箸を休めながら食事をすることで減量できる可能性があるとする九州大学の研究論文が13日、発表された。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルのオンライン版「BMJ Open」に掲載されたこの研究は、日本人約6万人を対象に食べる速度と体重の増減との関連を調べた。

 九大の研究チームは論文で、食事の速度は肥満や体格指数の値、腹囲に影響すると指摘し、「食べる速度を遅くすることを目的とした治療介入は、肥満予防や肥満関連の健康リスクの低減に効果的とみられる」と結論づけた。

 BMIは身長と体重から算出され、体重が適正範囲内かどうかを判断する際に用いられる。

 研究チームは、肥満などがきっかけで主に成人期に発症する2型糖尿病と診断された患者ら5万9717人の医療保険データを分析。被験者は2008〜2013年にかけて定期検診を受けており、年齢、性別、BMI、腹囲、血圧、食生活、飲酒や喫煙の有無などを調べた。

 その結果、食事の速度がゆっくりなグループの4192人は当初から腹囲の平均値が小さく、BMIの平均値は標準範囲内の22.3、肥満者の割合も全体の21.5%だった。

 これに対し、早食いのグループの2万2070人では肥満者の割合は44%で、BMIの平均値も肥満気味とされる25だった。

 研究チームは、こうした結果は「食べる速度を遅くすることで肥満の減少やBMI値の低下につながることを示唆している」と述べている。【翻訳編集】AFPBB News

ウンチでわかる健康チェック

早めに自己申告で、完治している方がたくさんいます。

gooニュース記事より

重大な病気のサインが出ることも…ウンチでわかる健康チェック

重大な病気のサインが出ることも…ウンチでわかる健康チェック

ウンチは体調によって固いものから下痢気味のもの、色や太さまでさまざまです。健康状態をあらわすバロメーターとなるウンチをチェックしましょう。

(All About)

■毎朝の便の状態は? 習慣化したい毎日のウンチチェック
飲み過ぎ・食べ過ぎでポッコリ出たお腹を見て、体重やメタボを心配する人は多いかもしれ ません。しかし、食べた分だけ排泄される毎日のウンチにも気をつける必要があります。毎日の健康チェックはウンチから始まるといっても過言ではありませ ん。じっくり自分のウンチを見るのは臭くてつらいかもしれませんが、あまり気にしていなかったという人は、ぜひウンチチェックを始めてみてください。

ひ とくちに正常なウンチといっても、年齢、食べた物などの生活環境によりさまざま。個人差があるためあくまでも目安ですが、排便回数は1日1回で、時間帯は できれば朝、色は濃すぎない茶色で、形が崩れない程度のやわらかさ、ある程度太く長いウンチが理想のウンチといえます。ウンチは健康のバロメーター。色や 固さ、太さによっては重大な病気の危険信号を発している可能性もあるので、ぜひ見過ごさないようにしたいものです。

■白色・深緑色・真っ黒のウンチはすぐに病院受診し検査を!
食物は胃でほとんどが消化され、長い腸の旅を経て“ウンチ”になります 正常なウンチの色は黄色がかった茶色。この色は肝臓から作り出される胆汁の色で、胆汁は脂肪の消化酵素と混じって大腸に流れていきます。もし胆汁が管に詰 まったりしてうまく流れないと、正常な茶色のウンチが出なくなります。また、ウンチの色の違いで、体の臓器のトラブルがわかります。

■白色や深緑色のウンチから考えられる病気
もし、白色や深い緑色のウンチが出たら驚いてしまうと思いますが、この場合、胆管に胆石が詰まっていたり、すい臓がんや肝臓がんの可能性もあるので、すぐに病院を受診し、検査を必要です。

■真っ黒なタール状のウンチから考えられる病気
真っ黒なコールタール状のウンチが出たら、胃からの出血を考えましょう。この黒色は血液中の鉄分が酸化した色で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどが疑われます。

■赤いウンチ、鮮血の混じったウンチから考えられる病気
ウンチそのものに血が混じった状態、いわゆる血便が出たら、大腸トラブルの可能性が大です。さらに、明るい鮮血になると直腸がんのおそれもあるので要注意です。いずれの場合も、すぐに検査を受けましょう。

■たまには下痢をするのが健康的という説も……
長い大腸の旅の始まりです。大腸では水分を吸収して不要なカスを肛門まで運びます ウンチの固さはどのように決まるのでしょうか。食べ物は胃酸によって溶かされ、不要なカスが十二指腸で消化酵素(水分)と合流し大腸から肛門へと流れてい きます。体に必要な栄養素は小腸まででほとんど消化吸収され、大腸では水分を吸収します。たくさん水分を吸収すれば、それだけ大腸が水分を吸い取ったこと になるのです。

反対にやわらかいウンチ、なかでも下痢は、大腸があまり水分を吸収しないまま肛門まで早く流れついたウンチ。腐った食べ物などで下痢になると、たいてい腸内炎や感染症を引き起こしているので、大腸はそれを敏感に感じ取り、早くウンチを外に出したくて仕方がありません。

便 秘がちの人にとっては、水分を多く含んだ下痢が腸内を流れることで、体内に残ったウンチが排出できることもあります。しかしもちろん頻回な下痢や、慢性的 な下痢には注意が必要。ちなみに下痢と便秘を2〜3日おきに繰り返す場合、大腸がんの可能性もあるので注意しましょう。

■太いウンチで今日も元気に!
「太いウンチなら今日も快便」は本当のことで、見た目で気になる細いウンチが何日も続くような場合、これまた大腸がんの心配があります。がんやポリープなどの突起物に邪魔されて腸の管が細くなり、必然的にウンチも細くなるわけです。

こ のように、ウンチの色や固さ、太さをチェックすることは、重大な病気のサインの発見につながります。もしウンチに異常があるときは、恥ずかしいと思った り、自己判断で大丈夫と放置したりせず、きちんと医療機関で検査を受けることが大切です。自分自身の健康管理の第一歩として、ぜひウンチを観察する習慣を つけるようにしてください。
■今回お話を伺った先生
駒崎医院 副院長 駒崎 敏昭先生
胃腸科専門医。
駒崎医院で診療するかたわら、徳之島や沖永良部島に行き離島での地域医療に貢献。消化器内視鏡指導も行っている。(2007年取材時)

光原 ゆき

終末期の高齢者ら救急蘇生中止54件

その方がどういう最期を希望されていたか、かかりつけ医の果たす役割が大きいですね。

gooニュース記事より

終末期の高齢者ら救急蘇生中止54件…家族要望

 延命治療を望まない終末期の高齢者らが心肺停止となり、駆け付けた救急隊員がいったん開始した蘇生処置を中止した事例が、全国主要20消防機関で2017年末までの3年間に少なくとも54件あったことが、読売新聞の調査でわかった。

 蘇生中止に関する国の規定はなく、各地の消防機関で対応が分かれていた。救急現場からは統一的なルールを求める声が上がった。

 在宅医療の普及で自宅や施設で最期を迎える人が増え、家族に蘇生中止を求められた救急隊が苦慮するケースが出ている。調査はアンケート方式で、17年11〜12月、東京消防庁と政令市・県庁所在市の消防局・消防本部の52機関を対象に実施。全ての機関から回答を得た。

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ