うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

「年賀状やお中元は無駄」

不義理だなぁと思いながら、私は既に止めています。そこまで意識が回らないということでもあります。

gooニュース記事より

弘兼憲史氏が勧める身軽な人間関係「年賀状やお中元は無駄」

弘兼憲史氏が勧める身軽な人間関係「年賀状やお中元は無駄」

9月9日に古希を迎えた弘兼憲史氏

(NEWSポストセブン)

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏が、9月9日に古希を迎えた。これまで著書『50歳からの「死に方」〜残り30年の生き方』『60歳からの手ぶら人生』などで団塊世代に老後の生き方を提言してきた弘兼氏が、自ら70代に入り改めて「老後」とどう向き合うべきかを語った。

「『サザエさん』の父・波平さんって、実は50代前半なんですよ。1970年代くらいまでの50代ってあんな見た目で、定年も55歳で、60代で寿命を迎えていた。今の時代は、70歳の私が、波平さんと同じくらいの感覚なんですよね」

 弘兼氏はそう語る。

「体力的には元気なんだけど、食が細くなりましたね。フルコースの食事に行っても、メインに到達する前にお腹いっぱいになる。最近はオードブル2品で十分で、普段の食事も粗食になりました。お金がかからなくていいけどね。人間ってうまくできているなと思います」

 若い頃、ゴルフではドライバーで300ヤード飛ばしたが、今は240ヤードがせいぜいだという。体に不調はなく、仕事への意欲も高いが、緩やかに身体機能が落ちていく感覚を味わっている。

 昨年上梓した『60歳からの手ぶら人生』では、「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言。体の機能だけでなく、収入や交友関係など、さまざまな面で下降トレンドに入った60代に、サラリーマン時代の名刺やスーツといった持ち物を半分捨てて、人間関係についても身軽になることを勧めた。

「現役のときと同じ生活レベルを保とうとすると預貯金もどんどん減ってしまう。ですから、必然的に生活範囲や交際範囲をすぼめていかないといけない。身の丈にあった生活をすることが重要なんです」

 意識して必要がないものを捨てていかないと、現役時代と同じ生活を続けてしまう。だから、まずは「半分に減らす」と意識するのだ。まず手をつけたのは、年賀状、歳暮や中元といった“お付き合い”だ。

「定年前ともなると、年賀状を200通も300通も出すという人が多いが、引退後もやり取りが必要な相手ってそんなにいないんです。私は、印刷された年賀状を惰性でやり取りすることに無駄を感じ、10年前にやめました。本当に親しい間柄の人だけでいい。電子メールでもいいんです。

 お中元、お歳暮は無駄の最たるもので、本当にお世話になった人は別にして、やめていい。費用もかさみますからね。そうした義理の付き合いをやめたいのは相手も同じだと思えば、心のハードルはずいぶん下がるはずです」

※週刊ポスト2017年9月29日号

赤ちゃん19人に1人、体外受精で誕生

標準治療になりましたね。

gooニュース記事より

赤ちゃん19人に1人、体外受精で誕生…15年

赤ちゃん19人に1人、体外受精で誕生…15年

読売新聞 【読売新聞社】

(読売新聞)

 2015年に国内で行われた体外受精によって、過去最多の5万1001人が誕生したことが日本産科婦人科学会のまとめでわかった。

 赤ちゃん全体の19人に1人が体外受精で生まれたことになる。治療件数も42万4151件となり、初めて40万件を超えた。

 国内の体外受精児は、1983年に東北大で初めて生まれて以来、累計で48万2627人になった。

 体外受精は卵子と精子を体外で受精させて子宮に戻す不妊治療。卵子に針を刺して精子を注入して受精卵を作る方法などが開発され、選択肢が増えた。

 特に、いったん受精卵を冷凍保存し、時機を見計らって母親の子宮に移して妊娠させる方法が多用されている。体外受精で生まれた子の約8割にあたる4万599人がこの方法だった。

今季のインフル流行、早期化か

確かに、先日の急患センターでも、インフルエンザを疑う症状の方の受診がありました。

gooニュース記事より

今季のインフル流行、早期化か 子どもの患者5.7倍

 厚生労働省は15日、4〜10日の1週間で小中高校や幼稚園、保育所から報告されたインフルエンザ患者が137人に上ったと発表した。昨年と同じ時期に比べ5・7倍多かった。今季はインフルの流行が例年より早く始まりそうだ。

 厚労省によると、都道府県別で最も多かったのは沖縄で66人、次いで島根の37人だった。インフルの集団発生で学年閉鎖をしたのは全国で5校、学級閉鎖は4校に上った。今回の報告には入っていないが、11日以降も埼玉や広島、三重、宮城、愛知、佐賀などで今季初の学級閉鎖があった。

 島根県では7日に今季初の学年閉鎖があった。同県は「学級・学年閉鎖が始まるのは例年は10〜11月。今季はかなり早い」という。12日に今季初の学年閉鎖が始まった川崎市の岡部信彦・市健康安全研究所長は「なぜ今季集団発生が早いのかはわからない。手洗いし、患者はマスクをして感染を広げないよう徹底してほしい」と話す。(大岩ゆり)

ストーブにガソリン、灯油漏れの引火

認知機能の低下も影響しているかもしれませんね。

gooニュース記事より

ストーブにガソリン、灯油漏れの引火…事故多発

 石油ストーブや介護用品などの誤った使い方で、事故に遭う高齢者が後を絶たない。

 18日の敬老の日を前に、NITE(ナイト、製品評価技術基盤機構)は注意喚起の動画も公開して、正しく使うよう呼びかけている。

 NITEによると、製品の使い方が問題で起きた65歳以上の死亡・重傷事故は2016年度までの5年間に152件。最も事故が多かった製品はストーブ(34件)だった。カートリッジタンクに給油した際、ふたの締め付けが甘かったために灯油が漏れて引火したり、ガソリンを間違えて給油したことによる異常燃焼で火災になったりしたケースがあった。

 80歳以上では介護ベッドなどの事故が多く、ベッドの柵に足や腕などを挟まれる事故が目立った。65歳以上70歳未満では、脚立やはしごからの転落事故が多かった。

 NITEは、〈1〉ストーブに給油する際は必ず火を消す。自動消火装置付きの製品への買い替えも検討する〈2〉介護用品は、本人だけでなく介護する人も使い方に注意する〈3〉屋根など高所で作業する際は必ず補助する人を付ける――などと注意を呼びかけている。

「我慢ストレッチが関節壊す」

自己流は危険なようです。

gooニュース記事より

イチロー診たトレーナーが警鐘「我慢ストレッチが関節壊す」

image

「最近、体操選手のようなベターッとした開脚前屈に挑戦する人が増えています。ベストセラーになった本の影響もあるようですが、実は無理に開脚するのはとても危険なのです」

そう語るのは、アスレティック・トレーナーの森本貴義さん。9月に発売された著書『間違いだらけ! 日本人のストレッチ』(ワニブックスPLUS新書)も話題だ。アメリカで十数年にわたってシアトル・マリナーズでイチロー選手(43)らのトレーナーを務めた森本さんは、大リーグ通算3,000本安打にも貢献。現在はシアトル・マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス投手や、プロゴルファーの宮里優作氏といったアスリートのトレーナーとしても活躍している。

「日本人は『体が柔らかいことはよいことだ』と思い込んでいますが、必ずしもそうとは限りません。ふだん体を動かさない人が急に『開脚ベターッ』を目指すと、筋肉が弱いままで股関節だけが柔らかい状態になります。本来は関節を柔らかくしたぶん、その関節を守るために相応の筋力をつける必要があります。筋トレをせずにストレッチだけ頑張ると、体のバランスが崩れ、股関節だけでなく、膝や腰まで痛める原因にもなります」

特に、高齢の人がいきなり過度なストレッチをすることは勧められないという。

「私の経験によれば、ストレッチをして関節の柔軟度が高くなる一方、体に痛みを抱えている年配女性は多いです。関節は訓練すれば年齢に関係なく柔らかくなりますが、筋肉量は年をとると確実に落ちていて、ケガをしやすくなります。高齢の人が股関節亜脱臼を未然に防ぐだけの筋肉量を持つには、相当なエクササイズが必要ですが、そこまでするのは現実的に難しいでしょう」

森本さんは、痛い思いをしながらストレッチをする人が多いことにも危惧している。

「痛みは体が発している、『これ以上やったら体に支障を来しますよ』というサイン。痛みをこらえてゆがんだポーズをとっていると、亜脱臼したり、腰痛を起こしたりと、さまざまな不具合が起こります」

なぜそこまでして、開脚をしようとするのか。森本さんはこう推測する。

「『開脚ベターッ』ブームの理由は、開脚は見た目にわかりやすく、他人にも承認されやすいからではないでしょうか。しかし、ストレッチに限らず、見た目だけを重視するのは禁物です。たとえば、腹筋が見事にシックスパックに割れている人でも、実は無理に酷使したため、体の内部がボロボロになっていることも。数年後には肌がシワシワになってしまう恐れもあるのです」

自分の体に応じたストレッチを選ぶことが重要だそう。たとえば、猫背の人は、背中や首の筋肉が短くなり、筋肉にこりが生じている。その場合は、こった部分をゆっくりと伸ばしていく動きが効果的だ。

「ストレッチは鏡を見て、自分の体の声を聞きながらやりましょう。『今、ここが突っ張っているな』『ここが伸びているな』と対話をすることで、体の変化に敏感になります。これができるようになると、体の自由度も上がります」

森本さんは、超一流アスリートでも普通の主婦でも、肝心なことは同じと語る。

「体は自分だけの大切な乗り物です。見た目ではなく、体が楽になる、疲れにくくなる、といった体の機能や生活の向上を目指すべきだと思います」

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ