うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

救急車でコンビニ「いいね」

分かる人は分かっている。

gooニュース記事より

救急車でコンビニ「いいね」7万件超 名古屋市消防局、ツイッターで理解訴え

救急車でコンビニ「いいね」7万件超  名古屋市消防局、ツイッターで理解訴え

119番に対応する市防災指令センター=市役所で

(中日新聞プラス)

 酷暑による救急搬送の急増を受け、出動が連続した場合に救急車がコンビニなどに立ち寄ることへの理解を求めた市消防局の公式ツイッターが注目を集めている。三十日現在、引用などのリツイート(拡散)は五万九千回を超え、共感を示す「いいね」は七万四千件以上。西日本豪雨の際の救助活動に続く反響の大きさに、担当者は「驚いている」と話す。
 同局は二十六日、「出動が連続し消防署に戻れない時は、救急車でコンビニ等に立ち寄り飲料水等を購入する場合があります。その際も、出動態勢は維持していますので、ご理解をお願いします」と公式ツイッターに投稿した。
 同局によると、今年は酷暑で熱中症とみられる搬送者が増え、救急隊の出動件数は急増。二十三日の六百六十四件を筆頭に、十七〜二十五日は五百件を超え、一日に二十二件出動した隊もある。かつて「救急車で買い物をしていた」との批判が市民から寄せられたこともあり、隊員の食事や水分補給の機会を確保するため投稿したという。
 「救急隊の皆さんの健康も絶対に大事にして」など賛同の返信が相次ぎ、担当者は「通常は救急車や消防車では立ち寄りしないように伝えているが、隊員の最低限の水分補給などは認めてもらいたい。反対の意見もあるが、多くの理解を得られて、ほっとしている」と話している。
 同局の公式ツイッターは西日本豪雨の際、岡山県倉敷市真備町での救助活動の開始前に「必ずあなたを助けます」と投稿し、感謝の返信が相次いだ。
 (中山梓)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ