喫煙されている方は、癌は想定内でお願いします。

gooニュース記事より

しゃっくりもサイン? 死亡者最多のがん「肺がん」発見のコツ

しゃっくりもサイン? 死亡者最多のがん「肺がん」発見のコツ

※写真はイメージです(写真:gettyimages)

(AERA dot.)

 がん死亡者を部位別に見た際に、最も多いのが肺がんだという。助かるためには早期発見が重要だが、その症状は風邪に似ているため、見分けが付きにくい部分も。医師に見分ける方法を聞いた。



*  *  *
 国立がん研究センターが公開するがん情報サービスによると、17年にがんで死亡した人は37万3334人。死亡者を部位別に見ると、肺がんは7万4120人と最も多く、男性で1位、女性で2位だ。男女ともに高齢者の割合が大きい。

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)呼吸器外科長の坪井正博さんは、早期発見することで「死亡のリスクを下げることができる」と話す。08年から09年に同病院に肺がんで登録した人の5年生存率をステージ別に見ると、ステージ1で73.6%、2で50.2%、3で20.4%、4で4.2%と大きな開きがある。肺がん分野では新たな免疫療法に注目が集まるが、「進行がんより比較的早期のがんに、より効果があるかもしれない」(坪井さん)という。

 早期発見できれば助かる可能性も高まるが、そのサインは見えづらい。

「進行してもまったく症状が出ない人もいますが、風邪は万病の元と言うように、肺がんでも咳や痰など、風邪のような症状が現れやすい」

 しかし、風邪をひくたびに肺がんを疑うわけにもいかない。坪井さんは指摘する。

「風邪は1週間もあれば、たいていは治るでしょう。しかし、2、3週間たっても治らず、咳が出ていると要注意です。咳といっても、特に痰の絡まない、乾いた音を立てる『空咳』です」

 東京都の団体職員、堀均さん(67)は00年6月、肺がんと診断された。ステージ3だった。

 体の異変に気づいたのは、同年の2月。堀さんは振り返る。

「重度の花粉症で、例年、節分あたりから、ゴールデンウィークが終わるころまでは、花粉症の症状に悩まされました。目がかゆく、鼻水が出るという症状だったのが、その年からは咳も出るようになりました」

 新たな症状に対し「花粉が例年より多いのか」と感じていた堀さんだが、5月になって花粉症の症状は消えたものの、咳だけは止まらなかったという。同じ月にあった会社の健康診断で要精密検査となり、がんが発覚した。堀さんは言う。

「今思えば、咳が肺がんのサインだったと思います。20歳からたばこを1日平均1箱吸っており、ほかの人よりリスクも高かった。十数年前まではオフィス内や駅のホームでもたばこが吸えた。今より受動喫煙も多かったでしょう」

 放射線と抗がん剤治療で小さくなったがんを摘出し、現在も寛解を維持している堀さん。今ではたばこをやめているが、依然としてまったく吸わない人よりはリスクは高い。

 前出の坪井さんはこう話す。

「禁煙しても、喫煙していない人と同じくらいの発がんリスクになるには10〜15年くらいかかると言われます。たばこを吸っていなかった人でも、過去に受動喫煙の環境があれば、注意が必要です」

 堀さんも自覚症状として訴えた咳だが、それ以外の形で肺がんの症状が現れることもある。

「肩の痛みやしゃっくり、頭痛や声のかすれなどの症状が出ることもあります。ただ、呼吸器以外に症状が現れる場合はすでに肺以外に転移しており、ステージ2以上に進行している可能性が高いです」(坪井さん)

 ほかのがんでは見られない肺がん特有の症状もある。

「肺の外側部に発生する末梢型の肺がんが増えたことで症状が出ることは少なくなっていますが、血痰は肺がん特有の初期症状と言えるでしょう」(同)

 とはいえ、早期では症状が見えづらい肺がん。自覚症状がなくとも、定期健診受診が一番だ。(編集部・澤田晃宏)

※AERA 2019年3月11日号より抜粋