うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

お手軽ヨガ人気

とりあえずは歩く事から始めてみましょう。お金かかりません。

gooニュース記事より

お手軽ヨガ人気 初心者は「安全第一」

お手軽ヨガ人気 初心者は「安全第一」

屋外ヨガイベント(潮風公園)

(産経新聞)

 ダイエットや手軽な健康法として、すっかり定着した「ヨガ」。特別な用具や場所にこだわる必要もないことからも人気だ。ヨガスタジオが続々とオープンする一方、裾野拡大に向けたイベントも開かれている。体験の機会が増え、マーケットはますます拡大しそうだが、注意を呼びかける向きもある。(手塚崇仁)

 ヨガジャーナル日本版のサンプル調査によると、平成27年時点での国内のヨガ人口をざっと770万人と推定。約880万人が「今後2、3年以内」に始めたいと考えていると分析、“潜在人口”を約1600万人とはじき出した。

 ◆鍵は男性

 インターネットのヨガ情報サイト「YOGA ROOM」の担当者は「27年ごろから大手スタジオの成熟とともに市場が活性化してきた。ここ5年でスタジオ数は倍以上になった」とブーム拡大を実感している。

 全国でヨガスタジオを運営する「LAVA」の担当者は「従来は精神的な部分が注目されていたが、ダイエットや美容、健康に有用であるという理解が広まったことが、人気の要因のひとつ」と語る。

 いわゆる「働き方改革」などで時間に一定の余裕が生まれたこともあってか、ヨガは男性の間でも広がりをみせているようだ。

 LAVAの担当者は「オフィス近くにスタジオやフィットネスクラブが増えた」と指摘。一方で「コマーシャルや雑誌のメインターゲットは女性。男性向け広告の増大や、男性インストラクターの養成」がさらなる拡大の鍵とみる。

 ◆大人数で

 「始めたいけど、いきなりスタジオは…」。そんなハードルを下げようというきっかけ作りも。スポーツ関連のコンサルティングやイベント企画を行う「ブースト」は大人数での屋外型ヨガイベントを開く。

 東京都品川区の潮風公園で5月18日に開かれたイベントに参加した女性(35)は「今回が2回目。普段はやっていないけど、気持ちがいい。この2回でヨガのよさが分かったので、スタジオを探してみたい」と話した。

 ただ、気軽さゆえのリスクを指摘する声もある。

 「業界全体を束ねるような団体がない」。こう懸念するのはヨガインストラクターの中村尚人さん(41)だ。このため、受講者のレベルに見合ったレッスン内容が明確化されていないとみている。

 「インストラクター個人の裁量で内容が決められ、初心者なのに中級者向けの無理なポーズを取ってけがをする可能性がある」といい、「周りがやっているからと無理をしてしまうケースが多いが、まず安全第一」と呼びかけている。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ