うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

2014年06月

<路上喫煙訴訟>過料処分妥当

喫煙時には、喫煙できる場所かどうかを必ず確認してからにして下さい。吸わないで済むならそれが一番いいのは言うまでもありません。

エキサイト記事より

<路上喫煙訴訟>横浜市の過料処分妥当 東京高裁が逆転判決

2014年6月27日 11時00分 (2014年6月27日 11時06分 更新)
 横浜市の喫煙禁止地区で路上喫煙した東京都在住の男性が、条例に基づく2000円の過料処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は26日、男性側勝訴の1審判決を取り消し、横浜市勝訴の逆転判決を言い渡した。田村幸一裁判長は、全国に路上喫煙を規制する条例制定が拡大していることを背景に「路上喫煙の制限は時代の流れ」と指摘。「男性には喫煙禁止地区かを確認して喫煙する義務があった」と述べた。

 日本たばこ産業(JT)によると、3月末現在、全国で199の自治体が路上喫煙を規制する条例を制定しており、横浜市と同様に罰金を定めている自治体もある。高裁判決は路上喫煙者に高い注意義務を課したといえ、他自治体の条例運用にも影響を与えそうだ。

  男性側は「喫煙禁止地区であることを示す標識が小さく、認識できなかった」と主張し、1審の横浜地裁はこれを認めたが、田村裁判長は、男性が住む自治体も 路上喫煙規制の条例を制定していると指摘。「路上喫煙が制限されていることは男性も認めている。注意を怠らなければ、喫煙した場所が喫煙禁止地区と認識で きた」と男性の過失を認めた。

 判決によると、男性は2012年1月、喫煙禁止地区のJR横浜駅近くの路上で市の美化推進員に喫煙を目撃され、過料処分を受けた。付近には喫煙禁止地区を知らせる直径30センチの路面標識と看板が設置されていた。

 NPO法人「日本禁煙学会」の宮崎恭一理事は「規制がないから吸うという発想自体がもう古い。路上には子供や妊婦もいる。規制の有無にかかわらず、喫煙の際に周囲を十分確認するのは当然だ」と指摘している。【山本将克

喫煙で認知症のリスク2倍

認知症と聞くと気をつけようと思う人が出ると思います。このようなデータがたくさん出て行く事を期待しています。

読売新聞記事より

喫煙で認知症のリスク2倍…九大教授らが調査


 たばこを吸う人は認知症になる危険度が2倍に高まるとの調査結果を九州大の清原裕教授(環境医学)らの研究グループがまとめた。

 14日の日本老年医学会で発表した。かつて喫煙は認知症を減らすとの報告があり、近年、それを否定する報告も海外で相次いでいたが、日本人対象の研究でも、たばこが認知症のリスクとなることが示された。

 今回の調査は、1988年時点で認知症でなかった福岡県久山町の高齢者712人の集団(平均年齢72歳)を15年間追跡した。また、この集団の15年前(72〜73年、平均年齢57歳の中年期)の健診記録を照合。中年期、高齢期の喫煙状況と認知症発症の関係を調べた。

 追跡期間中に認知症を発症したのは202人。中年期、高齢期の各時期で「喫煙」「過去に喫煙歴あり」「非喫煙」に分けて分析すると、喫煙者は非喫煙者に比べ、認知症の発症リスクが2倍になった。過去に喫煙歴がある人と非喫煙者では明確な差はなかった。

ボタン電池の誤飲注意

大人が気をつけましょう。

Excite記事より

ボタン電池の誤飲注意、消費者庁 食道や胃に穴開く恐れ

2014年6月18日 21時55分(2014年6月18日 22時00分 更新)

 おもちゃや電子機器に使われるボタン電池を子どもが誤って飲み込み、医療機関で受診した事故情報が2010年12月から今年3月までに全国で93件報告されたとして、消費者庁は18日、注意を呼び掛けた。

 ボタン電池を誤飲すると、1時間ほどの短時間でも食道や胃に穴が開く恐れがあるが、重症化すると知らない親も多い。同庁は「誤飲したかもしれないと思ったら、すぐに病院を受診させて」としている。

 消費者庁によると、93件には誤飲の疑い例も含まれ、入院が必要な例が10件あった。年齢別では、自力で動き始める1歳児が54件で最多だった。

ギャンブルとの向き合い方

これも遺伝子ですね。

Yahooニュース記事より

ギャンブルとの向き合い方、遺伝子が大きく関与か 米研究

AFP=時事 6月17日(火)12時58分配信

【AFP=時事】ギャンブルにのめり込みやすいかどうか、それはその人の遺伝子に起因するところが大きいようだ──。

ポルノは脳に悪影響を及ぼすか?独研究

 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究チームは16日、人が賭け事や投資を行う時の行動には、遺伝子が大きな役割を持つことが示されたとする研究報告を発表した。

 米科学誌「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)」に掲載された論文によると、問題の遺伝子は、快楽の信号を発して「報酬を求める動機」とする脳内化学物質のドーパミンの役割に影響を与えるという。

 ドーパミンが社会的交流で役割を持つことはすでに知られているが、研究チームは、遺伝子によって脳内のドーパミンの働きが左右されることが示されたのは今回が初めてだとしている。

「研究は、遺伝子が複雑な社会的行動に関与していることを示している。今回のケースでは、戦略的な行動がそれに当たる」と研究チームは述べる。

 研究では、シンガポール国立大学(National University of Singapore、NUS)の学生217人のゲノムを解析し、およそ70万個の遺伝子多様体を探索し、そのうちドーパミンの調節にかかわる遺伝子12個種に着目した。

 学生たちには、匿名の相手とコンピューター上で賭けをするゲームをしてもらい、その時の脳の様子をMRI画像で調べた。

 その結果、相手の考えを想像し、その行動を予期して対応することに長けた学生には、脳の前頭前皮質内側部でドーパミンの働きに影響を与える3つの遺伝子に変異があることがわかった。

 一方、試行錯誤的な学習を得意とする学生では、主に脳の線条体部分においてドーパミンに影響を与える2つの遺伝子に変異があったという。

 研究チームは、この研究によって、意思決定における遺伝子の役割が、「驚くべきレベルの一貫性で」明白であることが示されたとし、「社会的環境の要素にかかわらず、ドーパミンの働きが、幅広い分野での価値観に基づく意思決定の根底にあるというこれまでの主張をさらに裏付けるものとなった」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

「カビ肺炎」にご注意!

「カビ肺炎」ですか。「過敏性肺臓炎」をうまく略した感じで、なかなか良いネーミングかもしれません。

Yahooニュース記事より

夏カゼとカン違いしやすい「カビ肺炎」にご注意!

週プレNEWS 6月9日(月)6時0分配信

いよいよ梅雨入りした日本列島。これから1ヶ月以上もジメジメした日が続くわけだが、テンションが下がるだけでなく、健康面でも大いに気をつけなければならない。

その原因は、部屋の中で活性化して大繁殖する機会を狙っている、目には見えないカビの菌糸だ。

「この時期から増えてくるのが、トリコスポロンというカビで、このカビを吸入すると、夏型過敏性肺炎を起こすことがあります。また、この病気が慢性化すると死に至ることもあるんです」

こう警告してくれたのは、呼吸器科・アレルギー科・内科の専門医で東京・池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師。

「夏型過敏性肺炎とは、トリコスポロンを吸うことで、肺の中でアレルギー反応が起こり、微熱が出たり、咳や痰が出たり、体がだるくなったりする病気です。症状的には夏カゼと似ているので、皆さん夏カゼとカン違いしてしまうことが多いんです。

しかし、放っておくと呼吸困難などの重症になる場合があります。そして、重症になって病院に行ったときに医師も夏カゼだと診断してしまったり、肺炎としても細菌性肺炎と誤診してしまうと、入院して点滴を打ち、症状が良くなったからと数日で家に帰してしまいがちです。しかし、症状が良くなったのは入院したことでトリコスポロンを吸わなくなったためであって、家に戻るとまたアレルギー反応が出てしまうのです」

また、呼吸困難になるほどではない軽症な人でも、注意が必要だと大谷医師は言う。

「11月ぐらいになってカビが減ると、夏カゼかなと思っていた症状が軽くなります。しかし翌年の5月ぐらいになると、またその症状が出てきてしまう。それを毎年繰り返していると慢性化してしまうんです。

慢性化した過敏性肺炎は、間質性肺炎や肺線維症になって、肺が硬くなり死に至ります。夏型過敏性肺炎は、医師でもなかなか気づきにくく、とても怖い病気なんです」(大谷医師)

では、夏型過敏性肺炎を予防するには、どうしたらいいのだろうか?

「原因となるトリコスポロンは、風呂場や脱衣所、台所など高温多湿になる場所に多く発生するので、そういった所はいつもきれいに掃除して、乾燥させておくことです。特に木材などで増殖しやすいので、風呂場に木製のドア枠などがある家は気をつけてください。

ほかにもカビによる肺炎は、アスペルギルス、カンジダ肺炎、クリプトコッカスなどもあります。アスペルギルスは重篤な基礎疾患のある人だと、死亡率が50%と高くなります。とにかくカビが生えていたら、カビ取りをすることが大切です」(大谷医師)

死ぬことだってある梅雨時のカビ。もう、放っておくなんて選択肢はない。

(取材/村上隆保)

■週刊プレイボーイ25号「梅雨入りで一気に大繁殖!『部屋カビ』放置で死ぬことも!」より

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ