うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

喫煙は白血病のリスクを高める!?

喫煙は良いことが無いですね。

gooニュース記事より

喫煙は白血病のリスクを高める!?

喫煙は白血病のリスクを高める!?

喫煙が急性骨髄性白血病の確実なリスク要因の1つ?

(ケータイ家庭の医学SP)

今日から禁煙

2017年4月、国立がん研究センターの研究グループは、喫煙と白血病罹患との関連を検討した研究結果を発表しました。喫煙は多くのがんや循環器・呼吸器失陥などの要因になることは以前から指摘されていますが、白血病のリスクを高めることもわかったのです。

◆すでに国際がん研究機関(IARC)は、喫煙が急性骨髄性白血病(AML)の確実なリスク要因の1つであると報告しています。これまで日本人を対象とした大規模な研究は、ほとんど行われておらず、今回の発表が初めてとなります。

◆調査は、岩手県、大阪府、高知県、沖縄県など10府県に住む40〜69歳の男女約10万人を対象に、1990年から2012年までの間、平均約18年間にわたり、健康状態などを追跡しました。

◆研究グループは、喫煙と白血病に罹るリスクを、年齢や居住地域、性別、職業、肥満指数など偏りがでないように分析。その結果、タバコ1日30本以上吸っている男性のグループは、急性骨髄性白血病(AML)にかかるリスクが、吸わないグループに比べ2.2倍高くなることがわかったのです。なお、1日30本未満の男性では、差はみられませんでした。

◆白血病には、急性骨髄性白血病(AML)、急性リンパ性白血病(ALL)、慢性骨髄性白血病(CML)などがありますが、ALLやCMLについては罹患している人が少なく、今回の調査では、喫煙との関連性は明確になっていません。女性についても、喫煙者や白血病罹患者が少ないため、関連性は明らかにできなかったそうです。

◆国立がん研究センターは、AMLは他のがんに比べると頻度は低いものの、発症すると治療が難しい病気の一つと説明しています。タバコにはベンゼンや放射性物質などの発がん性が疑われるものが含まれており、これがAMLのリスクにも影響したと研究グループは結論づけています。

◆この調査により、喫煙とAMLの関連性において、国際的な評価が日本人にもあてはまることになったといえるでしょう。急性骨髄性白血病(AML)だけでなく、喫煙はさまざまな疾患を引き起こす要因となっています。健康のためにも、禁煙を始めてみてはどうでしょうか。

(監修:東京医科大学病院 総合診療科准教授 原田芳巳)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ