うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

2011年04月

インフルによる休校・学級閉鎖3倍に

子供たちの間で流行がみられているようです。罹ってしまったらゆっくりと休むようにしましょう。

インフルによる休校・学級閉鎖3倍に 学校再開影響か

朝日新聞2011年4月27日(水)19:50

 厚生労働省は27日、インフルエンザで休校や学年・学級閉鎖をした保育所や小中高校などが、今月17〜23日の1週間に全国で計1212施設となり、前週(10〜16日)の3倍だったと発表した。

 A型に比べて流行期が遅いB型が、大半を占めているという。都道府県別では長野、北海道、新潟、兵庫、福岡、千葉が多かった。厚労省の担当者は「春休みが終わり、学校が再開された影響とみられる」と分析している。

ご協力頂きありがとうございます。

4月28日受診にご協力頂き、ありがとうございました。連休中もしくは連休明け直後に受診予定になっていた皆さんの、連休前受診にご協力頂きました。ゴールデンウィーク中の4月30日および5月2日は、突発的な症状の方の診察に集中したいと思います。また、職員が手薄になりますので、予防接種や病気相談等の問い合わせも連休明けにお願いします。

外来受診日調節のお願い。

かかりつけ患者さんには既に実行して頂いていますが、ゴールデンウィーク前後の受診日調節をお願いします。4月30日に受診(特に初めての受診)しようと思っている方がおりましたら、今日(4月28日)中に受診される事をお勧めします。30日は混雑が予想され、ゆっくり診察を行っている時間が乏しくなると考えられます。また、ゴールデンウィーク中の平日(5月2日)や明けの数日(5月9日から11日)はできるだけ避けて受診下さい。病院スタッフの見落としや間違いを誘発しないよう、ご協力をお願い致します。早く、もしくはゆっくりの診察希望に必ずしもお答えできないと思いますが、ご承知置き下さい。

インフルエンザ 東北中心に再流行

今後、東北地方以外にも拡大していく可能性があります。

NHKニュースより

インフルエンザ 東北中心に再流行

4月22日 16時28分

 東北地方を中心にインフルエンザの患者が再び増え始め、この時期としては過去10年で2番目に高い水準となっていることが、国立感染症研究所の調査で分かりました。 国立感染症研究所によりますと、17日までの1週間に全国5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は、1か所当たり6.42人と、前の週を0.07人上回り、3週間ぶりに増加に転じました。患者は全国の24の都道府県で前の週より増え、この時期としては過去10年で2番目に高い水準だということです。特に増加が目立つのは東北地方で、1つの医療機関当たりの患者は、青森が8.44人、山形が6.79人、秋田が5.69人と、前の週を1.11人から2.37人上回りました。岩手と宮城、それに福島の各県は、震災の影響で正確なデータを把握できない状態が続いていますが、同じように患者が増えている可能性があるとしています。検出されるウイルスはこれまで少なかったB型が半数を占め、患者が増える要因になっているとみられています。国立感染症研究所の安井良則主任研究官は「流行は大型連休明けごろまで続くとみられる。特に多くの人が集団で生活する被災地の避難所では、疲れなどから感染が広がりやすい状態になっているおそれがあるので、手洗いやマスクの着用などの対策を改めて徹底してほしい」と呼びかけています。

予防接種を予約頂いています。

東北大震災から1カ月を経過して、4月の新学期を迎えて、多くの予防接種予約を頂くようになっています。その中で、特にMR(麻疹{はしか}、風疹)、三種混合、日本脳炎、子宮頸がんの予防接種を希望される方が比較的多くなっています。できるだけ接種希望日に実施しますので、前もって電話連絡を入れて下さい。接種日までは体調を整えて、当日は体温測定を済ませてから受診して下さい。お待ちしています。

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ