その時の気分に流されるだけでなく、詳しい内容も把握して頂きたいです。

gooニュース記事より

池江選手の白血病公表で増えたドナー登録  一方で提供を断る例が多い現実

池江選手の白血病公表で増えたドナー登録  一方で提供を断る例が多い現実

池江璃花子選手

(AERA dot.)

 競泳の池江璃花子選手(19)が今年2月に白血病を公表したことで急増した「骨髄バンク」へのドナー登録。日本骨髄バンクによると、2月の月間登録者は前月よりも約9千人多い1万1662人。その後も登録者は増えている。

 このようななか、7月上旬に同団体が登録者に送った会報誌が物議をかもしている。骨髄提供の意思のない登録者や事情によって提供できない登録者に対して、「登録取消」や「登録保留」を呼びかけたのだ。

「提供を断る候補者が多いという問題は、今に始まったことではありません」

 こう打ち明けるのは、日本骨髄バンクの広報担当者。実は、同じ内容を前号(2018年12月号)にも載せているという。

 骨髄バンクでは、ドナー登録者のなかから移植を希望する患者の白血球の型(HLA)に適合した人が候補者として選ばれ、確認検査などを経た後、健康上の問題がなければ骨髄が採取され、患者に移植される。

 候補者となったドナー登録者にはその旨の通知が郵送されてくるが、その段階や、その後の過程で提供を断る人が少なくない。同団体によると、18年度のドナー登録者は約51万人で、候補者となったのは2万6千人強。だが、実際に提供に至ったのは、候補者の5%弱の1212人だった。住所不明で通知が団体に戻ってくるケースもあるという。

 提供を断る理由は、「仕事の都合」や「家族の反対」「介護や育児」など。リスクを知って消極的になった例もある。元東京大学医科学研究所特任教授で、血液腫瘍(しゅよう)内科医の上昌広さん(医療ガバナンス研究所理事長)は言う。

「骨髄移植では、健康な人に針を刺す。安全な医療行為ではあるものの、全身麻酔が必要で、ドナーに後遺症が生じるリスクもゼロではありません。登録時にそこまで詳しい話はできないので、候補者になった段階で詳しい話を聞き、『やっぱりできない』となるのです」

 登録した後、候補者として通知が来るまで、早くて数カ月から1年ほどかかる。つまり、2月以降にドナー登録した人には、これから徐々に通知が届くことになる。

 白血病治療の進歩は目覚ましく、抗がん剤で治るタイプも出てきた。一方で、こうした治療が無効な人や再発した人にとって、骨髄移植は唯一の根治療法だ。上さんは言う。

「骨髄提供は血縁者から受けることが多いですが、HLAが合わなければ、ドナーからの提供を待つしかない。今回、ムードで登録した人もいるでしょう。そういう人はもう一度考えてみて、提供が無理なら“取消”という選択を」(本誌・山内リカ)

※週刊朝日オンライン限定記事