うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

インフル患者、昨年同時期の4倍超

早く予防接種をしたいがワクチンが無い。困ります。

gooニュース記事より

インフル患者、昨年同時期の4倍超 厚労省、ワクチン供給前倒し依頼

インフル患者、昨年同時期の4倍超 厚労省、ワクチン供給前倒し依頼

2法案漏洩で職員を処分した厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

(産経新聞)

 厚生労働省は4日、全国約5千の定点医療機関から9月29日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数が4543人だったと発表した。1医療機関当たり0・92人で、前の週の1・16人を下回り、流行入りの目安となる1人を切った。一方、昨年同時期(1021人)の4倍超と例年より患者数が多いため、同省は4日、ワクチン製造メーカーなどに供給の前倒しを文書で依頼した。

 厚労省によると、1医療機関当たりの患者数が1人を超えたのは6県。沖縄が34・72人と突出して多く、鹿児島2・16人、佐賀1・69人と九州が多かった。前の週に1・06人だった東京都は0・96人に減ったが、学級閉鎖は、9月2日からの累計で40施設になった。

 インフルエンザは例年12月上旬に流行入りすることが多いが、今シーズンは9月に沖縄を筆頭に九州で患者数が急増した。

 医療機関では、今月1日からワクチンの接種を開始。厚労省によると、今シーズンのワクチン供給量は、昨年の使用量(2630万本)を上回る約2933万本を見込んでいる。同省健康課は「例年より流行入りが早い可能性に備え、メーカーや卸売業者は在庫分も医療機関に納入し、ワクチン不足を防いでほしい」と話している。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ