うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

2016年03月

入浴剤の代わりアイテムまとめ

私は開栓後、時間が経過した日本酒を入れてみます。

gooニュース記事より

保存版!入浴剤の代わりに入れるアイテムまとめ!

まだまだ寒いこんな季節は、湯船にザブ〜ンと浸かるだけで身も心も温かくなりますよね。女性はお風呂好きが多いせいか、お風呂のお供にこだわる人も多いよ う。そこで今回は、わざわざ入浴剤を買わなくてもOKの、家にある“あんなもの”や“こんなもの”を入れるだけで十分に効果が期待できる入浴グッズを主婦 100人に教えてもらいました!

柑橘系の香りでリラックス!「柚子」とお風呂の相性は抜群♪

・「定番だけど柚子です。良い香りだし、ぷかぷか湯船に浮かべているだけで子どもも喜んでいます」(30代女性・専業主婦)
-
・「柚子がいい。匂いもいいし、少し絞って入ると幸せな気持ちになる」(30代女性・専業主婦)
-
・「冬至じゃなくても、柚子をよく入れます。柑橘系はバスタイムの癒し効果をUPさせてくれる気がします」(40代女性・専業主婦)
-
大人気の柚子はもちろん、グレープフルーツやレモンなど、お家に余っている柑橘系の果物を少し絞るだけで、とってもいい香りに包まれ、いつものお風呂が一変! 食べ終わった皮をネットなどに入れて一緒に浸かるのも◎。

食べた分だけお風呂に入れる♪「みかんの皮」をリサイクル!

・「みかんの皮を干してお風呂に入れます。とってもいい香りがしてリラックスできます」(30代女性・専業主婦)
-
・「祖母がみかんの皮をカリカリに干したものを、よくお風呂に入れていました」(20代女性・専業主婦)
-
・「寒い季節は、買いすぎてカスカスになってしまったみかんをお風呂に入れています」(30代女性・専業主婦)
-
箱で買って家族中で食べることが多いみかんは、食べたそばから皮を乾燥させて、どんどんお風呂にリサイクルしちゃいましょう!美容効果も期待できますよ♪

ちょっともったいない?「日本酒」でお肌つるつるに♪

・「お酒が飲めないので、頂きものの日本酒をお風呂に入れてみたところ、肌がツルツルになってよかったです」(30代女性・専業主婦)
-
・「日本酒です。身体が温まるし、肌がツルツルになるのでオススメです。長澤まさみもやっているらしい」(40代女性・専業主婦)
-
・「粗塩と日本酒を湯船に入れると汗がよく出る気がするし、肌がすべすべになる」(50代女性・専業主婦)
-
日本酒に含まれる「コウジ酸」や「フェルラ酸」は美容効果が抜群のよう。さらに、日本酒風呂に浸ると、血行促進作用もあるようで、体内の老廃物の排除なんていう効果も期待できるとのこと! これは試してみる価値ありですね。

余っている「重曹」をお風呂にたっぷり!

・「断然、重曹です。お風呂のお湯がまろやかになり、肌がスベスベに。それに、お風呂も排水口もきれいになるし、一石二鳥です!」(20代女性・専業主婦)
-
・「重曹と粗塩です。放射能の除染目的で入れていますが、効果はそれだけじゃなく、身体が内側からポカポカ温まりますよ」(40代女性・専業主婦)
-
・「重曹と天然塩です。重曹はアルカリ性なのでお肌のつるつる感が増しますし、塩は保温効果が高いので、入浴剤と同等の効果を得られます。香りが欲しいときには精油を加えます」(40代女性・専業主婦)
-
重曹に含まれている炭酸水素ナトリウムは、アルカリ性の天然温泉にも含まれている成分なんですよ! それに、重曹はお掃除にも最適なものだから、入った後に浴槽がきれいになっている!なんて副産物も♪

ミルキーな「牛乳」でもっちりお肌に!

・「牛乳です。お肌がスベスベになるし、もっちりとした弾力のあるお肌になれます」(20代女性・専業主婦)
-
・「牛乳を入れます。想像しているよりもミルク臭くないし、とても温まります」(50代女性・専業主婦)
-
・「賞味期限の切れてしまった牛乳をお風呂に入れています。ミルク風呂になってお肌がツルツルになりますよ」(20代女性・専業主婦)
-
海外セレブにも人気の通称「ミルク風呂」。一般的なサイズの浴槽には、約1リットルの牛乳を贅沢に入れるのがオススメです。アンチエイジングの効果も期待できるらしいので、ぜひお試しあれ!

好きな香りのアロマオイルでリフレッシュ!

・「アロマオイルを入れます。香りがいいと、リラックスしてお風呂に入ることができるので気に入っています」(30代女性・専業主婦)
-
・「アロマテラピーなどで使用する精油です。2〜3滴で十分ですし、リラックス効果があるので、下手な入浴剤よりいいです」(20代女性・専業主婦)
-
・「たっぷりの塩と10滴程度のアロマオイル。これでバスソルトを用意する必要はありません!」(30代女性・専業主婦)
-
アロマオイルはリラックス効果も抜群! 長風呂をして、しっかり疲れを癒したいときにおすすめなアイテムですよ。
-
ほかにも体がポカポカになる「しょうが風呂」や、川島なお美さんがこよなく愛した「ワイン風呂」を試している方も! まずは家にあるものをチェックして、試してみてくださいね。
-
文/暮らしニスタ編集部
※既婚女性100人を対象に暮らしニスタ編集部が行ったアンケート調査より
写真c -Fotolia.com

救急搬送いっこく堂の病状が判明

気をつけましょう。

エキサイト記事より

救急搬送いっこく堂の病状が判明、転倒により外傷性くも膜下出血などに。

2016年3月23日 10時16分 (2016年3月23日 11時31分 更新)
救急搬送された腹話術師のいっこく堂(52歳)の所属事務所は3月22日、その病状について、「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」と発表した。

公 式ブログのエントリー「事務所より報告します」によると、いっこく堂が倒れたのは3月20日深夜のこと。「就寝前にトイレに行った後、めまいがして倒れま した。フローリングの廊下に顔面から倒れたため、意識を失いました。気がついた時には顔面が血だらけになっていたので、家族が救急車を呼びました」という 状況で、その日は「顔面の激しい痛み、傷、頭痛、吐き気、寒気の症状がありましたが、搬送先の病院で、頭のCTと血液検査」したところ異常が無かったため 帰宅したという。

翌21日は自宅で静養、22日は仕事の打ち合わせなどがあったが、「頭痛、吐き気は一向におさまらないため」再び病院 へ。そこで2日前にはなかった、ごく少量の脳内出血が出てきたことがわかり、軽い「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」と診断された。これにより倒 れたわけではなく、倒れた結果こうした症状が出たそうだ。

そして、頭痛や吐き気は「脳震盪」によるもので、転倒した際に「左眼窩〜副鼻腔骨折」「左頬骨弓骨折」も。倒れた原因については、断定はできないものの、「迷走神経反射」(※何かのきっかっけで起こるめまい)ではないかと見られているという。

普段はお酒を飲めないいっこく堂が、その日は「梅酒を2〜3cm飲んだため、ちょっと気持ち悪かった」という状況があったそうだ。

心配なのは今後についてだが、脳内の出血については広がりさえしなければ問題がないため「手術はしません」とのこと。現状は水分も受け付けないほど食欲がないため点滴を受けているほか、「迷走神経反射」以外の転倒原因を調べるべく1週間ほど検査入院するという。

元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20160336772.html

麻酔導入薬で呼吸困難11例

昔、大学勤めの当直の夜にも、同じようなことがありました。

gooニュース記事より

麻酔導入薬で呼吸困難11例 うち9例が未承認の使用法

(朝日新聞) 01:36

 厚生労働省は22日、麻酔導入薬フルニトラゼパム(商品名ロヒプノール、サイレース)で、使用後に呼吸 困難など重い副作用が2012年度以降に11例報告され、このうち9例は国に承認された方法と異なる使い方だったと発表した。9例のうち30〜80代の4 例で死亡しているが、いずれも薬との因果関係は不明という。

 フルニトラゼパムは手術で全身麻酔をかけるために使う注射薬。厚労省によると、9例は不眠や手術後のせんもうへの鎮静剤などとして使われていた。このた め、全身麻酔のときのように患者の呼吸や血圧などの状態を観察しておらず、呼吸困難などが起きているのに気付くのが遅れたケースもあったという。

 厚労省は、この薬を使うときは容体の急変に備えて救急医療の体制を整えることや、状態を十分に観察することなどを全国の医師らに呼びかけた。(竹野内崇宏)

人間ドックや健診受けない医師が?

私もドックというものは受けたことがありません。

niftyニュース記事より

人間ドックやがん健診、なぜあえて受けない医師が多い?やはり無意味?

2016年3月22日(火)6時12分配信 ビジネスジャーナル

記事画像

「Thinkstock」より [ 拡大 ]

 今回は、津波の話です。5年前の3月11日は本当に悲惨でした。“極論君”は、「できることはなんでもやる。つまりスーパー防潮堤を築い て、そして高台に全部町を移す」という主張です。一方で“非常識君”は、「100年に一度ぐらいの災難は、素直に受け入れる。たぶん、あと100年近くは 同じような大津波は来ないだろうからむしろ安全だ。しばらくは海岸のそばに住む」と豪語しています。いろいろな考えがありますね。

 医療で も、「できることはなんでもやろう」というのはわかりやすい考え方です。健診や人間ドックを一生懸命受けて、できるかぎり早期に病気を発見して、それに しっかりと対処をして、そして悔いなく生きようという姿勢です。特別間違っていませんし、世の中はその流れで動いています。

 非常識君の論 調を医療に当てはめると、「病気をすべて早期に見つけても、本当に命が永らえるのかわからないから、症状が出てからそれに対処すれば、それで十分」といっ た論調になります。これも実はそこそこ合っています。がんなども、いくら早期発見をしてもそこには限界があり、また早期発見のための労力や、がんと疑われ たときに被る精神的ストレス、そしてそれに対処するための金銭的時間的な労力がむしろ無駄かもしれないという意見があるのです。悩ましいですね。

 津波対策は公共事業が根幹をなします。ですから、いろいろな意見があっても、何かに集約する、ひとつを選択する必要があるのです。ところが、健康に関するものはまず個人の意識の問題です。せっせと健診や人間ドックを受けることは、個人の自由です。

  法定健診は別にして、がんなどの健診はあえて受けない人も、受けない医療従事者もたくさんいます。本当に人間ドックが必要であれば、特に医療従事者は 100%人間ドックを受けていそうですが、実はあまり受けていません。人間ドックに入る時間的余裕や、また金銭的な補助もないので、それらがマイナスに働 いている可能性もあります。そして実際に病気が見つかると怖いと思っていることもあるでしょう。

 そして何よりも彼らは、絶対的に必要だとは経験的にも直感的にも思えないのでしょう。

●人間ドックはひとつのきっかけ

  しかし、人間ドックを否定することもないのです。人間ドックを欠かさず受けている人は、やはり健康に留意しています。いろいろと気を遣っているもののひと つが人間ドックなのです。人間ドックだけをターゲットに論じると、たいして有効性がないといった論調の論文も少なくありません。大切なことは、人間ドック はひとつのきっかけだということです。ですから、意味があるのです。

 津波で、高台に町を全部移転したり、巨大な防潮堤をつくることは、実 は馬鹿げているという人もいます。しかし、そんな巨大な公共事情が完遂すると、誰の目にも、津波の恐ろしさは思い出に残るでしょう。約100年毎に起こる 巨大津波を僕たちはついつい忘れていました。教科書には、また町の記念碑には確かに100年近く前の大津波が記載されています。でも津波のあとに、いつの 間にか同じように町が再生すると、やっぱり悲惨な思いは消えていくのだと思います。

 巨大な防潮堤や町の移転をみていると、今度こそは大津波が記憶からなくなることはないのだと思えます。

  医療も一つひとつの絶対的な必要性や大切さよりも、一つひとつはたいしたことはないかもしれませんが、それらの総和でより幸せな医療システムが出来上がる のだろうと思っています。いろいろな意見が言えることは大切ですね。そして、医療も実は公共事業と同じく、国の施策で動いています。命や健康を守ることも 大切な公共事業ですね。今回は答えがない結論でした。
(文=新見正則/医学博士、医師)

増加している川崎病って

診断技術も向上しているということでしょうか?

gooニュース記事より

増加している子どもの病気…川崎病って

増加している子どもの病気…川崎病って

感染者が増えている!?川崎病

(ケータイ家庭の医学SP)

再び増加傾向に

原因不明の子どもの病気である「川崎病」は1982年と1986年 に大流行しました。その後は、年間患者数が5000〜6000人位で推移していましたが、2000年代に入ってじわじわと増加。2005年には1万人を突 破し、2015年は15000人以上とピーク時を超える勢いで感染者が増えているといいます。

◆川崎病とは、1967年に日赤中央病院(現在の日赤医療センター)の小児科医だった川崎富作博士が発見した子どもの病気です。病名は博士の名前に由来するもので、手足の指先の皮膚がむけるなど独特の症状が見られ、世界的にも知られています。

◆川崎病は全身の血管に炎症が起きる病気です。その結果、現れる特徴的な症状としては次のようなものがあり、5つ以上あてはまると川崎病と診断されます。
38℃以上の高熱が5日以上続く
∩歓箸寮屬と疹が出る
L椶充血する
た阿赤くなったり、舌に赤いブツブツができたりする
ゼ蠡がむくみ、解熱後に指先の皮がむける
首のリンパ節が腫れる。

◆急性期の症状は通常2〜3週間で正常に戻りますが、怖いのは心臓の冠状動脈(心臓の筋肉に酸素と栄養を与える血管)が拡張したり、こぶができたりする後遺症が残る場合があることです。後遺症は患者の約10%にみられます。

◆後遺症は適切な治療(血液の凝固を防ぐ薬剤の使用など)により、自然に小さくなる場合がほとんどです。しかし、まれに冠状動脈が詰まり死亡というケースもあるため、油断はできません。

◆治療では基本的にガンマグロブリンやアスピリンなど、免疫を強化したり、血液の凝固を防いだりする薬剤が用いられます。後遺症が残ったときは、継続して薬剤を使用しなければならない場合もあります。

◆なお、川崎病は比較的新しい病気なので、かかった子どもが将来どういう経過をたどるかはまだはっきりしていません。そのため後遺症が出なかった場合でも、継続して定期検査を行うよう勧められています。

◆ 原因に関しては、体質が影響していないか、過剰な免疫反応により血管に炎症が起きるのではないか、大気中の微生物が関与していないか、といったさまざまな 観点から研究がなされています。しかし、決定的な原因ははっきりしていないため、なぜ近年川崎病が再び増加しているのかについても、理由はわかっていませ ん。

◆原因は不明でも、これまでの研究により治療法や後遺症の検査法については確立されているの で、まずは早期発見をし、適切な治療を行うことが大切です。川崎病にかかる年齢は1歳がピークで、主に4歳くらいまでに発症しています。対象年齢のお子さ んがいる家庭は特に注意しましょう。

(監修:医療法人社団秀志会 松平小児科院長 松平隆光)
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ