うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

「健康食品で肝障害も」

「健康」食品で「病気」になっていては意味がありませんのでご注意を。

gooニュース記事より

<国民生活センター>「健康食品で肝障害も」 注意呼び掛け

<国民生活センター>「健康食品で肝障害も」 注意呼び掛け

人が入ったトクホ(特定保健用食品)マーク=小島正美撮影

(毎日新聞)

 特定保健用食品(トクホ)などの健康食品を摂取することで、体質によって重篤な肝障害を起こす場合があるとして、国民生活センターが3日、注意を呼び掛けた。「発症はまれだが、倦怠(けんたい)感や発熱、発疹などの症状が続く人はすぐに摂取をやめ、医療機関を受診してほしい」としている。

 国民生活センターが2014年から設置している「医師からの事故情報受付窓口」に、医師が「健康食品による薬物性肝障害」と診断した事例の報告が先月までに計9件あった。すべてが重症で、うち3件は入院。健康食品と医薬品を併用していた人もいた。

 事例によると、50代女性は持病の改善を目的にトクホの粉末青汁を飲んだところ、寒気や頭痛の症状が出た。3種のサプリメントを服用していた70代女性は、倦怠感や皮膚の変色があった。

 薬物性肝障害には、中毒性のものと、人の体質によるものがある。国民生活センターによると、9件はいずれも体質が原因と診断され、食品に含まれる成分がアレルギーを引き起こすなどしたとみられる。

 日本肝臓学会の滝川一副理事長は「薬物性肝障害はアレルギーや肝臓疾患がある人に起きやすいとも言われる。発症は非常にまれだが、重症化し死に至る例もある」としている。【曹美河】

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ