うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

水ぼうそう患者が激減

確かに、急患センターでも見かけないです。

gooニュース記事より

水ぼうそう患者が激減 無料の予防ワクチン効果か

水ぼうそう患者が激減 無料の予防ワクチン効果か

水痘の患者数の推移

(朝日新聞)

 水痘(水ぼうそう)の患者が大きく減ってきている。国立感染症研究所の調査によると、2016年の患者数は5年前の3分の1以下に減少し、特に 1〜4歳の子どもの患者が減った。14年10月から定期接種になって原則無料で受けられるようになった予防ワクチンの効果とみられる。

 感染研によると、11年の全国約3千の小児科にかかった水痘患者数は23万8645人だった。ワクチンが定期接種となった後の15年は7万7614人、16年には6万5353人に減少した。17年も前年同時期を下回っている。

 11年に患者全体の7割を占めていた1〜4歳の幼児が、16年には4割まで減っていた。感染研感染症疫学センター第三室の多屋馨子室長は「ワクチンの定期接種化の効果が大きい」と指摘する。

 ワクチンは1回打つと重症化を、2回打つと発症を防げるとされる。定期接種の対象は1〜2歳。6カ月以上の間隔を空けて2回打つことになっている。感染研の16年度の調査では、2歳児のワクチン接種率(接種1回、回数不明を含む)は87・4%だった。

 水痘は水痘帯状疱疹(ほうしん)ウイルスに感染して発症する。感染力が強く空気感染し、全身に発疹ができる。肺炎や脳炎などを起こすことがある。大人になって感染すると重症化しやすく死亡することもある。

 多屋室長は「2歳までにしっかり2回接種してほしい。3歳以上でも接種を受けていない人やかかったことのない人は、費用はかかるが接種を検討してほしい」と話す。(土肥修一)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ