うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

「認知症すごろく」の中身

認知症の理解が進めば良いですね。

gooニュース記事より

問い合わせ殺到 水戸市が作成する「認知症すごろく」の中身

問い合わせ殺到 水戸市が作成する「認知症すごろく」の中身

遊びながら認知症について学べるすごろくが話題

(NEWSポストセブン)

 地方自治体が作った「すごろく」が、全国で評判になっている。実はこのすごろく、遊びながら認知症についてイチから学べる優れものなのだ。

 茨城県水戸市が今年4月に発表したのは、サイコロを回してコマを進めながら認知症の症状を疑似体験していく「認知症456(すごろく)」というゲーム。遊びながら予防法や認識を高めることができ、進行度に応じてどんな介護サービスを受けられるかもわかる。

 すでに同市では体験者が700人を超え、他の自治体から「すごろくを使わせてほしい」との問い合わせが相次いでいるという。

◆「脳トレ」にもなる

 しかし、なぜすごろくだったのか。

「昨年10月に、認知症の理解を深めてもらうための冊子『認知症123(いちにさん)』を作成したのですが、より楽しく認知症を学べるツールができないかと考え、『すごろく』に。ネーミングは前回冊子の続編であり、語呂も良いので456(すごろく)としました。認知症の方を支えるには周囲の正しい理解が必要なので、認知症予備群の方だけでなく、ご家族や地域の方たちと一緒に遊んで理解を深めていただきたい」(水戸市高齢福祉課地域支援センター担当者)

 すごろくは〈変化の起き始め〉〈見守りが必要〉〈日常生活に手助けが必要〉〈常に介護が必要〉などと認知症の進行度ごとに4つのエリアに分かれ、スタートからサイコロを振ってコマを進める。

 最初の〈変化の起き始め〉エリアでは、「友達との約束を忘れちゃった」「あれ、メガネどこだろう?」といった初期症状が記載されている。

 続く〈見守りが必要〉エリアに進むと、「また鍋を焦がしちゃった」などのマス目が現われ、〈日常生活に手助けが必要〉エリアでは「車にこすり傷がたくさんある」、〈常に介護が必要〉エリアだと「誰かわからないけど、親切な人だ」という具合に、認知症の進行度ごとの症状がわかるようになっている。

 すごろくには、「野菜の名前を10個言ってみよう」「右手で2拍子、左手で3拍子」といった進行度に応じた「脳トレ」をするマスもある。

「通常のすごろくでしたら、早くゴールにたどり着くことを競いますが、このすごろくは遅く進んだ方が得る情報が多くなります」(前出・担当者)

 ゴールすることが目的ではないので、終わった後に飛ばしたマスを読み返したり、遊ぶメンバーを変えて、認知症の症状を共有することを水戸市は推奨している。

 このすごろくは、前述した認知症介護の支援やサービスを解説した冊子『認知症123』とともに水戸市ホームページからダウンロードできる。

「『自分はこれに当てはまる』と気づき、『地域包括支援センターに相談してみようか』という動機になったり、『こういう介護サービスがあるから大丈夫』と安心したりする材料になればいいと思っています」(同前)

 黄門さまのような矍鑠(かくしゃく)とした老人になれるかもしれない。

※週刊ポスト2017年12月8日号

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ