うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

2019年05月

足のどこを見る?

入浴時にしっかりと確認しましょう・

gooニュース記事より

足のどこを見る? 元気に歩き続けるポイント5つ

歩行機能を維持するためには、足のトラブルを早期に見つけることが大切となる。足を健康に保つためには、自分の足をどのようにチェックすればよいのか。「健足術」の連載2回目はその5つのポイントを紹介する。

◇  ◇  ◇

元気で歩き続けるためには、しっかり「歩行」することと併せて、「毎日、自分の『足』を自分で見ることが大切です」(下北沢病院理事長の久道勝也さん)。入浴時、あるいは寝る前などに、床やイスに座って、ひざから下を引き寄せて、自分の足を見る習慣をつけよう。ここから足のチェックポイントを紹介する。

(イラスト:内山弘隆)

(1)まず足裏の状態を見る

足裏の皮膚には、タコ、魚の目ができやすい。

タコや魚の目は皮膚に圧や摩擦が繰り返し起こることで、角質が肥厚した状態だ。タコは角質の肥厚が皮膚の「外部」に膨らんだもの、魚の目は角質の肥厚が「内部」に食い込んだもの。足のタコはただ削っても、また出てきてしまう。

(イラスト:内山弘隆)

久道さんは、「痛みがなかなかとれない場合は、下北沢病院では『除圧(じょあつ)』を行います。歩行動作の中で足のどの部分にどのように圧がかかっているかを診て、そこに圧がかからないようにするためにオーダーメイドの靴の中敷きを作ります。『除圧』は、足病医の仕事のひとつです」と説明する。

怖いのは、足にタコがあってもまったく痛みを感じない場合だ。糖尿病で、血糖値が高い状態が続いていると、次第に神経は働きを失い、痛みを感じにくくなる。そんな状態でタコが刺激され続けていると、タコに隠れて潰瘍ができてしまうこともある。「そしてその潰瘍からばい菌が入り、血流にのって足に広がり、最悪の場合は足を切断するという事態になる」(久道さん)。たかがタコだと思っても侮れない。

(2)足表面、爪を見よう

足指にもタコ、魚の目がないか見よう。次に水虫が起こりやすい足指の間を確認する。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ)が原因だ。「実は、水虫は高齢になるほど増えるが、白癬菌が皮膚バリアを破壊してしまうため、ばい菌の侵入口になってしまう。水虫も糖尿病から下肢切断に至るときの大きな原因です」と久道さんは言う。

しかも水虫は皮膚だけでなく、爪にもできる。これを「爪白癬」といい、爪に変形をきたす。爪がどんどん分厚くなり、足が痛くなる。爪に関しては、爪の両端が丸まる巻き爪がないかも確かめよう。足の痛みの原因になる。


(3)足の血流を確かめる

「足の甲に手をあて、足背(そくはい)動脈の拍動を触れる。また内くるぶしの後方にある後脛骨(こうけいこつ)動脈の拍動も確かめよう。そこでトクトクした拍動が感じられれば、血流は保たれている」(久道さん)。

(写真提供:下北沢病院)

また両足の親指を見てみることも大切だ。ポイントは親指に毛が生えているかどうか。「糖尿病は見えないところで合併症が進行していることがある。神経障害が起きて感覚が鈍くなったり、血流障害によって毛が生えなくなったり、あるいは汗をかきにくくなって皮膚が乾燥することがある」(久道さん)。

(4)足全体の色味を確認

久道さんは、「足の血流が悪くなって、皮膚の色調が変わってきていないかをチェックしてほしい。しもやけは毛細血管の流れが悪くなるために皮膚が赤色、紫色に変色するわけだが、糖尿病の合併症として足の血流が悪くなり、足が紫色がかってくることもある。足の色味を確認する習慣は身につけたい。また足全体を触って、温度も確かめてほしい」と言う。

(5)足全体の形を見る

外反母趾になって、親指が小指の方に向かって強く曲がっていないだろうか。

親指を上に反らせてみよう。痛くてまったく上げることができない場合は、強剛母趾(きょうごうぼし)になっている可能性がある。これは、親指の付け根の関節が腫れて、可動域(動かせる範囲)が小さくなっている状態だ。また、足指が変形していないかも確認しよう。

「高齢者が歩けなくなる一番の原因は、足の変形。現時点で足の形に異変があったら、医師に相談することが大切です」(久道さん)。

もし足に痛みを感じているときは、決して我慢しないこと。それは足が「体によくないことが始まるぞ」という最初のサインを私たちに出している。「その小さなサインを見落とさないためにも、自分の足や靴はきちんと見てほしい」と久道さんは強調する。

久道勝也さん
下北沢病院(東京都世田谷区)理事長。獨協医科大学卒業後、順天堂大学皮膚科入局。米ジョンズ・ホプキンス大学客員助教授などを経て、米国のポダイアトリー(足病学)に注目し、足専門の総合病院「下北沢病院」を設立。日本皮膚科学会認定専門医、米国皮膚科学会上級会員。

(ライター 赤根千鶴子、日経ヘルス編集部)

[日経ヘルス2019年4月号の記事を再構成]

旅客機内で死亡の人からコカイン

怖い世の中ですね。

gooニュース記事より

旅客機内で死亡の日本人から大量のコカイン 密輸に関与か

メキシコの司法当局は成田空港に向かう旅客機の機内で死亡した日本人の男性の体内からコカインが入った袋、246個が見つかったと発表し、男性が密輸に関与した可能性があるとみて詳しい経緯を捜査する方針です。

メキシコ北部ソノラ州の司法当局は26日、旅客機の機内で死亡した日本人男性の胃や腸から大量のコカインが見つかったことを明らかにしました。

コカインは246に上る袋に小分けされていて、死因は薬物の過剰摂取によるものとみられています。

地元当局によりますと、死亡したのは42歳の男性で、南米コロンビアの首都ボゴタからメキシコシティーに入り、今月24日に成田空港に向かう旅客機の機内でけいれんを起こし、その後、死亡が確認されたということです。

当局は、男性がコカインの密輸に関与した可能性があるとして、今後、連邦政府と協力して詳しい経緯を捜査する方針です。

メキシコシティーにある日本大使館は「現在、事実関係を調査中だ」としています。

正座はひざに悪くないの?

だそうです。

gooニュース記事より

正座はひざに悪くないの?医師に聞いた「ひざの悩みQ&A」

年齢とともにつらくなる人が多い腰、ひざ、足の痛み...。整形外科医・カイロプラクターである竹谷内医院院長の竹谷内康修先生に、「ひざを守る立ち上がり方」など気になる3つの疑問について聞いてみました。


 
Q 正座をすることが多いのですが、変形性膝関節症になりやすいのでしょうか?
A 正座= 変形性膝関節症の原因ではありません。日本人は昔からよく正座をしてきましたが、むしろひざの可動域が広がり、欧米人よりも変形性膝関節症にかかる率は低かったといわれています。関節がこわばり、動かしにくい人が痛みを我慢して正座すると、症状が悪化してしまいます。痛まない範囲でなら正座をしてもかまいません。
 
Q ひざを守る立ち上がり方を教えてください。
A 上体前傾法といって、立ち上がるときの重心をひざの真上にくるようにすれば、ひざへの負担が減ります。立つときに太ももに少し力を入れ、上体を大きく前傾させて腰を浮かせます。そこから上体を起こしていき、立ち上がれば、ひざへの負担は少なくなります。反対に座るときも同様に上体を前傾させながら腰を落とせば、ラクに座れます。


1905_p027_02.jpg深く腰かけた位置でスタンバイ。
1905_p027_03.jpg
 
上体を前に大きく傾け、腰を浮かせる。太ももには少し力をいれる。


1905_p027_04.jpg上体を起こしていきながら立ち上がる。


1905_p027_05.jpg
まっすぐに立つ。
 
Q 骨粗鬆症と診断されましたが、変形性膝関節症とは関係がありますか?
A 骨粗鬆症では骨がもろくなっていますので、当然軟骨下骨ももろくなっています。そのため、骨粗鬆症と変形性膝関節症の間には関係があるのではと疑われています。骨粗鬆症と診断された人、更年期を過ぎた女性は注意しましょう。カルシウムの吸収を高める働きをするビタミンDを含む食品(鮭、きくらげなど)を取り入れたり、1 日30 分ほど日光を浴びるのが有効です。
 
取材・文/細川潤子 撮影/原田圭介 モデル/松岡真樹子
 

<教えてくれた人>

竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)先生

竹谷内医院院長、整形外科医・カイロプラクター。2007年カイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。肩こり、腰痛、関節痛などの手技療法に取り組む。メディアを通じた健康関連の分かりやすい解説が人気で、著書も多数。

「生涯未婚率」やめます

枝葉末節なような気もしますが。ある落語家もそのような私的をしていました。

gooニュース記事より

「生涯未婚率」やめます、政府 「50歳時」に変更

 50歳まで一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」について、政府が表現を変更し、「50歳時未婚率」に統一することが23日、分かった。「50歳以降は結婚できないのか」といった意見を受け、「生涯」という言葉は正確性を欠くと判断。未婚化・晩婚化といったライフスタイルや結婚観の多様化に用語を合わせた形だ。

 既に政府が刊行する一部の白書では生涯未婚率という言葉の使用を中止。人口推計などの統計で重要なデータとなるため公表は続けるが、今後は50歳時未婚率に統一する方針だ。ただ用語が定着しているため、当面は併記する場合もある。

ガスこんろの事故に注意

注意したいですね。

gooニュース記事より

ガスこんろの事故に注意 火災で11人死亡、NITE

 製品評価技術基盤機構(NITE)は23日、2013年度から18年度の6年間で、ガスこんろによる事故が225件あり、11人が火災で死亡したと発表した。「こんろによる事故は火災に至る可能性が高い」として注意を呼び掛けている。

 NITEによると、死亡事故以外に12人が重傷、47人が軽傷を負った。使用者の年齢が判明している139件のうち、半数以上が60代以上の高齢者だった。

 NITEは対策として、(1)使用中はその場から離れない(2)周辺に燃えやすいものを置かない(3)衣服への着火に注意する(4)グリルは小まめに掃除する―などを挙げている。

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ