うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

感染症は何日休めばいいの?

ご家族の対応が大切になりますね。

gooニュース記事より

感染症にかかったら学校や保育園は何日休めばいいの?

 出席停止は、学校保健安全法第19条で「校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる」と定めています。

 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会2017年4月改訂版を元に「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症」を掲載しています。

 では、感染症毎で違う登校(園)基準をみてみましょう

・インフルエンザの登校(園)基準は、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過した後。幼児においては、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過した後。とされています。

・手足口病の登校(園)基準は、症状が回復した後

・腸管出血性大腸菌感染症の場合は、感染のおそれがないと認められた後

・ノロウイルス感染症の場合は、下痢、嘔吐が消失した後

・溶連菌感染症の場合は、適切な抗菌薬による治療開始後24時間以降

・麻しんの場合は、解熱後3日経過した後

・風しんの場合は、発疹の消失後。

 子どもが集団生活をおくる学校、幼稚園、保育所においては、感染症に罹患する機会が多くあるため、感染対策が望まれます。学校、幼稚園、保育所での感染対策の参考として広く普及され、子どもの健康が守られることを望みます。

【関連記事】
 学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症 感染症毎の登校、登園基準をご覧ください。

情報元:公益社団法人日本小児科学会ホームページ>学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説(日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会)2017年4月改訂版より
更新:2017/10/2

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ